日本 肺炎 死亡 数。 緊急事態宣言・ロックダウンは効果ない!?〜世界の統計グラフから見える新型コロナ肺炎対策〜

平成23年人口動態統計月報年計(概数)の概況|厚生労働省

日本 肺炎 死亡 数

5 30. 1 心疾患 180 745 143. 7 15. 8 脳血管疾患 122 350 97. 2 10. 7 肺炎 112 004 89. 0 9. 8 老衰 38 670 30. 7 3. 4 総数 0歳 先天奇形,変形 及び染色体異常 897 83. 8 35. 1 周産期に特異的な 呼吸障害等 361 33. 7 14. 1 乳幼児突然死 症候群 145 13. 6 5. 7 不慮の事故 124 11. 6 4. 9 胎児及び新生児 の出血性障害等 99 9. 3 3. 9 0歳 1〜4 先天奇形,変形 及び染色体異常 160 3. 8 17. 7 不慮の事故 148 3. 5 16. 4 悪性新生物 87 2. 0 9. 6 心疾患 65 1. 5 7. 2 肺炎 43 1. 0 4. 8 1〜4 5〜9 不慮の事故 138 2. 4 25. 8 悪性新生物 111 2. 0 20. 8 心疾患 39 0. 7 7. 3 先天奇形,変形 及び染色体異常 29 0. 5 5. 4 その他の新生物 28 0. 5 5. 2 5〜9 10〜14 悪性新生物 95 1. 6 19. 5 不慮の事故 92 1. 6 18. 9 自殺 55 0. 9 11. 3 その他の新生物 34 0. 6 7. 0 心疾患 29 0. 5 6. 6 31. 2 悪性新生物 143 2. 4 9. 7 心疾患 71 1. 2 4. 8 脳血管疾患 38 0. 6 2. 6 15〜19 20〜24 自殺 1 474 22. 1 49. 8 不慮の事故 568 8. 5 19. 2 悪性新生物 222 3. 3 7. 5 心疾患 170 2. 5 5. 7 脳血管疾患 42 0. 6 1. 4 20〜24 25〜29 自殺 1 739 23. 9 48. 8 不慮の事故 507 7. 0 14. 2 悪性新生物 339 4. 7 9. 5 心疾患 207 2. 8 5. 8 脳血管疾患 84 1. 2 2. 4 25〜29 30〜34 自殺 2 003 23. 9 40. 6 悪性新生物 802 9. 6 16. 3 不慮の事故 546 6. 5 11. 1 心疾患 412 4. 9 8. 4 脳血管疾患 177 2. 1 3. 6 30〜34 35〜39 自殺 2 474 25. 9 31. 8 悪性新生物 1 694 17. 8 21. 8 心疾患 774 8. 1 9. 9 不慮の事故 722 7. 6 9. 3 脳血管疾患 478 5. 0 6. 1 35〜39 40〜44 悪性新生物 2 792 33. 1 26. 9 自殺 2 418 28. 7 23. 3 心疾患 1 240 14. 7 12. 0 脳血管疾患 862 10. 2 8. 3 不慮の事故 729 8. 7 7. 0 40〜44 45〜49 悪性新生物 4 762 61. 8 32. 7 自殺 2 470 32. 1 16. 9 心疾患 1 850 24. 0 12. 7 脳血管疾患 1 348 17. 5 9. 2 不慮の事故 843 10. 9 5. 8 45〜49 50〜54 悪性新生物 9 084 118. 7 40. 0 心疾患 2 791 36. 5 12. 3 自殺 2 763 36. 1 12. 2 脳血管疾患 2 047 26. 8 9. 0 不慮の事故 1 099 14. 4 4. 8 50〜54 55〜59 悪性新生物 19 036 210. 1 45. 4 心疾患 5 050 55. 7 12. 0 脳血管疾患 3 501 38. 6 8. 3 自殺 3 325 36. 7 7. 9 不慮の事故 1 748 19. 3 4. 2 55〜59 60〜64 悪性新生物 29 858 319. 1 48. 5 心疾患 7 450 79. 6 12. 1 脳血管疾患 5 074 54. 2 8. 2 自殺 3 050 32. 6 5. 0 不慮の事故 2 262 24. 2 3. 7 60〜64 65〜69 悪性新生物 39 360 471. 8 48. 0 心疾患 10 089 120. 9 12. 3 脳血管疾患 6 763 81. 1 8. 2 肺炎 3 264 39. 1 4. 0 不慮の事故 2 733 32. 8 3. 3 65〜69 70〜74 悪性新生物 47 866 695. 8 43. 7 心疾患 14 226 206. 8 13. 0 脳血管疾患 10 128 147. 2 9. 2 肺炎 6 477 94. 2 5. 9 不慮の事故 3 625 52. 7 3. 3 70〜74 75〜79 悪性新生物 59 945 1 035. 1 37. 6 心疾患 22 611 390. 5 14. 2 脳血管疾患 16 887 291. 6 10. 6 肺炎 13 206 228. 0 8. 3 不慮の事故 5 117 88. 4 3. 2 75〜79 80〜84 悪性新生物 59 587 1 411. 7 29. 6 心疾患 32 497 769. 9 16. 1 脳血管疾患 23 318 552. 4 11. 6 肺炎 23 000 544. 9 11. 4 不慮の事故 6 203 147. 0 3. 1 80〜84 85〜89 悪性新生物 40 706 1 752. 3 21. 4 心疾患 35 558 1 530. 7 18. 7 肺炎 26 498 1 140. 7 14. 0 脳血管疾患 24 021 1 034. 1 12. 6 老衰 7 666 330. 0 4. 0 85〜89 90〜94 心疾患 28 397 2 939. 6 20. 3 肺炎 22 166 2 294. 6 15. 9 悪性新生物 20 367 2 108. 4 14. 6 脳血管疾患 17 848 1 847. 6 12. 8 老衰 12 144 1 257. 1 8. 7 90〜94 95〜99 心疾患 14 188 4 547. 4 20. 9 肺炎 11 174 3 581. 4 16. 5 老衰 10 459 3 352. 2 15. 4 脳血管疾患 8 209 2 631. 1 12. 1 悪性新生物 6 398 2 050. 6 9. 4 95〜99 100歳以上 老衰 3 938 8 204. 2 26. 3 心疾患 2 914 6 070. 8 19. 5 肺炎 2 451 5 106. 3 16. 4 脳血管疾患 1 475 3 072. 9 9. 9 悪性新生物 818 1 704. 2 5. 5 100歳以上 注:1 [1] 乳児(0歳)の死因については乳児死因簡単分類を使用している。 [2] 死因順位は死亡数の多いものからとなっているが、同数の場合は、同一順位に死因名を列記し、次位を空欄とした。 [3] 死因名は次のように省略した。 4 33. 9 心疾患 85 543 139. 5 14. 0 肺炎 59 889 97. 6 9. 8 脳血管疾患 59 293 96. 7 9. 7 不慮の事故 22 588 36. 8 3. 7 総数 0 歳 先天奇形,変形 及び染色体異常 484 88. 2 33. 6 周産期に特異的な 呼吸障害等 214 39. 0 14. 9 乳幼児突然死 症候群 86 15. 7 6. 0 不慮の事故 73 13. 3 5. 1 胎児及び新生児 の出血性障害等 51 9. 3 3. 5 0 歳 1〜4 不慮の事故 91 4. 2 18. 4 先天奇形,変形 及び染色体異常 75 3. 4 15. 7 7. 5 肺炎 25 1. 1 5. 1 1〜4 5〜9 不慮の事故 95 3. 3 32. 4 悪性新生物 56 1. 9 19. 1 心疾患 20 0. 7 6. 8 先天奇形,変形 及び染色体異常 15 0. 5 5. 4 3. 8 5〜9 10〜14 不慮の事故 61 2. 0 21. 6 悪性新生物 49 1. 6 17. 4 自殺 34 1. 1 12. 1 その他の新生物 22 0. 7 7. 8 心疾患 16 0. 5 5. 7 10〜14 15〜19 不慮の事故 348 11. 3 35. 0 自殺 297 9. 7 29. 9 悪性新生物 96 3. 1 9. 7 心疾患 52 1. 7 5. 2 脳血管疾患 19 0. 6 1. 9 15〜19 20〜24 自殺 1 029 29. 9 50. 3 不慮の事故 452 13. 1 22. 1 心疾患 133 3. 9 6. 5 悪性新生物 127 3. 7 6. 2 その他の新生物 21 0. 6 1. 0 20〜24 25〜29 自殺 1 224 32. 9 51. 7 不慮の事故 369 9. 9 15. 6 心疾患 162 4. 4 6. 8 悪性新生物 153 4. 1 6. 5 脳血管疾患 55 1. 5 2. 3 25〜29 30〜34 自殺 1 433 33. 6 44. 0 不慮の事故 410 9. 6 12. 6 悪性新生物 367 8. 6 11. 3 心疾患 312 7. 3 9. 6 脳血管疾患 122 2. 9 3. 7 30〜34 35〜39 自殺 1 853 38. 3 36. 6 悪性新生物 706 14. 6 13. 9 心疾患 578 11. 9 11. 4 不慮の事故 539 11. 1 10. 7 脳血管疾患 344 7. 1 6. 8 35〜39 40〜44 自殺 1 815 42. 6 26. 6 悪性新生物 1 201 28. 2 17. 6 心疾患 949 22. 3 13. 9 脳血管疾患 619 14. 5 9. 1 不慮の事故 578 13. 6 8. 5 40〜44 45〜49 悪性新生物 2 237 57. 7 23. 3 自殺 1 951 50. 3 20. 3 心疾患 1 474 38. 0 15. 3 脳血管疾患 933 24. 1 9. 7 不慮の事故 651 16. 8 6. 8 45〜49 50〜54 悪性新生物 5 012 131. 1 32. 7 心疾患 2 232 58. 4 14. 6 自殺 2 180 57. 0 14. 2 脳血管疾患 1 390 36. 4 9. 1 肝疾患 843 22. 1 5. 5 50〜54 55〜59 悪性新生物 11 745 262. 0 40. 3 心疾患 4 082 91. 1 14. 0 自殺 2 650 59. 1 9. 1 脳血管疾患 2 477 55. 3 8. 5 不慮の事故 1 322 29. 5 4. 5 55〜59 60〜64 悪性新生物 19 825 433. 4 45. 8 心疾患 5 759 125. 9 13. 3 脳血管疾患 3 500 76. 5 8. 1 自殺 2 338 51. 1 5. 4 不慮の事故 1 637 35. 8 3. 8 60〜64 65〜69 悪性新生物 26 602 667. 7 46. 9 心疾患 7 310 183. 5 12. 9 脳血管疾患 4 664 117. 1 8. 2 肺炎 2 517 63. 2 4. 4 不慮の事故 1 945 48. 8 3. 4 65〜69 70〜74 悪性新生物 32 370 1 016. 6 44. 3 心疾患 9 314 292. 5 12. 7 脳血管疾患 6 661 209. 2 9. 1 肺炎 4 783 150. 2 6. 5 不慮の事故 2 396 75. 3 3. 3 70〜74 75〜79 悪性新生物 39 584 1 572. 0 39. 3 心疾患 13 277 527. 3 13. 2 脳血管疾患 10 184 404. 4 10. 1 肺炎 9 264 367. 9 9. 2 不慮の事故 3 161 125. 5 3. 1 75〜79 80〜84 悪性新生物 36 135 2 192. 7 32. 0 心疾患 16 010 971. 5 14. 2 肺炎 14 592 885. 4 12. 9 脳血管疾患 12 092 733. 7 10. 7 慢性閉塞性肺疾患 3 570 216. 6 3. 2 80〜84 85〜89 悪性新生物 19 609 2 785. 4 24. 4 肺炎 13 220 1 877. 8 16. 4 心疾患 12 708 1 805. 1 15. 8 脳血管疾患 9 145 1 299. 0 11. 4 慢性閉塞性肺疾患 2 594 368. 5 3. 2 85〜89 90〜94 肺炎 8 882 3 747. 7 19. 5 悪性新生物 8 161 3 443. 5 17. 9 心疾患 7 642 3 224. 5 16. 8 脳血管疾患 5 172 2 182. 3 11. 4 老衰 2 778 1 172. 2 6. 1 90〜94 95〜99 肺炎 3 351 5 585. 0 20. 7 心疾患 2 990 4 983. 3 18. 4 悪性新生物 2 064 3 440. 0 12. 7 老衰 1 823 3 038. 3 11. 2 脳血管疾患 1 654 2 756. 7 10. 2 95〜99 100歳以上 肺炎 532 7 600. 0 22. 3 老衰 495 7 071. 4 20. 7 心疾患 405 5 785. 7 16. 9 脳血管疾患 211 3 014. 3 8. 8 悪性新生物 197 2 814. 3 8. 6 25. 9 心疾患 95 202 147. 6 17. 9 脳血管疾患 63 057 97. 8 11. 8 肺炎 52 115 80. 8 9. 8 老衰 29 369 45. 5 5. 5 総数 0 歳 先天奇形,変形 及び染色体異常 413 79. 3 37. 0 周産期に特異的な 呼吸障害等 147 28. 2 13. 2 乳幼児突然死 症候群 59 11. 3 5. 3 不慮の事故 51 9. 8 4. 6 胎児及び新生児 の出血性障害等 48 9. 2 4. 3 0 歳 1〜4 先天奇形,変形 及び染色体異常 85 4. 1 20. 7 不慮の事故 57 2. 7 13. 9 悪性新生物 50 2. 4 12. 2 心疾患 28 1. 4 6. 8 肺炎 18 0. 9 4. 4 1〜4 5〜9 悪性新生物 55 2. 0 22. 8 不慮の事故 43 1. 6 17. 8 心疾患 19 0. 7 7. 9 その他の新生物 18 0. 7 7. 5 インフルエンザ 16 0. 6 6. 6 5〜9 10〜14 悪性新生物 46 1. 6 22. 4 不慮の事故 31 1. 1 15. 1 自殺 21 0. 7 10. 2 心疾患 13 0. 5 6. 4 5. 9 10〜14 15〜19 自殺 160 5. 5 33. 8 不慮の事故 109 3. 7 23. 0 悪性新生物 47 1. 6 9. 6 4. 0 15〜19 20〜24 自殺 445 13. 7 48. 7 不慮の事故 116 3. 6 12. 7 悪性新生物 95 2. 9 10. 4 心疾患 37 1. 1 4. 0 脳血管疾患 22 0. 7 2. 4 20〜24 25〜29 自殺 515 14. 5 43. 2 悪性新生物 186 5. 2 15. 6 不慮の事故 138 3. 9 11. 6 心疾患 45 1. 3 3. 8 脳血管疾患 29 0. 8 2. 4 25〜29 30〜34 自殺 570 13. 8 34. 0 悪性新生物 435 10. 5 26. 0 不慮の事故 136 3. 3 8. 1 心疾患 100 2. 4 6. 0 脳血管疾患 55 1. 3 3. 3 30〜34 35〜39 悪性新生物 988 21. 0 36. 3 自殺 621 13. 2 22. 8 心疾患 196 4. 2 7. 2 不慮の事故 183 3. 9 6. 7 脳血管疾患 134 2. 9 4. 9 35〜39 40〜44 悪性新生物 1 591 38. 2 44. 7 自殺 603 14. 5 16. 9 心疾患 291 7. 0 8. 2 脳血管疾患 243 5. 8 6. 8 不慮の事故 151 3. 6 4. 2 40〜44 45〜49 悪性新生物 2 525 66. 0 50. 9 自殺 519 13. 6 10. 5 脳血管疾患 415 10. 8 8. 4 心疾患 376 9. 8 7. 6 不慮の事故 192 5. 0 3. 9 45〜49 50〜54 悪性新生物 4 072 106. 4 55. 3 脳血管疾患 657 17. 2 8. 9 自殺 583 15. 2 7. 9 心疾患 559 14. 6 7. 6 不慮の事故 263 6. 9 3. 6 50〜54 55〜59 悪性新生物 7 291 159. 2 56. 9 脳血管疾患 1 024 22. 4 8. 0 心疾患 968 21. 1 7. 6 自殺 675 14. 7 5. 3 不慮の事故 426 9. 3 3. 3 55〜59 60〜64 悪性新生物 10 033 209. 8 54. 7 心疾患 1 691 35. 4 9. 2 脳血管疾患 1 574 32. 9 8. 6 自殺 712 14. 9 3. 9 不慮の事故 625 13. 1 3. 4 60〜64 65〜69 悪性新生物 12 758 292. 8 50. 5 心疾患 2 779 63. 8 11. 0 脳血管疾患 2 099 48. 2 8. 3 不慮の事故 788 18. 1 3. 1 自殺 785 18. 0 3. 1 65〜69 70〜74 悪性新生物 15 496 419. 4 42. 5 心疾患 4 912 132. 9 13. 5 脳血管疾患 3 467 93. 8 9. 5 肺炎 1 694 45. 8 4. 6 不慮の事故 1 229 33. 3 3. 4 70〜74 75〜79 悪性新生物 20 361 621. 9 34. 7 心疾患 9 334 285. 1 15. 9 脳血管疾患 6 703 204. 7 11. 4 肺炎 3 942 120. 4 6. 7 不慮の事故 1 956 59. 7 3. 3 75〜79 80〜84 悪性新生物 23 452 911. 5 26. 5 心疾患 16 487 640. 8 18. 6 脳血管疾患 11 226 436. 3 12. 7 肺炎 8 408 326. 8 9. 5 不慮の事故 2 735 106. 3 3. 1 80〜84 85〜89 心疾患 22 850 1 411. 4 20. 9 悪性新生物 21 097 1 303. 1 19. 3 脳血管疾患 14 876 918. 8 13. 6 肺炎 13 278 820. 1 12. 1 老衰 5 538 342. 1 5. 1 85〜89 90〜94 心疾患 20 755 2 847. 1 22. 0 肺炎 13 284 1 822. 2 14. 1 脳血管疾患 12 676 1 738. 8 13. 5 悪性新生物 12 206 1 674. 3 13. 0 老衰 9 366 1 284. 8 9. 9 90〜94 95〜99 心疾患 11 198 4 443. 7 21. 7 老衰 8 636 3 427. 0 16. 7 肺炎 7 823 3 104. 4 15. 2 脳血管疾患 6 555 2 601. 2 12. 7 悪性新生物 4 334 1 719. 8 8. 4 95〜99 100歳以上 老衰 3 443 8 397. 6 27. 4 心疾患 2 509 6 119. 5 20. 0 肺炎 1 919 4 680. 5 15. 3 脳血管疾患 1 264 3 082. 9 10. 1 悪性新生物 621 1 514. 6 4. 9 100歳以上.

次の

今、あえて日本の死因別死亡者数を調べてみた|竹永 大 / 契約書でビジネスを守ろう!|note

日本 肺炎 死亡 数

少子化の進行は、「社会保障財源の支え手」はもちろん、「医療・介護サービスの担い手」が足らなくなることを意味します。 さらに社会保障制度にとどまらず、我が国の存立をも脅かします(関連記事は)。 2018年の状況を見ると、出生数は91万8397人で、前年に比べて2万7668人の減少。 出生率(人口1000対)は7. 4で、前年から0. 2ポイント低下しています。 一方、死亡数は136万2482人で、前年に比べて2万2085人の増加。 死亡率(人口1000対)は11. 0で、前年から0. 2ポイント上昇しています。 出生数と死亡数の差である「自然増減数」を見ると、マイナス44万4085人で、前年に比べて4万9753人の減少ペース加速となっています。 自然増減率(人口1000対)はマイナス3. 6で、前年から0. 4ポイント低下しています。 自然減数・自然減率ともに12年連続の減少かつ低下となっており、我が国の「人口減少」にはますます拍車がかかっていることが分かります。 さらに、「1人の女性が一生の間に生む子供の数」に相当する合計特殊出生率を見ると、2018年は1. 42で、前年から0. 01ポイントの低下となりました。 2015年に上昇しましたが、「一時的な現象」にとどまったことが再確認できます。 都道府県別に合計特殊出生率を見ると、最も高いのは沖縄県で1. 89(前年に比べて0. 05ポイント低下)、次いで島根県の1. 74(同0. 02ポイント上昇)宮崎県の1. 72(同0. 01ポイント低下)、鹿児島県の1. 70(同0. 01ポイント上昇)などで高くなっています。 逆に低いのは東京都の1. 20(同0. 01ポイント低下)、北海道の1. 27(同0. 02ポイント低下)、京都府の1. 29(同0. 02ポイント低下)などで、依然として「西高東低」の傾向が続いています。 社会保障制度はもちろんのこと、我が国の存立基盤が極めて脆くなってきていると言えます。 6人に1人ががんで死亡、「老衰」が死因第3位に 次に死因別の死亡数を見ると、第1位は悪性新生物(腫瘍)で37万3547人(人口10万対の死亡率は300. 7で、前年に比べて1. 3ポイント増加 、第2位は心疾患(高血圧性を除く)で20万8210人(同167. 6で、同じく3. 8ポイント増加)、第3位は老衰で10万9606人(同88. 2で、同じく6. 5ポイント増加)、第4位は脳血管疾患で10万8165人(同87. 1で、同じく1. 0ポイント増加)第5位は肺炎で9万4654人(同76. 2で、同じく1. 5ポイント低下)となっています。 第1位の悪性新生物は、2018年の全死亡者に占める割合が27. 4%(前年度に比べて0. 4ポイント低下)で、日本人の3. 6人に1人が「がんで死亡している」計算です。 2016年までは「肺炎」が第3位でしたが、2017年には「脳血管疾患」が第3位、「老衰」が第4位となり、2018年には「老衰」と「脳血管疾患」の順位が逆転しました。 ここからは、医療・医学等の水準が高まったことが強く伺えます。 今後、高齢化がますます進行し、また医療・医学等の水準が上がることに鑑みれば、「老衰」が、我が国の3大死因の1つになっていくと考えられそうです。 そこでは、「自宅」や「介護施設」での看取りが極めて重要なテーマとなります。 介護施設や在宅医療・介護の従事者が「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」を十分に認識し、さらに我々国民自身が「自分の人生の最終段階において、どのような医療・介護を受けたいか、逆に受けたくないか」を家族や親しい友人らと話し合っておく環境・風土の醸成などを進めていくことが求められるでしょう(いわゆるACPの推進、関連記事は)。 なお主な死因の構成割合は、年齢・性によって相当異なります。 例えば、男女ともに5-9歳では「悪性新生物」「不慮の事故」、10-14歳では「悪性新生物」「自殺」が多く、男性は15-34歳では「自殺」「不慮の事故」、45歳以降では「悪性新生物」「心疾患」が、女性は15-24歳では「自殺」「不慮の事故」、25-54歳では「悪性新生物」「自殺」が多くなっています。 年齢が上がるにつれ「悪性新生物」の占める割合が高くなりますが、男性では65-69歳、女性では55-59歳でピークを迎えます(前年と同じ傾向)。 つまり、70歳以上の高齢者では「がんによって死亡する割合」が低くなっていくため、「高齢者の特性を踏まえたがん対策」の重要性が伺えます。 例えば、「副作用の強い抗がん剤の使用をどう考えるか」、「根治を目指すのではなく、QOLの維持・改善を主目的とした治療プログラムを組むべきではないか」といった議論を継続していく必要があります。 さらに、主な部位別に悪性新生物の死亡率を見ると、男性では「肺」が圧倒的に高く(1993年以降第1位)、2018年の死亡数は5万2400人、死亡率は86. 7(前年から0. 6ポイント低下)となりました。 第2位の「胃」がん(2万8841人、47. 7(前値度から2. 7ポイント低下)、第3位の「大腸」がん(2万7098人、44. 8(同0. 2ポイント低下))と比べると、肺がんによる死亡の多さが分かります。 女性では、男性ほどの偏りはなく、第1位は「大腸」がん(2万3558人、36. 9(同0. 4ポイント上昇))、第2位は「肺」がん(2万1922人、34. 4(同1. 4ポイント上昇))、第3位は「膵臓」がん(1万7450人、27. 4(同1. 1ポイント上昇))となりました。 なお男性では「膵」がんの死亡率が増加する一方、「肺」「大腸」がんなどの死亡率は減少。 これに対し女性では「大腸」「肺」「乳」「子宮」「膵臓」がんでの死亡率が上昇傾向にあり、男女差を詳しく分析していく必要があるでしょう。

次の

厚生労働省:死因順位(第5位まで)別にみた年齢階級・性別死亡数・死亡率(人口10万対)・構成割合

日本 肺炎 死亡 数

文/中村康宏 じつは日本人の死因の中核(全死因3位)を占めるのは「肺炎」です。 これからの超高齢社会を反映し、肺炎死亡者数はさらに増加すると考えられています。 肺炎は早期発見と予防がカギになります。 予防として手洗いやうがい、マスクの着用は一般的な感染症の予防に勧められますが、肺炎についても有効です。 さらにその他にも有効な肺炎予防として「ワクチン接種」と「誤嚥の予防」が挙げられます。 今回は「肺炎」を予防するための重要ポイントについて解説しましょう。 肺炎とは、何らかの病原性微生物が肺に侵入したことで起きる急性の炎症です。 このように分類されるのは、両者の原因菌の種類と頻度、重症度、治療法、治療反応性が異なるので、区別して対処すべきとされているからです。 肺炎治療においてもこの分類は非常に重要で、肺炎の種類によって治療薬を選択することで、原因菌が特定される前に治療することができるのです。 ところが、喫煙習慣や、風邪やインフルエンザによる炎症でその細胞が剝離してしまうと、異物を排除する働きが一時的に損なわれてしまい、肺内で菌が増殖しやすくなり、肺炎を続発しやすくなるのです。 これを「2次感染」と言います。 症状が出て3~4日しても発熱が治まらない場合は、合併症を疑い、早めに医師の診察を受けましょう。 年間約12万人が、肺炎が原因で亡くなり、死亡総数の9. 「年齢」は肺炎の大きな危険因子となります。 これからの超高齢社会を反映し、肺炎死亡者数はさらに増加すると考えられます。 さらに、高齢者は合併症を持っていることも多く、感染症に対する防御力が弱くなっていることも理由に挙げられます。 免疫力が落ちると、肺炎になりやすいだけでなく、肺炎の症状が悪化するスピードが早くなり重症化しやすくもなります。 また、高齢者の肺炎は、熱がないなど症状が出にくく患者さん自身からの訴えが少ないため、重症化してから初めて医療機関を受診する例が少なくないこともあります。 まずはワクチンについてです。 高齢者の肺炎を予防するために、2014年10月より肺炎球菌ワクチンが定期接種の対象となりました。 肺炎球菌にもたくさんの種類があり、ワクチンで全てをカバーするわけではありませんが、接種することで予防効果が期待できます。 そしてもう一方の「誤嚥性肺炎」は、食べ物や唾液が肺に入った時(誤嚥)に、それを外に出すことができず細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こります。 これは、免疫が落ちたり体力が落ちた人、特に「」の人に誤嚥が起こりやすいです。 十分な注意が必要です。 (1)口腔の清潔を保つ:歯磨きをしっかり行ない、口のなかの細菌を繁殖させないこと、そして肺へ運び入れないことが重要です。 (2)胃液の逆流を防ぐ :食後2時間ほど座って身体を起こすようにします。 (3)薬を用いる:誤嚥性肺炎の再発予防には脳梗塞予防薬が有効です。 これには、筋力の維持との予防・管理を徹底することが重要です。 * * * 以上、今回は肺炎予防のポイントについて、「ワクチン接種」と「誤嚥の予防」を中心に解説しました。 肺炎球菌ワクチンで肺炎の多くを予防できると考えている人もいるかもしれませんが、ワクチンは一部の肺炎にしか有効ではなく、肺炎にならない工夫(手洗い・うがい、誤嚥性肺炎の予防)も重要になります。 ワクチン接種に加えて、筋力の維持と生活習慣病の予防も肺炎予防に直結しますので、日頃からこれらを心がけてください。 また、2次感染の早期発見は非常に重要です。 症状が出て3~4日しても発熱が治まらない場合は、合併症を疑い、早めに医師の診察を受けるようにしてください。 虎の門病院で勤務後New York University、St. 同公衆衛生修士課程(MPH:予防医学専攻)にて修学。 同時にNORC New Yorkにて家庭医療、St.

次の