ライトコイン 種類。 ライトコイン(Litecoin/LTC)の今後と将来性!上がるのか暴落するのか専門家予想

ライトコイン(Litecoin)とは?ビットコインの違いと投資判断

ライトコイン 種類

・取引所 ・ ・ ・ ・ オンラインウォレット、ローカルウォレットは、オンライン上の管理となるため送金がしやすいというメリットがあります。 その一方で、ハッキングリスクに晒される事になり、安全性はハードウェアウォレットやペーパーウォレットに劣ると言えます。 ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットは、オフラインで秘密鍵を管理するため安全性が非常に高いというメリットがあります。 その一方で、コインの送金に手間がかかるというデメリットがあります。 ライトコインの保管には、下記のようにウォレットを使い分けると良いでしょう。 ライトコインのウォレット一覧 ライトコインに対応しているウォレットを以下に一覧表でまとめ、日本語対応の有無、種類、料金などを比較しています。 ウォレット名 説明 【種類】 取引所 【価格】 無料 【日本語対応】 あり 【説明】 ・資本金、取引量、ユーザー数で三冠達成 ・初心者に使いやすく、セキュリティが強い Litecoin Electrum 【種類】 ローカルウォレット(デスクトップウォレット) 【価格】 無料 【日本語対応】 あり 【説明】 ・ライトコイン、に対応 ・Windows、Mac、Linuxに対応 Litecoin Core 【種類】 ローカルウォレット(デスクトップウォレット)【価格】無料 【日本語対応】 あり 【説明】 ・ライトコインの公式ウォレット ・フルノード対応 ・Windows、Mac、Linuxに対応 EXODUS 【種類】 ローカルウォレット(デスクトップウォレット) 【価格】 無料 【日本語対応】 なし 【説明】 ・約30種類の通貨に対応 ・Windows、Mac、Linuxに対応 Jaxx 【種類】 ローカルウォレット(モバイルウォレット) 【価格】 無料 【日本語対応】 なし 【説明】 ・50種類以上の通貨に対応 ・iOS、Androidに対応 ・PCでも利用可能(Windows、Mac、Linux) LoafWallet 【種類】 ローカルウォレット(モバイルウォレット) 【価格】 無料 【日本語対応】 あり 【説明】 ・ライトコイン専用のウォレット ・iOS版のみ 【種類】 ローカルウォレット(モバイルウォレット) 【価格】 無料 【日本語対応】 なし 【説明】 ・90種類以上の通貨に対応 ・iOS、Androidに対応 Bitpie 【種類】 ローカルウォレット(モバイルウォレット) 【価格】 無料 【日本語対応】 あり 【説明】 ・約50種類の通貨に対応 ・iOS、Androidに対応 Ledger Nano S 【種類】 ハードウェアウォレット 【価格】 1万円~2万円 【日本語対応】 なし 【説明】 ・30種類の通貨に対応 ・Windows、Mac、Linuxに対応 KeepKey 【種類】 ハードウェアウォレット 【価格】 1万円~2万円 【日本語対応】 なし 【説明】 ・7種類の通貨に対応 ・Windows、Mac、Linuxに対応 TREZOR 【種類】 ハードウェアウォレット 【価格】 1万円~2万円 【日本語対応】 なし 【説明】 ・7種類の通貨に対応 ・通貨ごとに最大10個にアカウントが作成可能 ・Windows、Mac、Linuxに対応 liteaddress 【種類】 ペーパーウォレット 【価格】 無料 【日本語対応】 あり 【説明】 ・ライトコイン専用のペーパーウォレット ライトコインにおすすめのウォレット ライトコイン公式ウォレット ライトコイン公式ウォレットにはがあり、公式サイトから無料でダウンロードできます。 マルチシグに対応しているデスクトップウォレットなので安全性が高く、フルノード版を利用できるのでマイニングにも対応できます。 をダウンロードするので設定に時間が掛かり、容量も大きいので、ダウンロードする時はそれを念頭に置きましょう。 【2位】 最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所 【急上昇!】 東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる! 【1位】 現在レバレッジ取引で最大10,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。 取引手数料無料! 【2位】 ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所! 【3位】 一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単に リップルなどの人気銘柄の売買ができる!.

次の

アルトコイン(altcoin)の種類,特徴,有望性

ライトコイン 種類

ライトコインとは? ライトコインは、2011年に開発されたアルトコインです。 開発者は元GoogleエンジニアであるCharlie Lee チャーリー・リー 氏。 Googleを辞めた後、暗号資産 仮想通貨 取引所大手のコインベースで働きながら開発した通貨がライトコインです。 ライトコインは、ビットコインが金のような位置づけの通貨に対して、銀のような通貨を目指して開発された通貨といえます。 非常にビットコインと性能が近いので、そう呼ぶ人も多いです。 ライトコインの基本情報 通貨名 ライトコイン Litecoin 通貨略号 LTC 公開日 2011年 開発者名 Charlie Lee 公式サイト 発行上限 8400万枚 通貨の目的 ビットコインの欠点を補うために誕生 国内取引所 ビットポイント ビットバンク GMOコイン ビットフライヤー コインチェック DMM Bitcoin DMMビットコイン 海外取引所 Binance バイナンス KuCoin クーコイン Bittrex ビットレックス etc 銀を目指して作られた通貨と言われていますが、実際には送金手数料が安く、送金速度も速い通貨なので、ビットコインより実用性は非常に高いです。 クレジットカードの決済にもライトコインが導入される流れになっているので、今後はますます需要が増えていくのではないでしょうか。 決済分野での活躍が期待されているのです。 ライトコインの将来性が期待される点 ライトコインの今後に期待できるポイントを解説していきます。 ライトコインが期待され、投資されている理由は以下の3つのポイントです。 ポイント1:大手企業との提携• ポイント2:LitePal(ライトパル)• ポイント3:2019年に半減期 1 大手企業との提携 ライトコインは実用的に利用される目的で、大手企業との提携を進めています。 2017年12月:オンラインゲーム販売のプラットフォームSteamと提携(ライトコイン決済の導入)• 2018年:暗号資産 仮想通貨 デビットカードを提供するTenX テンエックス 社と提携 このように続々と大手企業との提携を進めています。 提携が進み利用者が増えていくと、ますますライトコインの需要が高まっていくことが期待できますね。 2 LitePal(ライトパル) LitePal(ライトパル)は、ライトコインの新しい決済サービスの一つです。 paypalをご存知でしょうか。 paypalと全く同じ仕組みで、お店にクレジットカードの番号が知られることがない決済方法です。 ライトコインは決済に優れた通貨。 このような決済サービスが今後増えてくるのが期待できます。 それとともに、需要が増えて価格も上昇傾向になります。 3 2019年に半減期 2019年8月に半減期を迎えます。 半減期はマイナーの報酬が減り、新規発行も減ります。 よって、供給が減っていくので価格も上がりやすくなっていくと考えられます。 4 国内取引所での新しい取扱い 新たに取引所で取扱いが始まることも将来性を期待させるポイントの一つです。 ライトコインは価格や人気が安定していることが特徴の一つですが、その結果取引所にとっても扱いやすい通貨であることがポイントです。 日本国内では、新たに取引所を開始したディーカレットでもライトコインの取扱が発表さsれていて今後の流通量拡大に期待が持てます。 ライトコインの将来の価格予想 実用的なライトコインですが、価格はいまひとつです。 今後、2019年以降の価格はどうなっていくのでしょうか? 価格予想 1 2200円 ライトコイン開発者であるCharlie Lee(チャーリー・リー)は、2017年12月の時点で、2200円になると予想していました。 2019年4月のライトコインの価格は6500円ほど。 予想よりも価格は上ですが、この暴落を予想できていたことが驚きです。 まだまだ下がる可能性があるのではないでしょうか。 底値の2500円ほどは脱した感があります。 価格予想 2 リップルの時価総額を越えるとの予想 経済雑誌Forbesのアナリストはライトコインがリップルの時価総額を越えるとの予想を発表しています。 リップルは以前から指摘を受けていたように、中央管理者のいる暗号資産 仮想通貨 で存在の目的も特殊です。 他に代替できるコインが登場すると批判を受けています。 リップルの価値が下がり相対的にライトコインがビットコイン・イーサリアムに次ぐ暗号資産 仮想通貨 になるのではと予想しています。 ライトコイン LTC は今後上がるのか 2017年末にライトコインは価格を一気に伸ばしました。 これはアルトコインバブルといって新規参入のユーザーが一気に参入した事によっておこった価格上昇です。 他のコインでも同じ現象が起こり、当時ニュースや新聞で話題になっていたことが記憶にある方もいるのではないでしょうか。 過去のライトコインの価格推移とチャート ライトコインのこれまでの価格推移から、値動きの特徴を掴み、今後の将来性を予想していきましょう。 2017年のライトコイン価格推移 2017年のライトコインチャートを見てみましょう。 これまで横ばいだった価格が一気に年末にぐんと上がりましたね。 3月の価格が4. 32ドルですから、12月には350ドルで約77倍まで成長しました。 2017年3月 2018年12月 ライトコイン価格 4. 32ドル 350ドル 2018年のライトコイン価格推移 2017年末、約350ドルだったライトコインは2018年始に急激に価格を下落させ、2018年下半期には約4分の1ほどの価格で落ち着いてしまいます。 2018年に冷え込んだ暗号資産 仮想通貨 業界、もうブームは過ぎ去ったかと思われましたが、2019年3月下旬から4月にかけて価格が急上昇しました。 100ドルには届かなかったものの、暗号資産 仮想通貨 業界に大きな影響を与えたことは確かです。 2019年1月 2019年4月 ライトコイン価格 28ドル 80ドル ライトコインが今後価格を上昇させるポイント ライトコインの価格推移から、今後どのように価格を上昇させうるのか予想をしていきます。 1 国内の新しい取引所への上場 現在ライトコインは、日本国内で投資ができる暗号資産 仮想通貨 の一つです。 楽天やディーカレット、Taotaoなど新しい取引所が徐々にサービスを拡大していっています。 その中で、価値の安定が特徴の一つであるライトコインが選ばれても不思議ではありません。 取引所への取り扱いが増えるということは、購入するチャンスがある投資家が増えるということです。 投資家が増えれば価格の上昇も期待することができます。 2 決済手段への採用 国内ではディーカレットが暗号資産 仮想通貨 でのauPayへのチャージを開始するなど、徐々に暗号資産 仮想通貨 を実社会の決済が連動する時代になってきています。 ライトコインは、決済処理速度とキャパシティがビットコインより優れていることが特徴の一つだと話しました。 今後決済サービスが登場する際に、ライトコインをその媒介通貨として利用することは不思議ではありません。 実用化すると、需要が高まります。 需要が増えると価格が上昇するのです。 ライトコインは実用性に優れた通貨!.

次の

ライトコインとは?仮想通貨での将来性や特徴を紹介!

ライトコイン 種類

ライトコイン (Litecoin) 基本情報 特徴 ライトコイン(Litecoin)とは、2011年にビットコインをベースに開発が開始された仮想通貨(暗号通貨)。 ビットコインの発行上限が2,100万枚なのに対して、ライトコインの発行上限は8,400万枚と4倍に設定されている。 また、ビットコインのブロック生成時間が約10分に調整されているのに対し、ライトコインは約2. 5分に調整されている。 ライトコインの特徴は、ビットコインのスケーラビリティ問題(取引データ処理に対するシステムやネットワークの拡張性・柔軟性の問題)に対して、セグウィット(SegWit:Segregated Witness)と呼ばれる取引データサイズを縮小される方法を用いたところにある。 発行上限 84,000,000 承認方式 Proof of Work 開始日 2011年10月7日 中央機関 なし 提唱者 Charlie Lee オフィシャルサイトURL ホワイトペーパーURL 公式TwitterURL ライトコイン(Litecoin)に関する最新ニュース ライトコイン(Litecoin)に関する最新ニュースを知りたい場合は、こちらのページ「」を参照のこと。 また、必要に応じて、ライトコイン(Litecoin)のやも参照のこと。 ライトコイン(Litecoin)の購入単位・最低購入額 ライトコインの購入単位は「LTC」。 読み方は、「エル・ティー・シー」である。 最低購入金額については、ビットフライヤー(bitFlyer)では、0. 00000001LTC()、コインチェック(Coincheck)では、500円相当分のLTC()、DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)では、1LTC()となっている。 CoinDesk Japanでは、金融庁に認可された国内ので購入することを推奨する。 具体的には、以下の通り。 参考: TAOTAO(タオタオ) TAOTAOを運営するTaoTao株式会社は、国内を代表するIT企業の一角を占めるZホールディングス(ZHD)のグループ会社。 001BTC ライトコイン(Litecoin)の価格・レート・チャートを確認する方法 ビットフライヤー(bitFlyer)でライトコイン(Litecoin)の価格・チャートを確認 ビットフライヤー(bitFlyer)でライトコイン(Litecoin)の価格・チャートを確認する際は、こちらのページ「」を参照のこと。 コインチェック(Coincheck)でリップル(Ripple)の価格・レート・チャートを確認 コインチェック(Coincheck)でライトコイン(Litecoin)の価格・チャートを確認する際は、こちらのページ「」を参照のこと。 DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)でリップル(Ripple)の価格・レート・チャートを確認 DMM Bitcoin(DMM Bitcoin)でライトコイン(Litecoin)の価格・チャートを確認する際は、こちらのページ「」を参照のこと。 GMOコインでリップル(Ripple)の価格・レート・チャートを確認 GMOコインでライトコイン(Litecoin)の価格・チャートを確認する際は、こちらのページ「」を参照のこと。 bitbank(ビットバンク)でリップル(Ripple)の価格・レート・チャートを確認 bitbankでライトコイン(Litecoin)の価格・チャートを確認する際は、こちらのページ「」を参照のこと。 ライトコイン決済の普及 1つ目の論点は、ライトコイン(Litecoin)決済の普及である。 今後、ライトコインを活用した決済が普及することで、ライトコインの需要が増え、値上がり要因の一つとなる可能性がある。 半減期の到来 2つ目の論点は、半減期の到来である。 ビットコインの半減期が2020年5月頃に控えており、その影響を受ける形で、ライトコイン(LItecoin)価格の変動が起こる可能性がある。 ちなみに、一部の市場観測筋は、2012年と2016年のビットコインの過去2回の半減期は、ビットコイン価格の大幅な上昇の要因になったと述べており、ドイツのバイエルン州立銀行は、2020年の半減期はビットコイン価格を9万ドルまで押し上げる可能性があると予測している。 出典: 世界各国の規制強化の動き 3つ目の論点は、世界各国の規制強化の動きである。 過去の記録を見る限りでは、中国、日本、米国などで仮想通貨に対する規制強化の動きがあれば、それに伴って、ライトコイン(Litecoin)価格が下落するケースが存在する。 仮想通貨を用いた詐欺やマネーロンダリングを未然に防止し、健全なマーケット環境を形成する上では、規制は必要不可欠なものであるが、短期的には、規制強化の動きは仮想通貨の価格下落をもたらす可能性がある。 反対に、規制緩和のニュース等があれば、仮想通貨価格の上昇に伴って、ライトコイン(Litecoin)価格も上昇する可能性がある。 ライトコイン先物の動向 4つ目の論点は、ライトコイン先物の動向である。 2019年6月に英国の仮想通貨先物取引プラットフォームとして知られるCryptoFacilitiesがライトコイン先物の取り扱いを発表。 今後、このような形で、ライトコイン先物の取り扱いが増えれば、ライトコイン価格にポジティブな影響を与える可能性がある。

次の