新盆 香典 袋。 初盆(新盆)の香典相場と渡し方|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

父親の新盆

新盆 香典 袋

3.初盆・新盆の香典(香典袋・のし袋)書き方・表書き 仏教の場合は、四十九日を過ぎるとのし袋の表書きが変わります。 初盆(はつぼん)・新盆(にいぼん)は、四十九日が過ぎてから初めて迎えるお盆ですので、不祝儀を送る場合には、のし袋の表書きは「御霊前」を使わなくなり「御仏前」「御佛前」になります。 地方の初盆の場合には、親族などの近親者が提灯を贈る場合もあります。 住宅事情などを考慮し、現金を包むケースが増えて来ているようですが、もし提灯を贈る場合は関東では初盆のみ白い提灯を贈るしきたりもあります。 また、喪家の家紋を入れたり、絵入りのものを贈ることもあります。 飾る日程を考慮し、1〜2週間前には届くように手配をしましょう。 喪家に飾る場所の都合を確認した上で、喪家の地域の仏具店や葬儀社などに依頼するとその地域の風習にそったものを用意してくれます。 お線香のあげかた、ご焼香のマナーについては別ページにて御紹介しています 初盆の法要に出席する人が持参する香典の表書きは以下のとおりです。 初盆・新盆 香典の表書き 書き方とマナー 1. お香典袋の表書き(不祝儀ののし袋の表書き) お盆は仏教行事です。 薄墨は使わず、濃い墨で書きます。 下段にはフルネームを書きます。 お供物料はお香典の「御仏前」の代わりに持参しても、あるいは「御仏前」とは別に包んで持参しても構いません。 もちろん現物の品物を持参または送っても良いものです。 連名の場合ののし袋の書き方 ご夫婦の場合は、夫の名前だけでも良いのですが、故人とのご縁が深かった場合には連名にします。 夫の氏名を中央に書き、妻の名前だけをその左側に書きます。 職場などでまとめる場合ののし袋の書き方 【職場で香典をまとめる】 職場などで少しずつ出し合って香典をまとめる場合には表書きは見本画像のようになります。 香典を出した人のリストはのし袋の中に入れます。 遺族がお礼状を出しやすいように住所と氏名を明記したリストとなります 【お返しを辞退する場合】 各自が出し合った金額が少額であれば個別のお返しを辞退することもあります。 お返しを辞退する場合にはその旨を香典袋の中に入れる紙に一筆書き添えます。 [例文] 「故人にこれまでお世話になったご恩に比べれば本当に心ばかりでございます。 恐縮ながらお返し等のお心遣いはご辞退申し上げます」 「些少ですが故人の墓前にお供え下さい。 恐縮ながらお返し等のお気遣いは謹んでご辞退申し上げます」など。 こうした場合には文末に職場の住所や部署名もしくは代表者名だけを記載しておくと、お礼状は職場あてに届きます。 初盆・新盆 香典の表書き 書き方とマナー (つづき) 4. 水引き 黒白あるいは双銀、藍銀、黄白(主に関西地区)の結び切りの水引きのものを用います。 (人によって考え方が異なるので、事務局ではこのように考えています) 以下のようにすれば、失礼にあたることはありません。 「二枚以上になるときは、お札の向きが同じになるように揃えて入れる」 「新札は不祝儀には向かないという考え方が根強いので、もし新札を使う場合は2つに折って折り目をつけてから袋に入れる。 」 「あまりにも汚いお札やヨレヨレのお札は、むしろ失礼にあたるので使わない」 お札の枚数は4枚、9枚といった枚数が「死、苦」を連想させるとして嫌われます。 香典の札の入れ方にはいろんな考え方がありますので、「故人を敬う気持ちを表し、相手に不快な思いをさせなければ良い」と事務局は考えます。 ただし、のし袋を選ぶ際には、中に入れる金額にふさわしい熨斗袋を選ぶようにします。 お供えものを手配する場合 香典の代わりにまたは香典とは別にお供え物を持参または送ります。 お供え物ののし紙の表書きは「御供」など。 水引きは、双銀、藍銀、黄銀、黄白の結び切りです。 盆提灯について「御提灯代」とは 【親族のみが包む「御提灯代」】 盆提灯は、お盆に霊が迷わず戻って来られるように、目印として飾ると言われています。 盆提灯には、初盆・新盆用の「白提灯」と、それ以降に用いる「絵柄の入った提灯」の二種類があります。 盆提灯は親族が購入するのがならわしでしたが、住宅事情や飾るスペースなどを考慮し、不祝儀袋に「御提灯代」として現金を遺族に渡し、遺族が必要な個数を購入するようになってきています。 初盆・新盆の香典のお返し 引出物の手配 ・当日お渡しする引出物はお盆の法要の参列者へのお返しの一部と考えられます。 法要のあとで会食を行なう場合には、その会食もお返しの一部となります。 ・のしの水引きは、黒白または双銀の結び切りにします。 ・引き出物としては、石鹸や洗剤、タオルなどの実用品や食品等が良く用いられます。 遠方からの方もいらっしゃるので、かさばるものは避けます。 最近はカタログギフトも増えました。 予算は@2,000〜5,000円程度が一般的です。 ・引出物ののしの表書きは、「粗供養」「志」などとし、水引きは黒白か銀の結び切りを用います。 ・法事の後、おもてなしの席を設けない場合には、折詰めの料理と酒の小壜を用意し、引出物と一緒にお渡しします。 初盆・新盆の香典のお返し (つづき) 返礼品の手配 ・初盆・新盆の法要に香典だけを送って頂いた方に送るお礼の品(お返し・返礼品・香典返し)です。 ・のしの水引きは、黒白または双銀の結び切りにします。 ・品物としては、石鹸や洗剤、タオルなどの実用品や日持ちのする調味料、缶詰、お菓子、コーヒーや紅茶、お茶、乾麺などの食品等が良く用いられます。 最近はカタログギフトも増えました。 高額の返礼品ほどカタログギフトが多いようです。 ・お返しの品ののしの表書きは、「粗供養」「志」などとし、水引きは黒白か銀の結び切りを用います。 他には、実用品としてタオルやハンカチなども良く用いられます。 最近では高額なお香典へのお返しにカタログギフトが良く用いられます。 初盆・新盆の香典のお返しに添えるお礼状・お礼の手紙 ・初盆・新盆の法要に香典だけを送って頂いた方に送るお礼の品(お返し・返礼品・香典返し)です。 お礼の手紙を添えて送ります。 ・のしの水引きは、黒白または双銀の結び切りにします。 ・品物としては、石鹸や洗剤、タオルなどの実用品や日持ちのする調味料、缶詰、お菓子、コーヒーや紅茶、お茶、乾麺などの食品等が良く用いられます。 最近はカタログギフトも増えました。 高額の返礼品ほどカタログギフトが多いようです。 ・お返しの品ののしの表書きは、「粗供養」「志」などとし、水引きは黒白か銀の結び切りを用います。 ・お礼の言葉…忙しい中を温かいお心づかいを贈って頂いたことへのお礼の言葉を入れます。 ・お礼状はあくまでも略儀…です。 本来なら直接お礼を申し上げるところ、書状でのご挨拶となった旨を伝えます。 (文中の言葉「拝眉(はいび)」…お会いするという意味をへりくだって言うときに使う言葉。 お目にかかる。 ) ・差出人…施主の名前を書きます。 横に「親族一同」と書き添えます。 ・その他…季節の挨拶文は不要。 頭語 「拝啓」+結語「敬具」については、両方入れるか、もしくは両方無しのどちらでも良い.

次の

新盆法要の香典相場は?香典に関するいろは

新盆 香典 袋

夏になると、ほとんどの方がお盆の時期を心待ちにするのではないでしょうか? お盆といえば、家族総出で地元に帰省し、レジャーを楽しむなりのんびりするなり思い思いの過ごし方をするという楽しみがあります。 しかし、忘れてはいけないのが、お盆はあの世からご先祖様の霊が帰ってくるとされていることから、先祖供養の季節となっていることです。 特に初盆を迎えるご家庭にとっては、四十九日を経た故人の霊の初めての里帰りということもあって、法要や仏壇の準備に慌ただしくなります。 初盆法要に参列する側も香典を持参するのが一般的ですが、香典袋の作法は大丈夫でしょうか? きちんと知っておかないと大勢の前で恥ずかしい思いをすることにもなりかねません。 今回「終活ねっと」では、 初盆に持参する香典袋の作法について解説します。 最初に初盆がいったいどのようなものであるかについて、簡潔にご説明します。 初盆とは、 故人の四十九日が過ぎて最初に迎えるお盆のことです。 四十九日を経て成仏した故人の霊にとっては最初のこの世への里帰りであるため、お盆の期間中(7月または8月の13日から16日)に盛大に法要を行うなどします。 なお、故人の霊がこの世へと戻って来る日(7月または8月の13日)が迎え盆、あの世へと帰っていく日(7月または8月の16日)が送り盆です。 初盆の法事の時期はいつ? 初盆では主に故人の供養のための法事が営まれます。 法事の時期は、やはり故人の霊が戻ってきている 14日または15日に行われるのが一般的です。 13日と16日はそれぞれ迎え盆に送り盆であるため、故人の霊のお迎えまたは見送りに費やされることから法事は行われないことが多いといえます。 浄土真宗は初盆を行わないの? 初盆は仏教のほとんどの宗派で迎えられますが、 浄土真宗の場合のみ初盆は行われません。 浄土真宗では 亡くなった方は仏様のお力ですぐに成仏し、極楽浄土で生まれ変わるとされているためです。 以上の理由から、故人の霊があの世から戻ってきて供養されるという考え方もありません。 むしろ、故人はすでに仏様として極楽浄土に生きる立場であるため、供養することは考えなくても良いといえます。 浄土真宗のお盆について興味ある方は、ぜひ「終活ねっと」のこちらの記事をご覧下さい。 初盆について、だいたいのことをご理解いただけたのではないでしょうか? ここからは、 初盆の際に使われる香典袋の種類や選び方について詳しく見ていきます。 地域によって水引の色が異なる 基本的に初盆で使われる香典袋の水引の色は、 弔事に使われる黒白が一般的です。 全国のほとんどの地域では、黒白の水引が掛かったものが使われます。 ただし、 関西や北陸のように黄白の水引の香典袋を選ぶ地域もありますので、事前にお住まいの地域で使われる水引の色についてはご近所の方などに確認しておくと安心です。 包む金額によって袋の種類を選ぶ また、黒白の水引を使う地域であっても、包む金額によって袋や水引きの種類に気を遣う必要があります。 例えば、 1万円までというように少ない金額を包むなら水引が印刷されているものでも大丈夫です。 しかし、多く包むなら立派な水引(双銀など)のものを選ぶようにするのが作法とされています。 また、包む金額に応じて使う袋にも気を付けましょう。 5万円以上であれば中金封を、10万円以上であれば大金封の袋を用いるのが一般的です。 余談ですが、香典ではなくお供えを持参する場合は、掛けるのし紙もお供え物の価値に合わせたものを使います。 特に画像からダウンロードできるものは、基本的に3千円から5千円程度の品物用であるため気を付けましょう。 初盆香典袋の書き方 香典袋の種類や選び方について見たところで、次は 香典袋の書き方にまつわるマナーについても見ていきます。 薄墨で書くべき? 香典袋に表書きなどを書くときに使う墨といえば、葬儀でよく使われる薄墨という印象を持っている方も多いでしょう。 初盆の場合でも薄墨で書くべきなのか気になるところです。 初盆の場合は 普通の墨を使って問題ありません。 葬儀で薄墨を使うのは、故人が亡くなった悲しみに服すという意思表示のためで、四十九日までの間の作法とされているからです。 しかし、初盆はすでに 故人の四十九日が過ぎ、故人をしのぶ段階であることから、普通の墨を使って大丈夫といえます。 外袋の書き方 香典袋には外袋と中袋とがあり、外袋には表書きと包んだ方の名前を書くのが一般的です。 表書きの書き方 まずは香典袋に書く中で最も重要であろう表書きについてみていきましょう。 初盆の場合は「御仏前」 表書きとは外袋の上半分の真ん中に記す表書きと呼ばれる包んだお金の題目です。 初盆の場合は 「御仏前(御佛前、ご仏前)」と書くのが作法とされています。 すでに故人の四十九日が過ぎ、故人が閻魔大王の審判の結果、成仏した後であるというのが理由です。 「御霊前」との違いは? 御霊前は、四十九日までの間の香典などに使う表書きです。 初盆は四十九日の法要を終えてから初めてのお盆のことなので、御霊前は適さないと言えます。 名前の書き方 外袋の下半分には包んだ方の名前を記します。 基本的には、 包んだ方個人の氏名をフルネームで記すのが作法です。 夫婦で持参する場合は、夫の氏名のみを記すか、夫のフルネームの横に妻の下の名前を記しましょう。 内袋(中袋)の書き方 香典袋には実際にお金を包む内袋(中袋)がついていることも少なくありません。 ここでは内袋の書き方についても見ていきましょう。 内袋に記す項目は、実際に包んだ金額と包んだ方の住所が主なものです。 金額の書き方 内袋に記す項目でも、包んだ金額の書き方は重要です。 金額を記す場合は、 表側の真ん中に漢数字の旧字体を用いて、頭に「金」をつけた正式な金額の書き方をします。 例えば、1万円を入れた場合は「金壱萬圓」、5千円を入れた場合は「金伍仟圓」というような書き方です。 もし、過不足なく包んだ旨を書きたい場合は、「圓」の後に「也(なり)」の字を入れましょう。 住所の書き方 住所は裏側の左下部分に書きます。 原則として縦書きで記すため、 丁目や番地の数字も漢数字で書きますが、こちらについては旧字体を使う必要はありません。 なお、ご遺族側の負担を少しでも和らげたいということであれば、 郵便番号や電話番号も漢数字を用いて縦書きに記すと良いでしょう。 初盆 新盆 の香典袋のお金の入れ方 最後に 初盆の香典で包むお金の入れ方についても見ておきましょう。 使用を避けるべき数字 実は初盆も含め法事の香典では使わない方が良い数字があります。 それが4や9の数字で、 4は「死」に、9は「苦」を連想させる縁起の悪い数字であるためです。 ほかにも 偶数のつく数字も避けた方が良いとされています。 割り切れることから、「故人のいるあの世とのつながりが切れる」ことを意識させるからです。 新札は使用してもいいの? 初盆を含め法事の香典で守るべき作法として、包む際に使うお札にも注意が必要です。 具体的には 新札を使わないという作法を指します。 これは、新札を包んだ場合、 故人の不幸を予想していたとご遺族側に思われかねないためです。 だからこそ、香典を包む際には古いお札を前もって用意しましょう。 もし、新札しかない場合は折り目を入れたうえで包みます。 お札の向きは揃えて入れる さらに、 お札は揃えて入れるという作法もあります。 ご遺族側で香典の管理などをする際の負担を少しでも和らげるためです。 加えて、香典の場合はお札の向きは 印字されている肖像が袋の裏を向き、なおかつ底側に来るように包むようにしましょう。 初盆 新盆 の香典袋に関するまとめ• 初盆とは、故人の四十九日の後に最初に迎える場合のお盆を指す。 故人が初めてこの世に戻って来るため、供養の意味で7月または8月14日と15日に盛大に法事が行われる。 浄土真宗の場合、教義上の理由から初盆は行われない。 初盆の香典袋の種類や選び方のポイントは水引にある。 基本的には黒白の水引だが、関西など一部地域では黄白のものを使う。 また、包む金額に応じて水引の色や袋の種類も使い分ける。 初盆の香典袋の書き方として、まず使う墨は普通のものを用いて問題ない。 外袋には表書きと名前を書き、表書きは「御仏前」を、名前は包んだ方個人のフルネームを記す。 内袋には包んだ金額と包んだ方の住所を記す。 包んだ金額は漢数字の旧字体を用い、頭に「金」をつけて書く。 住所については丁目や番地の数字は漢数字で記す。 初盆の香典袋にお金を包む際のマナーとして、4や9、偶数など縁起の悪い数字がつく金額は包まないようにする。 お札は古いものを使い、向きは印字されている肖像を裏向きで、かつ袋の底側に来るようにして揃えるのが作法である。 初盆に使う香典袋は、水引が黒白(地域により黄白)のものを基本的に選び、包んだ金額に応じた水引や袋の選び方をするというのがポイントです。 このため、包む予定の金額をあらかじめ決めておいたうえで、適切な香典袋を探すと良いでしょう。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 「終活ねっと」では終活に関する様々な情報を紹介しています。 初盆の際の服装について、興味ある方はぜひこちらもご覧下さい。

次の

お葬式 香典】香典袋・書き方・お金の入れ方包み方・中袋・渡し方・お通夜

新盆 香典 袋

自分と故人との関係により変わる金額 一般的な 新盆の香典金額の相場は5000~1万円です。 差が5000円と大きく開く理由として 故人との関係により金額の増減があります。 具体的な例として実の祖父母であれば約5000~1万円になり、実の親・兄弟や姉妹・子供の場合は1万~3万程度です。 この金額を参考にしていけばおおよその金額が予想が可能です。 親族であれば白いちょうちんの代金を出す可能性もありますので、ちょうちん代もあらかじめ準備しておく必要があります。 どうしても金額が予想できない時は3000円・5000円・1万円の3段階の中で故人との関係性を考えて選ぶといいでしょう。 宗派によっても異なる香典の金額 宗派によっても金額が異なりますが、一般的な香典金額の相場は5000~1万円で変わりありません。 例えば浄土真宗では友人で2000~5000円、親族では5000~2万円が相場になっています。 わからない時は周囲に合わせるのが安心です。 立場が同じ、または似ている人に確認してみると安心でしょう。 親族の場合は読経の後に御斎(食事)に招かれる可能性がありますので、その場合は1万円程度にし、食事がない場合は5000円程度にすれば周囲と外れることはありません。 ただ1人で出席する場合と家族で出席する場合では違いますので、 家族で参列する場合は相場よりも多めの金額を用意するといいでしょう。 表書きの書き方について知りたい! 宗派によって表書きに大きな違いはありませんが、仏教式では内容によって違います。 果物やお菓子等お供えする場合は「御供物」「御供」、香典には「御供物料」「御仏前」「御佛前」を使います。 新盆の場合、故人との関係が親や兄弟など身近な親族の場合はちょうちん代も必要です。 ちょうちん代の表書きは「御ちょうちん(ちょうちん)料」です。 水引は双銀・黒白・藍銀で関西方面では黄白・黄銀の結び切りが一般的です。 神式での香典の表書きは「御玉串料」「御神前」ですが、宗教宗派を問わず使えるのは「御供物料」です。 不祝儀袋は入れた金額に見合った袋にしましょう。 表書きの下に、夫婦なら中央に夫の名前を書き、夫の左横に妻の名前を連ねます。 新盆での読経では葬式の様に受付があるとは限りませんので、 香典・ちょうちん代を渡すタイミングは訪問時の施主にあいさつする時がベストです。 【関連記事】• 日本最大級の葬儀ポータルサイト「 」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。 お電話での問い合わせも 24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。 また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の