万引き 家族 パラサイト。 映画『パラサイト 半地下の家族』感想・レビュー(『Joker/万引き家族』と違うテーマ)

映画『パラサイト 半地下の家族』感想・レビュー(『Joker/万引き家族』と違うテーマ)

万引き 家族 パラサイト

格差社会・貧困がテーマの作品が評価されヒットする理由とは ここ数年の映画祭では格差社会・貧困をテーマに描いた作品が評価されている。 特に、カンヌ国際映画祭ではその傾向が顕著に現れているのだ。 『わたしは、ダニエル・ブレイク』2016• 『万引き家族』2018• 『パラサイト 半地下の家族』2019 上記の3つの作品はカンヌ国際映画祭にて最高賞パルムドールを受賞している。 『わたしは、ダニエルブレイク』はあまり知られていない作品であるが、貧困がテーマの作品だ。 そして、是枝裕和監督の 『万引き家族』は日本でも大きな話題を呼んだ。 また、 『パラサイト 半地下の家族』はカンヌ国際映画祭の他、ゴールデングローブ賞では外国語映画賞を受賞、アカデミー賞では作品賞、国際長編映画賞の他6部門にノミネートされる大注目の作品となっている。 そして何より2019年に大ヒットを記録した 『ジョーカー』も人々を笑顔にしようと奮闘する青年が格差社会、貧困といったことが直接的な原因となり、狂気に満ちた悪役ジョーカーへと変貌する様子を描いている。 このように格差社会・貧困がテーマの映画が世界で評価、ヒットする要因は一体何なのだろうか。 リーマンショック以降、格差社会が表面化 リーマン・ショック以降、格差社会が深刻になり、人々の間に格差の意識が急速に広まったと考えられている。 この事実を知らずとも格差を実感しているものは増えていると考えられる。 格差社会・貧困がテーマの作品がヒットする要因の一つに、「世界中の人々の意識」があると考えられる。 貧困や格差を多くの人々が意識し、実感しているからだ。 『万引き家族』では貧困に苦しむ家族が家族ぐるみでスーパーで万引きを行い、さらには年金の不正受給などが描かれている。 是枝監督は実際に2010年、東京都内で111歳相当の男性の白骨化遺体が発見され、その後家族は死亡届を出さないまま年金を長年にわたり不正受給していたことが発覚して逮捕された事件を元に本作の製作をしたそうだ。 つまり、貧困をテーマにした本作は社会で実際に起こっいる出来事が直接映画に反映されているため、人々の共感を呼ぶのだ。 また、『パラサイト半地下の家族』では富裕層と貧困層という明確な格差をテーマに物語が進行していく。 貧困層が富裕層に寄生 パラサイト し富を吸収していくお話だ。 最終的には富裕層は富裕層のまま、貧困層は貧困から脱却することはできないのだという明確な結果となり、強いメッセージ性を実感した。 本作はコメディ要素を混ぜつつも、貧困層が一向に状況を改善することのできない現在の社会の現状を痛烈に批判していると考えられる。 このように社会の現実的な問題である格差や貧困をテーマにした物語は人々に共感を呼ぶことは明らかで、どちらの作品も 貧困層目線で描かれていることが大きなポイントでもある。 また、『ジョーカー』も貧困層目線で描かれた作品だ。 貧困層である青年アーサーは貧困層が社会から見捨てられている現実を狂気ジョーカーとして明確に訴えている。 日本での格差は深刻。 巨大新興国、途上国でも格差が明白に。 世界3位の経済大国で先進国でもある日本での経済格差も深刻だ。 2015年に発表されたデータでは日本国民の15. 6%が貧困であるということがわかっている。 1位は『パラサイト 半地下の家族』で話題の韓国で、その差は4. 3倍だった。 韓国での格差の意識が強いのも理解できる。 このように先進国での社会格差も深刻であるのだ。 先進国の貧困は言うまでもなく 相対的貧困のことであるが途上国や新興国で根強いのが 絶対的貧困である。 2つについて簡単に説明すると以下である。 絶対的貧困:人間として最低限の生存を維持することが困難な状態 相対的貧困:その国の文化水準、生活水準と比較して困窮した状態 こうしてみると、冒頭に紹介した『万引き家族』『パラサイト半地下の家族』『ジョーカー』『わたしは、ダニエル・ブレイク』で描かれたのは相対的貧困であることは明白だ。 貧困層が這い上がれない現状を訴えた作品を観にいくのは相対的貧困の広がる国の映画を観に行けるくらい経済的余裕のある人であると考えると何とも皮肉だ。 しかし、そういった人たちがこのような映画を観にいくことで少しでも貧困について考える機会が増えると言う点ではこのジャンルの映画が評価されることには意義があると考えられる。 『万引き家族』や『パラサイト 半地下の家族』を観たものたちが何かを感じ、気づかされるのも納得だ。 やはり、再認識や共感性と言うものは映画にとって重要なようだ。 日本に貧困層はいないというような考え方は間違いで、そうした間違いに気づかしてくれるのがこれらの映画である。 先進国は自国の相対的貧困の割合を減らすことも重要だがこれからの時代、絶対的貧困についてどう向き合うかも重要である。 途上国や巨大新興国に多いのが絶対的貧困であるが果たして彼らにスポットライトは当てられているだろうか。 相対的貧困が広がる国においてその国の人がその類の映画を観に行き、知った気になってはいないだろうか。 ここで忘れてはならないのは先進国と途上国の格差だ。 これは説明するまでもなく明白である。 先進国での格差• 途上国での格差• 先進国と途上国の格差 これからの時代、こうしたテーマに人々が興味を持ち、劇場に足を運び、評価されるに違いない。 そしてそれらはヒットもしくは映画祭で評価されるだろう。 なぜならそれらは今の時代の人々に気づきと共感を与えるからだ。 知った気になった偽善者でもいい。 まずは劇場に足を運び事実を知ることが重要なのだ。

次の

パラサイト 半地下の家族

万引き 家族 パラサイト

1月13日に発表された第92回アカデミー賞候補作に、ポン・ジュノ監督の新作『パラサイト 半地下の家族』が作品賞を含む6つの部門でノミネートされた。 韓国映画としては史上初のノミネートとなる、まさに歴史的な快挙となった。 興行面においても、韓国国内では累計観客動員数が1000万人を越え、フランス、台湾、香港など、いくつもの国や地域で爆発的なヒットを遂げている。 「格差」はついに埋まらない 『パラサイト』のテーマを挙げるとすれば、「格差社会」となるだろう。 全員が失業中の低所得層のキム家が、IT企業を経営する富裕層のパク家に「寄生」をはじめることから物語は始まる。 作中では、両家のあいだにある「格差」が嫌と言うほど強調されることとなるのだが、これは残念ながら、韓国の現状から乖離した設定とは言えないだろう。 近年の韓国における所得格差は著しく拡大しており、雇用率もまた低下の一途を遂げている。 2017年の統計では、相対的貧困率(その国や地域の大多数よりも貧しい人の割合を指す)が65歳以上で43. そして、このような問題は韓国に限ったものではない。 6人に1人が「貧困層」と呼ばれ、失業者や非正規雇用者の生活基盤の低下が声高に叫ばれる日本にもまた身近なものであるはずだ。 奇しくも『パラサイト』の前年、カンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞し、日本でも大きな注目を浴びた『万引き家族』(是枝裕和、2018年)もまた貧困層にスポットを当てた作品であった。

次の

パラサイトと万引き家族

万引き 家族 パラサイト

未見のかたにおかれましてはご注意ください。 現時点では世界一不穏な映画を作ればうまい監督の巨匠であるポン・ジュノ監督による「パラサイト半地下の家族」を観てまいりました。 わかりやすくいえば、間違いなく傑作といえる出来であったことをここに書いておきます。 ただし、過去作の「グエムル」や「殺人の追憶」などと比較すると詰めが甘いというか心に与えてくるダメージや不穏さは少なくなっていたのは寂しい限りでした。 あらすじは簡単に説明すると貧乏な一家が金持ちだが頭が悪い資産家一家に取り込み、彼らを利用してそしてそのための邪魔者を排除しながら生きていくという中々不穏なもの。 しかし、本作は終盤まで終始コミカルで描かれるので不愉快指数は少なくかえってそのコミカルさが終盤起きてしまう悲劇の切なさ・惨劇の恐ろしさをよりキツいものにしてしまうブラックコメディに作り変えることに成功している。 主人公一家の父親は「殺人の追憶」や「グエムル」でポン・ジュノ監督とコンビを組んでいたソン・ガンホが演じている。 体はでかいけど脳味噌が足りないキャラクターをガンホさんはまた巧みに演じている。 俺はてっきりこの映画もしかして「尼崎事件」みたいに貧乏家族が金持ち家族を洗脳する・・・みたいな内容になるのかとおもったらなんと大違い。 それどころか、金持ち家族の家の地下に寄生していた昔の使用人夫婦と殺し合うという内容に突き進んでいくのであった。 大体アメリカ映画であれば、金持ちを一緒にハメるために貧乏人同士が知恵をひねりだしながら共闘するオチになりそうだが内輪揉めで争い合うようになっていくというのは実にアジア的なオチである。 貧乏一家も余計なことをしなければいいのに、金持ち家族がいないのをいいことに家を占拠してやりたい放題をやり始めたり、そもそも両家族のことを知っている人(共通の知人が息子にいる)がほかにいるのにわざわざ家族総出で金持ち一家に寄生しようとするなど・・・「こんなことするから貧乏人のままなんじゃん」と苦笑してしまうこと請け合いである。 技術とその場の機転は優秀なんだけど、立ち回りが悪い人って永遠に出世ができない。 って代表例だ。 対する金持ち一家も人使いが悪く、頭も悪い(こんなバカが大企業の社長というのがアホらしいが、そこがリアリティがあって恐ろしい)あっさり人に騙される・・・と思いきやそれも上から目線で見下していたからだった・・という話になってしまう。 うちの爺ちゃんも金持ちだったけど、社員をコキ使いすぎて恨みをいっぱい買っていたなあ・・・と思い出してしまった。 だます側・騙される側双方そろって感情移入できない。 同じ格差を題材にした日本の「万引き家族」なんてのもあったが、所詮ヒューマンドラマだったあれと違い本作は人間のむき出しの欲望と愚かさを描いており、日韓貧乏映画プロレスは韓国の大勝利であった。 ウリナラマンセー!!! いつもであれば全文にわたってあらすじを書いてネタバレをしてしまうが、本作に関してはややネタバレでとどめておこう。 点数は・・・75点/100点 非常に面白いのでみなさんにぜひみてほしい力作である。

次の