カローラ ツーリング レビュー。 トヨタ・カローラ ツーリング ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 素材のよさがあればこそ

【試乗記】「トヨタカローラツーリング」

カローラ ツーリング レビュー

この記事の目次• カローラツーリングの4WDグレードの価格は? カローラツーリングの売れ筋グレードにおける2WD車との価格差は? カローラツーリングの4WD車で一番の売れ筋となっているのは、 「ハイブリッドG-X」です。 同一グレードの2WD車との価格差は、 198,000円となっています。 ハイブリッドG-X 2WD 2,480,500円 ハイブリッドG-X 4WD 2,678,500円 プリウスの2WDと4WDの価格差がおよそ194,400円なので、まずまず妥当な価格差となっています。 カローラツーリング4WDと2WD車との仕様の違いは? ボディスペック 1410 カローラツーリングの2WDと4WDのボディスペックの違いは、全高・最低地上高は同じ、車両重量は4WDの方が60㎏重くなっています。 ガソリン車だと通常4WDの方が最低地上高が高くなるのですが、カローラツーリングハイブリッドの場合、システム上2WDと同じ車高となっています。 パワートレイン カローラツーリングの4WD車は1. 8Lハイブリッドのみの設定となっており、ガソリン車やターボには4WDが用意されていません。 6kgmが搭載されています。 カローラツーリング4WDのライバル車との価格差は? カローラツーリング ハイブリッドG-X 4WDのライバル車には、 「ホンダ・シャトルハイブリッド」の4WD車、「ハイブリッドX ホンダセンシング」が価格帯が近く、適当なライバル車と言えます。 価格は、カローラツーリング ハイブリッドG-X 4WDの2,678,500円に対し、シャトルハイブリッドX ホンダセンシング4WDは2,569,320円と若干安くなっています。 両者の安全装備を比較すると、カローラツーリングハイブリッドG-Xは、インテリジェントクリアランスソナーがメーカーオプションなので、標準ではアクセル踏み間違い防止機能が付いていません。 シャトルハイブリッドXは、アクセル踏み間違い防止機能は標準で付いていますが、ブラインドスポットモニターの設定はありません。 カローラツーリングハイブリッドG-Xはブラインドスポットモニターもメーカーオプションとなりますが装着可能なので、安全装備ではモデルの新しいカローラツーリングが有利となります。 ただ、ボディサイズも大きくなり車格がフィールダーから上がってしまったツーリングは、シャトルと比べるといく分割高な面は否めません。 カローラツーリング4WD車の実燃費は? カローラツーリングのカタログ燃費との差は? カローラツーリングハイブリッドG-X4WD車の燃費は、 カタログ値 WLTCモード が26. ハイブリッドの4WD車としては悪い数値ではなく、標準的な実燃費となっています。 カローラツーリング2WD車との実燃費の差は? 当サイトの調査による カローラツーリングハイブリッドG-X 2WD車の実燃費は、22. 4WDと2WDの実燃費の差は約2. カローラツーリングのライバル車との実燃費の差は? 当サイトの調査による シャトルハイブリッドX・ホンダセンシング4WD車の実燃費は 17. 5kmで、カローラツーリングハイブリッド4WDよりも悪い数値となっています。 やはり新型のカローラツーリングの方が、設計が新しい分、燃費も優れています。 カローラツーリング4WD車の雪道の走行性能は? カローラツーリングの4WDはどんなシステム? 4WDの概要 カローラツーリングハイブリッドに採用されている4WDシステムは、「E-Four」と呼ばれる電気式の4WDシステムが採用されています。 造りはコンパクトで居住性や荷室容量を稼げる反面、4WDの悪路性能はガソリン4WD車と比べて劣る面があります。 発進・加速時 同じ銘柄のスタッドレスタイヤを履いてカローラツーリングハイブリッド2WD車と比較すると、4WD車は発進時のホイールスピンが少ない上、クルマの姿勢変化も少ないので心理的な安心感が違います。 その後の加速も、アクセル開度やエンジン回転数などに応じ伝達トルクが最適になるよう制御されるため、非常にスムーズです。 ただし、最低地上高が130mmしかないので、深雪で埋まった駐車場からの発進は得意項目ではありません。 登坂・降坂時 雪道での登坂能力は、2WD車を上回ります。 特に、荷室に遊びの道具を満載して荷重がリア寄りになった場合のトラクションには、大きな差が出ます。 また、降坂時は後輪にもエンジンブレーキがかかるので、安定した減速が可能になります。 通常走行時 雪面の情況変化が少ない道路での直進時など、安定した走行をしている場合は前輪駆動に近い状態となり、燃費向上に貢献します。 また、コーナリング時は後輪にも適切なトルクが伝達されるため、スムーズかつ安定した旋回が可能になります。 カローラツーリング4WDのまとめ カローラツーリングハイブリッド4WD車を総合的に評価すると、簡易的な4WDシステムとは言え、雪道での走破性はファミリーカーとしては十分満足できるレベルにあります。 ただし、ロードクリアランスが小さいので豪雪時の使用は控えた方が賢明でしょう。 一方、燃費性能は4WDと考えるととても良い部類で、経済性も兼ね備えた4WD車と言えます。 下取り車があるなら、さらに新車が安く買える 新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。 もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。 実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。 ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。 何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の 経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。 そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。 反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。 買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。 この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。 ただ、 自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。 そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。 わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。 この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。 そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。 ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと 19万円もアップしたのです。 とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。 ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。 どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。 ガリバーの無料スマホアプリで査定 取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ 「ガリバーオート」が簡単です。 ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。 アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。

次の

トヨタ 新型「カローラ」「カローラツーリング」試乗で分かった“強みと弱み”

カローラ ツーリング レビュー

この記事は、 5 分で読めます。 2018年6月に新世代カローラシリーズの先鋒として5ドアハッチバックのカローラスポーツが登場、そして2019年9月に「本命」の4ドアセダンのカローラとステーションワゴンのカローラツーリングの販売が開始されました。 今回は国産車の貴重なコンパクトステーションワゴンである新型カローラツーリングに自動車評論家の萩原文博さんが試乗し、その走行性能や使い勝手をチェックしました。 名前を変えるほどの大きな進化 カローラのステーションワゴンは先代まではフィールダーと呼ばれていました。 しかし、新型はカローラツーリングへとネーミングが変更されました。 トヨタのクルマ構造改革であるTNGAを採用したことで、低重心でスポーティなスタイリングを手に入れ、走る楽しさと取り回しの良さを両立した新型は、確かに見た目も中身も大きく変わっています。 世代交代を印象づけるのがネーミング変更の狙いの一つでしょう。 カローラツーリングはトヨタの先進安全装備である「トヨタセーフティセンス」の最新版を全車に標準装備しており、安全性能も飛躍的に進化しています。 さらに国内トヨタ初となるディスプレイオーディオの標準装備やスマートフォンとの連携などコネクティッドサービスも充実。 先代モデルとは世代が違うだけでなく、クルマの実力が大きく変わったこともネーミング変更の理由かもしれません。 3ナンバーサイズとなったものの国内向けは幅を抑えた カローラツーリングには3種類のパワートレインが用意されています。 ハイブリッドと1. 今回試乗したのは、車両本体価格236万5000円の1. ただ幅についてはカローラスポーツの1790mmに比べ45mm少なく、日本向けの配慮がうかがえます。 商用バンから脱却した以上に個性的なスタイリング トヨタのフロントマスクのデザインアイコンである「キーンルック」によって、カローラツーリングは低重心なシルエットがより強調されています。 サイドビューはリア方向へ抜けの良いサイドウインドウグラフィックとドアショルダー部で伸びやかさが表現されています。 カローラフィールダーの実用性重視、もっと率直にいえば商用バン譲りだったスタイリングに比べて、格段にスポーティな外観デザインになりました。 樹脂製バックドアを採用し、高い走行性能を実現させるための軽量化を施しているあたりにも、カローラツーリングの目指している方向がわかります。 ステーションワゴンらしいラゲッジルームの工夫 そんなスタイリッシュなデザインにもかかわらず、ステーションワゴンとしての機能はスポイルされていません。 カローラツーリングのラゲッジスペースの容量は5人乗車時で392Lを確保。 さらにリアシートをすべて倒すと最大802Lまで拡大します。 ラゲッジルームの奥行きは通常時で930mm、リアシートを倒すと1953mmまで拡大するので長尺物も楽々積むことが可能です。 またリバーシブルデッキボードが設定され、荷室の床面の高さは2段階に調整可能。 上段にセットすると後席を倒した際にフラットな床面となり、下段にセットすれば背の高い荷物の積載が可能です。 デッキボードの裏面はタフユースに対応した樹脂製でステーションワゴンとしての利便性を高めています。 1ランクではなく2ランクアップした走りの質感 カローラツーリングに試乗してみると、全幅1745mmの3ナンバーサイズとは思えないほど取り回しの良さが印象的です。 3mに抑えられているため、ボディの大きさが気になることはほとんどありません。 なにより低重心、そしてワイド化されたボディによって走行性能は従来モデルとは比べものにならないほど向上しています。 カーブでハンドルを操作してからのクルマの反応の速さやクルマの傾きの小ささなどは、質感が1ランクどころか2ランクほど向上しています。 さらに向上を実感するのが静粛性。 お世辞にも新しいとは言えない1. 8Lガソリンエンジンですが、車内への騒音の侵入を最小限に抑えています。 これがハイブリッド車だったらさらに静粛性は高いでしょう。 気になる点もあるが、走りのステーションワゴンの存在価値は高い 大きく進化したカローラツーリングですが、ちょっと気になることもありました。 乗り味が少々硬いこと、そしてリアラゲッジの大開口部分の影響か、セダンに比べてコーナリング時に若干リアの動きが大きく感じました。 この2点が修正されるとさらにクルマの動的質感は向上するでしょう。 選択肢の少なくなったコンパクトステーションワゴンにはカローラツーリング以外にもホンダシャトルがあります。 ラゲッジルームの容量にプライオリティを置いたシャトルと、走りのバランスが絶妙な新型カローラツーリングとでは大きくキャラクターが異なっています。 ユーザーにとっては自分の用途に合わせて選べるようになったのではないでしょうか。

次の

荷室高も変えられる!新型カローラツーリングのデッキボードの使い勝手レビュー

カローラ ツーリング レビュー

この記事の目次• カローラツーリングの4WDグレードの価格は? カローラツーリングの売れ筋グレードにおける2WD車との価格差は? カローラツーリングの4WD車で一番の売れ筋となっているのは、 「ハイブリッドG-X」です。 同一グレードの2WD車との価格差は、 198,000円となっています。 ハイブリッドG-X 2WD 2,480,500円 ハイブリッドG-X 4WD 2,678,500円 プリウスの2WDと4WDの価格差がおよそ194,400円なので、まずまず妥当な価格差となっています。 カローラツーリング4WDと2WD車との仕様の違いは? ボディスペック 1410 カローラツーリングの2WDと4WDのボディスペックの違いは、全高・最低地上高は同じ、車両重量は4WDの方が60㎏重くなっています。 ガソリン車だと通常4WDの方が最低地上高が高くなるのですが、カローラツーリングハイブリッドの場合、システム上2WDと同じ車高となっています。 パワートレイン カローラツーリングの4WD車は1. 8Lハイブリッドのみの設定となっており、ガソリン車やターボには4WDが用意されていません。 6kgmが搭載されています。 カローラツーリング4WDのライバル車との価格差は? カローラツーリング ハイブリッドG-X 4WDのライバル車には、 「ホンダ・シャトルハイブリッド」の4WD車、「ハイブリッドX ホンダセンシング」が価格帯が近く、適当なライバル車と言えます。 価格は、カローラツーリング ハイブリッドG-X 4WDの2,678,500円に対し、シャトルハイブリッドX ホンダセンシング4WDは2,569,320円と若干安くなっています。 両者の安全装備を比較すると、カローラツーリングハイブリッドG-Xは、インテリジェントクリアランスソナーがメーカーオプションなので、標準ではアクセル踏み間違い防止機能が付いていません。 シャトルハイブリッドXは、アクセル踏み間違い防止機能は標準で付いていますが、ブラインドスポットモニターの設定はありません。 カローラツーリングハイブリッドG-Xはブラインドスポットモニターもメーカーオプションとなりますが装着可能なので、安全装備ではモデルの新しいカローラツーリングが有利となります。 ただ、ボディサイズも大きくなり車格がフィールダーから上がってしまったツーリングは、シャトルと比べるといく分割高な面は否めません。 カローラツーリング4WD車の実燃費は? カローラツーリングのカタログ燃費との差は? カローラツーリングハイブリッドG-X4WD車の燃費は、 カタログ値 WLTCモード が26. ハイブリッドの4WD車としては悪い数値ではなく、標準的な実燃費となっています。 カローラツーリング2WD車との実燃費の差は? 当サイトの調査による カローラツーリングハイブリッドG-X 2WD車の実燃費は、22. 4WDと2WDの実燃費の差は約2. カローラツーリングのライバル車との実燃費の差は? 当サイトの調査による シャトルハイブリッドX・ホンダセンシング4WD車の実燃費は 17. 5kmで、カローラツーリングハイブリッド4WDよりも悪い数値となっています。 やはり新型のカローラツーリングの方が、設計が新しい分、燃費も優れています。 カローラツーリング4WD車の雪道の走行性能は? カローラツーリングの4WDはどんなシステム? 4WDの概要 カローラツーリングハイブリッドに採用されている4WDシステムは、「E-Four」と呼ばれる電気式の4WDシステムが採用されています。 造りはコンパクトで居住性や荷室容量を稼げる反面、4WDの悪路性能はガソリン4WD車と比べて劣る面があります。 発進・加速時 同じ銘柄のスタッドレスタイヤを履いてカローラツーリングハイブリッド2WD車と比較すると、4WD車は発進時のホイールスピンが少ない上、クルマの姿勢変化も少ないので心理的な安心感が違います。 その後の加速も、アクセル開度やエンジン回転数などに応じ伝達トルクが最適になるよう制御されるため、非常にスムーズです。 ただし、最低地上高が130mmしかないので、深雪で埋まった駐車場からの発進は得意項目ではありません。 登坂・降坂時 雪道での登坂能力は、2WD車を上回ります。 特に、荷室に遊びの道具を満載して荷重がリア寄りになった場合のトラクションには、大きな差が出ます。 また、降坂時は後輪にもエンジンブレーキがかかるので、安定した減速が可能になります。 通常走行時 雪面の情況変化が少ない道路での直進時など、安定した走行をしている場合は前輪駆動に近い状態となり、燃費向上に貢献します。 また、コーナリング時は後輪にも適切なトルクが伝達されるため、スムーズかつ安定した旋回が可能になります。 カローラツーリング4WDのまとめ カローラツーリングハイブリッド4WD車を総合的に評価すると、簡易的な4WDシステムとは言え、雪道での走破性はファミリーカーとしては十分満足できるレベルにあります。 ただし、ロードクリアランスが小さいので豪雪時の使用は控えた方が賢明でしょう。 一方、燃費性能は4WDと考えるととても良い部類で、経済性も兼ね備えた4WD車と言えます。 下取り車があるなら、さらに新車が安く買える 新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。 もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。 実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。 ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。 何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の 経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。 そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。 反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。 買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。 この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。 ただ、 自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。 そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。 わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。 この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。 そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。 ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと 19万円もアップしたのです。 とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。 ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。 どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。 ガリバーの無料スマホアプリで査定 取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ 「ガリバーオート」が簡単です。 ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。 アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。

次の