厚木 市 ハザード マップ。 厚木市 新洪水ハザードマップを作成 10月から全戸配布

厚木市:厚木市洪水浸水ハザードマップ

厚木 市 ハザード マップ

更新日:2020年2月6日 土砂災害・洪水ハザードマップ(平成25年度作成) 土砂災害・洪水ハザードマップは、梅雨時の集中豪雨・長雨や台風に伴う豪雨などにより、がけ崩れや洪水が発生した場合に被害を受けるおそれのある区域を土砂災害警戒区域、急傾斜地崩壊危険区域、浸水想定区域として示し、土砂災害や洪水被害が予想される場合もしくは発生した場合に、市民の皆さんが避難などの適切な行動をとっていただくために作成したものです。 ハザードマップには、水害避難所や土砂災害・洪水災害に対する備えなどについてまとめていますので、日ごろからご家庭や地域の方と話し合っていただき、災害軽減にお役立てください。 また、掲載している土砂災害警戒区域・洪水浸水想定区域は、市民の皆さんに配布している「ふじさわ防災ナビ~みんなの防災・オーダーメイドの災害対応編~」と同じ情報になっています。 最新の水害避難所の指定状況はをご確認ください。 (低解像度版)土砂災害・洪水ハザードマップ• (高解像度版)土砂災害・洪水ハザードマップ• 地図情報公開システム「ぐるっとふじさわマップ」 地図情報公開システムは、市内住宅地図 藤沢市共通地図 やGoogle マップを背景図として、市内の地図情報を提供する地理空間情報システム GIS です。 津波避難情報は、「ぐるっとふじさわマップ」を活用したふじさわ防災ナビ電子防災マップ「津波避難情報」でもご覧いただけます。 ふじさわ防災ナビ「津波避難情報」を利用することで、津波避難ビルや避難施設等が、住所や施設名の他、地図上の任意の場所から一定の範囲を指定する方法など、様々な方法で検索することができます。 また、避難経路の距離の計測など色々な機能が活用できます。

次の

神奈川県厚木市厚木のハザードマップ【地震・洪水・海抜】

厚木 市 ハザード マップ

洪水ハザードマップを作成しました 洪水時には、はん濫水の勢いで堤防付近の家屋は破壊されたり流出したりする可能性があります。 そのようなときに避難せずに家屋にとどまっていた場合には、人命にかかわる事態の発生も予想されます。 このため、厚木市では神奈川県が公表した浸水想定区域図を利用して、洪水ハザードマップを作成しました。 洪水ハザードマップ• (スマートフォン対応)• (新しいウィンドウを開きます) ・平成29年3月31日付けで県が管理する厚木市内の河川のうち、相模川及び中津川の洪水浸水想定が見直され、新たに5種類の区域図が公表されました。 ・平成29年9月22日付けで県が管理する厚木市内の河川のうち、小鮎川及び荻野川の洪水浸水想定が見直され、新たに5種類の区域図が公表されました。 最新の洪水浸水想定区域図は、(新しいウィンドウを開きます)をご覧ください。 注意してください• 状況によっては浸水想定区域以外でも浸水する場合がありますので、洪水が発生したときや、発生しそうなときは十分に注意してください。 また、浸水が始まってしまったときは、無理に避難所へ移動せず、浸水していない近くの高いところへ一時的に避難してください。 情報収集に努めましょう 避難勧告などの情報伝達 水害のそれがある場合、テレビ・ラジオや市の防災無線の放送、市のホームページ、広報車などから避難のよびかけをしますので、速やかに避難してください。 避難指示の種類 市長は市民の皆様に危険が迫ったときは「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」や「避難指示(緊急)」を発令する場合があります。 避難指示危険度情報の種類発令の目安とるべき行動低避難準備・ 高齢者等 避難開始被害の発生する心配があるときで、避難に援護が必要な方(お年寄りや体の不自由な方など避難に時間がかかる方)が避難行動を開始しなければいけない段階など。 市からの広報やテレビ、ラジオ、インターネットの情報などに注意して、いつでも避難できるように準備しましょう。 また、避難に援護が必要な方は開設された避難所や水害の心配のない知り合いのお宅などへの避難を開始しましょう。 中避難勧告対象河川が警戒水位及び危険水位を超え、更に上昇する可能性がある場合など。 できるだけ近所の方に声をかけながら開設された避難場所や浸水の心配のない知り合いのお宅などへ避難しましょう。 高避難指示 (緊急)被害の危険が切迫したときや人的被害が発生したとき。 未だ避難してない方は直ちに避難を完了させてください。 洪水ハザードマップ• (スマートフォン対応)• (新しいウィンドウを開きます).

次の

厚木市:厚木市土砂災害ハザードマップ

厚木 市 ハザード マップ

洪水ハザードマップを作成しました 洪水時には、はん濫水の勢いで堤防付近の家屋は破壊されたり流出したりする可能性があります。 そのようなときに避難せずに家屋にとどまっていた場合には、人命にかかわる事態の発生も予想されます。 このため、厚木市では神奈川県が公表した浸水想定区域図を利用して、洪水ハザードマップを作成しました。 洪水ハザードマップ• (スマートフォン対応)• (新しいウィンドウを開きます) ・平成29年3月31日付けで県が管理する厚木市内の河川のうち、相模川及び中津川の洪水浸水想定が見直され、新たに5種類の区域図が公表されました。 ・平成29年9月22日付けで県が管理する厚木市内の河川のうち、小鮎川及び荻野川の洪水浸水想定が見直され、新たに5種類の区域図が公表されました。 最新の洪水浸水想定区域図は、(新しいウィンドウを開きます)をご覧ください。 注意してください• 状況によっては浸水想定区域以外でも浸水する場合がありますので、洪水が発生したときや、発生しそうなときは十分に注意してください。 また、浸水が始まってしまったときは、無理に避難所へ移動せず、浸水していない近くの高いところへ一時的に避難してください。 情報収集に努めましょう 避難勧告などの情報伝達 水害のそれがある場合、テレビ・ラジオや市の防災無線の放送、市のホームページ、広報車などから避難のよびかけをしますので、速やかに避難してください。 避難指示の種類 市長は市民の皆様に危険が迫ったときは「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」や「避難指示(緊急)」を発令する場合があります。 避難指示危険度情報の種類発令の目安とるべき行動低避難準備・ 高齢者等 避難開始被害の発生する心配があるときで、避難に援護が必要な方(お年寄りや体の不自由な方など避難に時間がかかる方)が避難行動を開始しなければいけない段階など。 市からの広報やテレビ、ラジオ、インターネットの情報などに注意して、いつでも避難できるように準備しましょう。 また、避難に援護が必要な方は開設された避難所や水害の心配のない知り合いのお宅などへの避難を開始しましょう。 中避難勧告対象河川が警戒水位及び危険水位を超え、更に上昇する可能性がある場合など。 できるだけ近所の方に声をかけながら開設された避難場所や浸水の心配のない知り合いのお宅などへ避難しましょう。 高避難指示 (緊急)被害の危険が切迫したときや人的被害が発生したとき。 未だ避難してない方は直ちに避難を完了させてください。 洪水ハザードマップ• (スマートフォン対応)• (新しいウィンドウを開きます).

次の