アフィリエイト デメリット。 サイトアフィリエイトのデメリットはこれ!克服する3つのポイントを徹底解説

サイトアフィリエイトとは?メリット・デメリットも解説!【図解】

アフィリエイト デメリット

どうもちいままです!今回はアフィリエイトとせどりのメリット・デメリットについて詳しく書いていきたいと思います。 副業に興味がある、あるいは既にやっているという人なら、この2つネットビジネスの存在はご存知かと思いますが、この2つに共通していることは、当たれば大きく稼げるということです。 ポイントサイトだったり、メルカリでちょこちょこ不用品を売ったりなどの、ちまちましたお小遣い程度のレベルではなく、生計を立てられるレベルの収入を稼ぎ出せるのがアフィリエイトとせどりです。 この2つのビジネスはよく比較されるんですが、今回はそれぞれのメリット・デメリットについて詳しく書いていきたいと思います。 どちらとも稼げることが分かっているなら、あとはそれぞれどんな特徴や違いがあるのかを理解して、自分はどちらが合っているのか、見極めることです。 私自身は、長年アフィリエイトをやってきましたが、ここ最近せどりにも興味が出てきたので、自分が勉強する意味でも、今回の記事でこの2つの違いを比較してみようと思います。 アフィリエイトとせどり、どちらをやるか悩んでいる人がいたら、是非参考にしてみてください。 アフィリエイトとは? まずは、当ブログも行っているアフィリエイトについて詳しく説明していきたいと思います。 アフィリエイトとは、自分のブログやサイトに商品やサービスの広告を張って、ブログに訪れたユーザーが、その広告経由で商品を購入するなどのアクションを起こした場合に、売上の一部が報酬として支払われるビジネスのことです。 つまり、 インターネット広告の一形態です。 そして、このようにアフィリエイトで報酬を得ている人達は「 アフィリエイター」と呼ばれ、 アフィリエイトだけで生計を立てているという人も多く存在します。 因みに、アフィリエイトを始める際は必ず ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)に登録して、ASPを介して広告掲載を行います。 ASPは簡単に言うと、広告主とアフィリエイターを仲介役です。 ASP会社は国内だけでも30社以上存在しており、登録されている広告主の数や、取り扱っている案件数、得意とするジャンルなど、それぞれ異なりますが、アフィリエイト初心者なら A8. netがおすすめです。 通常ASPに登録するには審査がありますが、A8. netは審査なしでも、ブログを持っていなくても登録が可能です。 案件数もかなり豊富なので、まずはA8. netに登録しておけば間違いないでしょう。 アフィリエイトの広告は2種類 上記では、アフィリエイトはインターネット広告の一種と述べましたが、アフィリエイトの広告は 成果報酬型と クリック課金型の2種類があります。 成果報酬型はブログやサイトに掲載した広告を見たネットユーザーが、商品を購入したり、サービスに申し込んだりなどのアクションを起こすことで報酬が発生する仕組みになっています。 つまり、広告をクリックしてもらい、なおかつ、お金を出して商品を購入してもらったり、サービスに申し込んでもらわないと報酬にはならないので、難易度は少々高くなります。 その代り、1件成約につき報酬は数千円と高めなのが特徴です。 その一方でクリック課金型は、ブログやサイトに掲載した広告を見たネットユーザーが広告をクリックするだけで報酬が入る仕組みになっています。 クリック課金型で代表的なのが、当ブログでも掲載している Googleアドセンス広告です。 この広告をクリックしてもらうことで報酬が発生します。 成果報酬型と比べると、クリックするだけで報酬が貰えるクリック課金型の方が敷居が低いですが、その分1クリック30円前後と、報酬額は低めです。 また、クリック課金型で稼ぐ場合は、アクセス数とクリック数は比例するので、ブログのコンテンツをしっかり作り込んで、とにかくアクセスを集める必要があります。 成果報酬型もクリック課金型もそれぞれにメリットデメリットがあるので、自分に合った方を選択することが重要です。 アフィリエイトは広告主のタイプも2種類ある アフィリエイト広告だけでなく、広告を提供している広告主のタイプにも2種類あり、 ショッピングモール型と ASP型があります。 ショッピングモール型で代表的なのが、皆さんがよくご存知のAmazon、楽天、Yahooなどの大手ショッピングモールが提供するアフィリエイトプログラムです。 販売先が大手のため、商品数が膨大なことと、知名度が高いため売れやすいことがメリットですが、その反面報酬率が低いのがネックです。 もう一方の、ASP型は、先程紹介したA8. netなどが該当します。 こちらは広告主のバリエーションが豊富で、選択肢の自由度が高いのが特徴です。 ただ、無名の紹介先も多いので、なかなか売れづらいというのがデメリットです。 広告主のタイプは自分のブログのジャンルに合わせて、うまく使い分けることで、効率的に稼ぐことができます。 アフィリエイトはどのくらい稼げる? 肝心のアフィリエイトの収入ですが、2018年版のアフィリエイターの平均月収を調べてみると、「 月収5000円未満」がほとんどで、 5000円以上は約5%と、いきなり低くなっています。 これは私がアフィリエイトに参入した2013年頃からあまり変わっていないように思います。 年々アフィリエイターの数は増加しているものの、「 稼いでいるアフィリエイター」となると、一気に絞られてくるようです。 しかし、これはあくまで特定のアフィリエイター2000名程を対象にしたデータなので、実際はもっと稼いでる人はたくさんいると思いますが、 少なくとも2000名のうちで5000円以上稼げている人の割合は約5%というのは事実なので、アフィリエイトがかなり難しいビジネスであることに変わりはありません。 ただ、その一方で月収10万以上稼ぐ人は全体の3割、月収100万以上は1割を占めており、この割合は年々高くなっています。 アフィリエイターのほとんどの人は月収5000円も稼げないと言われていますが、その一方できちんと収益を出して稼いでいるアフィリエイターもいるので、 頑張り次第では専業アフィリエイターとして生活することも夢ではありません。 せどりとは?転売とは違う? では続いてはせどりについて説明します。 せどりとは簡単に言うと、お店やネットショップで商品を仕入れて、仕入れ値よりも高い金額で売って、その差額で儲けるビジネスのことです。 仕入れた商品は主にAmazonやヤフオクで売っているという人が多いですね。 出品作業、購入者とのやり取りから発送手続きまで、全てせどりの仕事になります。 因みに、せどりと転売が一緒だと思っている人も多いと思いますが、実際は少し異なります。 それは扱う商品です。 せどりで扱う商品は、お店やフリマアプリなどで見つけた「 掘り出し物」に当たるもので、 転売で扱う商品は、主に「 数量が限定されるなどの入手困難な商品(予約商品または発売当初から定価を超えている商品など)」になります。 また、仕入先も異なり、せどりが主にBOOKOFFやリサイクルショップ、ネットショップなどの小売店から仕入れをするのに対して、 転売の場合はメーカーや卸会社から仕入れています。 つまり、せどりと転売の大きな違いは、扱う商品と仕入先ですね。 まあ、やっていることはどちらも転売であり、そこまで大差はないのですが、一応「せどりと転売は別物」というくくりになっています。 せどりはどのくらい稼げる? せどりで稼ぐには、いかに安く仕入れていかに高く売るかが重要になってくるわけですが、トップクラスの人になると年商1~2億は軽く超える人もいるようです。 その下のクラスの人でも、月収数百万~数千万円という人が多く、アフィリエイトよりも稼いでいる額ははるかに高いとされます。 せどりは仕入れた商品をその日のうちに売りに出して、その日のうちに買い手がつけば、それだけですぐにドカッとまとまった報酬が入ってくるので、即効性が高いビジネスと言えるでしょう。 ただし、仕入れた商品が全て売り切れないと赤字ですし、掘り出し物を見つける能力や売るタイミングが良くないと、なかなか利益には繫がらないので、 どのくらい稼げるかは、完全に自分の行動力・判断力にかかっていると言えます。 アフィリエイトとせどりのメリット・デメリット さて、上記ではアフィリエイトとせどりは、どういったビジネスなのか大体分かって頂けたと思いますが、やり方は違えど、どちらも高収入を稼げるビジネスです。 しかし、実際やろうと思っても、自分にはどちらのビジネスの方が合っているか分からないという人は多いと思います。 そこでアフィリエイトとせどりのメリット・デメリットについてそれぞれまとめてみました。 どんなに高収入稼げるとしても、向き不向きというものあるので、それぞれのメリット・デメリットをしっかり把握した上で、選択するようにしましょう。 アフィリエイトの場合は、ブログを作って、毎日コツコツ記事書きをしなければならず、最初は地道で孤独な作業が続きます。 大体半年~1年程で、徐々に報酬が上がり始めるので、ここを乗り切る忍耐力が必要とされます。 その代り、一度軌道に乗ると、後は作業を差ほどしなくても報酬は安定的に稼げるようになります。 私の場合も1日1~2時間、週3稼働という作業量でも月収20万以上はキープしていたので、忙しい主婦にとっては、ありがたいワーキングスタイルだと思います。 ブログのジャンル選択を間違ったり、ペナルティを受けてアカウントが停止処分になったりすると、全然稼げないというリスクはありますが、 そこは入念にリサーチしてブログを作れば解決できることですし、きちんと記事を書いていればペナルティを受けることもありません。 一方のせどりは、何といっても即効でお金になるということ、一度に入ってくる額が高いということが最大のメリットですね。 アフィリエイトは報酬になるまでに時間がかかりますが、せどりの場合、商品が売れればすぐに収入になるので、モチベーションが保ちやすいです。 その代り、最初は仕入れるための資金が必要なのと、購入者とのやり取り、商品を梱包・発送などの手間がかかるのがネックと言えます。 そして、せどりで気を付けなければならないのが「 うっかり偽物を売ってしまう」という危険性です。 自分がそのつもりはなくても、仕入れた物が実は偽物だということはよくあります。 特に高価なブランド品などですね。 もし、知らずに偽物を仕入れて、それを売ってしまった場合、違法で罪にとわれる危険性があるので、十分注意しなければなりません。 ただ、万が一偽物を売ってしまった場合でも、知らずに行ったということであれば罪にとわれることはありませんが、販売先である、Amazon、ヤフオク、メルカリなどでアカウント停止・削除になる可能性があります。 ここらへんはアフィリエイトのときと同じですね。 例え知らずに偽物を売ってしまって罪にとわれることはなくても、このようなトラブルを起こすこと自体、販売サイト側からはマイナス評価になってしまいます。 この他にも、商品説明が不十分だったり、購入者からの評価が低かったり、無在庫転売したりなどの行為を取ると、規約違反となり、アカウント停止・削除などのペナルティを課せられます。 アカウント停止は一時的なものですが、アカウント削除はもう二度と復活できない重いペナルティです。 アカウントを削除されてしまえば、そこではもう販売できないということですから、これは販売者にとっては失業したも同然です。 こうならないためには、自分が儲けることばかり考えずに、正規のルートで手に入れたきちんとした商品を売ること、しっかり規約を守って誠意のある取引をすることが重要です。 アフィリエイトとせどりはどちらがおすすめ? さて、アフィリエイトとせどりのメリット・デメリットについて、ざっくりと解説しましたが、これらのことも踏まえてどちらがおすすめかといえば、 私個人的には「アフィリエイト」かなと思います。 せどりは短期間でドカッと収入が入ることが魅力ですが、やはり仕入れ作業に手間を取られるというのがネックです。 仕入れ作業は実際に足を運ばなくてもネットから仕入れることもできますが、掘り出し物は、ネットから仕入れるよりもリアル店舗からの方が獲得しやすいという場合も多いです。 時間がないときや大量で仕入れたいときなどはネットからの方が有利ですが、やはり実際に自分で探すという作業も外せないので、結局は仕入れ作業に時間を割くことになってしまいます。 そして、 せどりは手を止めてしまえば報酬も止まってしまうということも痛いかなと感じます。 短期間で大きな金額が手に入っても、また稼ぐにはまた作業をしなければならないということで、作業量はずっとなくなりません。 まあ、普通お金を稼ぐって毎日仕事するのが普通ですから、仕方のないことかもしれませんが、それじゃあサラリーマンと変わらないですからね。 少しの作業量で大きく稼ぎたいと思っている人には不向きなdビジネスだと言えます。 その点アフィリエイトの場合は、一度稼ぐ仕組みが出来上がると、後は少ない作業でも報酬が発生し続けます。 要はブログが稼いでくれるので、作業していない間も、寝ている間もずっと報酬が発生し続けているわけです。 ですから、本業が忙しくて時間のない人達にとってはアフィリエイトの方が最適だと言えるでしょう。 最初はなかなかアクセスも報酬も上がらなく辛いですが、そこを超えれば後は天国です。 せどりも稼げるビジネスではありますが、転売業というのはいろいろなトラブルやリスクも多いので、注意しなければなりません。 また、最初は資金がいるということも結構痛いですね。 アフィリエイトもブログを立ち上げるために最初はサーバー代やドメイン代などがかかりますが、月1000円ちょいくらいなので、そこまで痛手にはならないと思います。 ということで、以上の点から見ても、私はアフィリエイトをおすすめします。 最後に しかし、アフィリエイトはおすすめとは言え、こちらも辛いのは事実ですね。 パソコンの前に向かって地道にコツコツ作業しなければならないのは、ホントに心が折れそうになります。 毎日何時間もやっているのに、1日の報酬が数十円、酷いときは0円のときもあって、精神的にキツイです。 ぶっちゃけ、もう嫌になって作業投げ出したことは何度もあります。 でもしばらくして気を取り直してまた作業を再開して、軌道に乗るまでブログを育て続けました。 その結果、1日1~2時間で20万以上稼げる仕組みを作り出すことができるようになったので、やっぱり諦めなくてよかったなと思います。 ただ、せどり、アフィリエイト、どちらをやるにしても、共通していることは「楽しては稼げない」ということです。 これからアフィリエイトやせどりを始めようと思ってる人は覚悟して挑みましょう!.

次の

アフィリエイトで最大のデメリットは「時間」!低予算で始めても危ない理由

アフィリエイト デメリット

本記事を書いている僕は、パソコン1つで生計を立てているフリーランスです。 ブログ歴は2年、Webライター歴は3年• 月間300万PVの企業サイトにおいて、ライティング単価2円以上の専属ライター• 別ブログ「はたらくPro」も運営。 完全独学で約10か月間ほどで月30,000pvを達成• ブログ収益が月5〜6桁の人 先に結論を言うと、ブログアフィリエイトをこれから本格的に始めていく人なら もしもアフィリエイトは登録すべきです。 というのも本記事を書いている僕は、もしもアフィリエイト使用歴1年となっており、まったくブログのことを知らない時からずっと愛用しています。 ただTwitter内を見ていくと、もしもアフィリエイトに関して良い評判もあれば悪い評判があることが判明しました。 そこで本記事にて、もしもアフィリエイトを使用してきて感じたことや評判・口コミをまとめつつ、実際に感じたメリット・デメリットを紹介していきます。 本記事を読めば実際にもしもアフィリエイトを使っている人の声が聴けるので、安心して利用していくことができるはずですよ。 ブログを持っていなくてもすぐに会員登録ができる• サイト登録の審査が他のASPサイトに比べると通りやすい• 自動で自分に最適な広告を教えてくれる• 支払手数料がかからない• 自己アフィリエイトができる• Amazon・楽天アフィリエイトとの相性がいい• 運営会社の対応が丁寧 上記の通り。 何よりブログを持っていなくてもすぐに会員登録ができ、審査がすぐに通ったのも、始めたての頃の僕としては嬉しい部分でしたね。 さらにブログ初心者が稼ぎやすいプレミアム報酬制度があったり自己アフィリエイトで簡単にアフィリエイト報酬が手に入ったりと、これからブログで頑張ろうとしている人のモチベーションアップに大きな役割を果たす機能が搭載されています。 というのもほとんどのASPサイトは広告数は多いものの、知名度の低い広告が多くてなかなか収益化ができない場合が多いんですよね。 しかし、もしもアフィリエイトなら支払手数料もかかりませんし、ブログ初心者ご用達のAmazonアソシエイト・楽天アフィリエイトとの相性も抜群。 「」「」というアフィリエイトツールと一緒に活用すれば、簡単にブログ記事内に広告を張り付けることができるのも魅力の1つです。 困った時に運営会社にメール相談をしたこともあるのですが、丁寧な対応をしてくれ、不安なく活用していくことができました。 もしもアフィリエイトを導入して失敗した点2つ ただ「もしもアフィリエイトを導入して失敗したなあ」と感じた点もあります。 まとめると以下の通り。 広告数が少ない• 他のASPサイトも兼用していかなくてはいけない 上記の通り。 どうしても大手の「A8. net」や「afb」と比べると広告数が少なく、希望する案件がない場合があります。 さらに広告数も少ないことから、他のASPサイトと兼用しながら使っていかなくてはいけない部分があるかな、と。 できれば色んな広告を探していきたいと考えていた分、1つのASPサイトではちょっと物足りなさがある部分が正直なところですね。 ASPサイトは複数使って運用していくのがセオリーなので問題なし とはいっても有名どころの会社が出す広告はありますし、一般的なブログを運営していくなら十分な数の広告が揃っています。 さらにASPサイトによって、同じ広告でも獲得できる報酬金額が異なる場合があるので、ブログ運営では複数のASPサイトに登録するのがセオリーです。 もしもアフィリエイトの始め方• もしもアフィリエイトの特徴• 利用者インタビュー• 成果を伸ばすためのコツ• サイト育成ガイド これからブログを始めていきちゃんと成果を出していきたい人なら、特に知識を蓄えていくことが大切です。 そんなサポート体制が整っているのが、もしもアフィリエイトの特徴になりますね。 自由テキストの案件が多い 自由テキストとは、広告を張り付ける際にテキスト広告の文字を自由に書き替えることができる機能のことを言います。 他のASPサイトでは自由テキストに対応していない広告も多いので、もしもアフィリエイトならではのメリットですね。 例えば自由テキスト機能を使えば、「もしもアフィリエイト」という1つの広告を出す場合、以下のように文字変換することができます。 企業によっては自由テキスト機能がないところも多く、最初から指定された文章を広告に貼り付けるように指示してくる案件が多いんだ。 もし決められたテキスト広告の文字を勝手に変えてしまうと、違反扱いになりせっかく広告をクリックして商品を買ってくれたとしても報酬が発生しないというケースもあります。 なのでその点自由テキスト機能があれば、報酬漏れが無くなるということですね。 成果発生時にメールが届く 成果が発生する際にメールが自動で届くというのもブログ初心者には嬉しい機能です。 一般的なASPサイトではいちいちサイトを見なくては成果が確認できませんが、売り上げが出た瞬間、メールですぐに通知してくれます。 さらに届けられる通知も具体的で、• 自分が選びたい広告がない場合がある• 成果金額が確定してからの報酬支払いが遅い 上記の通り。 メリットだらけのように感じたもしもアフィリエイトですが、ブログの運営方法によっては向き不向きがあるということが分かりました。 それぞれどういった意味か解説していきます。 自分が選びたい広告がない場合がある 少し前半部分でお話しましたが、大手に比べるとどうしても広告数が少ないので、自分が選びたい広告がない場合があります。 有名会社が出す広告は基本的にはあるものの、広告数が多いジャンルがあれば少ないジャンルがあるというのが正直デメリットですね。 例えば、もしもアフィリエイトは物販系のジャンルに強いASPサイトですが ただ案件が豊富なジャンルもあるのは確かなので、自分が選ぶブログの方向性によって決めていけばいいかなと。 さらに自分に最適だと思われる広告をもしもアフィリエイト側が提案したりもしてくれるので、貼りたい広告が見つからないということはないですよ。 成果金額が確定してからの報酬支払いが遅い 一番のデメリットは、 報酬の支払いが遅いという点です。 というのも、もしもアフィリエイトの報酬支払い日は、成果金額が1,000円以上になった月の翌々月末に支払われます。 証拠画像が以下の通り。 例えば4月1日に成果報酬が確定した場合、支払われるのが6月の月末になるということです。 さらに3月に報酬が発生したけど、承認され確定したのが4月になれば約3ヶ月待たなくては報酬がもらえません。 早めに報酬が欲しい人からすると、かなり遅すぎますね。。。 ただ報酬が確定したら頑張って稼いだお金をもらえるのは確実なので、気長に待つしかありませんね。 もしもアフィリエイトの評判・口コミまとめ 次は の評判・口コミについてです。 良い口コミもあれば悪い口コミもあったので、それぞれ見ていきましょう。 もしもアフィリエイトの良い評判・口コミ まずは良い評判と口コミについて。 以下に順番にまとめていきます。 これまでにしてきた事は 継続+努力という当たり前の事のようです。 — すおうまん suouman777 朝起きると、もしもアフィリエイトから十数件メールが届いてました。 記事数は数記事書いておけば🆗 やり方や合格した際の状況等は記事にします! — タクミ takumiUnity まとめていくと、• ブログ初心者におすすめしたいASPサイト• 簡単にAmazonアソシエイトに合格できる• メールで報酬発生メールがきてくれて嬉しい などの評判・口コミが多かったですね。 何より簡単に使いこなすことができるという点が、これからブログを始めていこうと考えている方には嬉しい部分と言えます。 もしもアフィリエイトの悪い評判・口コミ 次は悪い評判と口コミについて。 以下に順番にまとめていきます。 当時は記事数が少なかったのでスルーしました。 それ以外に何か原因があるのか…? 果たして今回は… — ゆうき 月収3桁副業ブロガー🔰 YukihoneBlog もしもアフィリエイトに登録したら、2日で叩き出された。 最近のグッドワイフ記事が規約に抵触してるらしく削除しろって。 しかも、これだけじゃなくガッキーもアウト。 そんなん無理じゃん!生きる希望を捨てろってこと?そんな非等価交換うけれねーよ! アフィカス目指すの諦めるわい! — ANAケン ANAnoKEN0843 もしもアフィリエイトの審査通らないって…。 登録情報が間違ってたのかな?? 心折れる。 — りん子 kiritanirinko22 総合してまとめていくと、• 新規会員登録• 口座登録• サイト登録 順番に解説していきます。 新規会員登録 まずは へと進み、会員登録を進めていきます。 そしたら「会員登録する(無料)」という項目があるので、クリックしていきましょう。 次にメールアドレスを聞かれるので、通知が来ても大丈夫な任意のメールアドレスを入力して確認メール送信ボタンを押します。 この時点では仮登録なので、メールが届いたら本登録を進めていきましょう。 メールが届いたら、以下のような文章が書いているので、指定された項目のURLをクリックし本登録へと進みます。 そして以下の画像に記載されている項目に合わせて、必要事項を入力していきましょう。 すべて入力し本登録完了メールが届くと、新規登録が完了です。 広告数が少ない• 他のASPサイトも兼用していかなくてはいけない• 自分が選びたい広告がない場合がある• 成果金額が確定してからの報酬支払いが遅い 総合的に見ても大きなデメリットはないサイトとなっており、さらにはサポート機能が充実しているという面を見ても使いやすいASPサイトと言えます。 他のASPサイトに比べてみても、ブログ初心者に優しい設定となっているので、最初にもしもアフィリエイトの登録を一番にして見るとスタートダッシュが切りやすいですね。 さらに登録も5分ほどですぐに完了するので、この記事を参考に登録を進めてみてはいかがでしょうか。 公式HP: それでは以上です。

次の

【即理解‼】アフィリエイトとはデメリット【初心者向け】

アフィリエイト デメリット

アフィリエイトのデメリット 「初期費用が安い」「自分のペースでできる」「在庫を持たなくていい」などメリットが注目されるアフィリエイトですが、 実際にブログやサイトが育っていく段階で数々のデメリットが目に付きます。 これからアフィリエイトに挑戦される方に「簡単に稼げる」などとおいしい話をするアフィリエイター・ブロガーもいますが、私は以下のデメリットを考慮すると ブログで稼ぐのは簡単とは口が裂けても言えません。 グーグルのアップデートによるアクセス激減 グーグルは不定期にコアアルゴリズムアップデートを行います。 検索順位を決めるアルゴリズムの変更、ってことなんですが、アップデートが行われると、 今まで検索上位に位置していた記事がぽーんと圏外に飛ばされてしまう可能性も。 2019年3月に行われたアップデートで私の特化型ブログも影響を受け、PV・収益ともに激減しました、、、。 アフィリエイトはグーグル依存のビジネスモデルなので、グーグルのご機嫌次第でPV・収益が上下します。 努力じゃどうにもならない、自分ではコントロールできない部分がある、ってことがアフィリエイトの最大のデメリットだと思います。 報酬が発生しても「確定」するかはわからない ブログから物やサービスのお申し込みがあったとしても、 必ずしも「確定」し、自分の収益になるとは限りません。 上の画像はあるASPの管理画面なのですが、• セールス件数(売れた件数)11件• セールス件数(拒否)1件• セールス件数(承認)4件 とありますよね。 売れた件数が11件に対し、 拒否1件(キャンセルが入った、もしくは成約条件に満たない)承認された件数(収益として認められた)が4件です。 広告主の承認作業のタイミングで、売れた件数がすべて当月に承認されるわけではなく、来月に持ち越されてしまうことも。 11件売れたとしても、11件分の収益がそのままもらえるわけではないんです。 つまり、私の取り分は2分の1になっちゃった、、、ってこと。 こんなこと実はしょっちゅうです。 私たちのアフィリエイト報酬は広告主次第で上がったり、下がったり。 どうにかできる問題でもないので、素直に受け止めるしかほかありません。 他の案件を探すか、読者さんに本当におすすめしたい商品ならアフィリエイト報酬の金額関係なく記事で紹介していきます。 広告主による突然のアフィリエイトプログラム終了 アフィリエイト案件がそっくりそのまま消滅してしまうこともあります。 成果がでていた商品だと「えーーーーー!」と驚きとショックを受けます。 でもまぁ、仕方ありません。 広告主が決めたことなので私たちがどうこうできるものじゃないですから。 他のASPではアフィリエイトを継続しているパターンもありますし、他の似たような案件に切り替えることも検討していかなけばならないので、ASPは複数登録が必須です。 とにかく時間がかかる アフィリエイトに挑戦するも、ほとんどの方が脱落していく理由がこれ!「時間がかかる」そして「作業量の多さ」 これねぇ、うまいことできる人なら3ヶ月~半年で結果らしい結果が出せるんだろうけど、凡人はそうもいかんのですよ。 最初はワードプレスって何?ドメインって何?ってところから始まって、• ワードプレスの操作• 案件選定• ライティングの知識• SEOの知識• アクセスアップの知識• 商品知識 の勉強にかなり時間を費やさないと、アフィリエイト報酬なんていつまでたってもゼロです。 記事数だって20記事、30記事じゃお話になりません。 こんなに時間かけてるのに、ぜんぜん稼げないじゃん!と ネットで稼ぐことをあきらめる人の方が普通なのでは?とも思うほど、脱落していく人のほうが多いんですよ。 正社員なみの収益をブログだけで稼いでいる人たちのインプット量・作業量は尋常じゃありません。 1日何記事も無我夢中で更新し続け、勉強し続け、やっとコツがつかめる、アフィリエイトはそんな泥臭いお仕事なんですよね。 アフィリエイトのデメリットの対処法は? アフィリエイトのデメリットに対して、どう対策しているかをお伝えします。 対策=収益の激減を防ぐ、ってことにフォーカスした内容です。 Googleのアップデート対策 Googleのアップデートは突然やってきますので、対策もへったくれもありません(笑) Googleは特定のジャンルのブログ・サイトに対し、アップデートを行うことが多いので、 異なるジャンルのブログ・サイトを複数運営し、リスクマネージメントをしています。 1つのブログが圏外に飛んでいってしまっても、別のブログが稼いでくれる、という状態を作っておけば、万が一のときに収入が途絶えることはありません。 アフィリエイト案件対策 アフィリエイト案件の収益ダウン、案件終了に対しては、 常にASPの案件をチェックしておき、どんな商品がアフィリエイトできるのか情報収集は必須。 特に新着案件は念入りに。 報酬が高いケースもありますし、ライバルも少ない傾向にあります。 また ASPの担当者さんと良好な関係を作っておくことで、ブログ記事に合った案件を提案してくださいます。 ASPの担当者とはある程度の実績(特定のキーワードで上位表示、アフィリエイト件数が増えた等)があると、 広告主との交渉・提携・特別単価・レビュー商品の提供など、アフィリエイトに有利な取り計らいをしてくれる存在です。 収益を安定させるために ネットで稼ぐ方法って、• 成果型アフィリエイト(ASPやアマゾン・楽天)• クリック報酬型アフィリエイト(アドセンス)• ASPをはさまない企業との直案件• note• 楽天ルーム• Youtube• メルカリ・ラクマなどのフリマアプリ などなど、無数にあるわけですよ。 1つの手法にこだわりすぎるのもどうかなー、と思うんです。 もちろん、始めたばかりのときは1つに集中することが大切なんですけどね。 私の場合は、ASP、アドセンス、企業直案件を組み合わせてブログの収益化しています。 ASPアフィリエイトは前述のように、報酬額が下がったり、案件が終了になることがありますが、アドセンスはその点安心ですしね。

次の