冷えピタ 打撲。 打撲(打ち身)の症状・原因・対処法 Doctors Me(ドクターズミー)

打ち身を早く治す方法を説明します

冷えピタ 打撲

スポンサーリンク 打ち身、または打撲とは、どういう症状でしょうか。 打ち身とは、物体に強くぶつけたり、転倒したりして、身体の一部を激しく打ったときに現れる症状のことです。 発症の初期では、内出血を起こしたり、赤く腫れたり、患部に負荷をかけると痛みを感じたりします。 症状が軽い場合は、二週間ほどで完治することもありますが、他の要因によって、二月三月と長引く場合もあるので、そのときには病院の整形外科に行って診察を受ける必要があります。 症状が軽い場合には、自然治癒で二週間ほどで治ってしまいますが、内出血などで肌に痣ができてしまい、それを人に見られる嫌でなるべく早く治療したい人や、スポーツをやっていて復帰するまでの時間を短くしたい人などいるかもしれません。 そこで、打ち身の治療で早く治す方法を説明します。 打ち身の治療は、受傷からの期間によって治療法を変えることが早く治すための重要なポイントになります。 まずは内出血や腫れの有無を確認しておいてください。 内出血の色によって、症状の重さがどれくらいか判別できます。 スポンサーリンク 受傷後の三日後までは、初期治療方法として、アイシング療法を行ってください。 アイシング療法は、患部を冷却することによって内出血や炎症を最小限に抑える効果があります。 内出血は身体の持つ自然治癒力によって患部に血液が大量に集まることによって発症するからです。 アイシングの正しい方法は、氷嚢を使って患部全体をまんべんなく冷やす必要があり、といって温度は低すぎず、なるべくゼロ度を保つようにしてください。 次の段階として、受傷後の三日目以降は、早く治す方法として温熱療法を行います。 初期治療が終わると、内出血はおさまり、傷ついた細胞組織は次第に回復いていきますが、そのさいに、患部を温めることによって血流の流れを促進させて、自然治癒力を高めることができます。 温めたタオルを当てたり、ゆっくりと入浴するなどしてください。 薬を使用して早く治すこともできます。 特に効果があるのが、塗り薬です。 患部の血行を良くして治療のスピードを早めることができます。 いろいろな種類のものが販売されているので、薬剤師などと相談して使用してください。 スポンサーリンク.

次の

打撲や捻挫で冷やすのは冷えピタでは効果ないよ

冷えピタ 打撲

打撲とは? 「打撲」はスポーツをしているときだけではなく、日常生活でもよく起こる身近なけがです。 体の一部をぶつけることにより、皮下組織や軟部組織が損傷するというもので「打ち身」ともいいます。 また、打撲には傷口を伴わないというのも特徴のひとつです。 症状としては、ぶつけたところが痛んだり、腫れたり、青あざができたりします。 人間の皮下組織の下、筋肉などの内部には至る所に細かい血管が走っています。 人や物にぶつかることによりこの血管が切れて内出血を起こし、青あざができるのです。 強くぶつけたときは出血量が多くなるため、「血腫」ができ、患部が腫れたり強く痛んだりします。 ぶつけた箇所によっては、骨折や臓器の損傷を合併することもあります。 氷を使って冷やすのが最も効果的です。 また、家庭にある湿布を使ってもいいでしょう。 この場合、湿布は冷湿布を使います。 温湿布は患部を温めて血行を良くするのが目的ですので、逆効果になります。 間違えないように注意しましょう。 手順としては、タオルを患部に当て、その上にアイスバッグなどを載せ、さらに包帯を巻いて圧迫します。 これで、患部を冷やしつつ圧迫することが可能です。 これには出血を抑える目的があります。 打撲した場合、病院に行ったほうがいい? ごく軽度の打撲であれば上記の「RICE」すら必要なく、何日か放っておけばあざも消えて治ります。 ぶつけて青あざができたという程度であれば、病院に行く必要はないでしょう。 しかし、明らかに骨折しているとか、痛みが長引いているのであれば、病院に行ったほうがいいでしょう。 特に頭部や胸腹部などの打撲の場合、脳や内臓にダメージを受けている可能性があります。 こういう場合には、痛みがなくても病院で検査を受けたほうがいいですね。 身近なけがだからこそ、「打撲かな?」と思っても放置してしまいがちなのではないでしょうか。 まずはできるだけ安静にして冷やす、といった応急処置を行うようにしてくださいね。 きちんと処置したにも関わらず、腫れや痛みが続く場合や、患部が曲げられない場合は骨折の可能性もあります。 自己判断に頼らず、医療機関を受診してするようにしましょう。 (藤野晶@dcp).

次の

打撲傷について

冷えピタ 打撲

打撲時の冷えピタについて質問です。 今日保育園で娘がほっぺたにあざを作ってきました。 子供同士で思いっきりぶつかったようです。 赤く腫れて一部は紫色にあざになっていました。 保育園の先生は冷やしたと言っていましたが、帰りに子供に聞いたところ冷えピタを顔に貼っていたようです。 冷えピタは打撲の時は無効だと聞いたことがありますがどうなんでしょうか?保育園では前もおでこをたんこぶ作ってきた時も冷えピタで対応していました。 きちんと氷嚢などで冷やしてもらいたいのです。 きちんと氷で冷やせば赤く腫れてあざになることもなかったんじゃないかなと思ってしまいます。 打撲時の冷えピタは意味ないのなら先生に一度言おうかと思いますが詳しい方いましたら教えてください。 よろしくお願い致します。

次の