フレッツ 光 西日本 エリア。 「2年割」(西日本エリア)(OCN 光 with フレッツ)

フレッツ光 提供エリア|高知県(こうちけん)|NTT西日本エリア

フレッツ 光 西日本 エリア

対象となるお客さま 対象の接続プランをご利用で割引提供期間中、 本割引を継続してご利用することをお約束いただいたお客さま。 割引適用期間終了日の翌日を含む月を1カ月目として24カ月目の末日まで自動延伸します(以後、同様に自動延伸します)。 本割引適用前のお客さまの「フレッツ光」のご利用期間などにより、割引適用期間・割引額は異なります。 その他の注意事項 本割引は、自動適用ではなく別途お申し込みが必要となります。 本割引の割引対象となる契約回線以外から本割引の割引対象となるフレッツ光に変更するにはフレッツ光の契約料と工事費用が別途必要です。 本割引を解約される場合、割引適用前の料金に戻ります。 各ファミリー(戸建て向け)のフレッツ光月額利用料に、加算料800円(税抜)が必要となる場合があります。 「2年割」について• 「2年割」は24カ月間の定期契約です。 契約更新月は割引開始月を1カ月目として25カ月目および26カ月目の2カ月間となり、解約のお申し出がない限り、24カ月ごとの自動更新となります。 契約更新月以外に「2年割」または対象のOCN接続プランを解約された場合、または、対象のOCN接続プラン以外のOCN接続プランにプラン変更された場合、適用されているOCN接続プランに応じてファミリー(戸建て向け)の場合2,400円(不課税)、マンション(集合住宅向け)の場合1,200円(不課税)を違約金としてお支払いいただきます。 なお、OCN接続プランの最低利用期間にかかる違約金5,000円(不課税)とは別にお支払いいただくものです。 お申し込みされたOCN接続プランが、「フレッツ光」回線のタイプに合わせて変更された場合、変更後のOCN接続プランに応じた「2年割」の減額および違約金となります。 「OCN 光 with フレッツ」は料金起算月から2年間を最低利用期間とします。 (料金起算月は利用開始日を含む月とし、利用開始日はNTT西日本が提供するフレッツ光が開通した日とします。 )開通月から2年以内に、お客さま都合により「OCN 光 with フレッツ」を解約された場合、またはプラン変更された場合には、違約金5,000円(不課税)をお支払いいただきます。 また、NTT西日本「光はじめ割」の解約金がタイプや割引適用期間(自動延伸後を含む)に応じて、4,500円~10,000円(税抜)が別途かかる場合があります。 対象のOCN接続プランを現在ご利用中で、「2年割」をお申し込みのお客さま• 「2年割」をお申し込みいただいた日を含む月を利用開始月とし、利用開始月の翌月を1カ月目として25カ月目および26カ月目の2カ月間が契約更新月となります。 「2年割」をお申し込みのお客さまが、対象のOCN接続プラン内でプラン変更をした場合は、「2年割」の利用期間を引き継ぎます。 プラン変更と同時に「2年割」をお申し込みされた場合• 変更後のOCN接続プランの料金が適用される月から、「2年割」が適用されます。 プラン変更時のご注意事項は「 」をご確認ください。 対象のOCN接続プランの新規お申し込みとセットで「2年割」をお申し込みいただいた場合• 対象のOCN接続プランの利用開始日の翌月を1カ月目として25カ月目および26カ月目の2カ月間が契約更新月となります(キャンペーンなどの月額基本料がかからない期間も含めて25カ月目および26カ月目の2カ月間が契約更新月となります)。 お客さまのご都合により、割引適用期間内(自動延伸後を含みます)に本割引を解約された場合は解約金が必要です。 ( フレッツ光ファミリー各タイプを解約の場合は10,000円、フレッツ光マンション各タイプを解約の場合は7,000円)ただし、割引適用期間の満了月とその翌月に解約を行う場合は、本割引の解約金は発生しません。 金額はすべて税抜です。 移転および回線の品目変更と同時に本割引を解約された場合も解約金が必要です。 フレッツ光の解約が「光はじめ割」適用期間中であり、かつ、「フレッツ・あっと割引」の2年の継続利用期間内であった場合は、解約金は「光はじめ割」のみ発生します。 そのほか、解約金やフレッツ光および「光はじめ割」の詳細、お申し込みについては、NTT西日本にお問い合わせください。

次の

提供エリア

フレッツ 光 西日本 エリア

おすすめはフレッツ光では利用できないスマホのセット割が利用できるインターネット回線だよ! スマホでセット割!フレッツ光よりもお得に契約できる申し込み窓口を紹介 auのスマホをお持ちの方は、auスマートバリューが適用できるauひかりがオススメ。 またフレッツ光の回線を共有した光コラボとは違い、独立回線を使用しているので、通信速度が速い傾向にあります。 さらに、フルコミットのキャンペーンページからauひかりを申し込むと、 最大60,000円のキャッシュバック! 有料オプション加入の必要もなく、受け取りは最短2か月後! キャンペーン重視でお得に乗り換えをしたい方は、auひかりがおすすめです。 スマホがソフトバンクの方なら、ソフトバンク光!キャンペーンも充実しており、違約金負担キャンペーンでは 最大100,000円まで違約金・撤去工事を負担してもらえます。 さらにソフトバンク光正規代理店NEXTなら開通後最短2か月後に35,000円を現金にて振り込んでもらえますよ。 また35,000円のキャッシュバックのほかにも、30,000円+無線LANルーター、Nintendo Switchといった3種類からキャンペーンの種類を選ぶことができます。 ドコモのスマホを利用している場合、セット割を適用させることができるのはドコモ光のみです。 ドコモ光セット割の 最大割引金額は月額なんと3,500円! さらに 定期的に実施される初期工事費無料特典(2019年9月~終了日未定)やdポイント10,000円分プレゼントも見逃せません。 正規代理店ネットナビからドコモ光を契約すると、最大15,000円のキャッシュバックがもらえますよ。 それじゃ、今回の話題、フレッツ光西日本の提供エリアについてチェックしてみよう! まずは、フレッツ光の西日本エリアと東日本エリアの違いを見ていくよ! フレッツ光西日本エリアと東日本エリアの違い まずは、どの都道府県がNTTフレッツ光の東日本エリアと西日本エリアに分けられているのか、一覧表でみてみましょう。 東日本エリア 西日本エリア 【北海道】北海道 【東北】青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県 【甲信越】山梨県、長野県、新潟県 【関東】東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県 【北陸】福井、石川、富山 【東海】愛知、岐阜、三重、静岡 【関西】兵庫、京都、滋賀、大阪、奈良、和歌山 【中国】島根、鳥取、岡山、山口、広島 【四国】愛媛、香川、高知、徳島 【九州・沖縄】福岡、大分、宮崎、佐賀、長崎、熊本、鹿児島、沖縄 フレッツ光は エリアによって料金プランや月額利用料金が変わりますので、必ずご自分のお住まいのエリアを確認しておきましょう。 フレッツ光西日本と東日本はプラン・月額利用料も違う フレッツ光はNTT西日本とNTT東日本で契約できるプランが変わります。 それぞれにプラン名や料金サービスの内容は違いますが、フレッツ光西日本も東日本も大きく分けて 完全定額制プランと二段階定額制プランの2つのプランを用意しています。 定額制プランは月額料金があらかじめ決められており、 1か月の間にどれだけインターネットを利用しても金額は変わりません。 二段階定額制プランは、 利用料金が最低料金から1か月間のデータ利用量によって変わっていき、上限料金以上は請求されません。 東日本エリア、西日本エリア、それぞれのプラン名や月額料金の違いを料金表でチェックしてみましょう! まずは、インターネット使い放題の定額制プランから調べていきます。 東日本エリアは最大通信速度によっても、月額料金が変わることが表からわかります。 <2段階定額制プラン> 住居タイプ 東日本エリア ファミリータイプ・マンションタイプ共に利用可能 フレッツ 光ライトプラス 3,800円~上限料金 5,500円 フレッツ 光ライト 2,800円~上限料金 5,800円 住居タイプ 西日本エリア ファミリータイプ フレッツ 光ライト 2,800円~上限料金 5,600円 マンションタイプ 2,200円~上限料金 4,400円 東日本エリアでは、フレッツ光ライトプラスも契約できます。 フレッツ光ライトプラスは、 通常の2段階定額制プランに比べて、最低金額で利用できるデータ量が多く、上限料金に至るまでのデータ量に対する金額も割安になっています。 また、 西日本エリアではフレッツ光ライトプラスは契約できません。 キャンペーン情報が違う フレッツ光は月額料金割引サービスなど、 公式キャンペーンの内容も、東日本エリアと西日本エリアによって全く異なります。 契約時にはご自分のエリアで受けられるキャンペーンや割引対象サービスも、しっかりチェックしておきましょう。 【フレッツ光西日本】電話でのエリア確認窓口 (受付時間:10時~20時、年中無休) 電話をかけるとオペレーターに直接つながり、住所などを伝えると オペレーターがフレッツ光の提供エリアか調べてくれますよ。 ただし、 夕方や週末など電話が混み合いやすい時間帯によっては、電話がつながるまで時間がかかることもあります。 インターネットからのエリア確認なら、24時間待ち時間なしで調べられます。 プロバイダに問い合わせてエリア確認 フレッツ光を申し込む際には、 NTT西日本とのインターネット契約のほかに、別でプロバイダ会社とも契約をしなくてはいけません。 あらかじめ希望するプロバイダが決まっている場合は、 プロバイダの公式サイトやサポートセンターに電話などで問い合わせることで、お住まいが提供エリア内かを知ることができますよ。 代理店サイトでエリア確認 インターネットでフレッツ光の申し込みができる、でも、対応エリアの確認ができます。 代理店サイトにアクセスし、エリア確認フォームに 名前・住所・連絡先・連絡希望時間・インターネット利用状況をメッセージ欄を入力するだけで、 2~3分であっという間に対応エリアを調べられますよ。 それじゃあエリアの拡大予定を確認する方法を紹介しよう! フレッツ光西日本エリアのエリア拡大予定は? フレッツ光の提供エリアは、基本的に全国のほとんどの地域が対象で、 エリアカバー率は90パーセント以上を誇ります。 しかし裏返すと、 残りの10パーセント未満の地域では利用ができないということになりますね。 「今後、フレッツ光西日本の対応エリアは拡大していくのか?」と疑問に思う方もいると思いますが、 未だフレッツ光が利用できないエリアは、要望の多い地域から順次拡大予定です。 もちろん、 エリア拡大の要望が少ない地域は拡大が後回しにされるため、フレッツ光を利用したいという方は、必ず フレッツ光西日本にエリア拡大要請を出すようにしてくださいね。 フレッツ光西日本でエリア拡大の要望を出す方法 どうしてもフレッツ光を利用したいという方は、以下のお問い合わせ窓口で エリア拡大の要望を出しましょう。 フレッツ光ネクストの提供エリア拡大予定 フレッツ光の高速インターネットサービス「フレッツ光ネクスト」を利用できる地域や、今後の提供拡大予定を知りたい方は、のページから確認できます。 【番外】フレッツ光西日本でサービス提供縮小・提供終了するプラン 現在、フレッツ光では新しいサービスとして、 最大通信速度1Gbpsの「フレッツ光ネクスト」の提供をはじめています。 その一方で、 今後サービスの縮小や提供終了を予定しているプランもありますよ。 <フレッツ光西日本 サービス提供終了プラン> サービス名 新規受付状況 終了時期 フレッツ光 プレミアム 受付終了 2019年1月31日に終了予定 Bフレッツ 受付終了 2020年1月31日に終了予定 ADSL回線 受付終了 2023年1月23日に終了予定 ISDN回線 2018年11月30日まで 2024年に終了予定 もし、ご契約中のプランがサービスの縮小や終了予定になっていたら、早めのプラン切り替えや他回線の乗り換えをおすすめします。 エリア外だった場合は他社の回線を利用するしかないよ! ちなみに、 フレッツ光が提供エリア外なら、フレッツの回線を使った光コラボも利用できないから注意してね! それを考慮したうえでおすすめのインターネット回線を紹介しよう! フレッツ光西日本が提供エリア外の場合におすすめのインターネット回線 もし、お住まいの地域がフレッツ光西日本のエリア外だった場合でも、光回線はフレッツ光以外にたくさんありますので安心してくださいね。 ただし、ソフトバンク光やドコモ光などの光コラボは、 フレッツ光が対応していないエリアでは利用できないため、注意しましょう。 フレッツ光の回線を使わない、 独自回線でインターネットを提供する回線で代表的なものはこの2社です。 auひかり• NURO光 それぞれのおすすめポイントをくわしく見ていきましょう! auひかり auひかりは関西、東海地方と沖縄県を除いた全国に展開している独自回線を使用した光回線です。 (関西では、東海では、沖縄ではauひかりちゅらが代わりに使えます。 またマンションの場合はこの限りではありません。 ) auスマホとの割引である auスマートバリューが適用できるため、料金も安くなりやすいです。 auひかりではキャンペーンも充実してます。 たとえば「auひかりスタートサポート」という、他社からの乗り換えをサポートしてくれるキャンペーンでは、 解約違約金最大30,000円還元を保証してくれます。 さらに、auひかりの正規代理店フルコミットのキャンペーンページからauひかりを申し込むと 最大60,000円ものキャッシュバックが最短翌月末にもらえます。 キャッシュバック条件としてオプション加入や、面倒な手続きは必要ありません。 キャッシュバック申請方法としては、申し込みの電話口でオペレーターにキャッシュバック振込口座を伝えるのみなので、申請し忘れる心配もありませんよ。 NURO光 インターネット回線で一般的な通信速度は1Gbpsが主流ですが、NURO光は、 下り最大2Gbpsの超高速インターネット回線です。 ソフトバンクスマホを使用している方であれば、おうち割光セットという割引が適用できます。 また、正規代理店アウンカンパニーでは、キャッシュバックをはじめ、選べる3種のキャンペーンを実施中です。 エリアをまたぐ場合は残念ながら新規契約をしなくてはならないんだ!詳しく見ていこう! フレッツ光西日本の契約前にチェックしたい注意点2つ お住まいの住所がフレッツ光の西日本エリア内の府県でも、契約する前に知っておきたい注意点がふたつあります。 フレッツ光西日本エリアでの契約をお考えの方に向けて、契約前に知っておくべきポイントを説明していきましょう。 西日本エリアでもフレッツ光が提供されていない地域もある フレッツ光西日本は、基本的にNTT西日本エリアとなっている府県で契約ができます。 しかし、西日本エリア内だとしても、 一部地域や建物によっては提供対象外の場所もあります。 NTT西日本では、エリア内の全地域でフレッツ光が対応できるよう順次エリア拡大工事を進めていますが、 まだ工事が終わっていない地区があるのも事実です。 西日本エリア内にお住まいだとしても、 提供エリアの確認をする際には住所や番地までしっかりと入力して調べましょう。 マンション・アパートは建物によって利用できる回線が違う マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの場合は、 すでに契約しているインターネット会社が決まっていることもあります。 契約時に「インターネット完備」「インターネット利用可能」と言われた場合は、 集合住宅の共有部分に指定のインターネット会社の回線がすでに引き込まれている可能性も高いです。 お住まいの集合住宅で指定されているインターネット会社以外の回線をお部屋に引き込む場合には、大家さんや不動産会社の承諾や説明が必要になります。 勝手にインターネットの開通工事を行うと、トラブルの原因にもなりかねませんので、気を付けましょう。 【番外】フレッツ光は引っ越し時の移転手続きに注意が必要! フレッツ光はお住まいの地域によって、契約先がNTT西日本かNTT東日本に分かれます。 つまり、お引越しの際は再度、 ご自分の新しい住所がフレッツ光でどのエリアになるのかを確認する必要がありますよ。 新たな住所が西日本エリアから東日本エリアへまたぐ場合や、同じ西日本エリア内へ移転する場合など、お引越しの際の手順もチェックしておきましょう。 フレッツ光西日本エリアの移転する手続き方法 お引越し先が同じ西日本エリア内の移転になる場合は、まずフレッツ光西日本公式サイト内の契約者ページで、住所変更の申し込みをしましょう。 住所変更の申し込みから、通常2週間~4週間後に移転工事が行われ、お引越し先でフレッツ光を利用できます。 移転工事は基本的に初期工事と同じひかり配線方式で行われ、工事費用は初期工事費と同額ですが、 移転時工事費割引が適用され、半額になります。 工事費を支払って移転するなら、同じフレッツ回線を利用する 光コラボへ転用することで、フレッツ光の解約金や工事費が基本的に免除になりますよ。 フレッツ光西日本から東日本へエリアをまたぐなら解約して新規契約が必要! お引越しでフレッツ光西日本エリアから東日本エリアへ変わる場合は、 一度NTT西日本とのフレッツ光契約を解約し、NTT東日本で新規契約をする必要があります。 解約するということは、当然 NTT西日本のフレッツ光の契約解除料や初期工事費の残債があれば請求され、NTT東日本エリアでは再度初期工事を行うので、工事費用も発生しますよ。 フレッツ光では 他社解約金の負担キャンペーンや、初期工事費用無料キャンペーンなども行っていないので、 全て契約者負担になります。 どうせ解約しなくてはいけないなら、 キャンペーンが充実した他社回線に乗り換え、出費を抑えるというのもひとつの手ですね。 フレッツ光の引っ越し時は光コラボへ転用がおすすめ フレッツ光西日本の契約中に引っ越しが必要になる場合は、この機会に光コラボへの転用をお勧めします! 光コラボへ転用することで、 フレッツ光西日本よりも安価な月額料金でインターネットを利用できますよ。 おもな光コラボ3社について紹介していきましょう。 光コラボ1:ソフトバンク光 携帯電話キャリアとしても展開するソフトバンクが提供するソフトバンク光は、 スマホとのセット割「おうち割光セット」が適用されます。 ソフトバンクユーザーならおうち割光セットの適用で、 スマホ1台あたり1,000円が携帯電話料金から割引になります。 また、 代理店サイトからのお申し込みで豊富なキャンペーンも受けられますよ。 <NEXTの選べるキャンペーン3種>• 最大33,000円のキャッシュバック• 最大28,000円のキャッシュバック+高速無線LANルータープレゼント• Nintendo Switchプレゼント キャッシュバックの場合、申し込みの際に電話口で口座番号を伝えるだけで、最短2か月後に現金振り込みされます。 申請の手間がかからないのはうれしいですね。 光コラボ2:So-net光 フレッツ光のプロバイダでもあるSo-netが運営するのが、So-net光です。 So-net光は プロバイダ料金が月額料金に含まれるプロバイダ一体型なので、 インターネット料金とは別でプロバイダ使用料を支払うフレッツ光より月額利用料合計額が安くなりますよ。 さらにauユーザーなら、 セット割「auスマートバリュー」が適用され、 スマホ1台あたり1,000円、携帯電話でも1台500円が毎月割引されますよ。 また、So-net公式から申し込むことで、3年間で最大合計72,000円の月額割引キャンペーンを受けることができますよ。 <ドコモ光の割引・キャッシュバックキャンペーン一覧>• dポイント10,000円分プレゼント• 他社携帯電話違約金相当額還元• 初期工事費無料キャンペーン 2019年9月~終了未定• 最大15,000円キャッシュバック(代理店) 定期的に実施される初期工事費無料キャンペーンやdポイント10,000円分プレゼントはうれしいですね。 正規代理店ネットナビからドコモ光を契約すると、最大15,000円のキャッシュバックがもらえますよ。 まとめ フレッツ光は契約する住所によって NTT西日本・東日本とエリアが分かれており、契約できるプランや月額料金も違います。 エリアの確認は 公式サイトや電話、プロバイダ、代理店サイトなどから簡単に確認ができますので、契約前には必ずチェックしてくださいね! もし、フレッツ光の提供エリア外にお住まいだった場合は、次の回線がおすすめです。

次の

NTT東日本・西日本※フレッツ光 拡大予定エリア

フレッツ 光 西日本 エリア

おすすめはフレッツ光では利用できないスマホのセット割が利用できるインターネット回線だよ! スマホでセット割!フレッツ光よりもお得に契約できる申し込み窓口を紹介 auのスマホをお持ちの方は、auスマートバリューが適用できるauひかりがオススメ。 またフレッツ光の回線を共有した光コラボとは違い、独立回線を使用しているので、通信速度が速い傾向にあります。 さらに、フルコミットのキャンペーンページからauひかりを申し込むと、 最大60,000円のキャッシュバック! 有料オプション加入の必要もなく、受け取りは最短2か月後! キャンペーン重視でお得に乗り換えをしたい方は、auひかりがおすすめです。 スマホがソフトバンクの方なら、ソフトバンク光!キャンペーンも充実しており、違約金負担キャンペーンでは 最大100,000円まで違約金・撤去工事を負担してもらえます。 さらにソフトバンク光正規代理店NEXTなら開通後最短2か月後に35,000円を現金にて振り込んでもらえますよ。 また35,000円のキャッシュバックのほかにも、30,000円+無線LANルーター、Nintendo Switchといった3種類からキャンペーンの種類を選ぶことができます。 ドコモのスマホを利用している場合、セット割を適用させることができるのはドコモ光のみです。 ドコモ光セット割の 最大割引金額は月額なんと3,500円! さらに 定期的に実施される初期工事費無料特典(2019年9月~終了日未定)やdポイント10,000円分プレゼントも見逃せません。 正規代理店ネットナビからドコモ光を契約すると、最大15,000円のキャッシュバックがもらえますよ。 それじゃ、今回の話題、フレッツ光西日本の提供エリアについてチェックしてみよう! まずは、フレッツ光の西日本エリアと東日本エリアの違いを見ていくよ! フレッツ光西日本エリアと東日本エリアの違い まずは、どの都道府県がNTTフレッツ光の東日本エリアと西日本エリアに分けられているのか、一覧表でみてみましょう。 東日本エリア 西日本エリア 【北海道】北海道 【東北】青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県 【甲信越】山梨県、長野県、新潟県 【関東】東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県 【北陸】福井、石川、富山 【東海】愛知、岐阜、三重、静岡 【関西】兵庫、京都、滋賀、大阪、奈良、和歌山 【中国】島根、鳥取、岡山、山口、広島 【四国】愛媛、香川、高知、徳島 【九州・沖縄】福岡、大分、宮崎、佐賀、長崎、熊本、鹿児島、沖縄 フレッツ光は エリアによって料金プランや月額利用料金が変わりますので、必ずご自分のお住まいのエリアを確認しておきましょう。 フレッツ光西日本と東日本はプラン・月額利用料も違う フレッツ光はNTT西日本とNTT東日本で契約できるプランが変わります。 それぞれにプラン名や料金サービスの内容は違いますが、フレッツ光西日本も東日本も大きく分けて 完全定額制プランと二段階定額制プランの2つのプランを用意しています。 定額制プランは月額料金があらかじめ決められており、 1か月の間にどれだけインターネットを利用しても金額は変わりません。 二段階定額制プランは、 利用料金が最低料金から1か月間のデータ利用量によって変わっていき、上限料金以上は請求されません。 東日本エリア、西日本エリア、それぞれのプラン名や月額料金の違いを料金表でチェックしてみましょう! まずは、インターネット使い放題の定額制プランから調べていきます。 東日本エリアは最大通信速度によっても、月額料金が変わることが表からわかります。 <2段階定額制プラン> 住居タイプ 東日本エリア ファミリータイプ・マンションタイプ共に利用可能 フレッツ 光ライトプラス 3,800円~上限料金 5,500円 フレッツ 光ライト 2,800円~上限料金 5,800円 住居タイプ 西日本エリア ファミリータイプ フレッツ 光ライト 2,800円~上限料金 5,600円 マンションタイプ 2,200円~上限料金 4,400円 東日本エリアでは、フレッツ光ライトプラスも契約できます。 フレッツ光ライトプラスは、 通常の2段階定額制プランに比べて、最低金額で利用できるデータ量が多く、上限料金に至るまでのデータ量に対する金額も割安になっています。 また、 西日本エリアではフレッツ光ライトプラスは契約できません。 キャンペーン情報が違う フレッツ光は月額料金割引サービスなど、 公式キャンペーンの内容も、東日本エリアと西日本エリアによって全く異なります。 契約時にはご自分のエリアで受けられるキャンペーンや割引対象サービスも、しっかりチェックしておきましょう。 【フレッツ光西日本】電話でのエリア確認窓口 (受付時間:10時~20時、年中無休) 電話をかけるとオペレーターに直接つながり、住所などを伝えると オペレーターがフレッツ光の提供エリアか調べてくれますよ。 ただし、 夕方や週末など電話が混み合いやすい時間帯によっては、電話がつながるまで時間がかかることもあります。 インターネットからのエリア確認なら、24時間待ち時間なしで調べられます。 プロバイダに問い合わせてエリア確認 フレッツ光を申し込む際には、 NTT西日本とのインターネット契約のほかに、別でプロバイダ会社とも契約をしなくてはいけません。 あらかじめ希望するプロバイダが決まっている場合は、 プロバイダの公式サイトやサポートセンターに電話などで問い合わせることで、お住まいが提供エリア内かを知ることができますよ。 代理店サイトでエリア確認 インターネットでフレッツ光の申し込みができる、でも、対応エリアの確認ができます。 代理店サイトにアクセスし、エリア確認フォームに 名前・住所・連絡先・連絡希望時間・インターネット利用状況をメッセージ欄を入力するだけで、 2~3分であっという間に対応エリアを調べられますよ。 それじゃあエリアの拡大予定を確認する方法を紹介しよう! フレッツ光西日本エリアのエリア拡大予定は? フレッツ光の提供エリアは、基本的に全国のほとんどの地域が対象で、 エリアカバー率は90パーセント以上を誇ります。 しかし裏返すと、 残りの10パーセント未満の地域では利用ができないということになりますね。 「今後、フレッツ光西日本の対応エリアは拡大していくのか?」と疑問に思う方もいると思いますが、 未だフレッツ光が利用できないエリアは、要望の多い地域から順次拡大予定です。 もちろん、 エリア拡大の要望が少ない地域は拡大が後回しにされるため、フレッツ光を利用したいという方は、必ず フレッツ光西日本にエリア拡大要請を出すようにしてくださいね。 フレッツ光西日本でエリア拡大の要望を出す方法 どうしてもフレッツ光を利用したいという方は、以下のお問い合わせ窓口で エリア拡大の要望を出しましょう。 フレッツ光ネクストの提供エリア拡大予定 フレッツ光の高速インターネットサービス「フレッツ光ネクスト」を利用できる地域や、今後の提供拡大予定を知りたい方は、のページから確認できます。 【番外】フレッツ光西日本でサービス提供縮小・提供終了するプラン 現在、フレッツ光では新しいサービスとして、 最大通信速度1Gbpsの「フレッツ光ネクスト」の提供をはじめています。 その一方で、 今後サービスの縮小や提供終了を予定しているプランもありますよ。 <フレッツ光西日本 サービス提供終了プラン> サービス名 新規受付状況 終了時期 フレッツ光 プレミアム 受付終了 2019年1月31日に終了予定 Bフレッツ 受付終了 2020年1月31日に終了予定 ADSL回線 受付終了 2023年1月23日に終了予定 ISDN回線 2018年11月30日まで 2024年に終了予定 もし、ご契約中のプランがサービスの縮小や終了予定になっていたら、早めのプラン切り替えや他回線の乗り換えをおすすめします。 エリア外だった場合は他社の回線を利用するしかないよ! ちなみに、 フレッツ光が提供エリア外なら、フレッツの回線を使った光コラボも利用できないから注意してね! それを考慮したうえでおすすめのインターネット回線を紹介しよう! フレッツ光西日本が提供エリア外の場合におすすめのインターネット回線 もし、お住まいの地域がフレッツ光西日本のエリア外だった場合でも、光回線はフレッツ光以外にたくさんありますので安心してくださいね。 ただし、ソフトバンク光やドコモ光などの光コラボは、 フレッツ光が対応していないエリアでは利用できないため、注意しましょう。 フレッツ光の回線を使わない、 独自回線でインターネットを提供する回線で代表的なものはこの2社です。 auひかり• NURO光 それぞれのおすすめポイントをくわしく見ていきましょう! auひかり auひかりは関西、東海地方と沖縄県を除いた全国に展開している独自回線を使用した光回線です。 (関西では、東海では、沖縄ではauひかりちゅらが代わりに使えます。 またマンションの場合はこの限りではありません。 ) auスマホとの割引である auスマートバリューが適用できるため、料金も安くなりやすいです。 auひかりではキャンペーンも充実してます。 たとえば「auひかりスタートサポート」という、他社からの乗り換えをサポートしてくれるキャンペーンでは、 解約違約金最大30,000円還元を保証してくれます。 さらに、auひかりの正規代理店フルコミットのキャンペーンページからauひかりを申し込むと 最大60,000円ものキャッシュバックが最短翌月末にもらえます。 キャッシュバック条件としてオプション加入や、面倒な手続きは必要ありません。 キャッシュバック申請方法としては、申し込みの電話口でオペレーターにキャッシュバック振込口座を伝えるのみなので、申請し忘れる心配もありませんよ。 NURO光 インターネット回線で一般的な通信速度は1Gbpsが主流ですが、NURO光は、 下り最大2Gbpsの超高速インターネット回線です。 ソフトバンクスマホを使用している方であれば、おうち割光セットという割引が適用できます。 また、正規代理店アウンカンパニーでは、キャッシュバックをはじめ、選べる3種のキャンペーンを実施中です。 エリアをまたぐ場合は残念ながら新規契約をしなくてはならないんだ!詳しく見ていこう! フレッツ光西日本の契約前にチェックしたい注意点2つ お住まいの住所がフレッツ光の西日本エリア内の府県でも、契約する前に知っておきたい注意点がふたつあります。 フレッツ光西日本エリアでの契約をお考えの方に向けて、契約前に知っておくべきポイントを説明していきましょう。 西日本エリアでもフレッツ光が提供されていない地域もある フレッツ光西日本は、基本的にNTT西日本エリアとなっている府県で契約ができます。 しかし、西日本エリア内だとしても、 一部地域や建物によっては提供対象外の場所もあります。 NTT西日本では、エリア内の全地域でフレッツ光が対応できるよう順次エリア拡大工事を進めていますが、 まだ工事が終わっていない地区があるのも事実です。 西日本エリア内にお住まいだとしても、 提供エリアの確認をする際には住所や番地までしっかりと入力して調べましょう。 マンション・アパートは建物によって利用できる回線が違う マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの場合は、 すでに契約しているインターネット会社が決まっていることもあります。 契約時に「インターネット完備」「インターネット利用可能」と言われた場合は、 集合住宅の共有部分に指定のインターネット会社の回線がすでに引き込まれている可能性も高いです。 お住まいの集合住宅で指定されているインターネット会社以外の回線をお部屋に引き込む場合には、大家さんや不動産会社の承諾や説明が必要になります。 勝手にインターネットの開通工事を行うと、トラブルの原因にもなりかねませんので、気を付けましょう。 【番外】フレッツ光は引っ越し時の移転手続きに注意が必要! フレッツ光はお住まいの地域によって、契約先がNTT西日本かNTT東日本に分かれます。 つまり、お引越しの際は再度、 ご自分の新しい住所がフレッツ光でどのエリアになるのかを確認する必要がありますよ。 新たな住所が西日本エリアから東日本エリアへまたぐ場合や、同じ西日本エリア内へ移転する場合など、お引越しの際の手順もチェックしておきましょう。 フレッツ光西日本エリアの移転する手続き方法 お引越し先が同じ西日本エリア内の移転になる場合は、まずフレッツ光西日本公式サイト内の契約者ページで、住所変更の申し込みをしましょう。 住所変更の申し込みから、通常2週間~4週間後に移転工事が行われ、お引越し先でフレッツ光を利用できます。 移転工事は基本的に初期工事と同じひかり配線方式で行われ、工事費用は初期工事費と同額ですが、 移転時工事費割引が適用され、半額になります。 工事費を支払って移転するなら、同じフレッツ回線を利用する 光コラボへ転用することで、フレッツ光の解約金や工事費が基本的に免除になりますよ。 フレッツ光西日本から東日本へエリアをまたぐなら解約して新規契約が必要! お引越しでフレッツ光西日本エリアから東日本エリアへ変わる場合は、 一度NTT西日本とのフレッツ光契約を解約し、NTT東日本で新規契約をする必要があります。 解約するということは、当然 NTT西日本のフレッツ光の契約解除料や初期工事費の残債があれば請求され、NTT東日本エリアでは再度初期工事を行うので、工事費用も発生しますよ。 フレッツ光では 他社解約金の負担キャンペーンや、初期工事費用無料キャンペーンなども行っていないので、 全て契約者負担になります。 どうせ解約しなくてはいけないなら、 キャンペーンが充実した他社回線に乗り換え、出費を抑えるというのもひとつの手ですね。 フレッツ光の引っ越し時は光コラボへ転用がおすすめ フレッツ光西日本の契約中に引っ越しが必要になる場合は、この機会に光コラボへの転用をお勧めします! 光コラボへ転用することで、 フレッツ光西日本よりも安価な月額料金でインターネットを利用できますよ。 おもな光コラボ3社について紹介していきましょう。 光コラボ1:ソフトバンク光 携帯電話キャリアとしても展開するソフトバンクが提供するソフトバンク光は、 スマホとのセット割「おうち割光セット」が適用されます。 ソフトバンクユーザーならおうち割光セットの適用で、 スマホ1台あたり1,000円が携帯電話料金から割引になります。 また、 代理店サイトからのお申し込みで豊富なキャンペーンも受けられますよ。 <NEXTの選べるキャンペーン3種>• 最大33,000円のキャッシュバック• 最大28,000円のキャッシュバック+高速無線LANルータープレゼント• Nintendo Switchプレゼント キャッシュバックの場合、申し込みの際に電話口で口座番号を伝えるだけで、最短2か月後に現金振り込みされます。 申請の手間がかからないのはうれしいですね。 光コラボ2:So-net光 フレッツ光のプロバイダでもあるSo-netが運営するのが、So-net光です。 So-net光は プロバイダ料金が月額料金に含まれるプロバイダ一体型なので、 インターネット料金とは別でプロバイダ使用料を支払うフレッツ光より月額利用料合計額が安くなりますよ。 さらにauユーザーなら、 セット割「auスマートバリュー」が適用され、 スマホ1台あたり1,000円、携帯電話でも1台500円が毎月割引されますよ。 また、So-net公式から申し込むことで、3年間で最大合計72,000円の月額割引キャンペーンを受けることができますよ。 <ドコモ光の割引・キャッシュバックキャンペーン一覧>• dポイント10,000円分プレゼント• 他社携帯電話違約金相当額還元• 初期工事費無料キャンペーン 2019年9月~終了未定• 最大15,000円キャッシュバック(代理店) 定期的に実施される初期工事費無料キャンペーンやdポイント10,000円分プレゼントはうれしいですね。 正規代理店ネットナビからドコモ光を契約すると、最大15,000円のキャッシュバックがもらえますよ。 まとめ フレッツ光は契約する住所によって NTT西日本・東日本とエリアが分かれており、契約できるプランや月額料金も違います。 エリアの確認は 公式サイトや電話、プロバイダ、代理店サイトなどから簡単に確認ができますので、契約前には必ずチェックしてくださいね! もし、フレッツ光の提供エリア外にお住まいだった場合は、次の回線がおすすめです。

次の