世界 は 何 カ国 ある。 世界には何カ国の国があるのでしょう?

世界の国の数は?327カ国?沖縄も国?徹底的に調べてみました

世界 は 何 カ国 ある

「世界の国の数って、一体いくつなんだろう??」 そう疑問に感じたアナタに、おもしろい事実をお伝えしましょう!!• 国の数に明確な答えなし 「世界って、全部で何か国??」 誰もが人生の中で一度は疑問に思って、調べたことがあると思います。 実はこれって、明確な答えがありません!! この質問は何を基準に考えるかによって、答えが色々と変わります。 今日はその様々な基準をもとに、世界の国の数を教えましょう。 国連加盟国数 まず最も一般的なのは、「193か国」という答えでしょう!! これは現在、国連に加盟している国の数です。 参考: これまでに193か国すべてに行ったと記録されている人は、約100人ほどです。 意外と少ない・・・ ちなみに「イッテQ!」のイモトアヤコさんは、世界193か国の制覇を目標にしていますよ!! 参考: ついでに言うと、世界を巡ってきたイモトさんの言う「食事が世界一おいしい国」が超意外でした。 笑 気になる人は、コチラに書いてあるので読んでみてください!! 参考: 日本承認国数 また現時点で、日本が国と認めている数は「196か国」です!! 参考: これは国連加盟国数193に「バチカン」「コソボ」「クック」「ニウエ」の4か国を足して、「北朝鮮」を引いた数です。 「193+4-1=196」ということですね。 「バチカン」「コソボ」「クック」「ニウエ」の4か国は国連に未加入であるものの、日本が国として認めています。 また「北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)」は国連に加盟しているものの、日本は国として認めていません。 日本政府の見解は「朝鮮南部にある大韓民国(韓国)の政府が、朝鮮にある唯一の合法的な政府である」というもの。 なので日本国内には、北朝鮮の大使館や領事館なんてものはなく・・・ 代わりに朝鮮総連が、北朝鮮のパスポートやビザを取り扱っています。 また日本が承認しておらず、かつ国連にも加盟していない国というのもたくさんありますね。 皆さんが知っているような国を挙げると、以下のようなところです。 台湾(中華民国) 中国は「中国大陸と台湾島は1つの国である」と主張しています。 そして日本を含む世界各国は、台湾を「中国の一部」と見なしているのです。 しかし日本以外の20数か国から、独立国家として承認されています。 パレスチナ(パレスチナ暫定自治区) パレスチナは宗教上の対立により、西側諸国から国として認められていません。 そして日本は親米国の立場から、同様に認めていません。 しかし日本以外の130数か国から、独立国家として承認されています。 TCCの国リスト 最後に、トラベラーズセンチュリークラブ(TCC)の国リストを紹介しましょう。 そこにはなんと、「324か国」が掲載されています!! TCCは、100か国以上訪れたことがある旅人たちで構成されているクラブです。 1954年にカリフォルニアで設立され、世界中に2000人以上のメンバーがいます。 参考: TCCには独自ルールで決めた国リストがあり、そこには324の国が並んでいるのです。 しかし一体、どういう分け方をしたら324にも増えるんだろう。 笑 このTCCリストを制覇した人は、世界中でたったの12人とのこと!! ぼっ、僕もチャレンジしてみようかな・・・ ツイッターでの反応 地球に存在する国全て回った人だけに、暗黒大陸みたいな裏ステージが現れるのかなぁ。 全部みたら何があるんだろ。 どんな思考の境地に行くのかな。 知られていない魅力的な国はたくさんあるだろうから、全部行ってみたい。 宇宙にも行きたいし、とりあえず、日本が認めてる196カ国だけでも! これなら行けそう!!? — こなつ🇹🇭ノマドライフ natfreelife 25の国と地域で同性婚が認められているらしいですよ。 僅か7. 077 日本が認めている国では12. どうやって数えたのかな? — Susumu Shiraishi ltdexp1010 まとめ 世界の国の数は、何を基準に考えるかによって答えが変わります。 代表的な基準は、「国連加盟国193か国」「日本承認国196か国」などでしょう。 また「TCC」を基準に考えると、世界の国の数は324にもふくらみます!! 旅行でよく読まれている記事3つ yukihiro0201.

次の

世界の国の数は何カ国?全部を制覇した人は歴史上で12人だけ!

世界 は 何 カ国 ある

10位:タイ 「微笑みの国」と呼ばれるタイが10位! 2016年の9位からひとつ順位がダウン。 熱帯に属するタイは1年を通して温暖で、首都バンコクはアジア屈指の世界都市ですよね。 2006年に開港したスワンナプーム国際空港はアジアのハブ空港として発展を遂げています。 タイはバンコク以外にも、チェンマイやアユタヤ、プーケットなど魅力的な地域が多く、一度の旅行では行きれず、リピーターも多い印象です。 9位:ドイツ ノイシュバンシュタイン城やロマンチック街道、ベルリンの壁など、美しい街並みや歴世的建造物が豊富なドイツが9位。 2016年の7位からふたつ順位を落としましたが、一度は訪れたい国ですよね。 ドイツはビールとソーセージが有名で、毎年「オクトーバーフェスト」がミュンヘンで開催されています。 しかし、ビールの消費量は世界で4位。 なんと1位は14年連続で中国です。 ドイツが1位かと思いきや、意外な結果でした。 8位:トルコ トルコは2016年の10位からふたつ順位がアップして、8位に。 アジアとヨーロッパをまたがるイスタンブールをはじめ、奇岩群で有名なカッパドキア、古代都市エフェソスなど、見どころが満載ですよね。 世界三大料理のひとつであるトルコ料理も美味しい。 そんなトルコですが、2018年8月にたった1日でトルコ通貨のリラが20%以上も下落しました。 その影響で高級品店街で買い物をしようとトルコを訪れる外国人観光客が増えているそう。 果たして、2018年のトルコの外国人観光客訪問数はどこまで伸びるのか? 気になるところです。 7位:英国 英国は2016年の6位からひとつ順位を落とし7位。 英国=イギリスは、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島とアイルランド島北東部、そのほかの島々からなる国です。 首都ロンドンのビッグベンやロンドン塔をはじめ、カントリーサイドに位置するコッツウォルやストーンヘンジなど、イングランドだけでも歴史ある観光地がいっぱい。 そのほか、自治権を有するスコットランド、ウェールズ、北アイルランドにも多くの観光地があり、何度も訪れたくなる国だと言えるでしょう。 6位:メキシコ 2016年の8位からふたつ順位がアップしたメキシコ。 麻薬カルテルの戦争が激化して、治安が悪化していると聞きますが、カンクンやロスカボスなどのリゾート地は比較的安全だそう。 白い砂浜とブルーの海が広がり、ハネムーナーにも人気。 メキシコには、世界遺産であるマヤ文明の「チチェン・イッツァ遺跡」やテオティワカン文明の「テオティワカン遺跡」などもあり、外国人観光客が多いのも納得ですね。 5位:イタリア イタリアは2016年と同位の5位。 ヨーロッパ南部に位置するイタリアは、ブーツや長靴のような形をしていて、首都ローマだけでもコロッセオやスペイン広場、トレビの泉など外せない観光スポットが盛りだくさん。 パスタやピザで有名なイタリア料理が美味しいのも魅力です。 また、ヴェネチアやミラノ、フィレンツェなどにも歴史歴建造物が豊富で、この先も人気の観光国であり続けそうです。 4位:中国 中国も2016年と同位の4位。 長い歴史を誇る中国には、世界遺産の万里の長城、透き通った湖沼群の九寨溝、天安門広場など、数えきれないくらいの観光スポットがあります。 歴史的文化遺産や心を奪うような美しい自然のスケールが大きいのも特徴です。 中華料理は大きく分けて、山東・江蘇・浙江・安徽・福建・広東・湖南・四川と8種類あり、訪れる地域によって調理方法や味つけが異なるのも魅力ですね。 3位:米国 スペインに抜かれひとつ順位を落とした米国が3位に。 アメリカと言えばトップクラスの世界都市であるニューヨークや映画やテレビ産業の中心地であるロサンゼルス、カジノで有名なラスベガスが思い浮かびます。 しかし、グランドキャニオンやイエローストーンなど国立公園も豊富です。 他にも、ディズニーランドやユニバーサルスタジオなど広大なテーマパークがあり、どこに行こうか悩んでしまいますよね。 2位:スペイン 2016年の3位からひとつ順位がアップしたスペイン。 なんと、人口の8倍もの外国人観光客が訪れているそうです。 バルセロナやイビザ島などでは観光客が増えすぎて、住人の暮らしにも多大な影響を及ぼしているとか。 民泊が増え、騒音問題が起こったり、マンションの賃貸料がアップし、地元民が街を追われてしまうことも。 しかし、スペインは世界遺産の数も世界3位で、バルセロナのサクラダファミリア、グラナダのアルハンブラ宮殿など、一生に一度は目にしたい観光スポットがいっぱい! このままいくと、今後も外国人観光客は増え続けそうですね。 1位:フランス 首位に輝いたのはフランスです。 さすがの観光大国だけあり、30年以上も連続で首位を守り続けています。 パリでは、2015年11月のパリ同時多発テロ以降、一時的に外国人観光客が減少したそうですが、現在は回復傾向にあるとのこと。 フランスと言えば、パリの観光地のイメージが強いのですが、パリ以外にも世界遺産で有名なモンサンミッシェルやコート・ダジュールの透き通った青い海が魅力的なニース、国際映画祭で有名なカンヌなど見どころが盛りだくさん。 フランスには2017年だけで、約8600万人もの外国人観光客が訪れています。 ですが、2024年にパリで開催予定のオリンピックに向けて、年間1億人の外国人観光客を目指しているそうです。 気になる日本は何位? 2016年のランキングで日本は世界で14位、アジアで6位でしたが、2017年では世界で12位、アジアで4位に! それぞれ、ふたつ順位がアップしています。 筆者の住む東京でも、毎日のように外国人観光客を見かけるようになりました。 2020年の東京オリンピックに向けて、ますます外国人観光客が増えそうですね。 参考: [All photos by ].

次の

アフリカ

世界 は 何 カ国 ある

国の数はいくつあるのかと調べてみました。 では、196カ国になっています。 日本が承認している国195カ国+日本で196カ国ということです。 なお、最近日本が承認した国には、2015年5月にニウエ、2011年7月に南スーダン、2011年3月にクック諸島があります。 しかし、よく考えてみると、ニウエ、クック諸島や台湾やコソボを国と考えるかどうかで国の数は違ってくるので、単純な答えはないのでないかと思っています。 国の数を一応整理してみると 1. 国際的に多くのの国から承認された国家 194カ国 ・国連加盟国 193カ国(南スーダンが2011年7月14日に加盟承認されました) ・国連加盟国ではないが多くの国が承認しているバチカン なお、日本の外務省の国の数には、コソボ、クック諸島及びニウエが含まれている一方、国連加盟国である北朝鮮は日本が承認していないので除外されています。 国際的に多くの国から承認されていない国家 12地域 国の数を数える場合は、これらの国の取り扱いが難しいです。 ・台湾 ・コソボ ・パレスチナ ・西サハラ(モロッコが領有を主張して大半を実効支配している) ・クック諸島、ニウエ(ニュージーランドと自由連合制をとり、主権国家と同等の内政を行い、独自の外交も可能。 ) ・事実上独立した地域 ソマリランド(ソマリア北部)、アブハジア(グルジアの西端)、南オセチア(グルジアの北部)、沿ドニエストル共和国(モルドバの東部)、ナゴルノ・カラバフ(アゼルバイジャンの西部)、北キプロス 3. 海外領土・自治領 は、 249の国・地域で定義されています。 の194カ国、2. の台湾、西サハラ、パレスチナ、クック諸島、ニウエの 5地域の外に 50の地域が定義されています。 南スーダンは、2011年8月9日に定義されました。 50の地域には、南極のように無人またはごく少数の一般住民しかいない地域が7地域あるためそれらの地域を除くと43の地域があります。 なお、フランス領の5つ(レユニオン、グアドループ、マルティニーク、フランス領ギアナ、マヨット)はフランスの海外県ならびに海外地域圏であり、行政的には海外領土ではなくなっています。 ノーフォーク島、クリスマス島、ココス諸島(オーストラリア領 3地域) グリーンランド、フェロー諸島(デンマーク領 2地域) レユニオン、グアドループ、マルティニーク、フランス領ギアナ、マヨット(フランスの海外県 5地域) フランス領ポリネシア、ニューカレドニア、ワリス・フュチュナ、サンピエール・ミクロン、サン・マルタン島、サン・バルテルミー島(フランス領 6地域) アルバ、キュラソー、シント・マールテン、ボネール島・シント・ユースタティウス島・サバ島(オランダ領 4地域) トケラウ諸島(ニュージーランド領) ジャージー、ガーンジー、マン島(イギリス王室属領 3地域) バミューダ諸島、ケイマン諸島、ジブラルタル、タークス・カイコス諸島、イギリス領ヴァージン諸島、アンギラ、セントヘレナ・アセンション及びトリスタン・ダ・クーニャ、モントセラト、フォークランド諸島、ピトケアン諸島(イギリス領 10地域) プエルトリコ、グアム、アメリカ領ヴァージン諸島、北マリアナ諸島、アメリカ領サモア(アメリカ領 5地域) オーランド諸島(フィンランド領 1地域) スバールバル諸島(ノルウェー領 1地域) 香港、マカオ(中華人民共和国領 2地域) ・無人又はごく少数の一般住民しかいない地域(7地域) 南極 イギリス領インド洋海域 南ジョージア島・南サンドイッチ諸島(イギリス領) アメリカ領太平洋諸島 フランス領南方・南極海域 ブーベ島(ノルウェー領) ヘアド島・マクドナルド諸島(オーストラリア領) また、 を独自に持つ地域が1地域ある。 アセンション島 (行政的にはセントヘレナに含まれる) イギリス領 一部の機関で使用されているため が5地域ある。 ディエゴガルシア、トリスタン・ダ・クーニャ島(行政的にはセントヘレナに含まれる)(イギリス領) クリッパートン島(フランス領) カナリア諸島、セウタ・メリリャ(スペイン領) CIAの は、世界の国家、属領その他の地域についての地理、人口、政治、経済、通信軍事のデータを提供しており、一般でもしばしば使われている。 そこでは、アクロティリ、デケリア(英領)が地域とされている。 また、地域のデータには以上で説明した以外に数個の無人島が含まれている。

次の