進撃 の 巨人 最終 回。 【進撃の巨人】最終回の結末とは?「最終コマ」「最終回の音」から最終話を考察<結末予想まとめ> | 進撃の巨人ネタバレ最新考察|アニメ感想まとめブログ

進撃の巨人(漫画)の最終話が意外!ネタバレ考察予想や今後の展開は?

進撃 の 巨人 最終 回

Sponsored Link 獣の巨人の目的 現在、物語は獣の巨人を中心とし、ライナーやベルトルトら巨人の集団とエルヴィン団長率いる調査兵団(人類)の戦いが繰り広げられています。 獣の巨人の戦略やライナー・ベルトルトの堅い意志により、調査兵団の方が若干押され気味になっているような印象を受けます。 そもそも、 獣の巨人の目的は何なのでしょうか? それは、ライナー・ベルトルトがウォールマリアに到着し、獣の巨人と3人で会話する場面に描かれています。 獣の巨人が「座標を奪還し、呪われた歴史に終止符を打つ」「終わりにしたいんだよ俺たちで」と言います。 そして、ベルトルトが「こんな地獄はもう僕達だけで十分だ」「もう終わらせましょう」と決意した表情で言うのです(第77話彼らが見た世界)。 獣の巨人の人間の姿は既出しており、名前も明らかになりました。 しかし、正体に関しては全く未知のままです。 ここで、彼らの会話の意味を考えていきたいと思います。 巨人の言う「座標」とは? この「座標」という言葉はライナーが初めて使用しています。 つまり、それを奪還したいのです。 つまり、自分たちが所持していた座標が奪われ、今はエレンが所持しており、エレンごとそれを取り返す事が目的の1つになっていると考えられます。 この始祖の巨人の力は、世界の記憶・人間の記憶の改竄の能力も有します。 ただ、エレンはレイス家の人間ではないため、その能力を十分に発揮することが出来ません。 では、彼が言う「呪われた歴史」とは一体どういう事なのでしょうか。 これらの事から、彼らの目的はエレンと共に座標を取り戻し、人類を死滅させて世界を呪 われた歴史から解放する事だと思われます。 裏表紙には、暗号の様な文字がいくつかのまとまりになって記述されています。 それを逆向きにしたりして見方を変えると、カタカナの文章になるというのです。 それを分かりやすくしたのが、下記の文章になります。 atwiki. htmlより引用) 新大陸を神聖なものとし、壁の中に人類の理想があり、永久に争いのない世界を造ろうという事から、この文章は、レイス家の思想であると思います。 レイス家は「ほとんどの人間が死滅したのは、巨人ではなく人間同士の争いが原因であった事。 新天地の壁の中に住むことで、巨人に命を脅かされる事がなくなり、人間同士の争いのない世界が出来る。 」と考えたのではないでしょうか。 そして、レイス家の元となる始祖の巨人はその能力を使って壁を巨人で建造し、そこに囲った人類の記憶を塗り替え、さらに、その歴史を風化させないように、自らの記憶と能力をレイス家のみに継承させていったのだろうと思います。 この過去の歴史を継承するからこそ、巨人を死滅させたいと思っていた継承者が、儀式を行った途端すべてを悟り、口をつぐんで壁を神のように崇め、彼らの思想を受け入れていくのです。 そして、その人類を滅ぼすことで、この歴史を終わらせようとしているのです。 意外な結末 上記の事を踏まえて、最終話について私なりに考えてみました。 どちらが勝利するにしても、生き残った人間は世界の歴史を知ることになると思います。 その事実を人間が知った時、果たしてどう考えるのでしょうか。 もし、エレンが生きていたらそれを受け入れることが出来るのでしょうか。 自分の母親をはじめ、多くの仲間が犠牲になり、巨人と戦ってきた事を正義と感じることが出来るのでしょうか。 壁の外の世界はアルミンと語ったような光景が見えるのでしょうか。 結局のところ、私は、現段階では歴史は繰り返されると考えます。 そして、エレンは始祖の巨人の力に目覚め、世界の歴史の現実を知ります。 その現実に絶望的になったエレンは、巨人を操作して壁を作り、そこに人類を囲い、再び1話の845年に戻ってくるのです。 これは、諌山氏も告白している「進撃の巨人」に非常に影響を与えている「オルタナティブ」を念頭において考えました。 この予想は、全く意外ではありませんが、私のこれまでの考察・予想からは結局この結末が一番落ち着くのです。 仮に、人類が勝利したとしても、その後地下室に行き、グリシャが遺した世界の現実を知り、結局は同じ結末になるのではないかと思います。 まとめ これまで、「獣の巨人対人類」を基に最終話を考察・予想してみました。 私が行きついた予想は、誰もが予想し得る結末です。 しかし、その予想を大きく上回る展開になっていくのが、「進撃の巨人」の面白さです。 現在、獣の巨人との戦いが激しく行われています。 エルヴィン団長が瀕死の状態になり、リヴァイは圧倒的な強さで獣の巨人に切りかかります。 誰に使うのか、それまでに生きていられるのか非常に気になるところです。 リヴァイの行く末や行動が、今後の展開を大きく左右することは間違いないでしょう。 物語の主要人物であり、人類最強の彼が、最後にどのように決着をつけるのか、これからの見どころになっていくと思います。

次の

進撃の巨人3期あらすじネタバレまとめ!最終回までのあらすじと感想をざっくり解説!

進撃 の 巨人 最終 回

Contents• アニメ進撃の巨人2期最終回内容ネタバレ!原作通りだけど、、、 エルヴィンが自身の腕をも犠牲にする作戦により、なんとかミカサはエレンをベルトルトから取り戻したのが前回。 アルミンのゲスミン姿が印象的でした。 巨人化したライナーは巨人を投げ飛ばし、調査兵団の戦略を滅ぼそうとする。 ユミルを止めようと、ヒストリアも刃を振るう。 エレンはミカサに腕を拘束していた布を切り裂くように支持すると、自分がやらなければならないと、自分の手に噛み付いた。 巨人化しようとしたのだ。 しかし、何度噛み付いても、エレンは巨人化できない。 目の前には、かつての母を殺した巨人が迫りくる。 しかも、その巨人はハンネスを左腕でつかんだ。 そして、その瞬間音が消える。 ハンネスは、エレンとミカサの眼の前で、下半身を噛みくだかれた。 そして、泣き叫ぶエレンに、ミカサは伝えたい事があると語る。 その言葉に感化したエレンは、巨人化せぬまま、ハンネスを殺した巨人に鼓舞しを放つ。 そのとき、何かの衝動が走った。 その衝動と共に、多数の巨人がハンネスを殺した巨人に食らいついた。 「最悪だ、よりによって「座標」が・・・最悪のやつの手に渡っちまった・・・」 ライナーは焦る。 ライナーの意思は、何故か周りに居た巨人たちに反映されるようなのだ。 そして、ユミルはライナーたちが故郷へ帰る時に、自分がいたらいいだろうと言い、ライナー達と共に去っていった。 数日後、急きょ発生した巨人が、ラガコ村の住人であるということが突き止められる。 巨人の正体は人間であるということが判明し、エルヴィンは笑ったような表情をみせた。 そして、エルヴィンは語る。 「我々はいずれ必ず突き破る。 真実を隠していた壁を」 そして、その壁の向こう、 獣の巨人の背中から、一人の男が姿を見 せていた。 それは、誰なのか。 この謎は誰が解くのか。 スポンサーリンク ここから下は、原作についてのネタバレもあるので、原作バレOKで、獣の巨人の正体を知ってしまっても大丈夫ならで読み進めてくださいね! アニメ進撃の巨人2期最終回の終わり方が中途半端?最後の眼鏡の男は誰? けっこう原作ショートカットされてましたねー 原作の、エルヴィンが 「私の代わりはいる!」のところを聞きたかったのだけど、カットされてた?? ただ、ハンネスさん、エレンの母を食べた巨人に殺される時に、ハンネスさんの声が一切無くて、エレンの笑い声が響く演出は良かったと思う!! あと、最後のエルヴィンのセリフもだいぶ変わってたしね。 エルヴィンの髭姿がアニメで見れたのがちょっとよかったなーとかは思ったりしましたが、やっぱり最後の詰め込みすぎ巻が、原作ファンとしては否めないです。 ハンネスさんのところで静止画が入った演出がよかった。 それにしても、エレンの 「来るんじゃねぇ ぶっ殺してやる」 で巨人が急に意思を持って動き出したようにみせる演出はとても良かった!ゾクッとした。 そして、どうなるんだろうかなぁ、、、と思ってた終わり方だけど、まさかの獣の巨人の中の人間をチラ見せして終わるとは思っていなかったので驚きました。 彼は、実は原作ではもう正体が分かっています。 それは、エレンの父、グリシャ・イェーガーの、壁の外での妻との間に生まれた息子です。 名前は「ジーク」 獣の巨人の力を持っています。

次の

「進撃の巨人」最終回の結末が決定!?黒幕は「あいつ」なのか!?「エレンのお父さん」「アルミン」「リヴァイ兵長」

進撃 の 巨人 最終 回

巨大な壁を築くことによって隔絶された世界で平和を保ち生きてきた人類。 その平和に突如終わりが訪れ巨人たちが壁を壊し侵入してくる。 多くの犠牲を払い憎しみや悲しみに耐えながらも運命を切り開いていく——『進撃の巨人』はそんな壮絶な戦いの物語です。 現在も別冊少年マガジンで連載されており、 初出は2009年10月号。 連載から数えればもう10年も経つことになりますね。 2018年12月07日には第27巻も発売され、気の抜けないストーリー展開に早くも続きを待ち侘びる人が後を絶ちません。 残酷なシーンや絶望的な展開も多く点在する物語で、一見読む人を選んでしまいそうなものですがその人気は幅広い層に広がっています。 コミック発行部数が7600万部を超えただけでなく、世界18言語に翻訳され180か国に展開するなどその人気は国内のみに留まっていません。 アニメも第3期まで制作されただけでなく、劇場版や近年ハリウッド映画化されるなど漫画という枠組みからも飛び出しているほどです。 『進撃の巨人』の最終回と巻数を予想 最終回についての具体的な言及はありませんが、 2018年11月18日(日)に放送された『情熱大陸』出演時、『進撃の巨人』の生みの親である著者の諌山創先生は最終回のイメージについて「最終コマはこんな感じかな」とイメージがあるように仰っています。 放送内で描かれたラストシーンの1コマは、幼子を肩に抱き「お前は自由だ」という一人の人物の背中がありました。 しかし同時に「変わる可能性もありながら描いている」とも仰せで、まだ描きたいことも描くべきことがあるように見受けられました。 まだまだ熾烈を極めるストーリー展開である以上最終回となるにはまだ先で、年に3回新刊が出ていることから例えば今から約4年後、 コミックであれば切り良く40巻あたりになるではないでしょうか。 まとめ ・別冊少年マガジンで連載 ・初出は2009年10月号 ・最終回は40巻あたりと予想 連載作品の読者ならば気にならずにはいられない最終回について、諌山創先生の頭にラストシーンは思い描かれていますがそこにたどり着くまでにはもう少し時間がかかりそうです。 全ては先生のお考え次第ですが、気になる作品が一つあれば楽しみも一つ増えるというもの。 mbs. dailymotion. kodansha. kodansha.

次の