ヤマハ 自転車 バッテリー。 「 バッテリー交換について知りたい 」の記事一覧

電動自転車バッテリー、この点滅パターンは修理が必要?【ヤマハ・ブリヂストン編】

ヤマハ 自転車 バッテリー

スタンダードモデル• 子供乗せモデル• ファッショナブルモデル• シティモデル• スポーティモデル• かんたん操作モデル• その他モデル• YPJシリーズ• YPJラインナップ• YPJチャレンジ企画• YPJ-XC E-MTB スペシャル• スペシャルサイト• PASの特長• 動画で簡単にチェック!• サポート•

次の

ヤマハ YAMAHA

ヤマハ 自転車 バッテリー

1~4全てのランプが同時に点滅する。 このパターンの点滅には、2つの意味のお知らせがあります。 上のイラストのように充電状態の時、• 充電ランプが緑色に点滅• バッテリーの残量ランプの4灯が同時に点滅 この症状はバッテリー内部が高温の時、またはバッテリーが過度に冷えている状態をお知らせしています。 バッテリー内部温度が充電に適した温度になると、充電が開始されます。 故障ではありませんので、修理の必要はありません。 1秒間隔)する。 1秒間隔)する。 これは故障ではありません。 長期使用のお知らせ機能が作動しています。 引き続きお使いいただけますが、1充電あたりの走行距離が短く、アシスト力が弱く感じる場合はバッテリーの交換時期です。 充電中に、充電器の充電ランプが赤色で点滅し、バッテリーの残量ランプが上の画像のようになります。 これは、接続端子の接触不良が考えられます。 バッテリーを一旦充電器から取り外し、再度バッテリーを充電器に取り付けて下さい。 と、説明書には書いています。 イーチャリティでも毎月かなりの量のバッテリーをチェックしますが、この症状はよく見かけます。 接触不良もあるのでしょうが、ほとんどが改善する事はありません。 バッテリー買い替えの検討が必要になると思います。 1と4のランプが同時に点滅する 充電中、充電器の充電ランプが赤色で点滅し、バッテリー残量ランプが上画像のように点滅します。 これはバッテリー内部の保護機能が作動して使用できない状態になっています。 この症状も結論から言うと、改善しません。 バッテリーの買い替えが必要になります。 いかがでしたか? 今回ご紹介した症状が起こった場合は、購入店もしくはイーチャリティにご相談下さい。 この記事では紹介していませんが、下のリンクの点滅パターンも相談の多い症状となります。 個別に対策方法をご紹介しています。

次の

電動アシスト自転車のバッテリー寿命は?

ヤマハ 自転車 バッテリー

バッテリー再生を 今回は計4台お願いしました。 調子が良ければ、あと20台ほどお願いするつもりで お試しの注文です。 出荷した4台のバッテリーは、10日ほどで送る前よりも綺麗になって戻ってきました。 外見は非常に良いです。 しかし、製品を使用開始してみたら、 まず、 「お知らせランプ」(橙)が点灯しなくなっていました。 リフレッシュお知らせ等、チェックは勘で。 それから、 残量表示が機能停止していました。 一瞬で点滅になります。 しかし中身はあるようで、アシストはまだまだ生きています。 4台ともすべて同じ症状なので 皆様のお手元にもその状態でお届けされることでしょう。 それでも1ヶ月弱は毎日フル活動で 元気に動いていました。 しかし1ヶ月を経過したとき。 4台はほぼ同時に突然、寿命を迎えました。 走り始めて5分もちません。 毎回リフレッシュしてから充電していましたが、ダメでした。 以前、あの有名なリセルバッテリの会社(神戸)に一度に6台くらい依頼して痛い目に遭ったのですが 今回も同じでした。 計15個のヤマハパスのバッテリーを再生リフレッシュさせてきた私なりの結論ですが、 「電動自転車のバッテリー再生は無理がある。 」 「どこでやっても同じで、銭失いである。 」 ということに尽きることに、今頃になって気づかされた次第です。 STPさんは、悪くないです。 これが再生の限界なんだと思います。 中身にたくさん詰まっている単一乾電池を日本製にすれば改善するかもしれませんが、 結局、内部の基盤や集積回路、メモリーなどは、どうにもならないと思います。 新品バッテリーは生産を終了したそうで もう新品バッテリーはどこにも売っていません。 古いヤマハパス(たくさんあります)はこれを機会に、すっぱり諦めることにします。 長い間お疲れ様でした。 現時点ではこのメニューの読み込みに問題があります。 window. when "data". html? html? html? html?

次の