グクテテ 小説。 グクテテ【うさぎが可愛くて…】

不器用うさぎと4次元は*グクテテ

グクテテ 小説

腹筋が割れてるのとは裏腹に目はぱっちり二重で大きく、食べている姿が似ているとよく言われるのがうさぎで何をしていてもうさぎに重ねてしまう。 性格は人見知りで事務所に入った時は誰にも心を開かなかった。 しかし、後に説明するはそれを容易く、こじ開けメンバーとは中睦まじい様子を見せる。 また、私服は黒などを好み、髪色も黒一色だ。 これには訳があって、一度髪色を派手な色に変えた時、自分に派手な色は似合わないと思ったことがきっかけらしい。 また、彼はメンバー内で下から二番目、つまりジョングクの一つ上の兄である テヒョンと同い年のメンバーもいる。 まず、人々がテヒョンを見て最初におもうことは『美しい』やら『綺麗』または、それらの言葉では言い尽くせない、形容しがたい、などが殆どである筈だ。 ググって貰うと手っ取り早いが、彼は世界一ハンサムな顔に選ばれているくらいに美しい。 アジア人とはかけ離れている高い鼻や三白眼の瞳などが挙げられている。 グクテテタグの小説ではそのような事が、よくつらつらと並べられている。 そんな彼だが、クールなビジュアルとは反対に四次元と呼ばれ、よく意味の分からないことを言ってメンバーや BTSのファン 、スタッフまでもを笑わせる。 その時の笑顔は無邪気で遊ぶことが大好きなことから四次元または五歳児と呼ばれている。 2016年には『』で唯一の俳優デビューをしている。 その時の演技力は監督やメンバーからも絶賛される程で、またその時に仲良くなった俳優の兄達とは今でも親交は続いていて、時々Twitterなどで写メが投稿される。 注意 グクテテ小説ではよくタグが付けられていたり、ユーザーのキャプションにはrps理解している人のみ、書かれていたりしている。 そのままであるが、このBLカップリングは実際に存在する人物を題材にしている訳である。 同じグループを好きなもの同士、またそのような言動をメンバーが見た時どう思うのかを考え、同人活動を行うことを主は勧める。 もちろんグクテテが好きにも二種類あり、腐女子の好きと、ただ単純に二人の組み合わせが好きもあるためそこも理解して熱弁しよう。 カップリング 先程説明した時、『グクテテではなく、ではないか?』と思った方もいたかもしれない。 それもそのはず、二人は178cmと同身長で、テヒョンは年上、しかもジョングクの方が可愛い顔とよく言われる... しかし、現実では圧倒的にグクテテの方が人気を博している。 外国の人はたびたび『vkook』とカップリングを反対に表記していまうが、そのイラストも実際はグクテテなのである。 どうして、ここまでテヒョン右が固定されがちなのか、それにはたくさんの理由があると思うが、ファンや腐女子の心を擽る理由をいくつか挙げていこう。 テヒョンはワイン一口で苦い顔を隠さない。 食事の動画が度々あげられるがテヒョンは毎回大好きなコーラを飲む。 つまり酒に弱い。 納得して頂けただろうか。 このような理由からテヒョンはグクテテとしてだけでなく、も多く、メンバーの一人であるテヒョンの同い年で高校からの親友は、グクテテ小説でテヒョンとして出演し、その際には「テヒョンを泣かせたらジョングク、分かってるよな?」等の発言はお決まりであり、それほど、この現実でもテヒョンを大切にしている。 また、やファンの単なる妄想だけでなく、実際にガチを唆るようなエピソードも沢山存在している。 関連イラスト.

次の

ウリ~俺たち~ [完結]

グクテテ 小説

『美しい人』 グクテテ• 「ひょんたちもカッコいいけど、やっぱりグクが一番!」 ラップも歌もダンスもできて、このビジュアル! 誰よりも絶対にカッコいい! 空気を読まない四次元能力をこれでもかと発揮して僕を褒めまくるテヒョニひょんに、メンバーもインタビュアーさんも苦笑気味だ。 「こんなにVさんからラブコールを送られていますが、ジョングクさんはいかがですか?」 テヒョニひょんのキラキラした瞳が期待に満ちている。 「そうですね、僕は……」 メンバーを見渡すとひょんたちのニヤニヤした顔に、テヒョニひょんの僕を選んでって声が聞こえてくるようだ。 そんな可愛い顔してると意地悪したくなってくる。 「…JINひょんかな」 明らかに落ち込むテヒョニひょん。 拗ねたように唇を尖らすと横を向いた。 「ジョングクさんはJINさんなんですね!あー、Vさんが拗ねていらっしゃいますね。 私はVさんもとてもカッコいいと思いますよ!ね?ジョングクさん!」 インタビュアーさんも苦笑いで、こっちにまた話を振ってくる。 「Vひょんはカッコいいっていうより、美人っていう感じなんで」 弾けるように振り返り、僕を見つめるテヒョニひょん。 「一番美しいひょんです」 目を見つめながら言うと、ヒューというメンバーの声にかき消されるような小さな声で、テヒョニひょんがありがとうと言った。 お返しに褒めてくれたとでも思ったのだろう、嬉しがりながらも言わせてしまった感が顔に出てしまっている。 その後はインタビュアーさんが上手くまとめてくれ、雑誌の取材が終わり移動のためにバンに乗り込む。 テヒョニひょんの横に座っていたマネージャーを追い出し、隣を確保する。 テヒョニひょんはビックリした顔をしながらも窓の方を向き、ぽつりと呟いた。 「ソクジニひょんの隣じゃなくていいの」 「僕はテヒョニひょんの隣がいいんです」 「……さっきはソクジニひょん選んだくせに」 「妬いてるんですか?」 「妬いてなんかっ!」 予想通りに振り向いて反論しようとする唇を塞ぐ。 ウブなところが可愛くて、緩んでしまいそうな頬。 顎をクイっと掴むと顔を近付ける。 またキスされると思ったのか、目を慌ててぎゅっと閉じるひょん。 唇は素通りして、耳元で囁く。 「誰よりも美しいのは貴方」 ……ちゅっ 耳に軽くキスをして離れる。 座り直して寝る体制に入ると遠慮がちに僕の腕にぎゅっと抱き着いてくる。 頭をぽんぽんっとして、頭にキスを落とすと僕の顔を見上げてくる。 潤んだ大きな瞳に、吸い込まれるようにまた唇を重ねた。

次の

ウリ~俺たち~ [完結]

グクテテ 小説

WEBアンソロジー 【参加サイト一覧】• 「「I feel... 」」 有沙さん• 「empty song」 硝子さん• 「きくるの森」 椎名憂希さん• 「戯言」 逢沢吉良さん• 「蝶の檻」 沙耶さん• 「Tears Virsin」 ゆこまむさん• 「天空の その上で…」 高村恵美さん• 「天使のザレゴト」 和泉かづささん• 「Heartful Days」 瀬奈みらくさん• 「rawra」 レイカさん• 「ラブノット」 まどかさん• 「ROOM BECAUSE OF BECOMING SALACIOUSLY」 高羽紅さん•

次の