リアルタイム レーダー 高 解像度。 高解像度観測画像をリアルタイムで取得できるCapella Spaceの最新衛星技術

戦争を変えるか、研究進む「量子レーダー」 高解像度とステルス性を実現

リアルタイム レーダー 高 解像度

既存のレーダーは敵機の方向、距離、高度を把握できるものの、いわばぼんやりとした雲の塊のような形状で捉えることが限界であり、ターゲットの形状を把握することは事実上困難だ。 そのため、目標から放出される電磁波などを頼りにターゲットを識別している。 量子レーダーが実用化されれば、機影を鮮明に捉えることが可能だ。 ポピュラー・メカニクス誌はロシアのSu-35フランカーE戦闘機を例にあげ、翼の角度やノーズの形状、エンジンの数などから機体を同定可能だと述べている。 このような特性から同誌は、量子レーダーは「戦闘のあり方を変革する可能性のある、新しい高解像度のレーダーシステム」であると述べている。 民生技術の軍事利用を専門に扱うは、戦闘機の識別だけでなく、ミサイルやその他の飛翔体のモデルの特定も可能になると見込んでいる。 高解像度のレーダー画像がもたらす恩恵は計り知れない。 少数の量子を放出するだけで機能するため、レーダー自体の存在を敵側に察知されづらくなる。 一方、高出力の電磁波を放出する既存のレーダーについてポピュラー・メカニクス誌は、「懐中電灯を持った人間を暗い部屋に大量に投入するようなもの」と例える。 灯火のおかげで敵を見つけやすくなる反面、敵から反射した光が自分自身をも照らし出し、位置を教えることになってしまう。 その点、低出力の量子レーダーであれば、自機の存在を知られることなく索敵を実行できる。 それでは、出力を低く抑えれば、現行のレーダーでも隠密性の高い運用が可能だろうか? 残念ながらそうはいかないようだ。 ターゲットからの反射波を捉えるというしくみは既存のレーダーも同じだが、低出力の運用ではターゲットの捕捉に失敗することが多い。 これは、レーダー以外にも索敵範囲内にある高温の物体がマイクロ波を自然放出しており、そのノイズにターゲットからの反射波が紛れてしまうためだ。 MTR誌は、量子レーダーがこの弱点を解消すると期待を寄せる。 量子もつれとなったペアは非常に似た振る舞いを示すため、レーダーが捉えた量子とデバイス内に保管してある量子とを比較すれば、元々デバイスから放たれた量子であるかそれ以外の環境ノイズなのかは瞬時に判別可能となるのだ。 もともとはステルス機の検出が期待されていたが、ポピュラー・メカニクス誌によると、現在では難しいと考えられているようだ。 ステルス機も微弱ながらレーダー波を反射するため、量子レーダーでそれを捉えられると考えられていたが、技術的にはそう簡単ではないという。 さらにMRT誌によると、現在では比較的短距離でのみ実験に成功しており、研究室の外での実用化には時間がかかりそうだ。 ただし、この技術自体の将来性は高い。 低出力であるという利点を生かし、電磁波の低減が求められる医療目的での応用も期待されている。 軍需・民生を問わず広く活用されることだろう。

次の

戦争を変えるか、研究進む「量子レーダー」 高解像度とステルス性を実現

リアルタイム レーダー 高 解像度

SUPERCWEATHER. COMは気象庁や米国海洋大気局等の気象予測モデルをスーパーコンピュータで計算した予測を提供します。 気象予測モデルには、低解像度で長期間の予測をするモデルや高解像度で短期間予測するモデル、波浪を計算するモデル等あり、SUPERCWEATHERでは様々なモデルの予測を提供します。 地図上に5kmまたは20kmメッシュの詳細な気象予報を表示します。 5kmメッシュ詳細予報では1時間毎の予測を39時間先まで、20kmメッシュ広域予報では11日 264時間 先まで予測。 詳細予報の更新:1日8回 2:30,5:30,8:30,11:30,14:30,17:30,20:30,23:30 広域予報の更新:1日1回 4:00• 沿岸波浪予報 波高・波向・周期 の詳細予報は3時間毎72時間先まで、更新は1日4回 2:15,8:15,14:15,20:15 広域予報は11日 264時間 先まで予報。 予報時刻の変更は「マウスのホイール」「キーボードの矢印キー」、画面上の「矢印ボタン」または「スライドバー」で行います。 6 ご利用上の注意• 数値予報は天気予報を作成するための基礎資料であり、天気予報ではありません。 数値予報には予報モデル特性による系統誤差等の様々な誤差が含まれており、これらの補正や非系統誤差のマージンを考慮する必要があります。 補正等を実施出来ない利用者は気象庁予報官や気象予報士がそれらを行い作成した天気予報をご利用ください。

次の

高解像度観測画像をリアルタイムで取得できるCapella Spaceの最新衛星技術

リアルタイム レーダー 高 解像度

地震情報やPM2. 5情報も ウェブ版の「豪雨レーダー」リリース以降の利用状況は、約7割がスマートフォンからのアクセスで、既に展開している「tenki. jp」のiPhoneアプリではウェブ版「豪雨レーダー」へアクセスがしやすかったものの、Androidでのアプリ展開が無かったため、利便性を高めるために今回Androidアプリをリリースしました。 ・ アプリを起動すると、現在地を中心とした高解像度降水ナウキャストを地図上に重ねて表示します。 スムーズな拡大縮小、場所移動、時間移動が可能で、雨雲の動きを詳細に確認できます。 250m解像度の降水の短時間予報を利用し、60分後までの雨雲の状況を10分単位で確認することで、局地的な豪雨の状況を把握できます。 雨雲の状況以外にも、実況天気図やtenki. jp日直予報士による気象解説、地震情報やPM2. 5情報などに上部メニューから簡単にアクセスできます。 対応OSはAndroid 4. 2以上で、無料で利用できます。 高解像度降水ナウキャストを利用した降雨アプリは既にいくつかリリースされており、気象庁も高解像度降水ナウキャストのデータをウェブで公開しています。 ・ ・ ・.

次の