ラカンパネラ 解説。 ピアノの森【アニメ】第6話のあらすじと感想、曲の解説【森のピアノ】|クラシックなひと時

フランツ・リストの主要なピアノ曲の解説とリストの人生について

ラカンパネラ 解説

雑学クイズ問題 「カンパネラ」ってどういう意味? A. 教会 B. 鐘 C. 十字架 D. 石像 答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね! カンパネラの意味って?語源や由来を徹底解説! よくわからない「カンパネラ」という言葉 皆さんは 「カンパネラ」って何のことだかわかりますか? 最近テレビなどで見かける機会が多くなった言葉でもあります。 一昔前までは「カンパネラ」と言われてもそんな言葉なんて聞いたこともない!という方も多かったのではないでしょうか? しかし、ここ最近でよく 「水曜日のカンパネラ」という日本の音楽ユニットが注目されるようになり、「カンパネラ」という単語が一般的となってきました。 デビューは2012年だったそうで、徐々に頭角を現してきて、今は音楽番組を見ている人にとってはよく見かける音楽ユニットになったのではないでしょうか? しかし誰もが「カンパネラって何?」って最初は思ったかと思います。 今回はこの「カンパネラ」という言葉について少し掘り下げて解説していきます。 カンパネラの意味 さっそく「カンパネラ」の意味について解説します。 ネットを使って調べると以下の意味である事がわかります。 ・campanella(カンパネラ)=鐘 カンパネラは イタリア語で「鐘」という意味になるそうで、水曜日のカンパネラは「水曜日の鐘」ということになりますね!。 英語でいうところの「ベル Bell 」です。 イタリア語では名詞の頭に「La ラ 」を付けるため、 イタリアではラ・カンパネラと呼ばれています。 更に、日本語で発音する場合は「カンパネラ」となりますが、イタリア語で発音する場合は「カンパネッラ」が正しい発音となります。 カンパネラの語源由来 カンパネラの意味を「鐘」と解説しましたが、実は鐘を全てカンパネラというわけではなく、 小さい鐘がカンパネラとなり、大きな鐘は「campana(カンパーナ)」という言葉になります。 更に正確にいえば、カンパーナは「吊り鐘」、「金管楽器のベル」、 「シンバル中央部のドーム部分」という意味になります。 古い時代の鐘は金属板を折り曲げて作っていたそうで、 ギリシャ語で「kampto 折り曲げる 」「kampoulos 折り曲げられた 」を語源にして、カンパーナという言葉出来たようです。 この事に由来して、カンパーナからカンパネラという言葉も作られる事となりました。 注目記事 それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね? 雑学クイズ問題解答 雑学クイズ問題の答えは 「B. 鐘」でした! この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。 全て解けたら雑学王かも!? カンパネラという言葉の意味をご理解いただけたでしょうか! 他にも、こんな雑学がお勧めです。 まとめ カンパネラはイタリア語で「鐘」という意味である。 イタリア語では名詞に「La ラ 」を付けるため、イタリアではラ・カンパネラと呼ばれている。 厳密な意味はカンパネラは「小さい鐘」を意味していて、大きな鐘については「カンパーナ」である。 ギリシャ語の「kampto 折り曲げる 」「kampoulos 折り曲げられた 」を語源として作られた言葉である。

次の

「カンパネラ」とは?意味や使い方を解説!

ラカンパネラ 解説

19世紀を代表するヴァイオリンの鬼才。 ロマン派音楽の特色である「強烈なる旋律」、 そして「華麗なる技巧」で人々を魅了した。 彼の両親はどちらも熱心なアマチュア音楽家であり、 まず彼はマンドリン(ギター)を与えられたという。 ヴァイオリンは7歳の時に父親から習いはじめるが、 すぐにその彼を凌いでしまった。 その後、あらゆる師のもとでヴァイオリンを学ぶも、 短期間のうちに師を上回ってしまうため、 すなわち彼のヴァイオリン奏法は、ほぼ我流であり、 ほとんど独学で身につけたものといっても過言ではない。 誰も考えつかないような奏法で華麗なる旋律をつむぎ、 誰もが苦戦するであろう音型や奏法を、 平然とやってのけた。 史上最高のヴァイオリニストである。 彼こそはヴァイオリンの世界における頂点…すなわち、ヴァイオリンの神だからである! 彼は、ヴァイオリンの演奏技巧があまりにもすごかったのと、その人間離れした容貌から、 「悪魔に魂を売った代償にあの演奏技術を手に入れたに違いない」 「あの超絶技巧は悪魔に習ったものだ」などと噂され、人々に恐れられたという。 実際に、 その演奏を聴いた者はチャーム(魅了)の魔法をかけられたかのように、 彼の妙技に惹かれてしまい、中にはやはり失神してしまう女性もいたほどである。 当然、セレブな女性たちにもモテたので、ジゴロのような生活を送っていたという。 ピアノ界で言うなれば、まさに彼こそは 「元祖フランツ・リスト」だろう。 それは、さまざなな伝説を残した彼にこそふさわしい異名だ。 彼の弾くヴァイオリンはさまざまな音楽家達に影響を与えたが、 彼は「演奏家」というよりも、どちらかというと「大道芸人」であった。 常人には到底マネできない、あたかも「中国雑技団」を思わせる超絶技巧な旋律を演奏をしたかと思うと、 調弦を瞬時に行い、弦の上で自由に移調・転調を繰り返し、天才的音楽センスをもって弾くのである。 だが彼の演奏は一瞬たりとも止むことはなく、 調弦、移調、転調を瞬時に行いながら、 それを見てハラハラしている大勢の観客を前にして、 ついには残りの一本の弦だけで、最後まで弾いてしまったという。 そう…彼の持つ超絶技巧の前では、ヴァイオリンを弾くのに、 もはや 弦は4本もいらないのだ。 All RIGHTS RESERVED.

次の

リスト「ラ・カンパネッラ」解説と名盤,無料楽譜

ラカンパネラ 解説

あの鐘を鳴らすのは… リストの名曲「ラ・カンパネラ」。 実はこの曲、3回作られた作品なんです。 そこには、3人の人物との出会いが影響していました。 まず一人目は、天才バイオリニストと呼ばれたニコロ・パガニーニ。 彼の作品に感動し、ピアノ曲にアレンジしたのが「ラ・カンパネラ」第1稿なのです。 そして第2稿に導いたのが社交界を代表するマリー・ダグー伯爵夫人でした。 二人で訪れた小さな街の教会の鐘が作品に影響を与えたと言われているのです。 さらに、第3稿に導いたのがカロリーネ・フォン・ザイン・ウィトゲンシュタイン侯爵夫人です。 ピアニストとして人気絶頂でありながら自分の進むべき道に悩んでいたリストに「作曲家として音楽に向き合うべきだ」と助言します。 リストは36歳の時にピアニストとしての活動にピリオドを打ち、作曲活動に専念。 そして第3稿が生まれたのです。

次の