足の親指の腫れ。 足の指の腫れ:医師が考える原因と対処法|症状辞典

足の親指が腫れています

足の親指の腫れ

何科にかかる?足の親指の付け根が痛く痛風が疑われる場合 痛風 痛風とは尿酸が体内に溜まることで、結晶化されて、身体中の関節に炎症を起こし、激しい痛みとなって現れます。 尿酸酸値が高い状態が続く、高尿酸血症という状態にある人が、治療をせずに放置しておくと、ある日突然に発作のように痛みが現れます。 痛みが出る部分は特に足の親指の付け根であって、 患部を見て見ると、赤く腫れ上がって熱を持っている状態です。 発作は1週間前後で治まり、しばらくすると症状はなくなります。 しかし、忘れたころに再び同様の症状に悩まされます。 半年〜1年以内には再び症状が出てきて、正しい治療を行わないと再発を繰り返し、症状が出るスパンも短くなってきます。 何科にかかれば良い? 痛風とはっきり分かる場合には、内科を受診しましょう。 もともと尿酸値が高いときには必ず医師に伝えましょう。 内科では血液検査や尿検査などをおこないます。 もし、痛風か分からない場合には、整形外科でも大丈夫です。 整形外科で痛風と診断されたら内科に行く必要はありますが、整形外科でも痛み止めの内服薬の処方は可能です。 何科にかかる?足の親指に膿や痛みがでるひょう疽の場合 化膿性爪周囲炎 別名ひょう疽とも呼ばれている病気です。 この病気は足の爪の周りが赤く腫れて、痛みが出ます。 黄色ブドウ球菌などの細菌に感染すると、症状が悪化して、患部に膿が溜まり赤紫色の皮膚に変化します。 放置しておくと、痛みが強く腫れもひどくなるので、生活に支障をきたしてしまいます。 何科にかかるのが良い? 化膿性爪周囲炎になった場合には、自然に治癒するということはありません。 中には膿が気になってしまい自分で潰して出してしまう人がいますが、再感染の危険もあるためやめましょう。 この場合には、早めに皮膚科にかかると良いでしょう。 皮膚科では、膿が出ていれば切開して排出し、その後は抗生物質の内服などで治療していきます。 自分で治そうと思ってもなかなか治らず、何回も再発する恐れがあるため早めに受診するようにしましょう。 何科にかかるのが良い?足の親指が巻き爪で痛い場合 巻き爪とは 巻き爪は、足の爪の両端の先端が、強く内側に入り込んだ状態です。 巻き爪はどの指の爪でも起こりやすいですが、特に負担のかかりやすい親指では、巻き爪になる確率が高いです。 巻き爪が進行していくと、どんどん爪が肉に食い込んでいき強い痛みを起こしたり、巻き込まれた皮膚が細菌に感染して化膿してしまったりして、歩行するのもツライ状況になります。 早めに対応すれば改善も見られるので我慢しないようにしましょう。 何科にかかれば良い? 爪は皮膚の一部として考えられているので、まずかかるなら皮膚科を受診しましょう。 また、症状が重いような場合には、形成外科などの外科系の病院へいきましょう。 治療は軽度のものであれば、爪を切って外用薬ですむこともありますが、重くなってくるとワイヤーで固定や爪を取り外すなど外科的治療が行われます。 何科にかかるのが良い?足の親指が外反母趾の痛みの場合 外反母趾とは 外反母趾とは足の親指が何らかの原因で、隣の人差し指の方に平仮名のくの字のように曲がってしまい、骨が変形し、突出した部分の関節が炎症を起こし、その部分が靴などにあたると激しい痛みを引きおこします。 外反母趾の主な原因は、足に合わない靴を履いていることです。 例えば足のサイズに合わない窮屈な靴や、ヒールのような高い靴などが原因であることが多いです。 足指を圧迫することで足のアーチが崩れ、足のバランスが悪くなり、指が曲がりやすくなってしまいます。 普段から靴の選び方に注意して、自分の足に合った靴を履くようにしましょう。 何科にかかれば良い? 外反母趾は整形外科を受診しましょう。 中には専門外来もあるところもあります。 レントゲンをとって外反母趾の程度を確認していきます。 軽度であれば、固定法などで改善することがありますが、重度のときには手術療法を行う場合があります。 何科に行けばいい?足の親指の付け根が痛む種子骨炎の場合 種子骨炎とは 種子骨という骨をあまり聞かないと思いますが、この骨は手や足などの関節付近の筋肉の中にある骨です。 足の親指の付け根あたりにある種子骨は、クッションのような役割をする大事な骨です。 過度にかかる過重や何か強い衝撃、足のサイズに合わない靴で長時間の歩行、つま先立ちなどをよくするなどで、このクッション機能が低下し、炎症を起こし、足の親指の付けが腫れたり痛みを発症します。 痛みがあるときに足の親指を触れてみると、ぼこっと種子骨が触れることがあります。 何科にかかれば良い? 種子骨炎の疑いがある場合には整形外科を受診しましょう。 レントゲン撮影などで分かります。 鎮痛剤や足底板 インソール などを用いた治療が開始されるでしょう。 足を安静にし、足底板を当てることで大分痛みは軽減されるようです。

次の

足の親指腫れと変色

足の親指の腫れ

足の指の腫れは痛みなどを伴うことも多く、歩行などに影響が出やすい症状です。 足の指が1本だけ腫れている• 足の親指が腫れていて、変形しているようにも見える• 足の指が腫れて熱を持っている このような心当たりがある場合、考えられる原因にはどのようなものがあるでしょうか。 足の指の腫れを引き起こす病気 足の指の腫れの原因となる病気には以下のようなものがあります。 外反母趾 足の親指が人差し指を圧迫するように「くの字状」に曲がる病気です。 足の指の腫れや痛みのほか、関節のなどを起こすことがあります。 つま先の細い靴やハイヒールなどを履き続けたことで起こる場合も多く、患者のほぼ9割は女性というのも特徴的です。 また、上記のような靴によるものだけでなく、遺伝的な要素も指摘されています。 足の指の痛みを軽減するための動作や姿勢が多くなり、ほかの部位への負担が増加し、腰痛や膝の痛みを併発することも少なくありません。 関節リウマチ 免疫システムが誤って自分の正常な関節を攻撃し破壊してしまう、いわゆる自己免疫性疾患のひとつです。 関節に炎症を起こし、関節の痛み、腫れ、こわばりなどが現れます。 全身のあらゆる部位に症状が出る可能性があるため、足の指に症状が出ることもあります。 症状が長引くと、関節の変形・によって曲げ伸ばしが難しくなることもあります。 痛風性関節炎 つうふうせいかんせつえん 尿酸という物質の結晶が関節の中に 析出 せきしゅつ し、急性が生じる病気です。 結晶が関節を刺激し発作を起こすと、激しい痛みを感じます。 発作を起こす場所のほとんどは足の親指の付け根の関節で、赤く熱を持って腫れ上がります。 そのほか、膝や足関節などにも起こることがあります。 発作による強い痛みは2~3日続きますが、1~2週間で治まる場合が多いとされています。 性は、の人に起こる症状のひとつです。 痛みがないときにも、を継続して治療していくことが大切で、まずは、尿酸のもとになるプリン体が多く含まれるビールやエビ・カニ・肉などを多く摂食しないようにして、血中を上昇させない食事療法が重要となります。 心当たりのある人は一度、内科あるいは整形外科を受診して、食事療法や薬物療法が必要かどうか検査してもらいましょう。 蜂窩織炎 ほうかしきえん 皮膚の脂肪組織など、比較的深い部分が細菌などに感染して炎症を起こす病気です。 皮膚が赤く腫れて熱を帯び、触ると痛みを感じます。 体のどこにでも起こる可能性がありますが、手足などは比較的起こりやすいといわれています。 やなどがあり、皮膚のバリア機能が弱い人、や擦り傷などで皮膚が傷ついている人などは発症しやすいので注意したほうがよいでしょう。 また、炎症が全身に及ぶと、発熱、だるさ、悪寒などの症状を伴うこともあります。 受診の目安とポイント 足の指が腫れていて強い痛みを伴う場合や、熱を持ったりしているような場合には早めに受診しましょう。 また、腫れがずっと続いている、歩行の際に靴に当たって痛むようなときにも一度受診が必要です。 原因によって専門の科目が異なりますが、長く続いている腫れのような場合には、まずは整形外科への受診がよいでしょう。 逆に、急激な痛みや腫れが起こったような場合には内科などがよい場合もあります。 医師には、いつから足の指が腫れているのか、ほかの気になる症状はいつから・どんなものがあるのか、できるだけ詳しく説明することがポイントです。 日常生活上の原因と対処法 日常生活に問題があり、足の指が腫れているケースもあります。 むくみ むくみとは、余計な水分や老廃物がたまることです。 むくみが足の指に起きると、腫れているように感じられることもあります。 むくみを和らげるには むくみが強いときには優しくマッサージしたり、温めたりするとよい場合もあります。 また、塩分や水分を摂りすぎてしまうことも、むくみを招く原因のひとつとなります。 ファーストフードや外食、アルコールの多量摂取を控え、栄養バランスの整った食事を摂りましょう。 また、むくみがいつまでも引かないような場合、むくみの原因を調べることが必要な場合もあります。 よくならないときには 自分でできる対処法を試してもよくならない場合には、思いもよらない原因が潜んでいることもあります。 一度、医師に相談してみましょう。

次の

足の親指が痛い時には何科にかかるのが最適?症状別の病院選び

足の親指の腫れ

足の親指の付け根が痛み、違和感を感じるのは、病気が関係している可能性があります。 足には腰から神経が通っています。 そのため、足が痛いのは足の病気・怪我だけでない場合があるのです。 腰のトラブルが足の神経に来ることがあります。 また、糖尿病では、悪化すると足の神経に栄養が行かなくなり、足が壊疽して動かせなくなるなど、思いがけない病気も隠れていることもあるので注意が必要です。 また、足の親指の付け根は、歩く時に体重がかかる部分なので、負担がかかりやすい場所です。 ですので、足の親指の付け根が痛いだけでも、歩くのはかなりつらいですよね。 足の親指の付け根が痛いのは、突然痛みが出たのか、徐々に違和感を感じて痛み・腫れがあったのかによって変わってきます。 そこで、足の親指の付け根が痛い、違和感を感じる原因・対策をご紹介します。 <足の親指の付け根が痛い・違和感の原因>• 外反母趾(がいはんぼし):親指が変形しているか? 外反母趾は、高いヒールの靴を履くことが原因で、足の親指が変形することで痛み(鈍痛)が生じます。 10代~20代、30代後半の女性に多く、履いている靴・歩き方に影響があります。 遺伝的に外反母趾になりやすい方もいると言われています。 外反母趾は、靴を履いている時に圧力で、親指が体の外側に向かって変形します。 長時間、同じ靴を履いているほど悪化しやすく、痛みが増していきます。 痛風:突然のトゲが刺さったような痛み 痛風は、突然に足の親指の付け根に激痛(トゲが刺さるような痛さ)が走ります。 痛風で傷む場所は、足の親指の付け根、足の甲、アキレス腱のある足のスネの裏側です。 激しい運動をしたり、プリン体を多く含むビールなどの飲食の後に起こりやすいです。 20代~の男性に多く、尿酸値が高いと血液中の尿酸が体中の関節に結晶として溜まっていき、突然痛みを生じます。 痛風は血液検査で尿酸値を計測し、尿酸値を下げる薬で改善します。 ただ、再発もしやすいので注意が必要です。 モートン病:足の人差し指・中指の付け根も痛い モートン病とは、足にある趾神経が中足骨を圧迫させ、足の指に痛み・違和感を感じる病気です。 モートン病の特徴は、裸足より靴を履いて歩く時の痛みが大きく感じる点です。 また足の親指だけでなく、人差し指・中指の方にも痛み・しびれを感じます。 歩く時に足を曲げて、足の裏が伸びる時に神経が圧迫されて痛みがヒドくなります。 関節リウマチ:足の変形・朝に足がこわばる 関節リウマチは、手足の関節が紡錘形(ぼうすいけい)に変形し、むくみ・こわばり・痛みを感じて動かすのがつらい疾患です。 関節リウマチは、30代~40代の女性に多く、足が紡錘形(ダイヤ型)に変形し、足の関節の他に足首、手・首など全身の関節に痛みが生じます。 関節リウマチの原因はハッキリしておらず、遺伝・細菌/ウイルス感染・生活習慣が関係すると言われています。 関節リウマチの特徴は、朝起きた時に、足がむくんでこわばって、動かしづらい症状が短時間起きます。 朝の足のむくみは毎日のように発生し、短時間で終わるため、疲れと勘違いしやすいです。 ですが、関節リウマチが進行していくと、徐々に足の親指の根本の痛みなど、足全体に広がっていきます。 進行すると、足の中足部分のショパール関節・リスフラン関節といった、足を動かす重要な関節が変形・痛みを生じさせます。 すると、足の親指は体の外に向く外反母趾、小指は体の内側を向く内反母趾になり、指が脱臼し扁平状三角変形(へんぺいじょう・さんかくへんけい)を起こします。 関節リウマチの進行が進むと、足の骨同士がくっついて癒着(ゆちゃく)することもあるので注意が必要です。 足の親指の痛み一つでも、様々な病気のリスクがあります。 痛風は痛みで病院にすぐ行くと思いますが、外反母趾・関節リウマチ・モートン病は痛みをガマン出来るので、進行してから病院で治療することが多いです。 そのため、外反母趾・関節リウマチ・モートン病の症状があるようなら、早めに形成外科で診断してもらって頂きたいです。 スポンサーリンク 親指が痛い!外反母趾の治療の方法とは? 外反母趾は、高いハイヒールなどの靴で親指が圧迫されることでなります。 外反母趾の治療のポイントは、足の指が変形してしているか?です。 親指が内側に入り込み、小指が外側に変形する紡錘形(ぼうすいけい・ダイヤの形)になってしまうと、手術が大掛かりになる可能性があります。 足の指の脱臼、扁平状三角変形など、外反母趾はヒドくなるほど足の痛みだけでなく、外科手術などの治療も大掛かりになります。 そのため、外反母趾の悪化を防ぐために、まずは靴を変えます。 基本的には、かかとの低いスニーカーがよいです。 仕事でどうしてもハイヒールを履く必要がある場合は、足の負担の少ないヒールが低目の靴を選ぶとよいです。 しっかりとシューフィッターしてくれる靴屋さんで靴を購入するといいです。 外反母趾で足の変形が軽度であれば、足の指の矯正グッズで対策・改善できます。 外反母趾で足の変形が重度で、痛みがヒドくて歩けない、見た目が悪いといった時に手術をします。 足の指の変形の状態により、手術方法が変わってきます。 代表的な外反母趾の手術は、親指の中足骨を切ることで変形を外科手術し、足骨の変形を改善します。 外反母趾の手術は足の状態によりますが、数日~約10日間の入院で、約2~3ヶ月後には普通に歩けるようになります。 激しい痛み 痛風の治療の方法 痛風は、形成外科・内科で血液検査をして尿酸値を調べます。 血液中の尿酸値が7. 5ml/dl以上であれば、痛風の可能性が高いです。 尿酸が増えてしまう、激しい運動・疲労を感じる運動を避けます。 食べ物も出来るだけ、プリン体が入った肉類・レバー・海産物(エビなど)、ビールなどは取らないようにします。 尿酸は食べた食事からだけでなく、通常時に体で作られる成分です。 そのため、尿酸値のコントロールをしっかりすることが再発予防になります。 モートン病の多くは、痛み止め・炎症抑制の注射で改善する事が多いです。 注射で強い痛みがなくなり、歩くことが苦痛でなければ、そのまま治療を行います。 注射で改善しない場合は、炎症で傷んだ趾神経を外科手術します。 足の指をよく動かすことで、モートン病は改善しやすいので、毎日、足の指の体操をするとよいです。 足の親指の違和感 関節リウマチの対策・治療の方法 関節リウマチは、30代~の女性で多くの方が疾患にかかるリスクが高いです。 従来は関節リウマチの完治は難しいとされていましたが、中軽度なら薬の進化によりほぼ治る状態になっています。 初期の関節リウマチは、治療が完治する可能性が高いので早めに形成外科(もしくは内科)で治療をして頂きたいです。 初期の関節リウマチは、朝に足のこわばり、むくみがあり、一時的に動かしづらくなります。 足の指関節の異常サインを早めに自覚することが大事です。 関節リウマチの治療は、抗リウマチ剤(メトトレキサート/商品名:リウマトレックス)での投薬治療が中心になります。 また、体内で生成するリウマチ因子の働きを抑制する生物学的製剤のリウマチへの効果が高いとされています。 変形した足の指については、変形した関節を戻す手術をする必要もあります。 足の指が変形する前に早めに形成外科医の診断を受けることをオススメします。 まとめ.

次の