くわ の き 親水 公園 キャンプ 場。 辰ノ口親水公園でキャンプをしてきた!設備、駐車場、温泉について紹介!

『くのわき親水公園キャンプ場』は、子連れファミリーに優しく楽しいキャンプ場

くわ の き 親水 公園 キャンプ 場

くのわき親水公園キャンプ場の概要 川に近いのは区画サイト。 フリーサイトならSエリアがオススメ! くのわき親水公園キャンプ場。 「くのわき」であって、「くわのき」ではありません。 サイトは区画(2,500円/泊)、フリー(1,500円/泊)の2種類が用意されています。 案内図でいうと、濃緑(東側)に色分けされた箇所が区画サイトで淡緑(西側)がフリーサイトです。 区画サイトの方が値段が高いだけあって、 川までの距離が近かったり、管理棟からのアクセスも良かったりします。 この写真はゴルフ場から降りた、すぐのところで撮ったものです。 案内図ではキャンプサイトのすぐ近くに川があるように見えますが、実際は区画サイトからでもほどほどの距離があります。 石がゴロゴロとした河原の面積が広いので歩きにくく、 水辺にたどり着くまでに一汗かいてしまうほどです。 フリーサイトにはアルファベットが振られています。 A〜M、川に近いエリアはSが割り当てられています。 スペシャルのSでしょうか。 A〜Mの順に川から遠ざかっていることを考えると、 Sは特等席ということなんでしょうね。 予約をしていても、場所はその日の先着順 空いているときは自由に選ぶことができるようですが、今回はほどよく賑わっていたので、管理人さんの采配に委ねられました。 我が家に割り振られたのはI区画。 どこに行くにも少し距離があります。 予約はひと月前に取ったのですが、先約数があったのか、あるいは当日の先着順なのか、端の方になってしまいました。 ちなみに我が家が到着したのは14時です。 より良い場所を望む方は、12時ぐらいには到着するほうがいいかもしれません。 地面はフラットで整備されている。 広々としています。 こちらは区画サイトの様子。 生垣で仕切られています。 区画サイト、フリーサイトとも 一様に平地です。 ところどころ盛り上がりやくぼみがあったりしますが、95%はフラットだと考えておいて問題ありません。 問題は、 地面の固さ。 10cmほどは無理なくペグが刺さるのですが、その下はまんべんなく石があるようで上手く進んでいきません。 テントやタープを購入したときに付いてくる アルミやプラスチックのペグではすぐにダメになってしまいます。 今回、アスファルトにも突き刺さるという ソリッドステーク(Snowpeak)を8本用意していきました。 それでも刺さらないときは刺さらないので、少し位置や角度をずらしたりして、ようやく何とかなったといった感じです。 木陰は少なめ。 日射しを考えてレイアウトしよう。 広々としている反面、木立が少ないので、当然、 木陰も少なめです。 写真はお昼ぐらいに撮ったものですが、サイトの大部分が太陽に照らされています。 木陰はポツンポツンと点在している感じですね。 先ほども言いましたが、サイトと川は離れているので、いわゆる川辺のキャンプ場のような涼しさは期待できません。 標高も200mほどなので、 市街地よりも圧倒的に涼しいということはないようです。 こんな条件のキャンプ場で夏場を過ごすには、少しでも木陰の恩恵を受けられるよう、レイアウトを考える必要があります。 木陰(太陽)の動きを考えて、タープやテントの位置を決める。 昼間は別の場所で活動していることが多いのなら、西日対策を重視する。 タープやテント内の風通しが良くなるよう、風向きを考える。 などなど。 テントを開けっ放しで寝るのなら、プライバシーを考慮して車を配置するほうがいいですね。 トイレ、シャワー、炊事場はそれぞれ2箇所。 万一のときは避難棟に逃げ込もう。 トイレやシャワー、炊事場といった主要設備は、それぞれ2箇所づつ備えられています。 これはトイレ・シャワー棟です。 外観も綺麗ですが、中も同じように綺麗です。 ですがせっかくなので、お風呂は車で10分ほどの場所にある「 川根温泉」に行きました。 泉質が最高で、めちゃんこオススメです。 トイレ・シャワー(温水)棟と連なるように、炊事場とゴミ置場があります。 いずれも西側と東側に2箇所づつあるので、LやM区画になったとしても、まだ耐えられます。 炊事場にはかまどが併設されています。 写真に写っている缶バケツは灰を捨てるためのものです。 自前のコンロでできた灰ももちろん、ここに捨てさせてもらえます。 炊事場の横にはゴミ置場があります。 ダンボール・ペットボトル・発泡スチロールは持ち帰り。 燃えるゴミは捨てさせてもらえます。 ありがたいことですね。 横手には屋外用のシンク(ホース付)が備え付けられています。 炊事場で洗うにはちょっと不向きなものや汚れた足を洗うのにちょうどいい。 こういうのは今までに無かったなぁ。 急に大雨が降ってきた時には、この避難棟に逃げ込みましょう。 大きな建物ですが、混雑時、全員が入るのはさすがに無理でしょうね。 それでも無いよりは絶対に安心です。 使用は有料ですが、設備の整ったバーベキュー棟も備わっています。 使用料:大人500円/小人250円• 材料(1人前):1000円• 場内には自動販売機もあり、川根本町の茶葉で作った川根茶が売られています。 必要な設備がコンパクトにまとまっているので、大変使いやすく感じました。 川遊びをしながら、SLやトーマスに会える。 くのわき親水公園キャンプ場の一番の魅力は、対岸を走る SLやトーマス号を一望できることだと思います。 川遊びをしていると、遠くのほうから「シュッボ、シュッボ」と力強い音が聞こえてきます。 対岸に目を向けると、トーマス号が煙を吹き出し、客車を牽引しながら坂を登っていく姿が飛び込んできます。 思わず声をあげ手を振る僕たちに向け、「ポォー!」と汽笛を鳴らして応えてくれます。 そんなやりとりが、たまらなく楽しいんです。 別の時間には、 ジェームスが走りぬけます。 写真には収められていませんが、バスの も線路沿いの道路で運行しています。 今年(2016年)から始まったみたいですね。 もちろんSLも見ることができるので、子供連れのファミリーキャンプにはうってつけのキャンプ場だと思います。 恋金橋は、大井川に架けられた吊り橋で一番長い220m。 高さも11mなのでスリル満点! もうひとつの魅力は、大井川に架けられた『 恋金橋(こいがねばし)』という吊り橋です。 正式名称は『塩郷(しおごう)の吊り橋』というそうで、恋金橋というのは公募で命名された愛称のようです。 キャンプ場からは歩いて5分、塩郷駅からは歩いて2分。 つまり大井川鉄道に乗るなら、 恋金橋を渡るのが一番の近道ということになるのです。 キャンプ場から恋金橋への道は、この看板が目印になります。 細い下り道を進みます。 薄暗く細い道の先に、吊り橋の入口が見えてきます。 最高の演出です。 注意書きに以下のように書かれています。 1m以上の十分な間隔を取りましょう。 一度に乗るのは 10名程度まで。 故意にとんだりゆらしたりしない。 大雨や強風時には使用しない。 そりゃそうですね。 渡っている最中に、運良く(?)SLが通りました。 ハラハラドキドキしていたところに現れたもんだから、撮影するのも必死です。 無事に渡ることができました。 振り返ってみると、民家や県道の上を渡ってきたことが妙にリアルに感じ、スリルが倍増します。 帰りもまた渡らなければなりません。 [番外]コスパの良いペグハンマー そうそう。 固い地面用のペグと一緒に、ペグハンマーもちゃんとしたものを揃えておくほうが絶対にいいと思います。 僕が使っているペグハンマーは、この小川キャンパルのハンマーです。 しっかりとした造りで安心感があります。 価格も2,000円ほどなので、 コストパフォーマンスは良いほうだと思います。 打ち込みやすさに定評があるのは言うまでもなく、ペグ抜きの形状がソリッドステークに最適化されている点が魅力的です。 僕の持っているペグハンマーでは、ソリッドステークを引き抜くのに少々役不足なんですよね。 あとがき くのわき親水公園キャンプ場は、基本設備がしっかりしていて、サイトがフラットということもあり、小さな子ども連れ ファミリーやキャンプビギナーにおすすめのキャンプ場です。 大井川鉄道付近にはいくつかキャンプ場があるのですが、料金設定が 最もリーズナブルである点も見逃せないポイントです。 参考までに、我が家が支払った金額をお伝えすると、• 宿泊期間:2泊3日• 人数:大人2人、小学生1人、幼児1人• 駐車:普通車有り• テント含む全てのアイテムは持込 で、6,150円でした。 安い! ただし木陰が少ないので、真夏よりもゴールデンウィークあたりが最高に気持よく過ごせるんじゃないかと思います。 くのわき親水公園キャンプ場.

次の

SLが見える静岡県のキャンプ場【くのわき親水公園】に泊まってみた

くわ の き 親水 公園 キャンプ 場

こんにちは。 毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナーのサリー()です。 静岡県の大井川鉄道すぐ近くにある「くのわき親水公園キャンプ場」レポ後編です。 後編では薪を細くするバトニングにチャレンジ!夜は煮込みハンバーグを楽しみました。 翌日は、スリルいっぱいの吊り橋に。。。 では、後編どうぞ。 斧の出番はないわね。。。 というわけで、ナイフで細くするバトニングにチャレンジ。 ナイフの根元近くの刃を当て、刃先の上を他の薪でトントンと打ち付けます。 すると、パキッと割れる。 なんだろう、、、楽すいぃぃぃ。 chottocamp 無駄に焚き付け用の細い薪ばかりが増えていくw いかんいかん。 どうせなら、人工的なものを使わずに火を点けてみたい。 というわけで、麻ひもも用意してみました。 ナイフで、麻ひもをほどいていきます。 もけもけができた。 チャッカマンでもけもけに火を点けてみる。。。 もういいのだ、とにかく寒いから暖まりたいのだ。 あっという間に薪にも着火。 いや~、文明ってすごいわ~。 セリアラブ。 バトニングしすぎて、細い薪しかないからすぐ燃えちゃった。 でも、またこれで新しいキャンプの楽しみが増えました。 斧はハクスバーナ。 ナイフはモーラナイフ conpanion Heavy Duty MGを使用しました。 炙るだけで、なんだかおいしくなるマジックの発動。 焚き火に放り込んでおいたほくほくじゃがいも。 バターと明太子乗せると、う、う、うまぁ~!! 足柄SAで北海道フェアやってて、いか塩辛もゲットしてました。 いい味。 さて、つまみだけでけっこう満足してきたけど、メインの夕食も作らないと。 今夜は煮込みハンバーグです。 ボウルとか手を汚したくないので、ビニール袋で作ってみました。 厚手のビニール2枚を重ねて、ハンバーグの材料をIN。 もみもみします。 テーブルに押し付けるようにすると、こねやすいです。 で、このあとビニールの中でなんとか楕円形を作ったんだけど。。。 ちまちましてるから難しい!なんとか形にしたけど、これはビニール手袋用意して、ちゃっちゃっと作った方が絶対楽でした。 表面を焼きます。 焼けたら、ルクルーゼの鍋へ。 デミグラスソース、ケチャップ、ソース、赤ワイン、コンソメの素などで味付け。 ぐつぐつ煮ます。 最近頂いたルクルーゼ。 やっぱりものすごくおいしくできあがります。 野菜スープとか、子供がパクパク食べるようになったし。 味噌汁なんかもおいしくできます。 ていうか、新品だとルクルーゼってこんなに高いの!?メルカリとかで中古品をお安く買うのがおすすめかも。 直火は無理だろうけど、ダッチオーブンと違ってお手入れも楽だし、意外とキャンプ向けのお鍋かと思います。 お手軽ローストビーフサラダで、なんだかごちそう気分。 最近適当なキャンプ飯が多かったけど、やっぱりたまにはちゃんと手をかけてご飯を作るのもおいしいし、楽しい。 スポンサーリンク くのわき親水公園キャンプ場の夜 夜はそこまで冷え込まず、-2~-3度くらいでした。 けっこう街灯が明るいので、トイレに行くには便利なんだけど、星は少し見づらかったです。 というわけで、今回は星空撮影もせず。 ポータブル電源で、湯たんぽを充電。 これ2個充電&電気毛布2枚を使うと、朝にちょうどポーターブル電源の電力を使い果たします。 関連記事:ポータブル電源、SmartTapを購入したよ おやすみなさい。 湯たんぽが暖かいので油断してたら、朝方めちゃくちゃ顔が寒くて目が覚めました。 あかん、ひさびさに鼻水凍るやつだ~!目出し帽かぶって寝ればよかったです。 標高が200mしかないから油断してました。 やっぱりそろそろ家族全員、ダウンシュラフにした方がいいのかなぁ。 一番寒がりの私が化繊の寝袋ってどういうことよ?うーん、検討します。 スポンサーリンク キャンプの朝食 おはようございます。 チェックアウトがゆっくりなので、8時半くらいにのんびり起床。 フジカストーブの上で、食パンを焼きましょう。 トーストにバター塗って、自宅で作ってきた大きな煮リンゴをのせていただきます。 うまー! 珍しくきれいにサラダを盛ったダンナさん。 冷凍のハッシュポテトもどぞ。 ほんとOUTが遅いと、朝食も食後のコーヒーもまったりできていいなぁ。 最近はもう10時台にOUTのキャンプ場とか行かなくなりました。 スポンサーリンク スリル満点な吊り橋、恋金橋へ さて、キャンプ場周辺をお散歩しましょ。 受付まで戻って、お茶畑の横の道を歩いていきます。 お茶畑ってさすが静岡。 急坂をのぼると、途中に脇道が出てきます。 獣道っぽいところ。 ここを下っていくと、目的の恋金橋です。 キャンプ場からは歩いて5分くらい。 こ、こ、こ、こわわわわわ~っ!! 高所恐怖症ではないけど、この足場の狭さ、下が丸見え感がすごすぎる。 ダンナさんと長男が先に行っちゃって、私と4歳次男がゆっくりと。 そしたら逆側から地元の 悪ガキ小学生がズドドドー!と走ってきてめっちゃ揺れる。 だめだから!これ走っちゃだめなとこだから!! しょうがなく、手前で小学生が渡りきるまで待っていると、また逆側に走って戻っていくという。。。 うう、揺れるよぅ。 あれだ、カイジの気分。 鉄骨の橋渡るやつ。 ざわざわ。。。 不思議なもので、慣れてくるから人間ってすごい。 川の水がめちゃくちゃきれいでした。 で、ようやく渡り切った~!と思ったけど、キャンプ場に行くにはまた戻らないとね。 これ、遊園地の変なアトラクションやるより、ずっとスリルあるし、楽しかったです。 くのわき親水公園キャンプ場に来たら、絶対寄りましょう。 スポンサーリンク くのわき親水公園キャンプ場でグラウンドゴルフ キャンプ場に戻ってきました。 受付のスタッフさんからグラウンドゴルフやりませんか?と。 なんとボールとクラブセットで、宿泊者は100円でできます。 アシックスから販売されてるのか、、、とどうでもいいことを確認。 しっかりとした木製なので、重みがあります。 7か8コースくらいあって、小1の長男でも楽しめました。 4歳次男は、独自のショット方法を編み出すw その後、のんびり片付けして、14時前にチェックアウト。 帰りは車で10分のところにある、川根温泉へと思っていたけど、次男が発熱していることに気付いたため、寄らずに帰宅しました(翌日インフルであることが判明。 そして私にも移った)。 昼食はセブンイレブンの駐車場で済ませました。 スポンサーリンク くのわき親水公園キャンプ場は、リピ決定! というわけで、今回はくのわき親水公園キャンプ場のレポ後編をお届けしました。 SL見える、広いフリーサイト、料金安い、吊り橋ある、遊具ある、ゴルフもできる、滞在時間長いと、これでもかというほどのすてきなキャンプ場でした。 応援のクリックお願いします。 twitter始めました。 フォローうれしいです。

次の

くのわき親水公園キャンプ場

くわ の き 親水 公園 キャンプ 場

キャンプだほーいキャンプだほーいキャンプだほいほいほーい! 静岡県川根にある「くのわき親水公園キャンプ場」に行ってきました~! 今まで10カ所以上行ったキャンプ場の中で、ベスト3に入るほど素敵なキャンプ場だったので紹介します! 家族連れも多く、まったりと落ち着いたキャンプをしたい方におすすめです! くのわき親水公園キャンプ場はとっても人気で 良い場所良い日取りを予約するにはコツが必要なので、予約の仕方も紹介しますね! この記事では• おすすめポイント7つ• 要注意ポイント3つ• キャンプ場の補足情報• くのわき親水公園キャンプ場の周辺で遊べる場所を紹介!• SL(蒸気機関車)が走る音を聞いたことはありますか? ぼおおおおおおおーーーーー と、なんとも心落ち着く音がします。 キャンプサイトは芝生の部分が多くて、きもちいですよ~!! ペグの刺さり具合も程よい。 おなかいっぱいで買いませんでしたが、リンゴパンがおいしそうでした! お風呂はありません!シャワールームがあります! くのわき親水公園キャンプ場には温泉はありません。 トイレの横にシャワールームがあります。 キャンプ場から車で15分ほどのところに、川根温泉があるのでそこに行くのが私はオススメです! 運がよければ露天風呂からSL電車を見ることができます! くのわき親水公園キャンプ場の周辺施設 くのわき親水公園キャンプ場は、まわりに遊べる場所が多いのも魅力のひとつです! くのわき親水公園キャンプ場の周辺にあるあそべる場所を紹介します! 川根温泉 くのわき親水公園キャンプ場から車で15分! 露天風呂からSLを見ることができる温泉「川根温泉」があります! 広々としたお風呂が最高でした! 塩郷の吊り橋 くのわき親水公園キャンプ場から徒歩5分! 「日本の渡ってみたい吊り橋 8位」に選ばれた「塩郷の吊り橋」があります! 吊り橋の真下をSLが走ることで有名です! お散歩がてらぜひ行ってみてください! 恋がねの鐘 本当にただの鐘です。 (失礼) キャンプ場から徒歩5分のところにあります! 恋がねというくらいなので、縁結びの効果でもあるんですかね?(適当) 縁カフェ キャンプ場から徒歩10分くらいのところに、縁側でお茶が飲める「縁カフェ」があるそうです! 冷たい飲み物を飲みたくて行こうとしたら、受付のおばちゃんに、あったかい緑茶を飲むところだよと教えてもらい行くのをやめてしまいましたが、気になるので次回は行ってみたいです! また行ったら、情報を追記しますね! 予約をしていったほうがいいそうですよ! 寸又峡 くのわき親水公園キャンプ場からさらに山の方向に50分ほど車で行ったところに夢の吊り橋と呼ばれる「寸又峡」があります。 くのわき親水公園キャンプ場は、ひとつのフリーサイトに入れるテントの数が決められているので、狭くて入れないことは絶対にないのですが、混んでいるシーズンにフリーサイトを選んでしまって、到着時間が遅れると、木陰が全くない場所しか残っていなかったり、同じサイトの方に気を使って設営をしなければいけなくなってしまいます。 気を使いたくない!決められた場所に設営したい!という方は、区画サイトを選ぶことをおすすめします! まとめます:くのわき親水公園キャンプ場は見どころ満載のまた行きたくなるキャンプ場でした!• キャンプ場からSLが見れる• 芝生がきれいで水はけがよい• 木がたくさん植えられていて雰囲気が良い• 車をテントの近くに止めることができる(オートキャンプ場である)• 塩郷の吊り橋まで徒歩5分• 次に予約がなければ何時までいてもOK• 次回割引券1000円分がもらえる!.

次の