スクランブラー。 スクランブラーアイコン(ドゥカティ)のバイクを探すなら【グーバイク】

国産、中型のカスタムスクランブラーも魅力的!

スクランブラー

まだまだアツさ継続中の125クラス。 ちょっと前までは125ってスクーターを除くと選べる選択肢が少なかったですが、最近では海外の125なども日本で販売され、様々なジャンルの125が存在します。 合わせて車検がいらず高速に乗れて安く買えるクラスとして250クラスも人気。 今回は2019年8月現在新車で買えるカフェレーサーとスクランブラータイプのの125・250を紹介していきます! カフェレーサー AJS Cadwell125 王道的カフェレーサーのスタイルをバッチリ抑えた125がこちら。 イギリスで1909年に設立されたメーカーAJSは言わば伝説とも言えるほど多くのライダーたちを虜にしたメーカーです。 そんなAJSが125で復活し、しかも 新車30万以下で買えるというお得感満載なモデル! 「カフェと言ったらこれでしょ!」と言わんばかりのタンクやカフェスタイルのシートなど、 純正の段階で既にガッツリカフェへと作り込まれています。 カフェレーサーってカスタムして作っていくイメージが大きいですが、最初からこれなら苦労しないので手っ取り早く乗りたい方にもオススメです! 関連記事: ITALMOTO Tiquattro125 カフェレーサー 125の安っぽいイメージをひっくり返したイタルモトのカフェも注目のモデル。 250と同クラスの車格にゼッケングラフィック、カフェシートなど、まさに イタリアらしい綺麗に作られた125カフェです。 関連記事: GPX Gentleman Racer200 タイで大人気のメーカーGPXからもカフェスタイルのモデルが出ています。 昔ながらのカフェとはちょっと違い、 現代的にアレンジされたスタイルにビシッと決まるセパレートハンドルなど、250クラスには見えない風格。 同じスタイルで125と250両方共ラインナップされています。 ゴールドに光る倒立フォークや丸みを帯びた真っ赤なタンクカバー、独特な形のフルLEDヘッドライトなど スタイルこそスクランブラーですが装備はかなり現代的。 極めつけはこの2本出しアップマフラー! マフラーを引き立てているスクランブラーならではのサイドカバーもかっこいい! 125は79万、250は89万という今回軍を抜いた高額モデルですが、 それでも納得できてしまうハイクオリティなモデルです。 関連記事: AJS TempestScrambler125 先程カフェでも登場したAJSですが、スクランブラータイプの125もあります。 同じメーカーから出た別タイプの2台ですが、タンクもサイドカバーもしっかりスクランブラーに合わせて専用品が使われているのがアツい! フルサイズの車体でブロックタイヤを装着していたり、 上品さもありつつアクティブな感じでカッコいい! こちらもカフェと同じく 30万以下で買えてしまうお手軽125です。 関連記事: SWM OUTLAW125 1970年代からイタリアで名を馳せていたメーカー、SWMのスクランブラー。 元々SWMシリーズにある400ccクラスのグランミラノがベースの車体に同社の オフロードモデルの125ccエンジンが乗っている、他メーカーではあまり見ないスタイルです。 タンクが黒いのがACE OF SPADES125、そして写真のシルバータンクがOUTLAW125。 エンジンは水冷125単気筒エンジンで前後の足回りも倒立フォークなどかなり豪華。 53万と125にしてはちょっと高めですが、これ一台で ツーリングからオフまで様々な遊びができるので メインバイクになり得る125モデルです。 関連記事: ITALMOTO Tiquattro125 スクランブラー こちらも先程カフェで登場したイタルモトから出ているスクランブラータイプの125。 こちらは スクランブラースタイルの王道、アップマフラーやフラットシート、マットガードなどフルコンプしてます! タンク色がイタリアンカラーとグレーの2種類があり、他のモデルでは大体選択肢がないのでこの点も注目のポイントです。 43万と125にしてはそこそこな価格ですが、ベース車を買って一からスクランブラーカスタムするよりは確実にお得でしょう。 関連記事: MUTT Motorcycle RS-13 カスタムの世界で超有名なビルダーが作る新車、マットモーターサイクルからも125と250がラインアップされています。 これまでの王道スクランブラースタイルとは違いますが、ネイキッドバイクをオフでも走れるようにしたRS-13は スクランブラーの原点とも言えるスタイル。 ごっついブロックタイヤを履かせてライトガードなども装備していますが、 本来のカジュアルな雰囲気はそのままなので スクランブラーに興味がある人ならこのスタイルが好きな人もいるはず! 125が53万、250が64万とここまでガッツリプロが作り込んだカスタムバイクにしては安い!! オフやツーリングはもちろん、街でも映えるモデルです。 関連記事: まとめ 様々なモデルをご紹介しましたが、小排気量でカフェレーサーやスクランブラースタイルのバイクを出しているのは 決まって外車メーカー。 外車と言うと「壊れそう…」なんてイメージがある方もいるかもしれませんが、それは一昔前の話で 今は性能的にも保証的にも安心して乗り出せるモデルが多くなっています。 ベース車を買ってカスタムしていくのも楽しいですが、時間と苦労は必ず付いてくるもの。 だったら最初から出来上がってるのが良い!という方も多いはずです。 今後も様々なメーカーからカフェ、スクランブラーのモデルが日本でも買えるようになってくるはずなので注目しておきたいジャンルです!•

次の

スクランブラー(トライアンフ)のバイクを探すなら【グーバイク】

スクランブラー

DUCATI MODELS 2018 Scrambler Icon ドゥカティ・スクランブラーの中核となる ネオクラシックスポーツバイク 803㏄空冷「デスモデュエ」エンジンを搭載する、スクランブラーファミリーの中心的存在。 スチール製タンクのアルミ製カバー、アルミ製ヒートガードをはじめとして外装パーツをできる限り金属製として、ディテールの質感を高めている点も、スクランブラーファミリーの特徴だ。 アップハンドルバーによってリラックスした乗車姿勢をとることができ、扱いやすさと乗りやすさも追求されている。 記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。 最新の車両情報に関してはをご確認ください。 スペック情報は万全な保証を致しかねます。 実際に購入される場合はDUCATI正規ディーラーへお問い合わせください。 8 kgm 5,750 rpm 燃料噴射 電子制御燃料噴射、50mm径スロットルボディー エグゾースト アルミニウム製サイレンサーカバー付きステンレス製エグゾーストシステム、、触媒コンバーター、O2センサーx2 ギアボックス 6速 1次減速比 ストレートカットギア、減速比1. 85:1 ギアレシオ 速 2. 461、2速 1. 666、3速 1. 333、4速 1. 130、5速 1. 000、6速 0. 923 最終減速比 チェーン:フロント15T、リア46T クラッチ APTC 湿式多板 ワイヤ式 フレーム トレリスフレーム フロントサスペンション カヤバ製41mm径倒立フォーク フロントホイールトラベル 150mm フロントホイール 軽合金10本スポーク、3.

次の

【CABALLERO SCRAMBLER 125/250/500】キャバレロ スクランブラー 製品情報 FANTIC 輸入総代理店 サイン・ハウス

スクランブラー

1960年代は土ぼこりが舞う未舗装路だったアメリカのルート66。 そういった道を走るために生まれたスタイルがスクランブラーなのだ さてそのスクランブラーですが、先んじて名乗っていたモデルが存在します。 それが、イギリスのモーターサイクルメーカー『トライアンフ』のスクランブラー。 そもそもスクランブラーとはアメリカで生まれたオートバイのカスタムスタイルで、1960年代、舗装されていない道を走るうえでブロックタイヤを履かせ、アップマフラーにしたもの。 スクランブラーの存在を知らしめたのが、1963年公開の映画『大脱走』でした。 主演のスティーブ・マックイーンがオートバイで鉄条網を飛び越えるシーンが話題を呼び、このときのオートバイがトライアンフ TR6 トロフィーというモデルだったのです。 なので、年配の方はスクランブラーと聞くと、トライアンフをすぐに連想されるのではないでしょうか。 それぞれの誕生背景を知る 1962年にアメリカで販売されたモデルを祖に持つドゥカティ スクランブラー そしてこちらが今回登場したドゥカティ スクランブラー。 こちらも歴史を紐解くと、1962年にドゥカティがアメリカ市場向けに開発&販売した同名の「スクランブラー」をご先祖様に持ちます。 伝統の空冷Lツインエンジンを心臓に、専用設計のプロダクトとされる期待のモデルで、ブロックパターンを用いた専用タイヤを備えつつも、ドゥカティらしいスポーツライドをしっかり味わわせてくれるストリートスポーツバイクという仕上がり。 同じ名を持ちつつも、開発意図から仕上がりまで、何もかもが異なるふたつのスクランブラー。 それぞれの足着きやライドフィールを比較していきます。

次の