ウーバー イーツ 原付。 Uber Eats(ウーバーイーツ)原付バイクで配達したい人の質問に答えます!Q&A【原付バイク・軽自動車】

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で効率的に稼ぐコツ|デリバリー配達ナビ

ウーバー イーツ 原付

この記事の内容• Uber Eatsの配達パートナーは自転車・バイク・原付どれが有利か• 自転車からバイク・バイクから自転車への車両変更方法 Uber Eatsの配達パートナーに登録しようとした時に、決めなければいけないのが「原付で配達するか自転車で配達するか」です。 ここで決めた配達方法は、もちろん後から Uber Eatsパートナーセンターで変更することができますし、 説明会の時に変更することもできます。 なので決められない時は、 一旦手続きの簡単な「自転車配達」を選んで、後から変更するという形がオススメ。 そうは言ってもちゃんと選びたい!そんなあなたのためにこの記事では、以下の内容を紹介していきます! 目次• 原付・バイク・自転車の登録に必要な書類の違い ではまずは「それぞれの配達車両の登録に必要な書類の違い」について紹介していきます! UBer Eatsの配達に使うことができる車両は全部で4つ。 自転車• 原付バイク 125cc未満• 軽貨物 黒ナンバー• 125cc以上のバイク 緑ナンバー ただし、 黒ナンバーと緑ナンバーの取得は、陸運局に書類を送ったりお金を払ったりとかなり面倒です。 参考: もうすでに黒ナンバー・緑ナンバーを取得している人以外は避けたほうが無難でしょう。 それぞれに必要な書類を表にすると以下の通りです。 [全員必要]• 身分証明証の写真• メールアドレス• 電話番号• プロフィール写真 スマホ写真可 [原付で配送する人が追加で必要]• 運転免許証• 自賠責保険証書• ナンバープレートの写真 [軽貨物または125cc以上のバイクで配送する人が追加で必要]• 運転免許証の写真• 自動車損害賠償責任保険の証明書• 任意保険または共済保険の証明書• 車検証または軽自動車届出済証• ナンバープレートの写真 先ほども言ったように、 手続きが最も簡単なのが「自転車」での登録です。 どれにしようか迷っている人は、とりあえず自転車で登録しておきましょう。 もし気が変われば、説明会の際にでも書類を持っていくと、スタッフの案内に従って簡単に登録ができます。 他の配達パートナーはバイク・原付・自転車どれで配達している? 配達パートナーの配達車両はどれが多いのか?Uber Eatsの公式発表はありません。 しかし先日、当サイトはUber Eatsの配達パートナーのアカウントを対象にアンケートを行いました 101件の回答ありがとうございました! これにて回答を締め切らせていただきます。 ご協力ありがとうございました! — [報酬あり]Uber Eatsに関するアンケート実施中! uberharaki このアンケート結果をもとに、他の配達パートナーはどんな車両で配達しているのかをみると以下の通りでした。 125cc以上のバイクで配達している人も見られましたが、本業で運送業をしていてすでに緑ナンバーを取得済みである人が多かったです。 原付と自転車はどっちが稼ぎやすい? 当サイトが独自に行ったアンケートの結果、原付で配達時と自転車で配達時の時給換算の平均を算出しました。 更に詳しい情報は上の参考記事を御覧ください。 今回原付の条件として、 年間走行距離を10000kmとしました。 これは大体1週間で20時間程度稼働したくらいだと考えてもいいでしょう。 よく原付を使う人であればも税金や保険などは、Uber Eatsの配達車両の維持費として換算しなくてもいいかもしれません。 しかし基本的に 原付のほうが維持費が高くつくということは知っておきましょう! 5. 自転車と原付のレンタル車両料金の違い Uber Eatsの対象エリアから少し離れた場所で稼働する場合や、配達できる車両を持っていない場合は、車両をレンタルしなければいけません。 車両をレンタルした場合は、 維持費用やメンテナンスの手間がかからないこともメリットになります。 自転車と原付のレンタル費用は、都道府県別にも異なります。 そこで都道府県別のレンタル車両の料金をまとめていきたいと思います。 ドコモ・バイクシェアとヤマハYPJはUber Eatsと提携しているので、通常料金よりも安くなっています。 ドコモ・バイクシェアリングは通称「赤チャリ」と呼ばれ、Uber Eats配達パートナーの間ではかなり有名なレンタサイクル。 表をみると分かるように、都道府県別で料金が大幅に異なります。 稼働の元が取れそうかどうかを判断してみてください。 帝都産業はUber Eatsと提携しているため、通常よりも料金が割引されます。 レンタルバイクはかなり費用が高いので、 Uber Eatsの配達パートナーで利用している人はほとんどいません。 原付も試してみたいなと思った時に1ヶ月だけ使う、というような使い方が理想かもしれません。 レンタルバイクで長期間配達をするよりかは、中古の原付を買ってしまったほうが結果的に安上がりになる可能性もありますよ。 原付・自転車での配達のメリット・デメリット 原付と自転車のメリット・デメリットを、全てまとめて紹介していきたいと思います。 全て表でまとめた結果以下の通りです。 原付・バイク 自転車 メリット• 体力的に楽• 長距離配達依頼が増えるので、1回あたりの報酬が高くなる• 配達速度が上がる• 広範囲の移動が可能• ダイエット効果がある• 維持費用が安い• 小回りがきく• 短距離配達が多いので配達数を稼ぐことができる• 車両を置く場所は見つかりやすい• 渋滞に巻き込まれにくい デメリット• 駐禁のおそれがある• 渋滞に巻き込まれる可能性がある• 駐輪場所に困ることも• 小回りが利きにくい• 違反の可能性が高くなる• 維持費用が高い• 体力的にキツイ• 長距離配送依頼が少ないので、1回あたりの配達単価が下がる バイクの大きなメリットは、体力的に楽であるということでしょう。 やはりUber Eatsは肉体労働ですから、体力の消耗は結構大きいです。 なので体力がない方だったら自転車での配達は結構厳しいかもしれません。 しかしその反面、原付での配達は小回りが利きにくく、道を間違えてしまうと大幅な時間ロスになることもあります。 一方通行や二段階右折など交通ルールもややこしく、自転車と比べると煩わしく感じることもあるでしょう。 自転車だと体力的にキツイため 原付・バイクは小回りが利きにくいというデメリットはありますが、長距離移動も体力消費が少なく可能というメリットがあります。 なので長距離配達が多くなる、世帯数の少ないエリア、つまり 比較的田舎のエリアはバイクの方が有利と言えるでしょう。 他には坂道の多いエリアなども、自転車配達の人が避けるのでバイク配達の人は狙い目です! 8. バイクと自転車はそれぞれどんな人にオススメか? 以上を踏まえた上で結論として、「バイクをオススメする人」「自転車をオススメする人」についてそれぞれ紹介していきます。 結論からまとめると以下の通りです。 バイク・原付がオススメ 自転車がオススメ• 女性や中年男性など体力に自信がない人• 普段からバイク・原付を使う人• 稼働エリアに精通している人• 比較的田舎で稼働する人• 比較的若い人・体力に自信がある人• 普段原付移動をしない人• 稼働エリアに精通していない人• 比較的都会で稼働する人 女性や中年男性などの体力に自信がない人は、バイクでの稼働がオススメ。 体力面でのデメリットをカバーすることができます。 さらに普段から原付を使う人や、稼働エリアに精通していて道を知っている人は、「道を間違えると復帰が難しい」という原付のデメリットを解消することができます。 逆に 配達するエリアの道をよく知らないという人は慣れるまで自転車を使った方がいいかもしれません。 車両変更は簡単にできるので、とりあえずどちらかで試してみるといいですね。 自転車の車両追加は必要ありません。 好きな自転車で配達しましょう! 車両追加はいつも使っている「Uber Driver」から行います。 まずアプリを起動すると以下の画面になります。 右上のプロフィール写真をタップしてください。 すると以下のような画面になるのでアカウントをタップしましょう。 車両という項目があるのでそこをタップします。 車両追加画面になるので、車両の追加をタップします。 「車種」「モデル名」「年式」「ナンバープレート」「車体の色」を入力した後に、車両を追加するをタップすると完了です。 登録している原付・バイク以外での配達は厳禁。 最悪アカウント停止の可能性もあるので、車両追加や車両変更はしっかりやっておきましょう。 まとめ.

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で効率的に稼ぐコツ|デリバリー配達ナビ

ウーバー イーツ 原付

ウーバーイーツは原付のほうが稼げる! いきなり結論を言います。 ウーバーイーツは 原付のほうが稼げます。 その理由はこちら! 広範囲を高速に移動できる 原付の最大の武器はその機動力です。 自転車よりも素早く、都会の道をサクサク進むことができます。 都会を移動するには、 125ccの原付が最強ってよく聞く話ですよね。 車の間をするすると抜けて渋滞知らず。 最強です。 体力を使わない 原付は当然エンジンが付いてますので、自転車よりも 体力を使わずに移動することができます。 ウーバーイーツでガチで働くなら、まる一日働いたりしますよね。 体力のある人でも、ずっと自転車は辛いでしょう。 原付ならあまり疲れません。 配達依頼が来やすい ウーバーイーツでは、長距離の配達案件は原付にやってきます。 もちろん短距離の配達案件もやってきます。 どちらも獲得できる原付は最強です。 バッテリーが切れたりしない 電動自転車は、ずっと走っているとバッテリーがすぐ切れちゃいますよね。 バッテリーが切れた電動自転車は使い物になりません。 一方で、原付は燃費がいいのでそうカンタンにガス欠になりません。 ガソリンがなくなったらサクッとガソリンスタンドに行けばいいだけです。 めちゃくちゃ楽! 原付からスマホを充電できる ウーバーイーツでは、スマホの充電は命です。 配達はアプリ上で行われるので、スマホの充電がなくなったら何もできません。 電動自転車だとモバイルバッテリーを持ち歩くことになりますけど、モバイルバッテリーの充電もなかなか面倒ですよね。 その点、原付ならバイクからそのまま充電できます。 めちゃくちゃ便利。 デメリットよりメリットのほうが大きい 原付にもこのようなデメリットはありますけど、それでも原付のほうが稼げると私は思います!• 保険料・ナンバー代など維持費がかかる• ヘルメット必須• 交通違反に気をつけなければならない ウーバーイーツ配達の選択肢は3つある Uber Eats配達パートナーとして働くのに使う車両には、現実的に考えて4つの選択肢があります。 3つの選択肢の中でお金が最もかからず、便利です。 とはいえ、ウーバーイーツの配達を効率よくするには、電動自転車やロードバイクなどが必要になってきます。 プランは2つあります。 ドコモのとです。 どちらもUber Eats配達パートナー限定プランとして、月額4,000円で借り放題になります。 ポートの位置はウーバーイーツのサービスエリア内の広範囲に渡っており、どこでも自転車が借りられるような状態です。 これを利用すると、例えば職場の近くの自転車を借りてウーバーイーツの副業をし、終わったら電車で帰宅なんてことを可能ですね。 借りられる自転車は電動自転車で、とても便利です。 原付は自転車よりも高速・広範囲に配達を行うことができ、自転車のように体力もあまり使いませんから数多くの仕事を行うことが可能です。 ウーバーイーツで稼ぎたい!でも原付は持ってない! という方にぴったりです。 初めて配達パートナーになってみたい方は、自転車がおすすめ! とにかく初めてUber Eats配達パートナーになって収入を得たい方は、自転車がおすすめです。 自転車は手軽に入手できますし、Uberの特別プランを利用することもできます。 もしUber Eats配達パートナーを辞めることになっても、自転車の売却はカンタンです😁 バイトより自由なウーバーイーツ配達の仕事を始めるには ウーバーイーツ配達の仕事は、普通のアルバイトのようなシフトはなく、 いつでも自由に働ける・面接も履歴書も 不要・資格スキルいらず・出勤もいらず・うるさい上司もおらず・ノルマもなく・ 報酬は週払い(即日払いなことも)・服装髪型も自由!・仕事中もスマホが使える!・登録費用はもちろんかからない・なのに 稼げる!という、何拍子も揃った素晴らしい副業・仕事です。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)自転車とバイクのおすすめと稼げる金額の違いを解説│うばいつ

ウーバー イーツ 原付

CHAPTER(チャプター)• ウーバーイーツ UberEats レンタルバイク・おすすめ自転車|登録可能な自転車の種類 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」におすすめの「自転車」や「レンタサイクル」について、解説していきます。 「」の「」として仕事をする場合は、「登録車両」でしか配達することが出来ません。 「登録車両」自体は、自分で決めることが出来るのですが、登録可能な車両と、登録できない車両の種類は、はっきりと分かれていますので、自分が持っている車両(自転車やバイク)が、果たして「」の仕事に使えるのかどうかは、しっかりと確認するようにしてください。 また「自転車」や「バイク」を持っていない人でも、「」と契約している「レンタサイクル」「レンタルバイク」会社のサービスを利用できる地域にいる人は、月額料金を支払い車両をレンタルすることで、誰でもすぐに、配達が可能となります。 「」の「」として「自転車を使って1日中」仕事をやろうとするのですから、かなりハードになりますよね。 「」の「」を、「自転車」でする場合、として、あちこちを走り回るのため、かなりの「肉体労働」となり、自転車を漕ぐのに慣れていない人は、慣れるまで最初は相当キツくなると思います。 趣味が「ロードバイク」や「クロスバイク」の人、「」や「トレーニング」を兼ねて「」の「」の仕事をする人などは、車両選択で「自転車での配達」を選ぶことが多いようです。 そういう人達は、自転車での「配達」を選択することで、趣味と実益を兼ねることができるので、確かに「一石二鳥」だと思います。 逆に「体力に自信がない人」や「体力は温存して稼ぐことに集中したい人」は、「電動アシスト付き自転車(eバイク)」がオススメです。 「運動が苦手な人」「体力に自信のない人」「効率よく稼ぎたい人」は「電動アシスト付き自転車(eバイク)」がオススメですので、持っていない人は、「」で稼いだお金を使って「電動アシスト付きの自転車」に投資するのも、「配達の効率を良くする方法」として、アリだと思います。 配達で自転車を使う「メリット・デメリット」 配達で自転車を使う「メリット・デメリット」 自転車のメリット ・短距離の配達リクエストを受けやすい ・上記のため、配達回数を稼ぎやすい ・ダイエット・運動になる ・一方通行の道や原付バイクが入れない道を使いショートカットも可能 ・道を間違ってもUターン・方向転換がしやすい ・車両のメンテナンス費(維持費)が、バイクに比べると激安 ・ガソリン代が、かからない 自転車のデメリット ・体力が必要。 体力に自信のない人は、電動自転車を推奨 ・疲れてくると、配達効率が悪くなる また、さらに楽に配達をしようと思った場合は、「原付バイク」などのバイクを「配達」で使う方法もあります。 で「バイクを選ぶ」と、配達スピードや体力的には余裕が生まれますが、その代わり「ガソリン」を消費するので、「ガソリン代」などで「経費」も、それなりにかかってきます。 配達でバイクを使う「メリット・デメリット」 配達でバイク(原付)を使う「メリット・デメリット」 バイクのメリット ・長距離配達のリクエストを受けやすい ・1配達当たりの距離が長くなり、配送手数料の単価が上がりやすい ・体力に自信のない人でも長時間稼働することが出来る ・によっては、ブースト率(ボーナス)が高いところもある バイクのデメリット ・小回りが効かない ・渋滞に捕まると、なかなか抜け出せない ・車両のメンテナンス代が、かかる ・ガソリン代が、かかる ・駐禁や、一時停止違反など、交通違反のリスクが高い また、住宅街などでは、「一方通行」や「小回りが効かない道」などもあり、そういう場所だと、意外と「自転車」の方が、目的地に早く到着したりしますので、「自分が配達したいエリアの特徴」や「配達の目的」に合わせて、「自転車」か「バイク」を選ぶと良いでしょう。 「自転車登録の配達員」だと「近くて配達距離が短い配達リクエスト」が多く入ってくる傾向にあるため、「配達回数を稼ぎやすくなる」のですが、「原付バイク登録の配達員」だと、「遠くて配達距離が長い配達リクエスト」が多く入ってくる傾向にあり、「距離料金を稼ぎやすくなる」という違いが、生じてきます。 「」の「」の場合、「車両登録」は、後からでも変更できますので、最初に選んだ車両から「配達車両」を変更したい場合は、車両変更の申請をするようにしましょう。 注意点としては、登録車両以外の車両で配達してしまうと、規約違反となり、「アカウント抹消」などのペナルティを受ける可能性がありますので、そこだけは注意してください。 今回、紹介した「自転車での配達」も「原付バイクでの配達」も、どちらも一長一短がありますので、「自分が既に持っている車両」や「配達の目的」に合わせて車両を選び、始めるのがオススメです。 ・排気量125cc以上のバイク (緑ナンバー=事業用者)(黒ナンバー=事業用軽自動車)は登録可能。 「坂道が多いエリア」や「一方通行が多いエリア」などは、小回りがきく「自転車」の中でも、「電動アシスト付き自転車」が活躍します。 運動兼ねて配達をしたい人は「ロードバイク」「クロスバイク」 「ロードバイク」とは、もともと「自転車レースのために開発された自転車」で、舗装された道路を高速走行するのが得意です。 比較的、価格も高く、ハンドルが「ラウンド形状」の「ドロップハンドル」を使用し、より前傾ポジションで走行する見た目が特徴です。 つまり「ロードバイク」は、「走ることに特化した自転車」だと言えるでしょう。 一方、「クロスバイク」とは、「オフロード車のマウンテンバイク」と「オンロード車のロードバイク」を融合させたような「自転車」です。 ロードバイクよりも、比較的、価格が安く、ストレートなハンドルを使用、またタイヤは太く設計されており、舗装されていない道や、段差がある道でも、走りやすいのが特徴です。 つまり「クロスバイク」は、「どんな用途や目的でも使いやすい自転車」だと言えるでしょう。 都市部ならレンタルバイク(レンタサイクル)でも配達可能 「」の「」の仕事をする場合、「自転車」も「原付バイク」も、自分で所有していない人は、「レンタルバイク」や「レンタサイクル」で、「自転車」や「バイク」を「レンタル」して、配達を行うことが可能です。 「自転車のレンタル」も「原付バイクのレンタル」も、「UberEats(ウーバーイーツ)」と提携している「サービス会社」を利用することにはなりますが、いずれも「UberEats(ウーバーイーツ)特別プラン」として、通常価格よりも、安くレンタルすることが可能です。 だいたいの値段としては、「レンタルバイク」や「レンタサイクル」を利用する場合は、「月額4,000円~1,6000円」の定額制で、借りることが出来ます。 主な自転車レンタル・サービス• ドコモ・バイクシェア• COGICOGI リース• 帝都産業 docomoの電動自転車レンタサイクルの「ドコモ・バイク」 「月額4,000円」 東京都内であれば、「350ポート」を設置しており、「電動アシスト自転車の数」は「約4,500台」が使い放題で利用できます。 「交通系ICカード」や「おサイフケータイ」で「ワンタッチ貸し出し」に対応しています。 レンタルできる「電動アシスト自転車」のボディの色が赤いことから「赤チャリ」とも呼ばれています。 レンタルする人の多くが、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」ですので、配達中も、よく見かけることになると思います。 docomoのレンタサイクルなら「自転車保険」も付いてくる 「docomo」のレンタサイクルの「ドコモ・バイクシェア」には、「対人・対物・自分のケガへの保障制度」も付いてくるので、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」の仕事中に起こる事故などにも、ある程度は、保険が効いてきますので、便利です。 ドコモ・バイクシェア スマートシェアリング 「ドコモ・バイクシェア」の料金は「月額定額4,000円(契約初月のみ日割り計算あり)」となり、契約期間内であれば、何度、利用しても、追加料金などは取られません。 帝都産業の「レンタサイクル」と「レンタルバイク」 「月額10,000円」 「帝都産業」は「電動アシスト自転車」を自宅まで届けてくれるサービスです。 こちらも「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」ご用達の「レンタサイクル」サービスです。 「対人・対物保障制度」もあります。 また「帝都産業」は「レンタルバイク」サービス(月額16,000円から)もやっていますので、「バイク」を持っていないけれど、配達はバイクでしてみたい人などは、是非、確認してみてください。 「東京都内の配達員」時給換算するといくら稼げる? 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「」の仕事をした場合「初心者」の人でも、で「1,000円以上」は余裕で稼げると思います。 配達に慣れてきて「効率よく回れるようになった人」なら、時給換算で「2,000円」以上稼ぐことも簡単です。 ベテランで慣れてくると、稼いでいる人で、時給換算で2,000円~3,000円くらいも稼げる感じになると思います。 ただし、「」の「配達パートナー(配達員)」は「個人事業主」となりますので、「稼いだ金額」から「使った経費」を引いた「」を、をすることで、後で、自分でを納めなければいけません。 そうなってくると、手取り換算では、額面はもう少し下がりますので、稼いだ額が、まるまる自分の手元に残るわけではないので、その点は注意してください。 東京や大阪で「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になりたい人は、「自転車」や「バイク」を持っていなかったとしても、「UberEats(ウーバーイーツ)」と提携している「レンタルバイク」や「レンタサイクル」の「貸出サービス会社」と契約することで、それらを使用して、すぐに配達の仕事が、できるようになり、おすすめです。 レンタル費用が安い「ドコモ・バイクシェア」なら「電動アシスト付き自転車」が、「月額4,000円~」の使い放題で、レンタルすることが可能ですので、時給換算で「2,000円以上」稼げるようになった人なら、「UberEats(ウーバーイーツ)」で2時間働くだけで、1ヵ月分の「レンタサイクル代」の元が取れます。 このような「便利なサービス」もありますので、「UberEats(ウーバーイーツ)」を利用して働きたいけれど、「配達車両」を持っていない人は、是非、活用してみてください。

次の