法務 仕事。 法務って具体的に何をする仕事?仕事内容から適性、給与や資格も解説

法務って具体的に何をする仕事?仕事内容から適性、給与や資格も解説

法務 仕事

*役立つ資格* 弁護士などとも同等に渡りあえる「行政書士」「司法書士」などの資格は、有していると企業にとっても心強い資格といえます。 社員のサポートなどの法務相談 企業に勤める人、皆が法律に詳しいわけではありません。 法務部は、社内の法律のプロとして位置づけられています。 そのため、法律に詳しくない社員のサポートをしたり、相談に乗ったりします。 これも法務部ならではの業務といえるでしょう。 会社内部の法務のチェック 企業は日本国内であれば、日本の法律に基づいて設立され、合法的に運営されなければなりません。 法務部は、株主総会や取締役会などの会社内部の機関が、きちんと行われているかどうかをチェックする部署でもあります。 会社法に基づき、株式の発行や分割、子会社の設立などの時にも深く関わってくるでしょう。 *役立つ資格* 社内での注意喚起にも効果的な「個人情報保護士」「ビジネスコンプラインアンス検定」などの資格が役立ちます。 企業に適用させていく法制度調査 法律は時代によって変わります。 そのため、解釈も微妙に異なる場合があります。 それぞれの企業では国の法律に基づいて会社を運営しているため、法律が変われば、企業も対応していかなくてはなりません。 時事の情報に耳を傾け、法律がどう企業で適応されるのかを知り、企業に適用させていくのも法務部の仕事の一つです。 自ら調査をして、会社内に周知徹底させることも法務部が行う業務です。 企業によっては海外に本社があったり、海外との取引が多かったりと事情が異なる場合は、海外の法制度についても調査する必要があります。 法務部の役割 法務部と聞くと企業の中では裏方のイメージがあるかもしれません。 しかし、法律関係のプロとして企業活動のアクセルとブレーキを担っているのです。 アクセルの役割 企業は、自分たちの商品やサービスを売って利益を出なければなりません。 単価を上げるだけでなくコストの削減も含め、利益を出すことを最優先で考えます。 法務部は、法律を武器として契約等の面で企業活動を後押しします。 ブレーキの役割 企業の中で利益を生み出す1番の場所は営業部です。 営業部は利益を上げるために、ビジネスチャンスは必ずものにしようと飛びついてしまうことがあります。 場合によっては法的トラブルが発生したり、不利な状況で契約を結んでしまったりといった事態が考えられます。 そのような時に、契約にブレーキをかけ、リスクヘッジを行うのが法務部の役割です。 法務部に適している人の特徴 この項目では、どのような人が法務部に適しているのか解説していきます。 様々な専門スキルを持っている人 法務部に配属される人は、法学部出身であったり、何かしら法律関係の仕事をしていた人であることが多いでしょう。 仕事内容をみて分かるように、法律に明るくない人がすぐにできる仕事ではありません。 しかし、実のところ、法律に明るいだけでも法務部の仕事は務まらないのです。 海外とのやりとりが多い昨今、語学が堪能であることが求められます。 企業同士の契約や、法律に関する問題を解決するのが法務部の役割なので、語学スキルもビジネスレベルであることが必須です。 また、新しい法律を受け入れる柔軟さや、それをリサーチする能力、デジタル技術をうまく活用できる技術なども求められます。 法律を知っているだけでなく、きちんと守れる人であることも重要なのです。 契約内容に関するものや個人情報を知る機会も多い部署なので、その取り扱いが正しくできる人を会社側は求めているでしょう。 判断力とコミュニケーション能力がある人 法務部は、法律に関することを扱うため、契約書や取引に関する書類とばかり向き合っていると思われがちです。 しかし、実際には、他の企業の法務部とやりとりをしたり、相手にわかりやすく説明したりとコミュニケーションを取るケースが多いのです。 また、プレゼンテーションのスキルも重要になってくるでしょう。 自分がどう伝えるかではなく、相手にわかりやすく伝えるにはどうしたらいいかという点を意識して話す練習をすることが大切です。 契約は、企業においてとても重要な選択です。 ただ契約を結べばいいのではなく、会社にとって有利になるような選択ができなければいけません。 そのためには、判断力とコミュニケーション能力が必要です。

次の

企業法務の業務内容と求められる能力・スキルって何だろう?

法務 仕事

POINT! これまでの法務・知財の経験を活かせる!• ご登録者の9割以上が女性!女性ならではの状況に寄り添ったサポート!• 副業や在宅可(一部の場合もあり)の案件も多数!• カウンセリングを経て、あなたのスキル、希望にマッチした法務のお仕事をご紹介!• 契約の手続きから交渉まで完全サポート!• 利用料金は一切かかりません。 時間や場所にとらわれない!通勤無し!打ち合わせ以外は在宅で!• 時間管理も自己裁量で!週3日だけ働く!• 子育てと両立!学校行事なども気兼ねなく参加できる。 様々な案件でキャリアの幅を広げられる!• 会社員をしながら副業で自分のスキルを磨く!• ライフワークとの両立も可能!パラレルキャリアに挑戦!・・・など Warisでは、こんな法務のお仕事情報(業務委託、副業、在宅可)を紹介しています。 財務法務担当(時短正社員) クライアント 機械系メーカー 働き方 週5日(時短可) 仕事内容 法務、財務、分析業務 報酬 月額40万円~• 法務業務(業務委託) クライアント エンターテインメント会社 働き方 週1日~ 仕事内容 請求・経費精算処理 報酬 月額10万円~• 予算管理担当(業務委託) クライアント 大手システム会社 働き方 週3日~ 仕事内容 予算管理(管理会計)全般 報酬 月額30万円~ 多くの企業様に利用されております。 法務職の先輩フリーランサーの 生の声を聞く• 大手製造・販売会社の企業法務担当 週4日勤務でプライベート時間が増え、ストレスから解放。 子育てと仕事をバランスよく両立。 前職は正社員だったのですが、2児の子育て中でもあり、このままの生活を続けていくのは厳しいと思っていたところ、早期退職優遇制度が実施されたので、悩んだ結果、退職に至りました。 現在は、オフィス家具等の商品を製造・販売する会社の法務部に所属していて、主に契約審査を担当しています。 場合によってホットラインの担当や、法改正対応、法的リスクの検証が必要な事項についてメンバーとして検討に参加することもあります。 週4日のオフィス勤務です。 (新井七枝さん) サービスの流れ• Warisへのご登録 WEBの登録フォームから、名前、生年月日、メールアドレス、簡単な職務経歴などの情報を登録します。 無料カウンセリング ご案内できそうなお仕事がある場合、ご登録いただいたメールアドレス宛てに、こちらからご連絡します。 お仕事のご紹介 HPのお仕事情報からご応募いただけます。 これまでのご経験やご要望に沿ってお仕事をご紹介します。 クライアントとの面談 ご紹介したお仕事に関心を持っていただけるようであれば、より具体的な業務内容、勤務形態などの条件詳細をお打ち合わせさせていただきます。 お仕事開始 クライアントと双方合意の下、正式にお仕事開始となります。 法務・知財フリーランス・業務委託の よくある質問• フリーランスになると確定しているわけではないのですが、登録可能ですか? 回答を見る 可能です。 当初は社員としての転職を考えていた方でも、Waris登録後にフリーランスとして働くことへ切り替えた方が数多くおられます。 豊富な転職・独立支援の経験を持つキャリアカウンセラーが最適なお仕事をアドバイスいたします。 フリーランスの報酬体系は出来高制ですか? 回答を見る ご契約内容によります。 契約に基づき、固定報酬の場合もあれば、実際の発生・稼働に応じて報酬を定める場合もございます。 正社員として働いていますが、副業としてフリーランスという形で働くことができますか? 回答を見る できます。 実際に、育休期間中や正社員業務外の時間を使ってフリーランスとしてのお仕事を受けてキャリアを深めている方がいます。 念のため、正社員としている働かれている会社の就業規則をご確認ください。 どれくらいの期間でお仕事を紹介してもらえますか? 回答を見る ご本人のスキルやご経験、職種にもよりますが、早い場合ですとご登録後1カ月以内にお仕事開始となる場合もございます。 フリーランスの仕事の場合、契約期間はどれくらいですか?プロジェクトが終わるとどうなるのですか? 回答を見る 契約期間はプロジェクトごとに様々ですが、3カ月~1年程度で必要に応じて延長という案件が割合としては多いです。 プロジェクト終了が決定した段階で次のお仕事のご紹介も可能ですし、稼働工数的に掛け持ちが可能でご希望があれば、複数案件を同時並行でご担当いただくこともできます。 フリーランスの場合、夫の扶養には入れるのですか? 回答を見る 所得税、社会保険ともに所得が扶養範囲内であればご主人の扶養に入ることもできます。 フリーランスへの仕事依頼を検討しているのですが?(企業様向け) 回答を見る ありがとうございます。 よりご連絡下さい。 などもご覧いただけます.

次の

法務部門の仕事内容と業務プロセス

法務 仕事

意外と知らない法務部あれこれ 法務部には法学部出身者が選ばれるの? よく勘違いされていますが、そんなことはありません。 詳しくはの記事でも書いていますが、法務部の仕事にはいわゆる「法律知識」がたくさん必要なわけではないのです。 むしろ、法律知識が一番重要で訳ではない!! だって法律知識は、お金を払って弁護士さんが顧問についてるじゃないですか! やはり、一般社員がどんなに勉強しても、司法試験に合格した先生には知識も経験もかないません。 それだけでなく、「法律上問題となるか」を見誤ってしまうと、会社の全体を揺るがすような事態になってしまうため、リスクマネジメントの一環としてもやはり法的判断は「外注」することがほとんどです。 法務部の仕事ってぶっちゃけ何なの? 法務部の重要な仕事は、 「社外と社内の調整役」です!! どんなに偉い先生が「違法だからダメ」と言っても、実際の現場ではそう割り切れるものではありません。 「じゃあどうすればグレーにできるのか」 「ここは譲れないけど、それ以外の要件を再検討してどうにかできないのか?」 この『なんとかしたい!』と言う社内の意見に対し、法律と社員との間に立って、どうにかして妥協点を探すというのが、一番の仕事になります。 会社と法律の「板挾み」の場面で、本領発揮する調整役 法務部の方に「仕事で大変なことは何ですか?」と聞くと、ほとんどの方が「板挾み」という言葉を使用します。 法律は、社会のためにも、会社全体のためにも、もちろん破ることはできない。 でも、目の前の営業担当がこの契約を取りたい理由も、取ることで会社に莫大な利益が得られるのも分かる。 そういった状況で、時には営業関係者と揉めながら、法務部は頑張っているのです。 会社と法律の「板挾み」にならないための、社員教育 法務部の仕事を円滑に進めるためには、社内との調整力やコミュニケーション能力もとても重要になりますが、もう一つ重要なのが「社員の教育」です。 現場社員がちゃんと法律やルールを理解していれば、変な契約を取ってきたり、コンプライアンスに違反するような行動を控えることが予想されます。 そのため、社内で広報誌に記事を書いたり、社員研修を行ったりして、社内でコンプライアンスに関する教育を行うのも、重要な仕事です。 法務部に必要な能力は? やはり一概には言えませんが、例えば、妥協点を探すためには、社内にも十分なヒアリングが必要になりますし、そもそも自分の会社の製品や提供しているサービスについても熟知している必要があります。 また、社内と法務部が対立してしまうと、こちらの言うことを聞かずに、勝手に契約してしまう恐れもあるため、普段から社内の部署とコミュニケーションを取っておくことも重要です。 (驚くことに、日本企業では管理部門が営業や技術部門より下に見られることが多く、事実そう言ったことが起こっているのです) 法務部には新卒の学生がほとんどいないのは、こう言ったコミュニケーション能力は現場でしか鍛えられないからとも言われています。 そのため、とても大きなくくりでお伝えすると 「有事の時に敵対するのではなく、粘り強く社内と調整ができる人材」 が重宝される傾向にあるようです。 社内以外にも、調整の必要がある相手がいるって本当? また、法務部の仕事は社内での調整に留まりません。 一番大事で厄介な相手、そう会社の持ち主である「株主」との調整も必要になるのです。 多くの企業で、法務部が6月繁忙期になるのは、この株主総会の準備に時間が取られるからです。 総会の開催通知から始まり、数々の事前準備、社内でのリハーサルや当日の会場運営、終わった後は決まった内容について必要に応じて法的な手続きまで、仕事は多岐にわたります。 法務部でのやりがいとは? 「板挾み」の苦労の耐えない法務部ですが、もちろんやりがいもあります。 会社が「法律」という一線を超えないように管理する一方で、会社の利益が最大化できるよう「法律」をどう使うかを考える。 普段は嵐の中で板挾みに合っている分、やはりそういった嵐を自力で抜けた時の達成感は素晴らしいそうです。 また、例えば自分の会社で自分が防いだことで、他社が問題を起こし、ニュースになった際には「何だかわからない勝利感」も味わえるということでした。 まとめ いかがだったでしょうか? 「法務」と名はつき、実際に法律に適合するかの判断を行う場面もある法務部ですが、実際にはやはり社内調整などを地味に丁寧に行うことで、縁の下の力持ちとしてプロジェクトを支えていることが多いようです。 もし、法務部門など、管理部門への転職について考えてみたい方がいれば、管理部門に特化した転職エージェントもあるため、まずはそちらに相談して、今後のキャリアを再度考えてみてはいかがでしょうか?.

次の