スティーヴ ガッド。 スティーブ・ガッドは、70年以降のドラムを劇的に変えた。

プロフィール

スティーヴ ガッド

Steve Gadd スティーヴ・ガッド :drums 1945年4月9日、ニューヨーク州ロチェスター生まれ。 地元のビッグバンドで活動後、ニューヨークに出て、スタジオ・ミュージシャンとなり、クロスオーヴァー、フュージョンの草創期からその第一人者として高い評価を得ていた。 西のハーヴィー・メイソン、東のスティーヴ・ガッドとして人気を二分する存在であるが、近年は、ジョー・サンプル、ミシェル・ペトルチアーニらと共演、95年からはエリック・クラプトンの強い要請により彼のツアー・バンドに参加、その演奏は多くのロック・ファンをも虜にしている。 ポール・サイモン、ジェームス・テイラー、ロバータ・フラックと言ったミュージシャンにとっては欠かす事の出来ない存在である事は彼らのアルバム・クレジット、ツアー・パンフからも一目瞭然である。 その他、クインシー・ジョーンズ、スティーヴィー・ワンダー、ポール・マッカートニー、スティーリー・ダン、チック・コリア等々のレコーディングやツアーに参加。 ジャンルを超えてのビッグネーム達との共演歴、そして驚異的な数のレコーディング&ツアー歴をもつ誰もが認める世界最高峰ドラマー。 Michael Landau マイケル・ランドウ :guitar 1958年6月1日、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。 高校卒業後プロとして活動。 スティーヴ・ルカサーの後任としてボズ・スキャッグスのバンドに参加。 1980年代以降、ピンク・フロイド、マイルス・デイヴィス、ロッド・スチュワート、ジェームス・テイラーなどの作品に起用される人気ミュージシャンとなる。 90年代から精力的に自身のソロ活動やバンド活動を行い、ソロ&バンドを合わせて13枚のアルバムを発表している。 セッション・プレイヤー、また卓越したギタリストとして多くのプレイヤーに影響を与えており、日本での人気も高い。 友人のスティーヴ・ルカサーはランドウを評して「世界で五本の指に入る」と賞賛を送っている。 Larry Goldings ラリー・ゴールディングス :keyboards 1968年、ボストン生まれ。 ハモンド・オルガンの名手、そしてピアノを含むキーボードの名手。 主戦場はジャズの分野であるが、クリスティーナ・アギレラ、ウォルター・ベッカー、ソロモン・バークからトレーシー・チャップマン、ノラ・ジョーンズ、ジェームス・テイラー等々、錚々たる面々のポップスのスーパースター達から熱いコールを送られている存在。 近年ではジェームス・テイラーとのコラボレーションが多く、テイラーの近作にはオリジナル楽曲の提供も行っている。 リーダーとしてはこれまでに15枚余りアルバムを発表。 自身のオルガン・トリオ ピーター・アースキン、ビル・スチュワート を率いるほか、2007年にはジョン・スコフィールド、ジャック・ディショネットとのアルバム『Trio Beyond』 ECM でグラミー賞・最優秀ジャズ・アルバムにノミネートされている。 Jimmy Johnson ジミー・ジョンソン :bass 1956年、アメリカ生まれ。 ミネソタ・オーケストラのベース奏者の父親とピアノ講師の母親の下、恵まれた音楽環境で育つ。 76年からアレンビックの5弦ベースの名手として有名。 79年からLAを拠点として活動。 特にジェームス・テイラー、アラン・ホールズワースとの共演が長い。 指弾きがメインで特殊な奏法は使わないが、美しくメロディー重視のソロ・プレイには定評がある。 幅広いジャンルで活躍しており、リー・リトナー、ケニー・ロギンス、ドリ・カイミ、ロッド・スチュワート、スタン・ゲッツ、アール・クルー、セルジオ・メンデス、マイケル・ランドウ、渡辺貞夫、チャド・ワッカーマン、ロジャー・ウォーターズ、アーニー・ワッツ等々、数多くのアーティストのレコーディング&ツアーに参加している。 Walt Fowler ウォルト・ファウラー :trumpet, flugelhorn 1955年3月2日、ユタ州ソルトレイクシティ生まれ。 1974年、フランク・ザッパ&ザ・マザーズ・オブ・インヴェンションのメンバーとしてプロのキャリアをスタート。 75年に兄弟バンド『The Fowler Brothers Band』を結成し2枚のアルバムをリリース。 その後、ビリー・コブハム、ジョニー・ギター・ワトソン、レイ・チャールズ、バディ・リッチ、ジョージ・ベンソン、ダイアナ・ロスなどのツアー・メンバーとして起用される。 90年代の半ば以降、『ライアオン・キング』、『バックドラフト』、『グラディエーター』、『シュレック』、『オーシャンズ12』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』ほか、映画サウンドトラックにおける管弦楽の編曲を数多く手掛けている。 2001年にはジェームス・テイラーのツアー・バンドのメンバーとして参加。

次の

スティーヴ・ガッドがオルガン・ジャズ・トリオでBllboard Liveに登場! 初の来日公演をおこなう3人の経歴は?

スティーヴ ガッド

スタッフ — ライヴ・アット・モントルー 1976 コーネル・デュプリー g 、エリック・ゲイル g 、ゴードン・エドワーズ b 、スティーヴ・ガッド ds 、リチャード・ティー key という豪華なスタジオ系ミュージシャンが集まったバンド「Stuff」。 そのスタッフがデビューした1976年のモントルー・ライヴ映像です。 ライブの見どころ このライブは全てが炸裂しまくっています。 スティーヴ・ガッドのインパクトのある出で立ちに圧倒されること間違いなし!思わず「国際指名手配犯かぃ!」と突っ込まずにはいられません。 とにかく眼光が鋭すぎです。 そして、バンドメンバーも「アフロ」or「ベリーショート(ナッシング?)」という激しいコントラストで、バンド全体のビジュアル的にも最高すぎます。 その他「ベースだけ何で座ってるんだ?!」など、突っ込みどころ満載のナイスなライブ・ビデオです。 ハイハットに注目せよ! 特に注目して欲しいのが「 ハイハットの使い方、ハイハットの音」です。 ギターソロ中やドラムソロ前半のハイハットの音に注目して聞いてみてください。 キッチリしすぎず、ラフになり過ぎず、繊細だけどラウドなサウンドを出しています。 少しベチャっと押しつける感じで、粘りとラウド感を出している感じですね。 人差し指で押し付けているイメージかな? でも、ちゃんと 手首を柔らかく使って繊細なフレーズを叩いてるのが凄すぎます。 ストーリーのあるドラム・ソロが鳥肌もの ドラムソロは聞けば誰でも腰を抜かすことでしょう。 まさにスティーブ・ガッド!という パラディドルと ダブルストロークを織り交ぜた、かっこいいグルーヴソロを見せてくれます。 よく聴くと、すごくトリッキーなアクセントを入れている。 でも、なぜか心地よいのはグルーヴがウネリまくってるから。 これがガッドの凄いところでしょう。 ソロでもフレーズ全体として流れるグルーヴがあるので、トリッキーなフレーズでも、グイグイ懐に入ってきて心地よいのです。 そうなんです、 スティーブ・ガッドのドラムには「ストーリーがある」のです。 全く無駄のない。 すべての音に意味がある研ぎ澄まされたフレージング。 ドラムソロでありながら、ストーリーを感じるアートですね。 DVDを絶対買うべし! 今回紹介した「スタッフ — ライヴ・アット・モントルー 1976」は、DVDで発売されています。 スティーブ・ガッドのスーパープレイとナイスなビジュアルを堪能してみてはいかが?.

次の

プロフィール

スティーヴ ガッド

Contents• スティーブ・ガッド Steve Gadd 1945年4月9日、 アメリカ合衆国ニューヨーク州生まれ。 スティーブ・ガッド Steve Gadd の ドラムのスタートは、 軍隊のスネアプレイヤーだった 祖父の影響から始まります。 祖父のレッスンを受けながら ロチェスターのイーストマンカレッジで ドラムライフを過ごします。 その頃から、ナイトクラブでは チック・コリアなどと共演しています (プロになる前)。 そういったこともあり、 チック・コリアとの共演は その後も続きます。 60年代後半から兵役に就き、 本格的なプロドラマーとしての スタートは1971年からになります。 ポール・サイモン、 スティーリー・ダン、 アレサ・フランクリンなどの メンバーとの共演で 70年代、80年代と人気を博します。 日本人のプレイスタイルを変えたドラマー 70年代、80年代の スティーブ・ガッド Steve Gadd の ドラム人気は凄まじく、 日本でも大ブームを引き起こしています。 一説によると 外人ドラマーから見た 日本人のプレイスタイルは、 全てスティーブ・ガッド Steve Gadd に 似ているそうで、 その影響力は計り知れません。 管理人TOSHIの体験談 私がドラムをスタートさせたときは、 80年代半ばでしたが、その当時は、 どういったものが上手いのか 分かりませんでしたし、 今のような情報もありませんでした. ですので、 スティーブ・ガッド Steve Gadd の 名前すら知りませんでした。 しかし、 スティーブ・ガッド Steve Gadd の プレイを盗んできたプレイヤー達や 先生に会うと次第に その偉大さが理解できるようになっていきます。 私が一番、 スティーブ・ガッド Steve Gadd から 影響を受けたことと言えば、 『ルーディメンツ』の重要性と、 『ラテンのアプローチ』です。 スティーブ・ガッド Steve Gadd のルーディメンツ それまでドラムと言えば、 8ビートや16ビートと言われる パターンの羅列しか出来なかったのですが、 スティーブ・ガッド Steve Gadd の ルーディメンツを駆使した 線の細いカミソリのようなドラムは 本当に 『憧れるスタイル』 を私にもたらしました。 おそらく、リアルタイムで 聞いていた多くの日本人ドラマーも 同じようにルーディメンツの大切さに 気付いたはずです。 でないと、 スティーブ・ガッド Steve Gadd の プレイスタイルが多くならなかったはずです。 スティーブ・ガッド Steve Gadd のラテンのアプローチ スティーブ・ガッド Steve Gadd の プレイするラテン・ドラムは 『モザン・ビーケ』 と言われるパターンです。 通常のジャズメンがプレイする アフロ・キューバンのパターンと 全く違います。 スティーブ・ガッド Steve Gadd の モザン・ビーケのパターンは、 16ビートを基調としており、 当時のフュージョンと 大いにマッチしています。 私もアル・ジャロウの スペインで演奏している モザン・ビーケを一生懸命練習したものです。 避けては通れないドラマーの一人 今では スティーブ・ガッド Steve Gadd の プレイは当たり前になてしまい、 古典的な部類に入っていると思いますが、 追求するしないは別として、 やはり、ドラマーとして 一通り聴いて練習すべきと思います。 スティーブ・ガッド Steve Gadd の サウンドも特徴的だと思います。 スティーブ・ガッド Steve Gadd の 音って何か重い感じがしませんか? 私はいつも思うのですが、 明るく軽いというよりは、 『ズドッ』と 重い感じがするのです。 スティーブ・ガッド Steve Gadd の シグネチャースネアである YAMAHAのSGも極力倍音を抑えた モデルになっています。 おそらく スティーブ・ガッド Steve Gadd の 好みなのでしょうね。 やはり、 スティーブ・ガッド Steve Gadd は 伝説と思います。 もし、スティーブ・ガッド Steve Gadd が いなかった場合のドラム界はどうなって いたのだろうと思うと 想像ができないんですね。 今のドラム界は全く違ったものに なっていたかもしれないと考えると 少し興味が湧きます。 最後にお勧めのアルバムをご紹介して終わります。 スタッフ 定番中の定番です! アル・ジャロウ ジスタイム スティーリー・ダン エイジャ.

次の