閑 さや 岩 に しみ入る 蝉 の 声 意味。 (閑さや岩にしみ入蝉の声)「閑かさや」?、「閑けさや」?

【閑さや岩にしみ入る蝉の声】俳句の季語や意味・表現技法・作者など徹底解説!!

閑 さや 岩 に しみ入る 蝉 の 声 意味

奥の細道立石寺 芭蕉db 奥の細道 ( 元禄2年5月27日) 山寺山上の堂 (写真提供:牛久市森田武さん2002年8月) 山形領に立石寺と云山寺あり。 慈覚大師の開基にして、殊清閑の地也。 一見すべきよし、人々のすゝむるに依て、尾花沢よりとつて返し、其間七里ばかり也。 日いまだ暮ず。 麓の坊に宿かり置て、山上の堂にのぼる。 岩に巌を重て山とし、松栢年旧、土石老て苔滑に、岩上の院々扉を閉て、物の音きこえず。 岸をめぐり、岩を這て、仏閣を拝し、佳景寂寞として心すみ行のみおぼゆ。 (しずかさやいわにしみいるせみのこえ) 前へ 次へ 表紙 年表 俳諧書留 朝、9時頃尾花沢を出発して、清風の家でチャーターした馬で村山市内まで行く。 東根市を通過して、天童市内に入る。 夕方4時ごろ山寺に到着。 山内を拝観して、山形市まで行く予定であったが、変更して宿坊に一泊。 立石寺本道 ( 写真提供:牛久市森田武さん2002年8月) 閑さや岩にしみ入蝉の声 『奥の細道』集中もっとも優れた句の一つ。 初案は、 「山寺や石にしみつく蝉の聲」(『俳諧書留』曾良) であり、後には 「さびしさや岩にしみ込む蝉の聲」(『初蝉・泊船集』) となり、現在のかたちに納まったのはよほど後のことらしい。 この句に関しては古来議論が絶えない。 蝉は<春蝉>か?、<にーにー蝉>か?、はたまた<油蝉>か?。 また、それは単数なのか、複数なのか、が議論の中心であった。 岩の成分や形状にまでは話が及ばなかったのがこの議論の特徴だが、それは「静けさ」を言いながら、「蝉の声」が出てくる日本語の持つ曖昧さに関わっているのかもしれない。 (初案にはこの種の矛盾は無いことをみれば、心の中で熟成されていく中にコード中心からコンテキスト中心へと深まっていく文学的特徴があるのかもしれない) 議論の中でも、蝉は<油蝉>だとする斎藤茂吉と、<にーにー蝉>の小宮豊隆との間の議論は白熱したものとして有名。 この句が太陽暦では7月13日の作であり、その頃にはまだ山形では油蝉は出現していないことから、この句の蝉は<にーにー蝉>であったことで両者の間では決着したが、油蝉がこの時期に現れることもあるという報告もあって議論再燃の機会は十分にある。 単数か複数かも、つまるところこの句の鑑賞者のテキスト理解の問題だが、そういう物議をかもすのも、この句の偉大さであり、言葉のプロとしての芭蕉の偉大さの故かもしれない。 「 閑さや岩にしみ入蝉の声」 の句碑 ( 写真提供:牛久市森田武さん2002年8月)• : <りゅうしゃくじというやまでら>と読む。 山寺はこの土地の名前であると同時に寺の通俗的呼び名。 現在でも「やまでら」と呼ばれている。 天台宗宝珠山立石寺< りっしゃくじ(古くはりゅうしゃくじ)>。 仙台・山形間を結ぶJR東日本仙山線山寺駅下車。 徒歩1,2分。 :平安時代初期の天台宗の高僧。 殊清閑の地也:<ことにせいかんのちなり>と読む。 :山形県北東部の田園都市。 紅花産地として有名。 岩に巌を重て山とし :<いわにいわおをかさねてやまとし>と読む。 立石寺は全山花崗岩の岩で出来ている。 松栢年旧り :<しょうはくとしふり>と読む。 松やヒノキ・シンパクなどの年老いた樹木のこと。 岩上の院々 :<がん しょうのいんいん>と読む。 立石寺には、観明院・性相院などを含めて12院が有ったという。 岸をめぐり :岸ではなく崖である。 :<じゃくまく>と読む。 静かな様をいう。 全文翻訳 山形領に立石寺という山寺がある。 慈覚大師の開基で、俗世間から隔たった、静かな寺である。 一見するように人々が勧めるので、尾花沢から取って返してここを訪れた。 その間、約三十キロほど。 到着後、まだ陽が残っていたので、麓の坊に宿を借りておいて、山上の御堂に上った。 岩に巌を重ねて山となしたというほどの岩山で、松柏は年輪を重ね、土石も古く苔は滑らか。 岩上の観明院・性相院など十二院は扉を閉じて、物音一つしない。 崖をめぐり、岩を這って、仏閣を拝む。 その景は静寂にして、心の澄みわたるのをおぼえる。 閑さや岩にしみ入蝉の声.

次の

「閑かさや」の句に秘められた真実 (2013年10月25日)

閑 さや 岩 に しみ入る 蝉 の 声 意味

タップでお好きな項目へ:目次• 立石寺の創建者円仁 立石寺は平安時代の前期、 貞観 じょうがん2年、 西暦860年、 あの清和源氏の祖とされる清和天皇の 勅願 ちょくがんにより、 慈覚大師 じかくだいし 円仁 えんにんによって創建されました。 この円仁というお坊さんは 最澄が比叡山に延暦寺を開いたと知ると、 すぐに比叡山へと向かい、最澄の弟子になったそうです。 その後、遣唐使船に乗って唐へと留学。 帰国してからはこの立石寺、 東京目黒不動尊で有名な 瀧泉寺 りゅうせんじ、 東京浅草の 浅草寺 せんそうじ、 宮城松島の 瑞巌寺 ずいがんじ、 など、 関東に209、 東北に311あまり、 もの寺を開く、 あるいは再興いたしました。 この人は初代最澄以来、 3代目の 天台座主 てんだいざす(日本天台宗のトップ)でもあります。 立石寺を登る 境内はJR仙山線「山寺駅」から少し北の山の手へ、です。 車ですと、高速道路山形自動車道「山形北IC」からとなります。 登山口から入ってすぐに根本中堂(本堂)があります。 奥へと踏み分け、やがて山門をくぐるとちょっと本格的な山登りとなります。 参拝する際は動きやすい軽めのかっこうを心がけてください。 ここがかの松尾芭蕉があの 「閑さや~」の句を発案した場所だと言われております。 7月中旬ごろに来るとますますその時の臨場感が出てくるかもしれません。 すなわち、 厳しい修行の末に、 生きたままここの土の中に埋められ、 ミイラとなって何十億年後かに 弥勒菩薩 みろくぼさつ様といっしょに、また姿を現すのです。 円仁は最後比叡山で亡くなった、とされておりますが、 ここ山寺では、 昭和23年に 実際、学術調査を行い、 中から 金箔 きんぱく押しの 木棺 もっかん(木のひつぎ)と、人骨5体分、そして、円仁をかたどったとおぼしき頭部だけの木彫像が発見されたようです。 <立石寺> 「閑さや~」の蝉の声論争 この「閑さや~」の句についてあるひとつの論争があります。 それは、 鳴いている蝉の声って 何蝉の声なの? ということです。 だって、蝉の声って蝉の種類によって全然ちがいますからね。 それによって風情が全然ちがってくるだろう、 ということです。 地元山形出身の歌人斎藤茂吉は アブラゼミだ、 と主張したようです。 ひとむかし前まではたいがいどこでも一番よく見かける蝉でした。 しかし、最近のヒートアイランド現象などの影響により ミンミンゼミやクマゼミにその地位をめっきりと明け渡してしまいました。 ちなみに鳴き声は、 「ジーーーーーー」とか「ジジジジジジジジ」 と、サイレンみたいな音でけたたましく鳴きます。 一方、東北帝国大学教授であり、あの夏目漱石の弟子であり、芭蕉研究家の小宮豊隆は、 ニイニイゼミだ、 と言い張りました。 ちなみにニイニイゼミの鳴き声は、 「チーーーーーー」とか「ジーーーーーー」 と細いストローでチューーーッと吸いあげるようなちょっと甲高い声で鳴きます。 結果、茂吉は実地調査までこころみてその真相究明にあたりましたが、 「あれはニイニイゼミだ」 と負けを認めております。 まあ、もちろん芭蕉のひらめいた、その日その時にいたわけではないので、真相など確かめようがございませんが。 また、この時期の立石寺ですと、 ヒグラシや、エゾハルゼミにも可能性があるようです。 ヒグラシだとあの夕方の「カナカナカナ……」という涼しい声。 ますますおもむきが異なってきますね。 きょうのまとめ 夏の山寺。 そう聞くだけで風情をかり立てられます。 さすが、「日本の美の名匠」芭蕉先生です。

次の

『閑さや岩にしみ入る蝉の声(しずかさや いわにしみいる せみのこえ)』天童温泉(山形県)の旅行記・ブログ by 江戸の旅人さん【フォートラベル】

閑 さや 岩 に しみ入る 蝉 の 声 意味

日本のあの名文は、海外にどのように紹介されているのでしょう。 松尾芭蕉の奥の細道から2句、 川端康成の雪国の有名な出だし、 平家物語の冒頭、をそれぞれ例に取り、その英訳例を見ていくことにします。 解答例のページに進む前に、まずは 自分ならどう訳すか、じっくり考えてみてください。 できれば紙に書いてみましょう。 単に英語にするだけでなく、出来上がった英文が原文の香りと文章としての調子を備えている必要があります。 " おくの細道 ドナルド・キーン訳 講談社インターナショナル 俳句が英語の詩に様変わり!一拍時間をあける、いわゆる「切れ」の部分には、"--"という記号でそのニュアンスを表現しています。 個人的には、この訳はなかなか好きです。 夜の底が白くなった。 娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。 おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。 (「平家物語」).

次の