ベイクルーズ 返品。 【L'Appartement 】ベイクルーズ 7【JOURNAL】

ベイクルーズという通販サイトで買い物し、同時に二つ以上返品をされた事のある...

ベイクルーズ 返品

お手元に「返品商品」「返品連絡票」「購入明細書兼領収書」「スマートフォン又はパソコン」をご準備ください。 下記STEPに沿って返品の手続きをお願い致します。 印刷してご利用ください。 マイページ内の「商品の返品」ボタンよりお手続きください。 返品を希望される商品の注文履歴を確認 注文履歴画面から、返品を希望される商品を含んだ履歴の「商品の返品」ボタンをクリックしてください。 返品商品・返品理由を選択 内容をご確認の上、「確認する」ボタンをクリックしてください。 返品内容の確認・手続き完了 内容をご確認の上、「この商品を返品する」ボタンをクリックしてください。 ・お客様都合の返品の場合:【元払い】でご返送ください(お客様のご負担)• また、複数の注文番号の商品を同梱にてご返送された場合、注文番号毎に一律1,000円を差し引いてのご返金となります。 尚、ご注文時の代引き手数料または後払い手数料、返金時の銀行振込み手数料もお客様のご負担となります。 <ご返送先>• 〒270-1443• DHLサプライチェーン内• ベイクルーズストア返品センター宛• TEL:0120-830-335 注意事項 配送伝票の控えは返金完了まで必ず保管してください。 普通郵便やレターパックライトなど、対面受け取りではない配送伝票の控えが残らない返送は、荷物の追跡できず返金できない場合があります。 トラブル防止のためご遠慮ください。

次の

人気を誇る シンプル ベーシック トラッド ベイクルーズ ドゥーズィエム 前スリット

ベイクルーズ 返品

ベイクルーズグループのジョイントワークスが販売する婦人靴「ルタロン」が順調に売り上げを伸ばしている。 国産を中心に幅広い年齢層に受け入れられている。 3月にはトレンド要素を強めた「ルタロン・グリーズ」の単独店を新宿に出店する。 【関連記事】 婦人靴の専門業態として、デザイン、履き心地、価格のバランスが取れていることが支持されていると見る。 サイズは21. 5~25. 5センチで、主力の合成皮革製品の価格帯は7800~8800円。 2年ほど前から、専任の担当者を置いて生産管理を徹底し、「メーカーと対話を重ねてルタロンが目指す品質を理解してもらった」(本間利恵ディレクター)ことが、競合ブランドと差別化できる完成度の高さにつながった。 また、年1回、靴メーカーや資材関連など国内の取引先20社を集めて、品質を共有するミーティングも行う。 「返品がほとんどないメーカーにどんなことをやっているか話してもらい、企業の壁を超えて共通認識を作る」ことで、ルタロンの方向性に対する理解を深めている。 商品企画がぶれていないことも強みの一つ。 ファッション性の高さを主張するのではなく、働く女性をターゲットに、フェミニンときれいめの二つのテイストを軸にカジュアルとエレガンスのモデルを編集する。 ベーシックから外れないようにしながら、ほどよくトレンドを反映し、幅広い世代がおしゃれを楽しめる品揃えを重視してきた。 ルタロン・グリーズは3月上旬に新宿ルミネ2に出店する。 幅広い客層を取り込むルタロンに対し、おしゃれへの意識が高い女性を対象にする。 トラッド系のモデルも充実し、中心価格は9800~1万1000円、ローファーなど2万円以下のレザー製品も扱う。 売り場面積は約60平方メートル。 1月末の直営店舗数は合計13店。 出店は、客層が合う立地を厳選し、1店当たり5、6人の販売員が揃うことを前提に慎重に進める。

次の

人気を誇る シンプル ベーシック トラッド ベイクルーズ ドゥーズィエム 前スリット

ベイクルーズ 返品

セレクトショップを展開するベイクルーズのネット販売が好調に拡大している。 伸びをけん引しているのは自社ECだ。 同社は店舗とECを融合させるオムニチャネル化を推進しており、それが自社ECの成長を後押ししているようだ。 ベイクルーズのEC事業の責任者である上席取締役の村田昭彦氏に、これまでの成果や今後の注力ポイントなどについて聞いた。 「 オムニ系の施策が売り上げ成長の最大の要因となっている。 前期で言うと物流倉庫の一元化をして、そのタイミングでEC用の在庫とそれ以外の在庫を1つの倉庫に入れた。 「すべての在庫が1つのデータベースに集まっていて引き当て可能な状態。 「昨年は先ほどの 物流倉庫の一元化と在庫データの統合が1点目で、2点目がサイトのリニューアル。 サイト名も『ベイクルーズストア』に変更した。 直近の会員数は。 「190万人。 「当社で『クロスユース比率』と呼んでいるが、 店舗とECの両チャネルで購入している方の割合がすごく伸びている。 両チャネルを使う人の売り上げは前期に50億円増えている」 「一人あたりの購入金額で見ると、 店舗だけを利用している人の約3倍になり、両チャネル利用してもらったほうがよい。 両チャネルで買っている人の売り上げが増えるのは当たり前だと思われがちだが、両チャネルを利用する人が店舗で買っている売り上げは、店舗だけを利用する人の2倍になる。 つまり店舗と自社ECの両チャネルを使う人は店舗で買う回数も増える。 「自社ECだけで買う人と両チャネルで買う人を比べると、 両チャネルを使う人がECで購入する金額は、ECだけを利用する人の1. 7倍になる。 店舗でのブランド体験を経ている人はECで買う回数が増える。 つまり両チャネルを使ってもらったほうがいい。 まず「会員」「在庫」があり、そこまではメドがついたと。 それから「サービス」と「コミュニケーション」ということで、これが仕掛り中ということだった。 「『サービス』は会員プログラムが統合されたり、店舗とECを行き来する仕掛けとして店舗取り置きを導入したり、今後はネットで買って店舗で返品を受け付けるなども含め、 両チャネルをシームレスに行き来できるような体験を提供していくための細かな施策をどんどん行っていく。 例えばイベントを共通で行うこともその1つで、今までは会員向けセールを店舗とECでバラバラに実施していたのを共通で行う。 「これは今期の注力施策の1つ。 CRMも含め、当社で言う 『リアルタイムパーソナライゼーション』、リアルタイムにパーソナライズしていくことを進めていく。 「サイトを閲覧したり購入したお客様にその瞬間瞬間で個別に最適な情報を配信する。 一斉に何かの情報を発信することは原則やめており、お客様が受け取りたい情報を受け取りたいチャネルで、受け取りたい時間や頻度で送る。 例えば通販サイトであるブランドのコートを見ていて、かつ、渋谷にいるというタイミングに、そのコートが渋谷の当社の店舗に在庫があれば、その瞬間を捉えてメッセージを送るということはリアルタイムでないとできない。 「来年3月ごろにリリースする予定。 Eコマース用のアプリで、アプリならではの操作性を備え、ビジュアル中心な見せ方を意識している。 今は物理的なメンバーズカードがあるが、アプリリリース後はカード持っている方にアプリへの切り替えを促していく。 アプリで配信する情報もパーソナライズされたものを流す。 「そこまでいくと 7割程度はできたかなと。 いろいろブラッシュアップしたり、違う仕掛けをしていく必要はあるが、7、8割終わったと思う。 「まったくない。 「それは吸収できるコストなので。 簡単に言うと。 仮に購入金額5000円以下などの ラインを区切って送料有料にしてもいいが、実際それをしたところでそれほど差がない。 「EC全体では前期比2割増の330億円。 年間通じて出足は良いが、計画以上の推移できているため、目標値は達成できるだろう。 ただ、他社も伸ばされているので保守的な目標だけを達成できればいいわけではなく、市場の伸びや競合他社の伸び以上に伸ばしていくことが求められている」.

次の