簡単どんぶり。 ジップロックでつくれる!簡単おいしいどんぶりレシピ7選

【時短×丼ぶり】10分で完成!今日食べたい!簡単丼ぶりレシピ

簡単どんぶり

在宅をすると以外と出費が増える 家庭は多くなっていると思います。 必要があれば備考に! このエクセルテンプレートは 無料でダウロードできます。 エクセルのシート1枚を1日分として 31日分作っています。 今日使った合計金額と 1ヶ月の合計が 1ヶ月の合計シートに表示されるように なっています。 この1ヶ月のシートには 毎月必ず必要な定額的な必要経費を入力でき その出費と合わせた1ヶ月の出費を表示し 収入から残高がいくらになるかを表示します。 赤字であればマイナスの金額を表示します。 これらにより 1ヶ月記入してみると 今後の見通しがつき計画が立てやすいと思います。 とにかく簡単に、めんどくさいことは省き 毎日入力できるようにしてみました。 購入品目を確認する場合は レシートに軽く目を通せばいいんじゃないかな。 1ヶ月分のシートはA4用紙に印刷できる設定ですが 日々のシートは印刷設定していません。 なので 備考欄の他にも、見やすい場所に 必要なことは何処にでも メモしておけば良いかと思います。 これを応用したのが1日~31日のシートの 合計の総合計を合計シートに表示する方法。 1日~31日のシートの串刺し的計算です。 これは「合計」シートの「今月の買い物合計」 「E10」のセルに次の式を入力してます。 B30 」 ダウロードして確認ください。 B30」は その合計値が 「B30」のシートにあることを指定しています。 」を付ける必要があります。 B30 のように 「()」で囲む必要があります。 (スマホのOfficeアプリで使うならこちら) エクセル2016 Office365 で作成しています。 そのため これで保存した. xlsxのファイルと 旧エクセルで開けるように. xlsファイルを zipファイル圧縮してあります。 最新のウィンドウズであれば右クリックメニューの 展開だけで解凍できます。 xlsファイルについては旧バージョンのエクセルでの 確認はできていません。 その場合も少し手を加えるだけで利用できると思います。

次の

節約! 時短! たまごふわふわ~…「簡単どんぶり」レシピ

簡単どんぶり

連載第140 回目は、春にぐっと美味しくなるシラスたっぷりの簡単丼をご紹介します。 シラスはイワシの稚魚のことをいい、塩ゆでして干したものは、どれだけ乾燥したかによって「シラス干し」または「ちりめんじゃこ」と呼ばれます。 シラスにはDHAやEPA、カルシウム、ビタミンDなど数種類の栄養素が豊富に含まれております。 カルシウムは骨や歯を丈夫にしてくれたり、お肌の潤いにも良い効果を与えてくれます。 ほかにも、お肌に良いといわれるエラスチンも含まれており美肌効果も期待できます! 手軽に摂れて栄養たっぷりのシラス。 生で食べたり、シラス干しでパスタやサラダ、またはおにぎりの具として加えたり食べ方はさまざま。 美肌効果もあるので毎日摂り入れたい食材ですね。 ~その1:青ネギを小口切りにします。 では、作ります! まず卵と卵用調味料を混ぜ合わせます。 熱したフライパンに卵液を半量流し入れます。 調味料と合わせた卵液を半量加えます。 菜箸でさっと大きく混ぜ合わせます。 残りの卵液も加え、ふたをして火を入れます。 器にご飯を盛りつけます。 器にご飯を盛りつけます。 ご飯の上に卵を盛り付けます。 シラスを卵の上に盛り付けます。 仕上げに白いりごまと青ネギを散らし、お好みで七味唐辛子を添えます。 仕上げに白いりごまと青ネギを散らし、お好みで七味唐辛子を添えます。

次の

節約! 時短! たまごふわふわ~…「簡単どんぶり」レシピ

簡単どんぶり

みんなから大人気の親子丼を時短で作れたら嬉しいですよね。 今回は時短レシピの強い味方!電子レンジで作れる親子丼をご紹介します。 鶏もも肉ではなく、挽き肉を使うことでムラなく仕上げています。 耐熱容器に薄切りにした玉葱と鶏挽き肉、調味料を入れてレンジで3分加熱。 一度取り出して混ぜ、再度2分加熱します。 最後に溶きたまごを入れたら、様子を見ながら40~50秒ほど加熱してください。 卵のとろみはお好みで。 電子レンジは500W設定ですが、自宅の電子レンジが600W設定しかない場合は、加熱時間を短くしましょう。 鶏そぼろは、お子さんからも人気なので、お弁当にもぴったり。 家族のお気に入りのどんぶりになること、間違いナシですよ! お刺身の中でも人気の高いかつおのたたき。 手間加えて、どんぶりでいかがですか。 今回は10分で作れる、時短かつおたたきのどんぶりの人気レシピをご紹介します。 まずは、万人から愛され、人気のある焼肉のタレにかつおのたたきを漬けてみましょう。 一瞬、牛肉と勘違いするような食べ応えのある一品になります。 焼肉のタレはポン酢を混ぜているので、かつおのたたきとすんなり馴染みますよ。 かつおは刺身ではなく、周りが焼いてあるたたきのほうが肉っぽい感じになってGOOD。 もし刺身しか売っていないときは、周りを少し炙るとよいです。 今回は時短レシピなので、タレは馴染ませる程度でOKでしたが、味がじっくり染み込んでいるのが好きな人は、かつおとタレを絡めたあと、30分ほど漬けておくのがおすすめです。 特に大人から人気のかつお。 時短のどんぶりにして夕ご飯にどうぞ。 どんぶりの中で一番人気の豚丼。 定番どんぶりなだけに、ちょっとアレンジすると気分が変わります。 豚丼というとタレに漬け込んで、少し時間がかかるイメージもありますが時短でもおいしく仕上げられる一品をご紹介します。 豚肉は片栗粉をまぶすことで、旨味を閉じ込めてジューシーな仕上がりに。 タレにコチュジャンを入れると、味に深みが出ます。 焼くときは、最初に豚肉に火を通してから茄子を入れましょう。 こうすることで、豚肉の旨味がしっかりと茄子に染み込みます。 このとき、豚肉は一度取り出すのがコツ。 焼きすぎると、固くなってしまうためです。 焼きすぎないことを意識すると時短にもなりますよね! 茄子が柔らかくなったら再び豚肉を入れ、タレを煮詰めたらご飯の上へ。 どんぶりの上のとろ~りたまごも人気メニューの秘訣。 サッと夕飯を作りたいときにおすすめの時短レシピです! さんまの蒲焼とごはんの組み合わせは相性抜群で人気がありますよね。 さんまを3枚におろすのが少し難しく感じるかもしれませんが、氷水さんまのどんぶりって珍しいですよね。 に漬けると身がしまって切りやすくなります。 スーパーによっては3枚おろしにしてくれるところも多くあるので、聞いてみるのも手。 3枚おろしさえできれば、あとは薄力粉をつけてフライパンで焼き、合わせた調味料を絡めるだけなのでとても簡単です。 さらに時短したい人は、缶詰の蒲焼を使うのもアリです。 どのメニューでも缶詰めを使うのは時短テクニックのひとつ! さんまのどんぶりって珍しいですが、大葉、みょうが、万能ねぎなどの薬味が、さんまの香りを引き立てて、どんどんご飯が進みますよ!さんま料理としても、どんぶりメニューとしても、人気の一品です! 大人からも人気のどんぶり、まぐろ丼。 普通のまぐろ丼に飽きてしまった人にが特におすすめの一品。 ピリ辛がおいしい、調理時間5分の簡単時短どんぶりです。 キムチとごま油をプラスして、韓国料理風にアレンジしてみましょう。 きゅうりは包丁で切るのではなく、ピーラーで薄く剥くと見た目もきれいで時短にもなります。 ごはんの上に敷きつめると、華やかな印象です。 先にごま油、塩、白ごまで下味をつけておくのがコツ。 キムチとの相性がアップしますよ。 まぐろにも塩をふっているので、食べるときは醤油なしでOK。 ごはんとまぐろ、キムチ、そしてきゅうりが、お口の中で絶妙なハーモニーを奏でてくれるはず。 さっぱりしてるのにピリ辛なところが人気のどんぶり。 ごはんを簡単に済ませたい!だけど、しっかり食べたい!という人には嬉しい時短レシピでしたね。 旦那さんからリピートされそうな人気まぐろどんぶりをご家庭でもどうぞ!.

次の