なつ ぞ ら ネタバレ 朝ドラ 最終 回。 なつぞら

なつぞらネタバレ17週101話のあらすじと感想【7月26日】

なつ ぞ ら ネタバレ 朝ドラ 最終 回

女優の広瀬すず(21)主演のNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜・前8時)が28日、最終回を迎えた。 朝ドラ100作目となる節目の作品。 太平洋戦争で孤児になり、北海道で酪農を営む柴田家に引き取られたヒロイン・奥原なつ(広瀬)が成長し、東京でアニメの世界に飛び込む姿を描いた。 1996年「ひまわり」の松嶋菜々子、83年「おしん」の小林綾子、88年「純ちゃんの応援歌」の山口智子と過去の朝ドラヒロインが集結することも話題となっている。 最終週「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」。 優(増田光桜)の入学式が行われた1975年春、なつたちの仕事は佳境を迎えていた。 「大草原の少女ソラ」は人気番組となったものの、放送ギリギリの制作が続き、麻子(貫地谷しほり)はテレビ局からの催促に頭を悩ませる。 ある日、雨の中運ばれてきた動画がぬれてしまうトラブルに見舞われるが、坂場(中川大志)たちの意欲は衰えない。 放送は無事終わり、なつは千遥(清原果耶)たちと北海道にやってきた。 翌日、季節外れの台風が十勝を直撃。 柴田家は停電に襲われ、電化された最新の牧場設備がストップしてしまう…という展開が描かれた。 今回の朝ドラは、主人公なつの亡くなった父親役で「ウッチャンナンチャン」内村光良がナレーションを務めた。 毎週土曜日の最後に「来週に続けよ」のナレーションが定番だったが最終回は「なつよ、朝ドラよ。 101回目に続けよ」と締め、来週からスタートする戸田恵梨香主演の「スカーレット」にバトンを渡した。 この最後のナレーショにネット上では「朝ドラよ101作目に続けよ、言うと思った」。 「なっちゃんのお父さん&中の人、お疲れ様でした。 ウッチャンの益々のご活躍、まだまだ続けよ」。 「なつぞら最終回。 終わりました。 半年間色々ありましたが、最後は上手くまとめられた感じで良いエンディングで締め括られたかと思いました。 改めて出演者や制作スタッフの皆様もお疲れ様でした。 そして朝ドラ第101作目に続けよ、というウッチャンのナレーションも良かった」など様々な反響が寄せられている。 さらに、最終回となったことにネット上では「来週からなつぞらが見られないのは寂しいよ。 なっちゃん、じいちゃん、半年間ありがとうございました」。 「明日から寂しいな」。 「なつぞら終わっちゃったの寂しい」など「なつぞら」ロスが書き込まれている。 yahoo. 朝ドラって、毎日でしょ。 よほど面白くないと。 しかし最初からハマった。 戦争孤児ではないが、兄妹や、私も優ちゃんと同じ。 昔を思い出し。 私は毒された、魔女っ子メグちゃんが好きだったが。 ヒロインすずちゃんは、見た目既に朝ドラちゃん。 演技も、おキャンな時代から、一時の母迄。 見事?天陽君が好きだが、言えず。 取られても諦め、そんなものですよね。 坂場さんと幸せだが、天陽君迄のウキウキ感なし。 描かれてないけど、お兄さんにありがとうと言うなと優ちゃんに。 それもお兄さんむかつくのよね。 わかる、わかる。 純と愛も良かったけど、こちらも良かった。 北海道も素敵。 みんなが良い人すぎだが、ドラマや、綺麗事と思わせない、素晴らしい演出です。 一年あればもっと優ちゃんの成長もわかったのに。 雪月もお店に行きたいくらいよかった。 心に残る朝ドラ。 すずちゃん、皆さま、おつかれさまでした。 お母さんに会いたくなりますわ! 11. なつの人生に関わったキャストの熱演で慈愛と優しさに満ち溢れた良いドラマでした。 開拓者魂で大地と家族と牛を守った泰樹じいさん(草刈正雄)、なつの生涯に影響を与え才能を嘱望されながら早世した天陽くん(吉沢亮)、波乱の人生だったが最後に兄姉に再会し涙を誘った千遥ちゃん(清原果那)、我が子のように愛情を注いだ富士子さん(松嶋菜々子)、 泰樹さんには頭があがらないが優しい剛男さん(藤木直人)、ツンデレな夕見子(福地桃子)、天陽を献身的に支えた妻の靖枝さん(大原櫻子)、健気な幼少期のなつ[千遥の娘千夏](粟野咲莉)、 不器用だが理解があった夫の一久さん(中川大志)、兄姉妹の再会に奔走した信哉さん(工藤阿須加)、妖艶で美しいマダム、光子さん(比嘉愛未)、麻子さん(貫地谷しほり)とマコプロのスタッフetc すべてのキャストの皆さんと語りの内村さん、そしてヒロイン演じたすずちゃん、ありがとうございました! 20. 戦後、日本人の価値観が大きく変わって行く中で、当時の日本人がどれだけ苦しみ悩み、新たな夢を見出して行ったか。 現代の日本文化の土台になっているものは当時の若者たちの熱い情熱だったことに感謝の気持ちで見終えました。 「アルプスの少女ハイジ」が放送開始されたとき小2でした。 リアル感ある背景画、キャラクターの可愛さ、ただの「食べ物」がご馳走に見える奇跡。 すべて衝撃的でした。 時系列に沿っての史実、北海道繋がりの素材集め、モデルの方々へのインタビュー、多勢の登場人物設定、エピソード作り… ドラマとしてまとめるだけで精一杯、つまらない仕上がりで仕方がないぐらいのところ、 ストーリーも登場人物の個性もセリフも洗練されていて、そこに豪華キャストも加わり、とても見応えのある作品でした。 笑いあり涙ありのステキな作品を、ありがとうござました。 100作目に相応しい作品だったと思います。

次の

なつぞら

なつ ぞ ら ネタバレ 朝ドラ 最終 回

もくじ• なつぞら最終週の結末ネタバレ 天陽のお見舞いに来た小畑親子。 泰樹の言葉で富士子が上京 マコプロで働くなつと一久は、坂場が考えた企画「大草原の少女ソラ」のテレビ放送で大忙しです。 大草原の少女ソラから、千遥に再会できて、千夏とも会えたので良かったです。 テレビ放送は6月で終わりますが、4月には優が小学校に入学します。 小学校に入ると保育園のようには長い時間預けられないので、困っていました。 泰樹が富士子に「お前が行ってやれ。 なつを助けてやれ。 」と言ったことで、富士子が東京に来ました。 優の入学式が終わったらすぐに仕事に戻るなつと一久! 夜遅くまで仕事をしているなつを富士子は心配していました。 なつと泰樹の思い なつとイッキュウさんの間に生まれた女の子は泰樹さんが考え抜いた末、「優」と名付けられました。 なつには、泰樹のような開拓者の人たちに恥ずかしくない作品にしたいという強い思いがありました。 「私ができる恩返しは、それだけだから」 大草原の少女ソラで、開拓者の家族に育てられた少年レイが、獣医になる夢のために父親に別れを告げるシーンがありました。 その時の背景を、朝日が昇る夜明けのシーンにしたことで、 泰樹が昔を思い出して共感しました。 苦しかった開拓時代に、朝日を見ると気力が湧いてきたこと、励まされたことを思い出して、なつの仕事を誇りに思いました。 とよが泰樹の死フラグ? 泰樹は、見かけによらず甘いもの好きで、雪月に行って甘いものを食べます。 とよ(高畑淳子)とは、開拓時代からの同志のような関係ですが、無口な泰樹さんと明るく返すとよさんはお似合いだと思いませんか? もう、とよさんも80代? 泰樹が雪月を訪れると、とよが「私のところに来るなんて、死期が近いんじゃないのかい?」と言います。 明るく言いたいことを言う、とよさんだから、冗談にも聞こえますが、泰樹さんも90才・・・! 泰樹さんの死亡フラグ?と不安になります。 結末は十勝に帰省 大草原の少女ソラが最終回を迎えて、富士子が十勝に帰りました。 そして、夏休みになつの家族と千遥と千夏が、十勝に帰省しました。 泰樹は照れてるのか、古い牛舎で仔牛を見ていました。 子供の頃のなつを思い出しているのか? なつが「じいちゃん?」と声をかけると、千遥(清原果耶)に気付いて強く抱きしめました。 なつと千遥は、年取った泰樹の深い愛情に 戸惑い と感動を感じました。 柴田牧場が進化 今の柴田牧場は、搾乳を電動のバケットミルカーで行っていて、アイスクリームを売るカフェも併設されています。 照男は、古い牛舎を立て直して、最新の設備を入れることを計画していて、多額の借金を返すために牛を増やすことを考えていました。 富士子が泰樹の意見を聞きますが、昔のような 覇気が無く、照男の好きにすればいいと任せます! 泰樹が世代交代を宣言しています・・・! 嵐が来る その日は、雷が鳴って嵐が来ました。 夜中に落雷の音で目覚めた泰樹が、全身にエネルギーが満ちたように立ち上がります! 泰樹の最期の力? 停電していたら、電動のバケットミルカーは使えないし、冷蔵庫でミルクも冷やせません。 搾乳できなければ、乳腺炎になってしまいます。 動揺している照男に「手で搾るんじゃ!牛を助けるんじゃ!」 家族全員で朝まで搾乳をして、40頭の牛が全頭助かりました。 自分の不甲斐なさに落ち込む照男を、泰樹が励まします。 (まだまだ、泰樹の大きさを感じるシーンですね!) スポンサーリンク ラストの結末は大草原に親子3人 ラストシーンは、大草原の丘をなつと坂場と優が歩いていきます。 丘の上でなつが言います「ここからまた、始まるんだね、私たちの開拓が」 開拓とは、大草原の少女ソラの次の作品? 坂場は、次の企画に戦争アニメ「夏空」を企画していて、そのことに夢中です。 戦争の中で強く生きる子供たちの話で、モデルは咲太郎やなつ、千遥? 坂場のモデルは、高畑勲さんと言われてますから、「火垂るの墓」でしょうか。 お父さん(ウッチャン)のナレーションで終わると思いますが、まさかの泰樹さんのナレ死(ナレーションで死んだことを説明する)は無いですよね! ありそうで、ちょっと怖い! 10月からの朝ドラは、戸田恵梨香さんの「スカーレット」が放送されます。 朝ドラで、大阪から滋賀へ引っ越す!.

次の

『なつぞら』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

なつ ぞ ら ネタバレ 朝ドラ 最終 回

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」156話のネタバレあらすじと感想は? 2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」156話のネタバレあらすじ 天陽(吉沢亮)の畑の片づけにやってきた 泰樹(草刈正雄)は言いました。 「わしが死んでも悲しむ必要はない。 天陽と同じじゃ。 わしの魂も、この大地にしみこませておく。 寂しくなったら、いつでも帰ってこい。 お前は、大地を踏みしめて歩いていけば、それでいい。 それに…わしは、お前の中に残ってるべ。 お前の中に生きとる。 それで十分じゃ。 しかし、よくやったな。 お前は、よく東京を耕した。 」 その脳裏には、優しく頬を叩き、東京に送り出してくれた泰樹の姿がありました。 「いつでも、東京帰れ。 わしは、いつでもお前と共におる。 」 そういって、満面の笑みを浮かべました。 「じいちゃん、大好き!」 そう言われた泰樹は、かつて『おじいさん』から『おじいちゃん』と呼ばれた、幼き日の孫の姿を思い出し、思わず畑の中に転んでしまいました。 畑の中で、自分が転ぶなんて、今までなら考えられなかったことかもしれません。 泰樹は、大きな声で笑うのでした。 さて、その頃、柴田家では 一久(中川大志)宛に、 麻子(貫地谷しほり)から電話がかかってきていました。 何と、次回作の企画が決まりそうだというのです。 それも、『大草原の少女ソラ』と同じ時間、同じ枠です。 麻子は、『CUORE』と書かれた1冊の本を持って言います。 「早く相談したいのよ。 」 『CUORE』とは…、イタリア王国のエドモンド・デ・アミーチスによって1886年に書かれた小説で、日本では『世界名作劇場』シリーズのアニメ『母をたずねて三千里』の原作と言った方が、馴染みがありそうです。 「仕事かい?」 富士子(松嶋菜々子)は、尋ねました。 「はい。 でも、慌てません。 少しは休ませたいので。 」 「イッキュウさんもでしょ?」 「いや…僕は、少し退屈で…あ、ここがという意味じゃありません。 」 慌てる一久を見て、富士子は笑いながら言いました。 「イッキュウさん。 これからもあの子のこと、よろしくね!」 「こちらこそ!」 その頃、あの停電事件の際に、水槽を戻すために壊してしまったアイスクリーム屋の片づけを 照男(清原翔)と 砂良(北乃きい)がしていました。 牛舎の建て替えは、当面延期です。 そして、アイスクリーム屋についても、宣伝のことなど、もう一度富士子と練り直すと言います。 「私たちは、まだ先が長いもね。 」 「そうだな。 」 その脳裏には、照男の決死の『鮭のプロポーズ』が思い出されていました。 「これからもよろしく頼む。 」 「こちらこそお願いします。 」 2人も、ここからの出直しを決意するのでした。 あくる日、 千遥(清原果耶)と 千夏(粟野咲莉)は、一足先に東京へと帰ることになりました。 空港までの道は、 夕見子(福地桃子)が車で送ってくれるようです。 東京での再会を約束し、2人は帰っていきました。 富士子や 剛男(藤木直人)は、また来年もおいでと声をかけます。 照男と砂良は、毎年でもいいと笑います。 菊介(音尾琢磨)と 悠吉(小林隆)も大きく頷きます。 「はい!みなさん、ありがとうございました!」 車が見えなくなるまで、手を振り続ける富士子は大きな声で呼びかけました。 「また来年ね!約束よ!」 こうして、千遥は東京へと帰っていきました。 すぐに私を超える料理人になるでしょう。 その頃、東京の『風車プロ』では、 咲太郎(岡田将生)も忙しくしていました。 「はい!いつもお世話になってます。 …泥棒の一味?」 やがて、アニメや声優という言葉がブームとなり、数々のスターを送り出すことになるのです。 「みなさん!次の仕事が決まりました!魔女と手下が2人、どうやら泥棒の一味のようです!」 これは…、あの有名なSFギャグアニメの始まりでしょうか…。 島貫(岩谷健司)と 松井(有薗芳記)は、これは自分たちの出番だと立ち上がります。 蘭子(鈴木杏樹)も立ち上がります。 「新しい仕事も決まったし、今日はお祝いしません?」 光子(比嘉愛未)が提案しました。 「いいね!じゃ~母ちゃんの新しいおでん屋に行きましょう!」 今夜は、 亜矢美(山口智子)のお店も盛り上がりそうです。 さて、十勝では、全ての出会いの始まりでもある、 信哉(工藤阿須加)が迎えに来てくれた丘を坂場親子が歩いていました。 一久は言います。 「いつか、君たち兄妹の戦争を描いてみたいなぁ。 過酷な運命に負けずに生きる子ども達をアニメーションでリアルに描くことに挑戦してみたい。 …これは、できるとしたら映画だろうな…。 」 ちなみに、この夢は、およそ12年後に叶うことになります。 公開後、繰り返しテレビでも放映された、あの兄妹の戦争の物語でしょうか。 同時上映は、きっと神っちが監督を務めるであろう大きな森の生き物や、大きな猫のバスが走るあの物語でしょうね。 「ここから、また始まるんだね。 私達の開拓が。 」 同じ頃、泰樹も芝生の中に寝転び、笑顔を浮かべていました。 一久は言います。 「家族になれて、よかった…。 」 「これからも、アニメーションみたいに、家族の夢を描いていきましょ。 」 「また、大変なことが待ってるかもしれないけど。 」 「それでも始めましょ!」 そんな両親を見て、 優(増田光桜)は言いました。 「パパとママ、ソラとレイみたい!」 「そう?それじゃ。 」 そう言って、一久は妻の手を取ります。 優は、その間に割って入りました。 「それはだめ!優ちゃんも!」 日本のアニメーションが世界に誇れるほど、大きく成長していくのは、これからなのです。 その未来に向かえよ。 そして、朝ドラよ…101作目に続けよ! 2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」156話の感想は? それから、スピンオフにも続けよ!ってなもんです(笑) 今日は、これから作られそうな名作たちの片鱗が…。 マコさんがイッキュウさんに相談したいと言っていた企画…あの手に持っていた本は『母をたずねて三千里』の原作です。 咲太郎の所に、依頼された仕事は、『タイムボカンシリーズ』の『ドロンジョ』『ボヤッキー』『トンズラー』ですよね! そして、イッキュウさんが作りたいと言った兄妹の戦争の話は『火垂るの墓』でしょう。 あの初回放送で流れたアニメーションも、もう1回見られましたね~。 そして、主人公なおんじのいいお言葉が今日も聞けました。 今日は、すごいいい笑顔でしたね。 ただ、あの芝生に寝転んで目を閉じたところが…。 不安になるからやめて~って思いました(笑) あと、個人的に、あのラストシーンで親子で並んでるシーンが、どうにもあるものに見えて… だって、背の順に向かって左から服の色が赤・黄色・青なもんで…信号みたいだなぁと。 いや、厳密に言うと青と赤は逆なんですが…。 最終回は、基本的にこれからのみんなを何となく示唆して終わるので、本編の事実上の最終回は昨日だと思ってるんですが、菊介さんが最後まで菊介さんでちょっとほっこりしたり、千遥にとっても実家になったなぁ柴田牧場って思ったり、照男夫妻みたいな夫婦いいなぁって思ったり、大笑いするおんじにほっこりしたり、マコさんの次回作へのきらりとしたやる気にいいねっておもったり…もっとたくさん、スピンオフを大量に作ってほしいなぁって思えましたね~…。 ざっと数えるだけでも、大量にあるんですよ。 普通に『大草原の少女ソラ』とか『クリフ』とか全編みたいなぁとか。 おんじの開拓ものがたり(ちょっと違う人との結婚が決まる前のとよばあちゃんとおんじのほのかな恋物語含む?)• 番長とよっちゃんの恋物語(多分、何回もプロポーズしたりしてそうなので、コメディタッチで)• 天陽くんと靖枝さんのなれそめ• 茜を射止めた下山さんの物語• 本編の裏での陽平さんの働き(マコさんと同期なので入社時のエピとか)• 夕見子の出産近くのドタバタ• とある日、里帰りしていたミルコス社長が帯広の居酒屋に言ったら、実は仲良しな菊介さんと正治さんが飲んでて、そこに雪之介さんがふらりとやってきたと思ったら、まさかの十勝支庁長までふらりとやってきて意気投合して大盛り上がりで酒盛りをした日 『雪月』は、多少スピンオフをやるので、少し割愛しました。 ちなみに一番みたいのは、最後の酒盛りです(笑) あと、個人的に今日の見どころは、イッキュウさんとほおずりする優ちゃんのあんよがぴょんって上がったのが、ツボでした! 可愛かった~! さて、無事完走できました。 いい群像劇でした。 もう少し、それぞれ深く掘ってほしかった面もありますが、その辺は妄想力でカバーしろということなのだと思いながら、楽しみました。 そういえば…北海道では番長と菊介さんがメインで特番やってたらしいですよ…見たかったなぁ…。 このおふたりが制作に関わった戦争アニメ映画が、 『火垂るの墓』 です。 — ふる どうでしょう藩士 moonkiba おぉ、時代がようやく『タイムボカンシリーズ』に追いついた! 「お前たち、やっておしまい!」 「アラホラ サッサー!」 — 空気嫁太郎 KY8021 やっぱり、この『なつぞら』には、『火垂るの墓』の節子と清太を生かしてやりたかったんだ、って気持ちが込められていたんだと思う。 — 花形 右京 ukhanagata イタリアのエドモンド・デ・アミーチス作「クオレ」 日本語で「心」 は世界名作劇場「母をたずねて三千里」の原作ですね。 そして最終回おんじぃが「ワシも天陽の様に大地に魂を染み込ませる。 半年間お疲れ様、ありがとうございました! ありがとうございました。 — ねこやまだ msao211 土曜日だし も もなしだな~と思っていたら、ナレが次作へ受け渡すというまさかの展開 笑。 放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています! また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

次の