ヘリを 同人。 同人作品(二次創作)という感じ

(C96) [はらヘリ堂 (ヘリを)] ユエルが水着に着替えたら (グランブルーファンタジー)

ヘリを 同人

4,860 views• 3,770 views• 3,340 views• 2,350 views• 2,200 views• 2,030 views• 1,870 views• 1,860 views• 1,790 views• 1,750 views• 1,670 views• 1,520 views• 1,480 views• 1,470 views• 1,420 views• 1,350 views• 1,340 views• 1,330 views• 1,300 views• 1,180 views• 1,120 views• 1,100 views• 1,090 views• 1,080 views• 1,070 views• 1,060 views• 1,040 views• 1,040 views• 1,000 views• 960 views• 950 views• 940 views• 860 views• 800 views• 780 views• 770 views• 760 views• 750 views• 750 views• 750 views• 730 views• 710 views• 700 views• 700 views• 700 views• 690 views• 690 views• 660 views• 660 views• 660 views•

次の

同人作品(二次創作)という感じ

ヘリを 同人

4,860 views• 3,770 views• 3,340 views• 2,350 views• 2,200 views• 2,030 views• 1,870 views• 1,860 views• 1,790 views• 1,750 views• 1,670 views• 1,520 views• 1,480 views• 1,470 views• 1,420 views• 1,350 views• 1,340 views• 1,330 views• 1,300 views• 1,180 views• 1,120 views• 1,100 views• 1,090 views• 1,080 views• 1,070 views• 1,060 views• 1,040 views• 1,040 views• 1,000 views• 960 views• 950 views• 940 views• 860 views• 800 views• 780 views• 770 views• 760 views• 750 views• 750 views• 750 views• 730 views• 710 views• 700 views• 700 views• 700 views• 690 views• 690 views• 660 views• 660 views• 660 views•

次の

【メロンブックス】同人誌通販・同人ゲームや漫画の販売購入

ヘリを 同人

離陸するAH-1Zと駐機中のAH-1W ローターの枚数以外似ているが、機体構造の殆どが別物である。 ローターヘッド部はとの複合材によるヒンジレス・ベアリングレス・ローターハブとなり、運動性能は従来とは比べものにならない程に向上している。 テイルローターも複合材によるヒンジレス・ベアリングレス・ローターハブで、取り付け位置がAH-1Wとは反対に左側になっている。 ヒンジレス・ベアリングレス・ローターハブはローターのねじれによって角度の変化を実現し、部品点数が従来の4分の1に減少している。 ブレードを畳んだ状態(奥のヘリは) ローターブレードはと同じ先端が非対称となった複合材製4枚羽ブレードが採用された。 を前提としているため、ブレードの途中から半自動で折り畳みが可能。 洋上での運用を前提に設計されているので、湿度の高い気候や海上の大気中に塩分の多い状況を想定した防蝕仕様である。 ただ、全天候性能ではに一歩劣ると言われている。 胴体部はと複合材で構成され、はの半分の重さで17倍の強度を持つプレキシグラスというで作られている。 防弾性能はメインおよびテイルローターが23mm弾の直撃に耐え、その他の部分は12. 7mm弾に耐えられる。 コックピット周辺は衝撃吸収構造が施され、生存性が高められた。 燃料タンクはセルフシーリング加工によって耐火性が高められている。 ギアボックスのオイルが全て消失しても30分は飛行が可能。 はの社製に変更され、出力が大幅に向上した。 操縦システム [ ] TopOwl HMDを装備したパイロット 油圧式に安定操縦性増強システム(SCAS)が組み合わされ、4軸デジタル制御自動操縦装置も備えられている。 自動操縦制御の機能として方位固定、高度固定、速度固定、巡航、ホバリング固定、ホバリング揺動制御、制御力微調整が可能。 2インチ1基の計3基の多機能カラー液晶表示装置を装備し、飛行計器情報、各種システム情報、デジタルマップナビゲーション、戦術状況、索敵・照準情報などが表示可能。 ゲームコントローラーのようなミッショングリップを装備し、照準システム操作、兵装選択から発射までが操作可能。 やで採用されている社製「TopOwl」を採用。 40度の視野を持ち、両眼で見る事が可能。 TSSと連動し、目標に視線を合わせるだけでロックオンが可能。 とも連動している。 前後席は基本的に共通設計なためにどちらでも操縦、攻撃が可能で、訓練も分ける必要がない。 として操作する場合は液晶表示装置の右側が飛行に必要な高度、機体姿勢、その他の一般的な情報、左側は、油圧系、電気系のシステム関係の状態表示、中央下側は飛行姿勢の補助表示が可能。 射手として操作する場合はの状態表示(残弾数など)、照準システム、を表示をする。 を動作させる電源として、28V・400Aの直流発電機を2基搭載、交流変換器も装備。 エンジン上部には補助動力装置(APU)が搭載され、28V・200Aの発電機を動作、エンジンスタートやブレードの折り畳みなどに使用される。 これは、第3世代型(前方赤外線画像監視装置)、低光量カラーTVカメラ、、アイセーフレーザー照準装置を統合した目標照準装置となっている。 第3世代型FLIRは最大探知距離が約35km、識別距離が約10km。 TSSは5軸のジンバルにより安定化され、目標の探知、分類だけでなくでは不可能な、遠距離での目標の識別、認識も可能。 複数目標の自動追尾も可能で、動目標で3目標、静止目標で10目標の追尾が可能。 動目標なら約8-10 km、静止目標なら約6kmの捕捉距離を持つ)。 自己防御システム [ ] AVR-2A 警戒装置、APR-39B v 2 、AAR-47 v 2 、赤外線妨害装置、ALE-47 ・ディスペンサーを装備。 排気口にはIRが搭載されている。 オプションとしてALQ-211 先進統合電子戦システムの搭載が可能で、各警戒システムが連動し、敵範囲の表示や回避ルートの指示、脅威発信源に自動的にをかけるなどにより、より高い生存性を実現できる。 武装 [ ] 固定兵装として機首にを装備。 ターレットは固定モード、モード、TSSモードの三つのモードを選択可能。 HMSDモードではヘルメット表示照準システムの動きを感知し、ガンナーが向いた方向にターレットが連動する。 TSSモードではTSSによりロックオンした目標の動き、距離、速度、温度、風などのデータを元に自動的に計算し、最適な照準を行う。 が大型化され、またはを最大16発搭載可能となった。 の射撃モードはCCIP(弾着地点連続計算)とCCRP(投下地点連続計算)の二つのモードがある。 CCIPではHMSDにロケットの着弾予想地点が表示され、目標と重なるように発射することで命中する。 CCRPモードではあらかじめTSSにより目標をロックオンし、の指示するように飛行する事で自動的に射撃する。 使用可能なとしてはM151・M229、M261多目的HE子弾内蔵弾頭、M255A1、M262、M264などがある。 対戦闘任務をヘリに任せているとは違い、の用兵思想では自身が空対空戦闘も行うので空対空戦闘能力が高く、やが装備可能。 運用国 [ ]• 2015年4月6日、 FMS での15機の輸出が承認された。 ただし二国間の摩擦により未だ引き渡されていない。 2018年11月、対外有償軍事援助 FMS で12機を発注し2022年からの引き渡しを予定。 2019年12月、AH-1ZとUH-1Yを8機ずつ購入する契約を交わした。 2023年からの引き渡しを予定。 この他にも、が早い段階からAH-1Zのスキッドを車輪に変更した AH-1Z キングコブラの導入を打診し国内生産も行う計画だったが、トルコが過去に武装ヘリを少数民族弾圧に使用していたことを理由にアメリカ議会から反対され実現せず、トルコはの開発に踏み切った。 要目 [ ] 出典: Bell Specifications, The International Directory of Military Aircraft, 2002—2003, Modern Battlefield Warplanes 諸元• 乗員: 2名(および射手)• 全長: 17. 8m (58ft 3in)• 全高: 4. 37m (14ft 4in)• ローター直径: 14. 6m (48ft)• : 5,580kg (12,300lb)• 有効搭載量: 2,620kg (5,764lb)• : 8,390kg (18,500lb)• 34 (255mph, 222kn)• 24 (184mph, 160kn)• 航続距離: 685km (426mi, 370nmi)• 最大6発。 最大4基。 - M261(19発)ポッド。 最大4基。 article , Flight global, 2010-12-20 ,. , USA: Department of the Navy, February 2010 , p. 27 ,. Flight Global 2020年2月11日閲覧• Bell Helicopter, Retrieved 3 January 2008. Frawley, Gerard: The International Directory of Military Aircraft, p. Aerospace Publications Pty Ltd, 2002. Donald, David. Modern Battlefield Warplanes. AIRTime Publishing, 2004. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の