ロール キャベツ コンソメ 味。 ロールキャベツはコンソメ味が基本!作り方や隠し味について知ろう!

【みんなが作ってる】 ロールキャベツ コンソメ味のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

ロール キャベツ コンソメ 味

キャベツを入れ、さっとゆでる(しんなりしすぎない程度に)。 ゆであがったら、しぼって水気を切る。 フライパンにサラダ油を引き、玉ねぎを炒める。 途中で赤ワイン・塩・こしょうを入れ、あめ色になるまで炒める。 4 たね…手順3でできたものを、長さ4〜5cmくらいの俵型に丸めていく。 5 手順1でゆでたキャベツを広げる。 その下の方に、手順4でできたたねを乗せる。 キャベツの両端を内側に折り、そのままたねを包んでいく。 6 鍋またはフライパンに、手順5でできたものを並べていく。 沸騰したら弱火〜中火にし、塩・こしょうを入れ、ふたをして10分〜15分ほど煮込む。 8 器に盛り付け、中央にパセリを振りかける。

次の

【みんなが作ってる】 ロールキャベツ コンソメ味のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

ロール キャベツ コンソメ 味

ロールキャベツの基本の作り方を紹介しよう。 スープはコンソメ味が定番だ。 キャベツは芯の部分に深く切り込みを入れ取り除いたら、葉を1枚ずつはがしていく。 このとき大切なのは、葉のサイズが大きいことだ。 外側の葉ほど1枚が大きいため、なるべく外側の葉を使うようにしよう。 次にキャベツの葉を茹でていく。 たっぷりのお湯で柔らかくなるまで茹でたら、ザルにあげて水気をきり、粗熱を取る。 葉に芯の厚い部分があれば、包丁でそぎ落としておくとタネが巻きやすくなるだろう。 キャベツの準備ができたら次はタネ作り。 ひき肉に混ぜるのは、みじん切りした玉ねぎと、パン粉、卵、塩コショウなど。 玉ねぎはあらかじめ炒めて粗熱を取っておくことがポイントだ。 パン粉は生のものを使うと、より柔らかいロールキャベツに仕上がる。 キャベツでタネを巻いていくときは、左右の葉を内側に折り込むようにして隙間なく巻くことが大切だ。 巻き方が甘いと、煮込みの段階でくずれたりタネがはみ出たりするので注意しよう。 煮込むときは巻き終わりが下にくるように置く。 コンソメ味のスープと一緒にじっくり煮込めば、美味しいロールキャベツの完成だ。 コンソメ味にほかの調味料を加えることで、いろいろなアレンジも楽しめる。 ロールキャベツを作るときに、隠し味を加えると味わいが深まって美味しさがアップする。 ここでは、基本のコンソメ味、トマト味、和風味の場合の隠し味を紹介しよう。 コンソメ味に使う隠し味は、鶏ガラスープの素だ。 量としては、コンソメで味付けしたスープに少量加える程度が目安。 洋風の味わいはそのままに、ロールキャベツの味に深みが出る隠し味である。 トマト味には、ウスターソースを隠し味として加えてみよう。 トマトの酸味にウスターソースのコクが合わさって、バランスの取れた味わいになるだろう。 和風味のロールキャベツは、しょうゆや和風出汁でスープに味付けする。 さらに味噌を隠し味として加えれば、まろやかな味わいのロールキャベツに。 味噌は、スープのメイン味付けとしてはもちろん、隠し味にも使えるおすすめの調味料だ。 ロールキャベツを作るには、キャベツを茹でて、タネを作って、巻いて... といくつもの手順を踏む必要がある。 なかでもタネをキャベツで巻く手順には時間がかかり、上手く巻くことができず苦戦する人もいるだろう。 そこでおすすめしたいのが、巻かずに作るロールキャベツだ。 手順を省くことで調理時間を短縮でき、失敗なしで簡単にロールキャベツを作ることができる。 キャベツ1玉を縦半分に切り、芯を切り取ったら内側のキャベツを数枚はがして空洞を作ろう。 空洞部分に基本と同じように作ったタネを詰め込み、芯があった部分が下側にくるように鍋に入れてスープと一緒に煮込む。 通常20~30分煮込むことになるが、圧力鍋を使えば約半分の時間で煮込みが完了する。 調理時間を短縮したい人には、圧力鍋を使う調理法がおすすめだ。 失敗なしで盛り付けまで完成させるために、お玉やフライ返しなどを使って、慎重に扱うことも意識しよう。 ほかにも、ざく切りしたキャベツとタネを交互に重ねて煮込む、失敗なしのミルフィーユロールキャベツも。 タネを詰め込む必要がない分、さらに調理時間の短縮が見込めるだろう。

次の

コンソメスープがじんわり!基本のロールキャベツのつくり方

ロール キャベツ コンソメ 味

肉ダネに中濃ソースを加えることで、味がぼやけず、最後までおいしくいただけます。 つくり方 1. キャベツの芯の部分に包丁を入れます。 葉を1枚ずつていねいにはがし、全部で8枚用意します。 (切り込みを入れた根元部分や、葉先の方から水を流し込むと、水の重みでポロンとはがれます。 )水で洗い、濡れたまま耐熱ボウルに入れます。 のボウルにふんわりとラップをかけ、600Wのレンジで3~4分加熱します。 粗熱が取れるまでラップをしたまま置いておき、しんなりとしたら、芯の厚い部分を包丁でそぎ落とします。 (そぎ落とした部分はみじん切りにし、肉ダネに使用します。 ) 3. タマネギをみじん切りにし、ボウルに入れます。 Aの材料と、2.. でそぎ落としたキャベツの芯も加え、しっかりと混ぜ合わせます。 8等分にして、俵型にまとめます。 まな板の上にキャベツを広げ、3. の肉ダネを中央よりやや手前に置きます。 片側の葉を内側に折り曲げ、手前からクルクルと巻いていきます。 残った反対側の葉を内側にキュッと詰め込み、俵型に形を整えます。 同じものを全部で8個つくります。 フライパンに水を注ぎ、コンソメを加えてひと混ぜします。 を巻き終わりを下にしてぎっしりと並べ、落とし蓋をして、上からさらに蓋をします。 中火にかけ、煮立ったら弱火にし、20分煮込みます。 皿に盛り、あらびき胡椒を振ればできあがりです。 お好みで粉チーズをかけて召し上がれ。 煮込む際は、なるべくぴったりサイズのフライパンを用意し、ロールキャベツが中で揺れ動かないようにしましょう。 (レシピでは26cmのフライパンを使用。 チャック付きパッケージで保存が楽々。 「つけ・かけ」だけでなく、料理の隠し味にも役立ちます。 料理にサッと溶けやすく、スープから炒め物まで、さまざまに活用できます。 あらびきこしょう 35g 価格:本体168円(税込181円) 香りと辛みを際立たせたあらびき胡椒です。 2種類の開封口があり、手持ちの容器に詰め替えやすくなっています。 今回ご紹介したように、キャベツの下ゆでを電子レンジで行えば、大幅に時間短縮ができます。 味付けも、トマト煮やクリーム煮ではなく、「コンソメでシンプルに!」が断然楽々。 このレシピなら、忙しい時でも気軽にロールキャベツがつくれそうです。

次の