風疹 ワクチン 男性。 40~57歳男性が「風疹対策クーポン」を使うべき理由

【30代~50代の男性】 風疹の予防接種をお勧めします【風疹流行中】

風疹 ワクチン 男性

首都圏を中心に流行する風疹の予防接種について、厚生労働省は11日、免疫がない39~56歳の男性を3年間、原則無料の定期接種の対象にすると発表した。 事業規模は、地方負担分含めて約60億円。 抗体検査を受け、免疫が十分ではないと判明した人に限る。 来春にも始める。 1962年4月2日~79年4月1日に生まれた男性が対象で、約1610万人いる。 期間は21年度末まで。 抗体検査も同じ対象者が無料になる。 平日の昼間は働いている人が多いことから、厚労省は、職場健診で抗体検査が受けられるよう企業に協力を呼びかける。 検査費用は企業の負担にはならない。 夜間・休日に検査や予防接種を受けやすくするための体制整備もする。 国立感染症研究所によると、風疹の今年の患者数は5日時点で2454人。 3分の2は30~50代の男性という。 定期接種は現在、1歳と小学校入学前1年間の計2回。 ただ、制度変更の影響で39~56歳の男性は定期接種を一度も受けておらず、抗体保有率は他の世代や女性に比べて低く、約80%にとどまる。 厚労省は感染拡大を防ぐため、東京五輪・パラリンピックがある2020年までに、この年齢層の抗体保有率85%を目指す。 さらに根本匠厚労相は「今後、同様の感染拡大が起こらないように対策をさらに進め、21年度末までにこの世代の男性の抗体保有率を90%以上に引き上げることを目指します」としている。 風疹は、気付かないまま感染を広げてしまうことが少なくない。 妊娠初期の女性がかかると赤ちゃんに難聴や心疾患などの障害が出るおそれがある。

次の

昭和後半生まれの男性はこれから「風疹の加害者」になるかもしれない(村上 和巳)

風疹 ワクチン 男性

はじめに 妊婦が風疹に罹患した場合、胎児に先天性風疹症候群(congenital rubella syndrome : CRS)を起こすことがあるのは、どの産婦人科医にとっても常識であるが、実際に風疹罹患が疑われる妊婦の血清学的検査結果の判断やCRSリスクの評価について、かつては一定した判断基準や管理方針が存在しなかった。 従って実際にはCRSリスクの高くない症例に対しても十分な検討がなされないまま必要のない人工妊娠中絶がおこなわれた症例が存在していたと考えられている。 幸い、1995年から男女幼児が風疹ワクチン接種対象となった後に風疹患者数が減少、CRSの発生も減少し、年間0~2例にとどまっていたため、大きな問題は生じていなかった。 2013年現在、風疹が大流行の兆しをみせている。 近年の流行は、妊娠子育て世代の成人に患者が多いという特徴があり、CRSの発生増加が懸念される。 風疹流行時に産婦人科医として必要な対応についてまとめる。 1.2004年発の緊急提言 2003~2004年にかけて発生した風疹小流行の際、年間1~2例にとどまっていたCRSが年間10例と急増した。 ただちに厚労省研究班が発足し、これ以上のCRSの発生を抑制し、妊婦に対する正確なリスク評価と対応を提供することを目的に、可及的速やかに検討がおこなわれ、「風疹流行および先天性風疹症候群の発生抑制に関する緊急提言」が発せられた()。 この提言はその後、産婦人科診療ガイドライン産科編(2008、2011)にも取り上げられ、風疹罹患(疑いを含む)妊娠女性への対応に関しては、全国の産婦人科医の間である程度統一された管理がなされるようになった。 2.相談窓口(2次施設) 提言のII.では、低抗体価の女性に対する注意を喚起するとともにCRSハイリスク例の見落としを避け、CRSリスクの正しい評価および無用な人工妊娠中絶の防止を目的とし、妊娠女性への診療対応の概略フロー図を示し、風疹罹患(疑いを含む)妊婦については各地区ブロックごとの相談窓口(2次施設)との間で報告用紙等を用いて正確かつ適切な情報の交換をおこない、予測されるCRSリスクの情報等を2次施設から返信、ケースに即したリスク説明を主治医よりおこなう手順を示した(IASR )。 2004年の流行の後、幸い大きな流行は発生せず、CRS患者数は再び年間0~2例で落ち着いていた。 2次施設への相談事例の多くは、フロー図に従って検査を進めた際に風疹HI抗体価が高値であるとか、風疹特異的IgM が弱陽性であるとかいった、血清学的「疑い」妊婦のみであり、これら症例にCRSのリスクはなく、ほとんどの事例がカウンセリングにとどまり、胎児診断を要する例はきわめて少なく、実際に風疹に罹患したようなハイリスク例は来談しなかった。 2011年末に、海外で風疹に罹患した例の報告を皮切りに、国内での風疹患者数が増加、2012年に寄せられた2次施設への相談事例は、本人や夫の明らかな風疹罹患といったCRSハイリスク例が来談するようになり、羊水中風疹ウイルスPCR 検査の実施件数が増加、実際に風疹ウイルスが検出された例が報告されるに至った。 3.産婦人科医に求められる対応 緊急提言が発せられて8年半、長い間実際の風疹罹患妊婦に接することなく半ば「マンネリ化」していた妊婦と風疹について、2013年に予測される爆発的風疹流行を前に、CRSリスク判断と正しい対応、予防接種の勧奨について全国の産婦人科医に周知徹底する必要がある。 改めて2004年版緊急提言を読み直してほしい。 患者の発生が長くみられなかった間に、フロー図およびワクチン接種勧奨基準に関して、2次施設担当者から手順の緩和を求める意見が出ていたが、この流行状況下において対応の手を緩めることは適切ではない。 妊婦に対して無用な不安を与えることなく、かつ真のCRSハイリスク例への正しい対応が求められる。 風疹流行そのものの抑制に対しても産婦人科医として一役買いたい。 提言の内容および今回の風疹流行にあたり、一般産婦人科医に対し特に強調しておきたい点を示す。 (1)予防接種の勧奨 妊婦や不妊治療中女性の夫世代は現在の風疹流行の中心であり、夫および家族に対し麻疹風疹混合ワクチン(MRワクチン)の接種を強く勧める。 産婦人科を受診する女性を通して、20~40代の男性への接種を促す好機と考え、十分な抗体を有している女性も含め全員に夫へのMRワクチン接種を提案してもよい(明らかな接種記録がある場合を除く)。 2006年よりMRワクチンの2回接種が開始され、現在、定期接種として、 1 生後12~24カ月未満(第1期)、 2 就学前1年間(第2期)、が接種対象である。 つまり、今おなかにいる赤ちゃんは出生後にMRワクチンの2回接種を受ける予定だが、現在23歳以上の人は2回接種を受ける機会はなかったので、過去の接種歴が不明で仮に接種歴があったとしても、受けられなかった2回目を今受けると考えていただくと理解を得やすい。 事前の抗体検査も必要ない。 定期接種がMRワクチンになったため、風疹単抗原ワクチンに比べ接種機会を得やすい。 麻疹患者も近年では成人が中心であり、風疹単抗原ワクチンを探すよりMRワクチン接種を受けてよい。 不妊治療に訪れる女性は2カ月の避妊を要する風疹ワクチンを受けたがらないが、1~2カ月を急いでやっと妊娠が成立したところで本人または夫が風疹に罹患して後悔することのないようにしたい。 ワクチン接種した男性の避妊は必要ない。 (2)妊婦への対応 初診時に、風疹罹患に関する問診(発疹、発熱、風疹患者との明らかな接触)をとり、以後も何かあれば申告するよう伝える。 できるだけ早く風疹抗体検査をおこない、抗体陰性または低抗体価の者に対しては特に人ごみを避けるなど風疹罹患に注意を喚起し、妊娠終了後にはワクチン接種を受けるよう情報提供をする。 風疹罹患や患者との接触が疑われる場合にはフロー図に沿って検索を進めるが、血清学的所見のみでCRSのリスク評価は困難である。 詳細な検討をしないまま人工妊娠中絶に至ることのないよう、無用な不安を与えない配慮が必要である。 2次施設を積極的に活用してほしい。

次の

昭和後半生まれの男性はこれから「風疹の加害者」になるかもしれない(村上 和巳)

風疹 ワクチン 男性

患者の8割が子育て世代の20~40歳代の成人男性 気になるのが成人男性の患者が8割も占めていること。 しかもその多くが子育て世代の20~40歳代なんです。 自分の身近に妊娠している人がいないから大丈夫! と思っているかもしれませんが、 友人や職場の同僚の中に、 家族に妊婦さんがいるかもしれませんよね。 もし今あなたが風疹にかかったとしたら・・・ あなたの友人や同僚にも風疹をうつしてしまい、 さらに妊娠中の奥さんや家族に感染する恐れがあります。 だから、自分には関係ないなんて思っていては駄目なんです。 妊婦さんや妊娠を望む女性だけが気をつけていても・・・ 夫が職場などで風疹に感染してしまい、気づかないうちに 風疹ウイルスを家に持って帰ってくるかもしれません。 これでは、感染を防ぐことはできませんよね。 なぜ風疹患者の多くが20~40歳代の男性に偏っているの? では、なぜ現在の風疹患者の多くが 20~40歳代の男性に偏っているのでしょうか? それは、国の感染症予防接種の制度が 変わったりしたことなどが原因で 子どもの頃に風疹の予防接種を受けていないか、 受ける機会が少なかったからです。 昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男子。 この年代の男子は特に注意が必要です。 女子は中学生のときに学校で集団接種を受けましたが、 男子は対象外でしたから風疹の予防接種は受けていません。 昭和54年4月2日~昭和62年10月1日生まれの男女。 中学生のときに風疹のワクチン接種をするようになりましたが、 学校での集団接種から個別に医療機関て受けるようになったため、 この期間は男女ともに接種率が激減したといわれています。 昭和62年10月2日から平成2年4月1日生まれの男女。 幼児期に接種する機会が1回だけあり、接種率も比較的高かったが、 受けていない人や1回の接種だけでは抗体が不十分な人もいます。 現在は、ワクチンの効果を高めるため、 1歳と小学校入学前の2回、ワクチンを接種するようになりました。 風疹ワクチンの接種は2回受けるべき! 1回では、抗体ができなかったり不十分なケースがあるからです。 風疹にかかったことがあるという記憶は危険! 症状の似ている他の病気と勘違いしているケースも多いからです。 親や本人だけでなく医師の診断間違いのケースもあるので注意しましょう。

次の