ありがたい 限り。 「幸いです」は実は目上の人に使っちゃダメ? 【ビジネス用語】

「ありがたい」の敬語のビジネスメールと類語|有難いお言葉/感謝の限り

ありがたい 限り

「ありがたい」の意味とは? 「ありがたい」の意味は「滅多にない・感謝」 「ありがたい」の語源は「有り難し(ありがたし)」で、「有る(あること)」と「難い(むずかしい)」の2語からできています。 思いもしない幸運に恵まれたり、期待していなかったような助けが得られたりすると、私たちは「ありがたい」ことが起きたと感じます。 現在では「ありがとうございます」というあいさつ言葉になっていますが、古くは「有り難ふ御座りまする」といいました。 「ありがたい」の表記は「ひらがな」が基本 ネットで変換すると「有難う御座います」の候補もありますが、「ありがたい」も「ありがとうございます」も、表記する場合はひらがなにするのが一般的です。 あいさつ言葉には「今日は(こんにちは)」「今晩は(こんわんは)」「御免なさい(ごめんなさい)」など由来となる言葉が存在しますが、いずれも基本的には「ひらがな」で書くことになっています。 「ありがたい」の使い方と注意点 「ありがたい」はお断りのクッション言葉 「ありがたい」は謝意を伝えるときだけでなく、ビジネスマナーとして欠かすことのできない「クッション言葉」としてもたいへん重要です。 クッション言葉とは、用件を丁寧にお断りしたいときや異論を唱える場面で結論の前にひとこと添えるクッションのような役割をする言葉のことで、「せっかくのありがたいお誘いですが~」「たいへんありがたいお話ではありますが~」のように使います。 「ありがたいです」の乱用は避けよう 「ありがとうございます」の代わりに「ありがたいです」と言うことも可能ですが、「形容詞+です」は短絡的で稚拙な印象になりやすいため、そういった用法が習慣になっていないか見直してみましょう。 しかも、「ありがたい」の丁寧語表現としては「ございます」の方がより丁寧であるため、あいさつ言葉として定着している「ありがとうございます」をわざわざ「ありがたいです」と言い換えると他意を疑われることにもなりかねません。 「感謝の言葉」と「嬉しい」の表現は分けよう あまり一般的でない表現を乱用することのデメリットは、「クセの強い人」と言う印象を相手に与えてしまうことです。 授業中に先生の口ぐせを数えてしまったという経験はないでしょうか。 もうすこし神経質な人ならストレスを感じて授業に集中できなくなってしまったかもしれません。 たしかに、紋切型のあいさつよりも率直な気持ちを口にしたほうが伝わりやすい場合もありますが、「ありがたいです」は自分の気持ちを表現する言葉として、一般的な慣用句である「ありがとうございます」とは使いわけることをおすすめします。 ビジネスでは避けたい「~たいです」 「ありがたいです」の乱用を避けるべきもうひとつの理由に、近年増えつつある「~たいです」という表現に対する評価が分かれていることもあげられます。 「~してください」と依頼するのではなく、「~して頂けるとありがたいです」「~していただきたいです」のような言い回しは自分の希望をやんわりと伝えているだけなので、コミュニケーションとして不完全な印象です。 「して頂きたいならちゃんと依頼しろ」と相手に思わせてしまうリスクがあります。 「ありがたい」の類語と言い換え 類語は「幸いです」「幸甚です」 「幸い(さいわい)」「幸甚(こうじん)」は、かつてはそれほど頻繁に目にすることはありませんでしたが、近年とくに「~してくだされば幸いです」「いただけますと幸いです」という表現は、メールの締めには欠かせない決まり文句となっています。 本来の意味は「~してもらえるとうれしい」という希望の謙遜表現で、「幸甚」は「はなはだ(非常に)うれしい」という意味です。 いずれも書き言葉であり、話し言葉に使われることはありません。 それほど強い意志をあらわす言葉ではないため、近年では「~してください」という依頼の婉曲表現として用いられる傾向がありますが、もともと「~してもらえたら私が幸せです」という表現なので、同じ文面の中で乱発してしまうと「自分の幸いばかり」と違和感を覚える人もいるようです。 また、判で押したような「マニュアル敬語」になってしまうリスクもあるため、適宜「お願いいたします」「助かります」などのふさわしい言葉に置き換えたいところです。 「ありがたい限りです」で喜びをあらわす 「ありがたい」は形容詞なので、ほかの言葉と組み合わせることで生き生きとしたオリジナリティを出すことができます。 「とてもありがたく心に沁みます」など、感謝をあらわすほかの表現と抱き合わせて気持ちを伝えましょう。 「ありがたい限り」とは、「願ってもない」「最高にありがたい」「感謝の気持ちで心がいっぱい」という意味で、丁寧なお断りでも「ご厚意はありがたい限りなのですが、いまは十分間に合っています」のように使います。 「過分なるお言葉」「おかげさま」で言い換える 「過分(かぶん)」とは「身に余るほどの」という意味で、「過分なるご厚情」「過分なるお心遣い」のように「ありがたい」の内容とセットで言い表します。 「おかげさま(御蔭様)」は江戸時代から使われている古い言い回しで、見えない力が働いて実力以上の幸運に恵まれたという謙遜表現です。 感謝をあらわす言い回しに謙譲表現が多いのは、多くの人が感謝するとき自然に謙遜な気持ちになるためではないでしょうか。 まとめ クッション言葉やあいさつ言葉としおなじみの「ありがたい」は、形容詞としてあらゆるシーンや立場で使えるポピュラーな言葉なので、それだけに使い方には注意したいものです。 敬意の足りないビジネス用語はそれだけで問題ですが、あまり大げさな表現になってしまうのもスマートなビジネスパーソンはいえません。 敬語としては間違っていないのに、何となく浮いてしまう「コピペ敬語」「マニュアル敬語」にならないためにも、過不足のない言葉選びを心がけましょう。

次の

「幸いです」は実は目上の人に使っちゃダメ? 【ビジネス用語】

ありがたい 限り

ビジネスメールでよく見かける「幸いです」という言葉。 便利な言葉ですが、その意味と正しい使い方を、あなたはご存じでしょうか。 目上の人に対して使ってもいい表現なのか、ほかにどんな言い方があるのか。 今回は、「幸いです」の正しい使い方や言い換えについて解説します。 ビジネスメールで多用される「幸いです」でも実は目上の人には失礼? つまり、「幸いです」という言葉には 「出来ればで構いませんので」というニュアンスが含まれているのです。 そのため、「必ず実行してもらいたい」場合に使うべき言葉ではありませんので、注意しましょう。 「幸いです」という言葉は、とても丁寧な表現のように思えますが、実は、目上の人に対して使うには、相応しくない表現とされています。 「幸いです」という言葉は、丁寧で柔かい表現ではあるものの、その言葉でもって締めくくられると、どこか一方的に要望を述べられて終わっている感があり、相手に失礼な印象を与えかねないからです。 また、目上の人に対して何かを依頼するならば、謙譲語を用いるべきです。 では、どんな表現が相応しいのでしょうか。 「幸甚」は、「この上なく幸せ」「非常にありがたく思う」という意味ですから、「幸いです」よりもさらにうれしいということを示す丁寧な表現と言えます。 同僚や対等な立場にある相手に対しては「幸いです」を、相手が目上の人の場合には「幸甚です」を用いると良いでしょう。 同僚や対等な立場にある相手に…… ・「本日中に提出していただけると幸いです」 目上の人に…… ・「明日までにお返事いただけると幸甚です」 「幸いに存じます」「幸甚に存じます」 「幸いです」よりも「幸甚です」の方がより丁寧な表現ですが、文章がとても硬い印象になってしまいます。 丁寧かつ柔らかい表現にしたいのであれば、「幸いに存じます」がおすすめです。 また、より強い敬意を表したいのであれば、「幸甚に存じます」とするのも良いでしょう。 ちなみに、「存じます」は「思います」の謙譲語ですから、どちらも目上の人に対して使うのに相応しい謙譲表現になります。 ・「プレゼンの資料を今一度ご確認していただけると幸いに存じます」 ・「なお、懇親会の席にもご出席いただけると幸いに存じます」 より強い敬意を表す場合…… ・「お時間の許す限り、ご高覧賜りましたら幸甚に存じます」 ・「新しいプランを作成して参りましたので、再度検討していただけると幸甚に存じます」 「助かります」「ありがたいです」 「幸いです」のよりくだけた表現に、「助かります」「ありがたいです」があります。 同僚や対等な関係にある相手に、メールや文書で依頼するのであれば「幸いです」を使うのが一般的ですが、電話や会話では「助かります」「ありがたいです」を用いても良いでしょう。 ただし、かなりくだけた表現になりますので、距離感の近い相手に限定して使うようにしましょう。 距離感の近い同僚や対等な立場にある相手に おもに口語 …… ・「この資料、明日までにまとめてもらえると助かります」 ・「明日の仕事、代わってもらえるとありがたいです」 今回は、「幸いです」の使い方と類語をご紹介しました。 「~してください」という断定的な言い方を避けた柔かい表現ではある反面、「してもしなくてもいい」という非常に曖昧な言葉でもあります。 また、目上の人に使う場合には注意が必要です。 そのことを理解した上で、正しく賢く使い分けするようにしましょう。

次の

「幸いです」は実は目上の人に使っちゃダメ? 【ビジネス用語】

ありがたい 限り

20代のビジネスマンとして、しっかりしたビジネス敬語を身につけておくのは、実はとっても大切な武器になります。 ワールドワイドな企業では英語力が高い評価をされていますが、高い英語力をあげるためにはベースとなる日本語がしっかり話せるからこそだと思います。 まずは綺麗なビジネス敬語を丁寧に話すことができる人こそ、多くの業界や企業で重宝されるビジネスパーソンになります。 ビジネス敬語は社会人マナーとして必須 言葉を軽く発することができるインスタントな時代だからこそ、「ビジネス敬語を大切にすること」が求められています。 「ありがたい」などの敬語を適切に用いることができることも、実はビジネスマンにとって大切な要素のひとつ。 ありがたい気持ちを根底において、円滑なビジネス敬語を身につけていきましょう。 「ありがたい」は気軽なビジネスのお願いシーンで使える敬語 それではこれから、気軽なビジネスシーンで使える「ありがたい」の敬語の使い方を紹介します。 ビジネスでは自分と相手とで、コミュニケーションをしっかり取ることが大切です。 このコミュニケーションを取るための会話で、あまりにもガチガチの敬語で話してしまうと、相手と距離を生んでしまいます。 場合によっては気軽に話せる敬語を使う方が相手との距離も縮めることができます。 「頂けますか」をプラスして敬語に丁寧さを追加する クライアントとの打ち合わせなど、こちらの願望をより丁寧に伝えたい場合は「~して頂けるとありがたいのですが」というフレーズを加えると、より丁寧さが伝わり、上から目線が和らぐセンテンスになります。 あまり過剰に丁寧な敬語を用いると、かえって失礼にあたりますので、「ありがたい」などシーンに合わせて使うことをおさえておきましょう。 相手の空気を読んで「ありがたい」などの敬語を使い分けよう ビジネスのスキルアップさせるためには「ありがたい」や「頂く」などのフレーズの玉手箱をいくつか揃えておくと、多彩な言葉のキャッチボールが楽しめるようになります。 失礼にあたらない言葉をおさせておくことで、できる人材としての印象を相手に与えることも出来ます。 相手が何を求めているのかきちんと把握をして、受け答えをすることが大切です。 「ありがたい」の後に「感謝しています」という表現を付け加える ビジネスシーンにおいて、自分が担当した仕事や企画が誰かの目に留まり、上司や先輩からとても良い評価をもらえる機会があります。 そんな時に温かい言葉をかけてくれた人に伝える感謝の気持ちを「ありがたい」で表しましょう。 ただ「ありがたいです」だけではなく、「感謝しています」も付け加えて「ありがたいです、感謝しています」と言うと気持ちがより伝わります。 ありがたい」を「お心遣い」で言い換える 例えばビジネスシーンにおいて、上司や目上の目上の人から出張のお土産をもらったとします。 そのときに「ありがたいです」という感謝の伝え方は敬語としては不十分です。 そんなときには、「ありがたい」を「お心遣い」に言い換えて、「福岡のお土産なんですね!お心遣い本当にありがとうございます」などというようにしましょう。 空気を読んで「ありがたい」などの敬語を使い分けビジネスを円滑にすすめよう インスタントな日本語が増えている現代のビジネス敬語は、「ありがたい」などの敬語を適切に用いることは、ビジネススキルを高める重要なトピックスです。 ミーティングスキルを高めるポイントは「その場の空気を読むこと」「相手の要望を的確にとらえること」「ありがたいなどの敬語をつかい、丁重な態度で臨むこと」がキーポイントになります。

次の