インスタライブ 公開範囲。 【Instagram】インスタライブ配信のハート(いいね)機能について

インスタグラムストーリー公開範囲を制限!親しい友達リストの使い方

インスタライブ 公開範囲

2018年12月19日 2020年2月19日 投稿した画像や動画は24時間で消えるものの、好きなように加工したり、エフェクトをつけたりすることでみんなを楽しませることができるインスタストーリー。 消えてしまうのはもったいない時はアーカイブに保存したり、ハイライトとして公開しながら残す機能は便利ですよね。 しかし一方で、フォローワーの一部特定の人にだけストーリーやハイライトを見せたく無いという場合もあるはず。 今回は特定の人だけストーリーやハイライトを非表示にする方法、非表示にされたらわかるのか?(バレるのか?)どうかまでを解説していきます。 ちなみにハイライトを見たときに足跡でバレるかどうかを検証しました。 表示しない人の人数 前の画面に戻ると、ストーリーズの表示しない人の人数が表示されています。 そこが更新されていれば設定完了です。 インスタストーリーで非表示にされたら公開範囲でバレる?バレない? 結論から言うと、 自分のストーリーの公開範囲は自分以外誰にも表示されることはありません。 ストーリーを非表示にされた側の相手のタイムラインでは、あなたがストーリーを更新しても 通知は表示されません。 また、相手があなたのプロフィール画面に来て直接ストーリーを見ようと思っても、 更新されていない時と同じ画面の状態になり見ることはできないのです。 よって、その特定の人だけストーリーを非公開にしているということはバレないようになっているのです。 自分は友人に非表示にされてる?非表示にされてるかわかる方法 ストーリーを非表示にされた側が「自分がストーリー非表示にされいるかどうか」は、 サブアカウントで確認することが可能です。 たとえAさんというアカウントをストーリー非表示にしたとしても、Aさんが「B」というアカウントを作り、あなたのプロフィール画面から直接ストーリーを開けば、更新していることがバレる可能性があります。 他のサブアカウントでバレてしまうというのを防ぐのであれば、 フォローしている人以外は投稿もストーリーも見れない鍵アカウントにする必要があるでしょう。 インスタストーリーの非表示リスト確認方法 後から誰を非表示にしたか忘れてしまった時は、 ストーリーの非表示リストをまずは確認しましょう。 その方法を解説しましょう。 ミュートする以前のストーリーズは表示されることがあります• 相手はこの設定をしていることがわからないので、話題の不一致には気をつけてください• 相手のホーム画面画面の「ハイライト機能」の視聴は可能です この記事ではストーリーズの表示・非表示についてをお届けしました。 上手に使い分けて、快適にインスタを楽しんでくださいね! 詳細 写真・動画を中心としたSNSのインスタグラムにはさまざまな機能がありますが、中でもインスタストーリー機能は人気の機能となっています。 投稿した画像や動画は24時間で消えるものの、 好きなように加工したり、エフェクトをつけたりすることでみんなを楽しませる動画を作ることができるのです。 さらに、 24時間で消えてしまうのはもったいないというストーリーであればアーカイブに保存したり、ハイライトとして公開しながら残すこともできます。 ただ、あなたはインスタのストーリーが見れない人がいることをご存知でしょうか?これは決してバグとかではなく、 投稿者がストーリーの表示を特定の人だけ非表示設定にできるためです。 今回は特定の人だけストーリーを非表示にする方法と、非表示にされたらわかるのか?(バレるのか?)どうかまでを解説していきます。 インスタストーリーが見れない人がいる?「表示しない人を選択」とは いつも自分のタイムラインの上部に表示されるストーリーの通知。 表示しない人の人数 前の画面に戻ると、ストーリーズの表示しない人の人数が表示されています。 そこが更新されていれば設定完了です。 インスタストーリーで非表示されたら公開範囲でバレる?バレない? インスタユーザーの中には、知り合いだから仕方なくフォロー・フォロワーになっているけど、正直自分のストーリーでプライベートを知られたくない、という相手もいるでしょう。 そんなときこそ、上記で解説した「表示しない人を選択」で相手からストーリーを隠すことができます。 しかし、「自分が非表示にされても、ストーリーの公開範囲でバレるのでは?」と思う人もいるでしょう。 まず結論から言うと、 自分のストーリーの公開範囲は自分以外誰にも表示されることはありません!よって、 その特定の人だけストーリーを非公開にしているということはバレないようになっているのです。 ストーリーを非表示にされた側の相手のタイムラインでは、あなたがストーリーを更新してもストーリー通知は表示されません。 また、相手があなたのプロフィール画面に来て直接ストーリーを見ようと思っても、更新されていないことになり、どっちみちストーリーを見ることはできないのです。 インスタストーリーで非表示にされてるかわかる方法 ただし1つだけ、ストーリーを非表示にされた側が「自分がストーリー非表示にされてるかどうかがわかる」方法があります。 それは、 他のサブアカウントで確認するという方法です! インスタアカウントを全体公開にしている場合、あなたをフォローしていない人でもプロフィール画面から直接ストーリーを表示させ、見ることができるようになっています。 たとえAさんというアカウントをストーリー非表示にしたとしても、Aさんが「B」というアカウントを作り、あなたのプロフィール画面から直接ストーリーを開けば、更新していることがわかるのです。 つまり、 自分はストーリーを非表示にされているということがバレてしまうという方法です。 他のサブアカウントでバレてしまうというのを防ぐのであれば、フォローしている人以外は投稿もストーリーも見れない鍵アカウントにする必要があるでしょう。 インスタストーリーの非表示リスト確認方法 インスタのストーリーを特定の人だけ非表示にしたものの、後から誰を非表示にしたか忘れてしまうこともありますよね。 また、後から非表示を解除してあげたいときもあります。 そのためには、ストーリーの非表示リストをまずは確認しないといけません。 その方法を解説しましょう。 青いボタンをタップして白に戻す 青い丸になっている人は「現在ストーリーを表示しない設定にしています」ということ。 非表示を解除するには、この青いボタンをタップし、そのすぐ下のような白い丸に戻しましょう。 設定が完了したら、最後に右上の「完了」をタップして保存します。 これで今まであなたのストーリーが見れなかった人でも見れるようになりました! インスタストーリーのハイライトを非表示にする方法 大切に取っておきたいストーリーやまだまだ全体公開していたいストーリーなどは、ハイライトに保存していつでも他のユーザーに公開しておくことができます。 現在インスタでも、どんどん人気が上昇している機能のひとつです。 では、ストーリーを非表示にしている人はハイライトが見れるのでしょうか?実は、ストーリーを見せないようにしていてもハイライトは表示されるため、見れてしまう状態です。 ユーザーの中にはストーリーもハイライトも非表示にしたい人もいるでしょう。 実際にはこの2つを一緒に非表示することはできないのですが、ただ1つだけ隠す方法があります。 それは、 アカウント自体を非公開アカウント(鍵アカ)にする方法です。 やり方は次の通り。

次の

インスタグラムで投稿写真の公開範囲を限定,制限するには?設定方法/Instagram │ andropp(あんどろっぷ)

インスタライブ 公開範囲

鍵アカ インスタグラムには、フォローを許可したフォロワーにだけ投稿やストーリーが視聴できるようにする「非公開設定」があり、非公開設定にしているアカウントのことを「鍵アカ」と呼びます。 鍵アカにすると、その名の通りあなたのアカウントに鍵がかかり、あなたの投稿やストーリーを不特定多数の人に見られるのを防ぐことができます。 そんな鍵アカがインスタライブを配信した場合、 視聴できるのはフォロワーのみ。 投稿やストーリーと同じく、フォローを許可していない人はインスタライブに参加できません。 参加できないのはもちろん、 あなたがインスタライブを配信していること自体わからないようになっています。 公開アカウント(鍵なし)の場合 著名人やインフルエンサーのように、誰でもプロフィールへアクセスして投稿・ストーリーを見れるアカウントは「鍵なし」。 鍵なしのアカウントでインスタライブを配信した場合、フォローの有無関係なく、 誰でもあなたのインスタライブに参加できます。 著名人のインスタライブにたくさんの視聴者が集まってこれるのは、鍵なしのアカウントだからということですね。 ただ、 ライブ開始通知が届くのはフォロワーのみです。 フォロワー以外の人に、「〇〇がインスタライブを開始しました!」と知らせが行くことはないので、リアルタイムで見に来てくれる層はフォロワーが多いでしょう。 ただ、公開範囲に制限はないので、不特定多数の人が参加できるということを覚えておくとよいでしょう。 インスタライブの公開範囲は変更できる? インスタライブの公開範囲を設定することは、 鍵アカ・鍵なしともに可能です。 インスタライブ配信をする際に、以下のどちらかに該当する場合は「公開範囲」の設定を行いましょう!• 親しい友達にだけ配信したい• インスタライブを見られたくない人がいる 配信後は公開範囲を変更することはできないので、必ず配信前に設定を行う必要があります。 インスタライブに参加させたくない人を選ぶ インスタライブの公開設定は、 「ライブ動画を表示しない人」を選ぶことで変更可能。 参加させたい人ではなく、参加させたくない人を選ぶという点に注意が必要です。 注意!「親しい友達」限定の配信機能はない わたし達が普段から使用するインスタストーリーズには、「親しい友達リスト」に追加したフォロワーだけに向けてストーリーを表示するという機能がありますよね。 でもインスタライブ配信には、 「親しい友達」限定の配信機能はありません。 「ストーリーを表示しない人」に自分が選択肢した人数が表示されていれば、これで設定は完了です。 ちなみにこの設定は、ライブ配信後もキープされ、 ストーリーの公開範囲にも影響します。 公開範囲の設定が「今回のライブだけ…」という場合は、ライブ配信後に元に戻すのをお忘れなく。 公開範囲設定に関するよくある質問 続いてインスタライブの公開範囲設定に関するよくある質問に答えてみましたので、参考にしてみてください。 特定の人にライブ開始の通知を届けない方法はある? インスタライブの配信を開始すると、「〇〇さんがライブ配信を開始しました。 リアルタイムで視聴しよう!」という通知が届きます。 この通知は、フォロワーに自動的に届くものですが、上で紹介した 「ライブ動画を表示しない人」に選択することで通知も届かなくなります。 ライブ配信を開始したことを知られたくないという相手がいるのであれば、上で紹介した公開範囲の設定を行うことが効果的です。 インスタライブの開始通知がどのように届くのかについては、下の記事で詳しく紹介しています。 インスタライブの視聴者は何人まで? インスタライブを配信するにあたって、「最大で何人までわたしのライブ配信を視聴できるの?」と疑問に思うかもしれません。 鍵アカの場合、デフォルトの公開範囲がフォロワーのみですので、最大視聴者数はフォロワー全員となります。 ただ 鍵なしの場合、インスタライブの視聴者数に制限はありません。 多くの人に見られるのは怖い…というのであれば、鍵アカに設定しておくことをおすすめします! 公開範囲を設定して、インスタライブを楽しもう! インスタライブを配信において「今回のライブを見られたくない人がいる…」という場合は、「公開範囲」の設定を行いましょう。 ライブ配信前に、 ライブ動画を表示させない人を選択するだけで簡単に設定できますよ。 公開範囲の設定を上手に活用して、インスタライブ配信を楽しみましょう。

次の

インスタグラムは非公開でも○○はバレる!?気を付けたい鍵アカの使い方

インスタライブ 公開範囲

Facebookでライブ配信をする方法! Facebookのライブ配信は無料で行うことができます。 インスタで利用できるインスタライブと機能は似ていますが、いくつか違うポイントもあります。 インスタライブの利用方法などは下記記事にまとめていますので、参考にしてください。 スマホアプリでライブ配信をする方法 Facebookのライブ配信をスマホで行うためには、Facebookのアプリが必要になります。 アプリを開き、ログインをしたら左上に表示されている「ライブ配信」をタップしてください。 画面が切り替わるので「ライブ配信を開始」をタップすると、ライブ配信が行えます。 終了したい場合は右下の「終了」をタップすると配信が終了できます。 また、ライブ配信は開始してしまうと画面の向きが変更できません。 自身の配信したい画面の向きで配信を開始しましょう。 パソコンでライブ配信をする方法 パソコンでライブ配信をするためには、Chromeがおすすめです。 ChromeからFacebookを開くことで、他のソフトなどもなくすぐに配信することができます。 Facebookを開いたら投稿を作成の下にある「…」をクリックしましょう。 メニューが表示されるので「ライブ動画」をクリックします。 初めて配信をする場合には、マイクとカメラの使用許可を求めるポップアップが表示されるので「許可」をクリックしてください。 カメラとマイクの許可が下り、設定が自動で完了すると左下に表示されている「ライブ配信を開始」がクリックできるようになります。 クリックするとライブ配信が開始されます。 ライブ配信を終了したい場合は、左下にある「ライブ動画を終了する」をクリックしてください。 ポップアップが表示されるので「終了」をクリックします。 パソコンから配信した場合は自動でライブ配信がタイムラインに投稿されてしまいます。 投稿されたくない場合は「Delete Video and…」をクリックします。 動画を削除するか問われるので「承認」をクリックするとライブ配信の動画は削除されます。 OBSを使えばクオリティの高い配信もできる• 画面共有ができる• ウェブページや画像などを写すこともできる• Chrome以外のブラウザで使用できる Chrome以外のブラウザでFacebookのライブ配信をするためには、専用の配信ソフトが必要です。 OBSというソフトウェアを使うことで、ライブ配信を行うこともできます。 Chrome以外のブラウザを使っている場合は、OBSを使うことでパソコンでの配信ができます。 OBSのダウンロード方法 まずは、OBSのダウンロードサイトに行きソフトウェアをダウンロードしてみましょう。 ダウンロードなどには、料金も発生せず無料で扱うことができます。 クリックすると、ダウンロードが始まっていきます。 ダウンロードが完了したら、クリックして開いてください。 セットアップを行う必要があるので「Next」をクリックします。 License agentが表示されるので、もう一度「Next」をクリックしてください。 Destination Folderより、インストールする場所を選べます。 任意の場所を選んだら「Install」をクリックしましょう。 インストールが完了したら「Finish」をクリックすることで、OBSが起動します。 OBSを使った配信方法・画面共有のやり方 OBSを通して配信する前には「ストリームキー」というものが必要になります。 まずは、Facebookのライブ動画のページにアクセスしましょう。 「Use Stream Key」をタップして下さい。 ストリームキーが表示されているので「コピー」をクリックしておきます。 次にOBSを起動させファイルより「設定」をクリックします。 配信にタブを合わせ、サービスより「Facebook Live」を選択します。 先ほどコピーしたストリームキーを入力し、右下の「OK」をクリックしましょう。 次に画面に映す映像を選ばなければいけません。 任意で上記の表を元にソースを選び画面に映しましょう。 他にもさまざまなソースを選ぶことで配信画面に様々な画面を共有することができます。 設定が完了したら「配信開始」をクリックします。 Facebookのライブ動画のページに戻りしばらくすると、画面にOBSの映像が映し出されます。 「ライブ配信を開始」をクリックすると、OBSに表示されている画面でライブ配信が開始されます。 OBSの配信画面は実際の画面と多少のずれがあります。 音声入力キャプチャを入力しなくても、音声は流れますが映像とのずれが生じるので、必ず設定しておきましょう。 ライブ配信で使えるエフェクトや機能 Facebookのライブ配信には、さまざまなコンテンツが組み込まれています。 エフェクトの設定や、予告などもできるため使いこなすことができれば、かなり便利な機能ばかりです。 マスクやエフェクトを使って配信ができる Facebookのライブ配信では、配信画面より左下にあるステッキをタップするとエフェクトなどを選ぶことができます。 エフェクトには、顔全体を覆うようなマスクなどもありますし、フレームのようなものもあります。 メイクをしていない状態でもフィルターをかけることで、簡単に配信ができます。 配信中でも、メニューバーより切り替えることが可能です。 また、自身で画面に絵を描いて配信することもできます。 自身が見られたくないものがどうしても写ってしまう場合は、先に塗りつぶしておくのがおすすめです。 複数人で配信したり、タグ付けもできる Facebookのライブ配信では、配信中に友達を招待することができます。 招待できる友達はフォロー内であれば、誰でも何人でも招待できます。 招待が送られたユーザーは、お知らせでライブ動画への招待が通知されます。 招待を受けるためには、アプリ版で受ける必要があります。 またタグ付けをすることで、一緒に配信していることも視聴者に知らせることができます。 悪質なユーザーはブロック等もできる• コメントの固定• コメントの削除• ユーザーをブロック ライブ配信中にコメントをしてきたユーザーは、長押しをすることでコメントの操作ができます。 失礼な発言をしてくるユーザーなどはブロックがおすすめです。 ブロックが適応されると、そのユーザーはライブ配信がそれ以降見れなくなります。 同じ配信中ではブロックの解除はできません。 ライブ配信の配信予定を設定もできる ブラウザ版のみ、ライブ配信はそのまま配信するだけでなく、配信予定を予め設定しておくことができます。 ライブ配信のページを開いたら、左上にある「ライブ動画の配信予定を設定」をクリックします。 ライブ配信をする日付、時間を設定しましょう。 タイトルや、テキストの入力なども行えます。 公開 Facebook利用者以外も含む全ての人• 友達 Facebookの友達• 一部を覗く友達 自身が設定した友達• 自分のみ• 参加しているグループ ライブ配信を行う際には、公開する範囲を選ぶことができます。 自身が参加しているグループを選べば、そのグループに参加している人だけが見れるライブ配信もできます。 公開する範囲はスマホの場合は左上にある「シェア先」より選択できます。 パソコンの場合は、左の投稿のタイムラインでシェアの下に表示されています。 予め、配信をみられたくない人がいる場合は、設定を変更してから配信をしてください。 設定は「一部を覗く友達」をタップすると、選ぶことができます。 どのようなライブ配信なのか説明が可能 Facebookのライブ配信は、配信をする前にテキストベースで何をするのかということを投稿できます。 他のユーザーから見ると、通常投稿の下にライブ配信が表示されているという状態です。 これから何をするかなどの詳細を記載してあげるとわかりやすいです。 タイムラインにアーカイブとして投稿も可能 終了した後にライブ配信はアーカイブとしてタイムラインに動画を投稿することもできます。 また、左下の「保存」をタップすることで、端末に配信動画を保存することもできます。 ユーザー名が表示されている部分をタップすれば、公開する範囲を選ぶこともできます。 設定が完了したら「シェア」をタップして、タイムラインに投稿しましょう。 そのまま消したい場合はは、シェアの横にあるゴミ箱をタップしてください。 表示されたポップアップより「削除」をタップしてください。 ライブの視聴者情報、足跡などは確認できる ライブ配信中は左上に目のマークが表示されているため、足あとなどはついてしまいます。 一度見ただけでも、足あととして配信者には確認されてしまいます。 パソコンで配信している場合は、同じように目のマークが表示されますが、視聴者情報は確認できません。 ただ、足あとが確認できるのは配信者のみです。 他の閲覧者は足跡を確認することはできないようになっています。 また、アーカイブとして投稿したライブ配信は通常のストーリーズのように足跡が確認できます。 Facebookのライブ配信の注意点 Facebookのライブ配信では公開範囲などをしっかり設定しておかなければいけません。 また、決まった環境でないと正常な配信を行うことができません。 公開範囲を設定しておかないと誰でも見れてしまう Facebookのライブ配信は公開設定をしておかないと、不特定多数の人に見られてしまいます。 公開範囲を友達にしておけば、Facebookの友達の身になりますが、公開だと「Facebook利用者以外も含む全ての人」になります。 宣伝するような配信をしている場合はいいですが、身内だけで楽しみたいのであれば設定をしておきましょう。 ブラウザ版が使えるのはパソコンのみ ブラウザからの配信ができるのは、パソコンのみです。 スマホブラウザではChromeを使用しても、ライブ配信を行うことはできません。 スマホでライブ配信をしたい場合は、アプリをインストールして利用しましょう。 パソコンはChrome以外は専用のソフトが必要 パソコンからの配信でも、Chrome以外は専用のソフトが必要になります。 配信ソフトはさまざまですが、OBSであれば無料でインストール&利用ができます。 OBSのインストールについては見出し「」で説明しています。 また、Chromeのブラウザを新しくインストールすることでも無料で配信ができます。 無料でFacebookでライブ配信をしたいなら、どちらかをインストールすることをおすすめします。 ライブ配信が出来ない場合 Facebookでライブ配信をする上で、できない時は何かしらの問題が発生しています。 原因を追究することで、問題なくライブ配信ができるようになります。 マイクやカメラなどの許可をしていない 初めてFacebookのライブ配信をする際に、マイクやカメラの使用を許可しなかったことでライブ配信ができていない場合もあります。 デバイスごとに許可方法は違いますが、設定により使用が許可できることが多いです。 iOSの場合 iOSの場合は、端末の設定「歯車マーク」より、マイクやカメラの使用許可をオンに出来ます。 設定を開いたら、スクロールを行い、一覧よりFacebookをタップしてください。 マイク・カメラがそれぞれオン 緑 になっているか確認してください。 パソコンの場合 パソコンの場合はバージョンによって違いはありますが、設定のプライバシー設定よりマイクやカメラの使用許可をオンに出来ます。 パソコンの場合も、設定は「歯車マーク」になっていることが多いです。 設定を開いたら「プライバシー」をクリックします。 それぞれカメラやマイクの設定があるので、使用許可がオンになっているか確認してみましょう。 OBSなどのインストールが完了していない ブラウザで配信をする際には、Chrome以外の場合は配信ソフトが必要になります。 Facebookでは、3つの方法でのライブ配信を推奨しています。 また、配信ソフトを使う場合でもインストールしただけでは配信はできません。 初期設定などを行う必要があるので、ソフトに合った使い方をしてください。 ストリームキーが正しく入力されていない ストリームキーが正しく入力されていないと、ソフトを使用していてもは配信ができません。 ストリームキーはFacebookのライブ配信ページで確認できます。 ストリームキーが間違っていると接続失敗のポップアップが表示されます。 しっかりコピーをして、配信ソフトでストリームキーを入力しましょう。 プラグインやソフトウェアが原因で配信が出来ない Facebookのライブ配信は、広告ブロックができるプラグインなどが原因で正常に動作しないことがあります。 また、Chromeの場合は拡張機能がライブ配信の邪魔をしてしまっている可能性もあります。 ライブ配信が正常に行えない場合は、一つずつプラグインや拡張機能をオフにしていきましょう。 制限時間を超えてしまった.

次の