香港 人権 法。 米で香港人権法が成立、トランプ氏「平和的解決望む」 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

中国、香港に「国家安全法」導入か 「香港の終わり」と民主派反発

香港 人権 法

タグ 166の言葉 教育 日本の労働生産性 日本 息苦しい 日本 住みにくい 日本 日中戦争 新選組 新入社員 新人教育 文化大革命 散歩 教養を身につける 教育改革 故事成語 日本脱出 政治 政商 挨拶 指示待ち人間 指導 投資 批判的な人 心理 批判的な人 成長 成果 成功者 共通点 成功者 成功の法則 日本の資本主義 時代の変化 意見を言う 横綱 津波 法人 印鑑 決断 気分転換 民主主義 毛沢東 比嘉真美子 残業がなくならない 歴史認識 歴史教育 歴史 歴代最強 機嫌よく 格差 時代遅れ 株 栃ノ心 柳条湖事件 東野圭吾 東大 東京 朝乃山 朝 動けない 有事のリーダーシップ 書評 暗号資産 景気 時間の使い方 感想 悪い習慣 海外移住 大相撲 寛容 宮下奈都 実質賃金 嫌われる勇気 嫌な上司 嫌いな上司 失敗を恐れる 失敗の本質 要約 失敗の本質 失敗 大阿闍梨 大躍進政策 大富豪 将来の夢 大学入試 大学 大企業 夢 多様性を受け入れる 外国人力士 変わってる人 墓参り 塩沼亮潤 坂の上の雲 地震 地獄 地方 専用サイト 尊敬できない上司 悩み 幸運 性格を変える 思想 怒りっぽい 忘れない読書術 忖度 心技体 心を強くする 心に余裕がない 後輩 後悔しない人生 当たり前に感謝 強い力士 引っ越し 幸福度ランキング 就活 幸福度 幸せな人生 幸せ 平時のリーダーシップ 帰化申請 山本五十六 居心地が悪い 就活の悩み 就活が不安 就活 自己分析 就活 尊敬する人 就活 ネクタイ 就活 スーツ 海外勤務 海底撈 在宅勤務 言論の自由 資本主義のその後 資本主義 負けない心 貞観政要 豊ノ島 謙虚な人 謙虚 誰にも相談できない 読書 説得力のある話し方 話す力 記憶の定着 言葉が出てこない 起業 準備するもの 言ったもん勝ち 親友とは 親友がいない 視野 見つけ方 行動 行きたくない 血管迷走神経反射 血液検査 苦手 若手社員 般若心経 自由な生き方 起業 趣味 自意識過剰 面接 尊敬する人 魁聖 鬼怒川温泉 高野連 高校野球 馴れ合い 嫌い 香港人権法 香港 デモ 香港 アメリカ 中国 飲み会断り方 飲み会 食生活 改善 頭が悪い人 頭が切れる人 非効率 趣味がない 関わってはいけない人 銭形警部 銀行員 転職 銀行 酔っ払い 迷惑 酒井雄哉 配慮 部下 運用 逆行 退職 転職市場 転勤 自殺 自己認識 減らす 田中角栄 凄さ 社会人 社会主義 碧山 瞑想 真田幸村 相撲部屋 親方 相撲 親方 相撲 直感 当たる 目の前のことに集中 白鵬 疲弊 田中角栄 社内メール 生き生き 生き方 生きがい 琴ノ若 現代貨幣論 玄秀盛 燕雀安んぞ 燃えよ剣 煩悩 無難な生き方 災害対策 火鍋 満州事変 社会人 学び直し 神社 自己啓発 職場 自分を磨く 自分を信じる 自分らしさ 自分の殻を破る方法 自分の意見を持つ 自分の市場価値 自伝 膝 脳の働き 脳 職場の悩み 職場 悩み 職場 人間関係 聖徳太子 福沢諭吉 考え方 習慣 羊と鋼の森 緊張 給料泥棒 給料 上がらない 経験談 経営者 経営理念 素直な人 米中戦争 稲盛和夫 哲学 稲盛和夫 地元に帰りたい 土方歳三 17条の憲法 ダメな上司 ハーバードビジネスレビュー ニュース ナルシスト採用 ナミヤ雑貨店 トリレンマ データ資本主義 デメリット デジタル通貨 テーマ変更 テレワーク テレビ いらない ダメな会社 タピオカ バーチャルオフィス 選び方 タクシー ストレス解消法 ストレス発散 スタートアップ スキル スイーツパラダイス スイーツ シャルルドゴール サンダース サラリーマン思考 サラリーマン 酔っ払い サラリーマン サザエさん バーチャルオフィス パイの実 ゴルフ マインドフルネス リーダー リラックス 旅行 リラックス リブラ リクルートスーツ リカレント ランニング 習慣 ランニング 続ける ランニング モンスターペアレント ミス マージナルマン マーケットバリュー ポスト資本主義 パワハラ ポジティブになる方法 プログラミング 必要性 プログラミング プレ問題 プライドの捨て方 プライド 捨てる ブログ 1年 ブログ 200記事 ブログ フィンランド ピンチはチャンス パワハラ防止法 パワハラ 対策 サイン盗み ゴミ リーダーシップ おみくじ 凶 とりあえずビール とっさに言葉が出ない ちびまる子ちゃん ささやか かっこいい生き方 お金の使い方 お金 お酒 お菓子 お経 お互い様 おみくじ 効果 いじめ やって見せ いい会社とは いい人生 あの天才がなぜ転落 Youtube The Thor SEO Ruby PWA MMT FX AMP 918博物館 30代 やるべきこと なりたい自分 やりたいこと コミュニケーション能力 オンオフの切り替え コミュニケーション 苦手 コミュニケーション 鍛える ココナッツサブレ コアラのマーチ ケーキ ケインズ クレーマー対応 クレーマーの心理 クレヨンしんちゃん キャリアアップ カーネギー 道は開ける カーネギー オーセンティックリーダーシップ エディター やりたいこと ない ウイグル アート思考 アベノミクス アニメキャラ年齢 アナリティクス アドラー心理学 アクティブラーニング アウトロー採用 アウトプットの方法 アウトプット やる気がでない やる気 でない やりたいこと 見つける リーダーとは リーダーシップの教科書 器の大きさ 会社のために働く 価値観 体験談 体育会系 体が資本 佐藤愛子 佐久間象山 会社設立 費用 会社設立 税理士 会社設立 流れ 会社人 会社を辞める 会社の飲み会 会社に染まる 信念 会社 ロゴ 会社 休日 リラックス 仮想通貨 他人と比べる 仕組み化 仕事術 仕事人間 仕事を辞める 仕事をする上で大切なこと 仕事の悩み 仕事の効率化 仕事とプライベート 価値観とは 信用創造 仕事が辛い 効率化 営業のコツ 問い合わせフォーム 哲学 和をもって尊しとなす 名言 名刺作成 司馬遼太郎 反省 参拝 原宿 千日回峰行 勢 勇気を出す方法 功績 個人の時代 力士 判断基準 分別 処遇問題 内弁慶 共産党 兄貴 働き方改革 働き方 異常 働き方 働かない上司 傘の迷惑行為 偉人の失敗 仕事したくない 仕事がつまらない リーダー論 世代の特徴 人と話す 疲れる 人がついてくる 二日酔い 事業可能性評価 乃木希典 中途採用比率 中村天風 中小企業振興公社 中国経済 中国から見た日本 中国 世界から見た日本 世のため人のため 人のせいにしない 不幸 不動産 上杉鷹山 名言 上杉鷹山 上手い話し方 上司の前 上司 一緒に働きたい人 一緒に仕事したい人 一日一生 一万円 ワードプレス レビュー 人と話すのが苦手 人の上に立つために本当に大切なこと 仕事 苦しい 人生の悩み 仕事 モチベーション 維持 仕事 モチベーション 仕事 できない 辛い 仕事 人間関係 めんどくさい 人間関係 うまくいかない 人間関係 人間の煩悩 人生相談 人生を楽しむ 人生を変える 人生の選択 人生の目標がない 人生の師 人は何のために生きるのか 人生のエール 人生で大切なこと 人生 疲れた 人生 楽しくない 人生 好転 人生 やり直し 人生 つまらない 人生 人嫌い 人事評価 不満 人事制度 不満 人を動かす カーネギー 人は変われる 鶏口となるも牛後となるなかれ 香港市民の立ち位置 まず、市民側としては、 香港の言論の自由を守ること、中国本土の法制度による侵食を阻止することが目的です。 中国本土では共産党の監視のもと、言論は厳しく統制されています。 デモの効果もあり、逃亡犯条例は事実上撤回されましたが、政府への不満は収まりません。 普通選挙の導入や、中国寄りの現政権の交代を求めてデモが続いています。 2047年には、一国二制度の期限を迎えますが、中国本土と同化することに激しく拒否反応を起こしているのが実態です。 香港政府の立ち位置 香港政府は、 中国寄りになっています。 もっと言えば、ならざるを得ません。 それは、香港の行政長官(行政のトップ)は、親中派で構成された委員会の承認をあらかじめ取得する必要があるからです。 さらに、行政長官は 中国政府の承認を得て、はじめて閣僚を組閣できるという流れです。 反中国派が実権を握ることが実質的に不可能な仕組みです。 中国の傀儡政権と揶揄されていますが、立ち位置としては明らかな中国寄りであり、アメリカの香港人権法案についても、内政に干渉するものだとして、批判するコメントを出しています。 香港人権法成立、アメリカの立ち位置と狙い 「貿易優遇措置を認める妥当性を検証する必要があるから」 ということです。 一国二制度を理由に、アメリカは中国本土とは異なる有利な関税を香港に認めています。 一国二制度が崩壊していれば、香港に対する貿易優遇を見直す必要があり、それを検証するための法案という位置付けになります。 このような大義名分を置くことで、内政干渉という批判に対抗しています。 デメリット覚悟の背景 このような法案を可決することで、アメリカは香港市民を支持する立場を明確にしたことになります。 一方、この法案に従い検証した結果、もし一国二制度が機能していないとなれば、貿易優遇措置を解除するのでしょうか。 実は、香港はアメリカにとって、最大の貿易黒字をもたらす相手国です。 直近では、 300億ドル以上の貿易黒字となっています。 アメリカは長年、貿易赤字に苦しんでいる国です。 優遇措置を失くせば、交易量は落ち、アメリカにとってデメリットになります。 それほど、中国を競争相手国として脅威に感じていることがわかります。 なお、トランプ大統領は、最後まで法案署名に迷っていたようです。 トランプ大統領の目下の課題は、対中国貿易協定を優位に進めることであり、その成果を国民にアピールすることです。 そんな中で、人権法案に署名すれば、中国の反発は必至、貿易協定は更に難しくなることはわかっています。 しかし、上院下院とも、圧倒的多数で可決したため、たとえ大統領が拒否権を発動しても、それを覆せるだけの票があることは明らかな状況でした。 トランプ大統領が、習近平にかなり気を使って、「習近平、中国、香港の人々に敬意を払い法案を可決した。 」と声明を出しているところからも、本意ではなかったことが伺えます。 中国にとっての香港 金融の窓口としての香港 中国本土では、資本取引や為替取引に制限が設けられており、自由な金融市場とは言えない状況です。 それは、完全に自由な取引を認めたくない中国共産党の意向が関係しています。 資本取引や為替相場に一定の制限や操作を加えることで、経済全体をコントロールしている側面があります。 国際的な要求や批判が高まる中で、徐々に自由化が進んでいるものの、完全な自由化には未だ踏み切れません。 そこで、 自由な取引ができる香港が役立っているのです。 2019年までの過去10年間に、中国の企業が株式上場した際に資金を調達した金額は、 中国市場が約3000億ドル、香港市場では約1500億ドルとなっており、香港市場への依存が大きいことがわかります。 中国国内で取引される人民元(CNY)とは別に、国外で取引される人民元(CNH)の取引がもっとも多く行われているのも香港です。 中国の経済成長により、経済規模での香港の魅力はひと昔ほど大きくありませんが、依然として「金融市場」としての役割は、無くてはならない存在なのです。 アメリカからの香港デモ隊支持の姿勢について、中国側は、内政干渉であると批判し、一歩も引く気はなさそうです。 台湾の位置付け(参考) 少し話が脱線しますが、台湾についても少し触れておきます。 香港と台湾はどう違うのか? 国なのか、中国の一部なのか? など、気になった人もいるかもしれません。 台湾は、中華民国(1912年成立)の国民党政府の流れをくみます。 当時、中華民国の中で、国民党と共産党が熾烈な政権争いをしていましたが、毛沢東率いる共産党が勝利し、中華人民共和国を打ち立てます。 国民党は大陸を追いやられて、今の台湾に移り、国家として再出発しました。 それが今の台湾です。 つまり昔は同じ中国で、共産党が中華人民共和国(今の中国)を作り、国民党が台湾を作ったということです。 中華人民共和国からの意見もあり、 台湾は、現状国際連合には加盟できておらず、日本も正式国家としては認めていません。 一方、それ以外は、独自の法律、議会、通貨もあり、国としての形は、他国となんら変わりません。 一国二制度が適用されている香港とは、成り立ちや位置付けが異なります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 香港でのデモが長期化したことで、ついにアメリカが香港デモを支持する姿勢を明確にしました。 それぞれの立場と狙いを簡単に整理すると以下の通りです。 読み込んでいます… ご協力いただきありがとうございます!! Jimmy こんにちは!Jimmyです。 12年ほど銀行員をした後、起業した35歳です。 仕事や人生について悩んでいる人の役に立ちたいと思い情報発信しています。 『幸福感を感じて、悔いのない実りある人生を!』というテーマで考え方、働き方、リーダーシップなどについての記事を書いています。 趣味は相撲(観戦)、ゴルフ、好きなものはケーキ、アイス、甘いもの。 問いかけたい問題は大きく3つです。 今の生き方で本当にいいのですか?自分が大事にしている価値観、信念と日々向かい合っていますか?自分の人生を生きることを考えていますか?行動を起こすための考え方を紹介しています。 時折、趣味や生活の話題も交えています。 プロフィール詳細は「自己紹介」をご覧ください。

次の

【お金は知っている】中国“自爆”覚悟の香港支配 米は切り札「香港人権民主法」習氏の喉元に刃を突きつけ (1/2ページ)

香港 人権 法

Contents• 米国と香港の関係 「香港人権法案」とは、2019年11月27日アメリカで制定された法律で、正式には「香港人権・民主主義法案」(Hong Kong Human Rights and Democracy Act)。 香港は勿論アメリカに属する、といったものではなく、1国2制度の中とは言え中国の一部。 アメリカではないよその国(の一部)について、一見すると他国が介入するように見えるこの「香港人権法案」なるものをなぜアメリカが成立させたのか。 日本から見ると何か不思議な感じがしないでもないこの法案の制定は、何か特別な意図をもって突然制定されたわけでなく、香港とアメリカのこれまでの関係にその理由があります。 そもそも香港は、今からもう35年前になる1984年12月、中国とイギリスによる「中英連合声明」により、1997年7月1日に中国に返還されると決められ、実際にその1997年7月1日に中国に返還されてます。 (香港の主権が中国に返還された) この1984年の「中英連合声明」では、• 一国二制度を前提とし、• 香港は社会主義による統治(中国共産党による統治)ではなく、資本主義による統治とする• その期間は50年間(2047年6月30日まで:つまりその後は1国2制度はなくなる) だから香港は中国の特別行政区になってます。 中国、という社会主義の国(というか中国共産党が支配する国)に返還されるにしても、香港は米国と同じく自由主義国家(法治主義国家)に含まれる位置づけであり、米国は香港を、中国、というくくりの中ではなく、「香港は自由主義圏に含まれる」位置づけとして、中国とは別に「香港だけ特別に扱う」といった必要が出てきました。 そのためアメリカとしては香港返還(1997年)前の1992年に「米国・香港政策法」というものを定め、米国の香港に対する取り扱いを規定しています。 米国に対する香港 米国で1992年に定められた「米国・香港政策法」では、香港に対する関税や査証(ビザ)などでの優遇措置の適用を定めていますが(だから現在の米中貿易戦争の関税引き上げ対象にはなっていない)、その大前提が、中国による1国2制度としての香港の扱い。 中国が中国の体制の中で香港を扱うようなことになれば、1国2制度の原則が崩壊し、つまりは、米国で1992年に定められた「米国・香港政策法」の前提が崩れることになる、米国としては香港に対しての関税、査証などの優遇措置は適用できなくなる。 でもなぜ米国は香港に対する優遇措置の適用にこだわるのか。 香港が中国の一部に取り込まれることによるアメリカのデメリットは何なのか。 ニューズウィーク日本版「」によれば、米国が香港に特別な地位ともいわれる優遇措置をとっている理由としてはビジネス面が大きいようです。 香港には9万に迫る米国人が居住し、1300余りの米企業が事業展開しているとされ、米国と香港の貿易額はなんと推定673億ドル(7兆円に迫る勢い)。 国・地域別で見ると最も大きく、香港に対する米国の貿易黒字額は338億ドル(3兆6千億ほど)となっているようです。 アメリカから見た場合、香港は中国とは切り離されて考えられているのため、対中貿易戦争における関税も香港には適用されない、• でも、1国2制度が崩れ、香港が中国の単なる1地方都市ともなれば、対中関税の対象にもなり、• これまで同様のビジネス展開も難しくなり、• ビジネス面での損失は非常に大きいものになる そのため、香港の現状維持をしたい、が、香港が中国に飲み込まれていく(1国2制度の崩壊)となれば、今までの優遇措置は適用できない、というのが米国の立場となるのでしょう。 今回定めた「香港人権法案」では、以下の内容が盛り込まれています。 1)米国の利益に関する条件の確認• 香港における米国の利益に関する条件についての報告書を毎年国務長官に発行する• 2)香港の自立の確認• 香港について中国と異なる扱いをする法律、協定を制定する時は、事前に香港が十分に自立していることを国務省が確認する• 3)大統領による確認と米国入国の拒否• 大統領は、香港の特定の書店、ジャーナリストに対して監視、拉致、拘禁、強制告白を行った責任者を明らかにする。 基本的自由を抑圧する行動をした者に対しては、合衆国内の資産凍結、米国への入国拒否。 4)2014年の香港居住者のビザ申請• 2014年に香港に居住したビザ申請者は、香港の選挙に関する非暴力的な抗議活動に参加したとして逮捕などの政府の措置を受けたとしても、それを理由にビザを拒否されることがない 「香港人権法案」と「人権」が入っているだけに、香港での活動についても言及された内容になっています。 2014年については、その年に起きた香港反政府デモ(雨傘運動)のことを指していると思いますが、この時、1人1票の「普通選挙」が導入される予定であったところ、そうはならなかったことに対して起きた反政府デモになると思います。 大枠で見れば、1国2制度を維持し、• これまでの優遇措置の継続可否判断• 中国に対するけん制/制裁 が盛り込まれたものになっている、というように見えそうです。 大統領が、香港の特定の書店やジャーナリストに対する監視、拉致、拘禁などを行った責任者を明らかにする、といった大統領が何をするという具体的内容が盛り込まれているのが凄いですね。 2014年の件まで絡められると、中国から見れば こめかみ がピクピクしまくりそうな感じです。 今後の展開 今回の香港人権法案が制定されたことで、今後はどうなるか。 この法案には先ほど見たように以下が盛り込まれています。 1)米国務省による(最低)年1回の確認• これまで同様、通商上の優遇措置を香港に与えることが妥当かどうか、少なくとも年1回、アメリカ国務省が香港に対して自治が維持されているか確認する• 2)人権侵害に対する措置• 香港で起きた人権侵害の責任者には、米国への入国禁止や資産凍結するなどの制裁が科せられる 1)について、米国務省が香港の自治に関し(介入しないまでも)少なくとも年1回確認する、となり(それもどこかの調査機関ではなく、国家として確認する)、当然中国から見れば、なに人の家を監視してんだよ、余計なお世話だ、と猛反発は必至。 2)についても同様で、中国から見れば、自国内で起きたことについて、なんでアメリカが入国禁止や資産凍結するとか関係してくるんだ、余計なことするな、というところにもなるでしょう。 そもそもとなる香港返還を決めた中国とイギリスの「中英連合声明」(1984年12月)について、で以下のような発言をしています。 香港の問題は中国の内政に属している。 1984年の「中英連合声明」は歴史的文書であり、今では実用的な意味を持たず、中央政府の香港の管理に対する拘束力もない。 つまりこの頃から既に中国からしてみれば、過去の中英連合声明などはもう意味はない、50年間などという期間も今となっては関係ない、といっていることにもなります。 (ということから、当たり前のように反発がある) アメリカと中国は更にこじれる? 香港では民主化や自治を要求する抗議活動が何か月と続いているようですが、その騒乱もエスカレートしているようにも見え、今後ある時突然に中国政府がその鎮圧に向けて力による強行手段をとるのでは、とも心配されてます。 【20191118】在香港ネパール人向けメディアが、油麻地駅付近で撮った映像です。 身柄を拘束されており、意識がないように見えるデモ参加者に対して、 が傍若無人に警棒で殴打した。 — 香港反政府デモ情報館 HKnewsJP 【香港区議選、民主派が圧勝】 初の過半数、親中派惨敗 デモへ強硬対応に「ノー」 民主派が圧勝し、1997年の中国への香港返還後で初めて過半数を獲得。 親中派は惨敗し、抗議デモに強硬姿勢で臨む香港政府と中国の習近平指導部に、民意が明確に「ノー」を突きつけた。 その要因として挙げられているのが、中国から米国に対して広範囲な関税の段階的撤廃に対しての対立、ということですが、今回の米国による香港人権法案の成立により、中国側が更なる要求をし、より合意が困難になる、とも考えられます。 トランプ大統領は2020年11月の米大統領選という課題もあり、対中強硬路線を示すとともに、大統領選に向けて第一の合意、そして第二の合意と進めたいところ。 ただポイントは今後米国の大統領がかわったとしても、この法律は残る、香港に対するアメリカの姿勢は今後も全然変わらない、というところ。 2019年12月15日には中国製品約1560億ドル相当の追加関税発動と、事態はめまぐるしく動きますが、今回の香港人権法案の成立が実は後から振り返ってみればその後の大きな起点になっているかもしれません。 ジャニーズ人気の少年忍者!水曜日のジャニーズJr. チャンネルが「Snow Man」から「少年忍者」に…• 今やメールはオフィスの中ではなくてはならないコミュニケ-ションツ-ル。 お手軽で便利な最強の武器、と…• Youtuberにもいろいろな方がいますが、健康的で美しく楽しい、となる最近注目はこの方「Marin…• そんないい方しなくてもいいだろ!と、妻の言い方がきつい、むかつく、という場合もありますね。 実は妻も…• 妻がヒステリーで大変なんだ。 もう疲れたよ、限界だ! 子供にも罵倒する、泣き叫ぶ。 もうどうしたらいいか…• 結婚する時は想像すらしていなかった妻のイライラ。 妻がイライラして耐えられない、もう疲れた...とい…• 上司が部下を好きになるきっかけには実にいろいろなパターンがありますし、部下から上司に送る「好きサイン…• 良く行くお店の人が気になる! これは男性であれ女性であれ、1度ならずも2度3度と経験するところかもし…• 会社における上司と部下、この人間関係は、普段の仕事の成果や給料、出世といったところに非常に大きな影響…• 女性と目が合う男性も多いと思いますが、さて、目が合う合わない、目を合わせないなど、女性からの目線や視…• 5歳から17歳(幼稚園児から小学生、中学生、高校生まで)の小児を含めた子供の肥満を見る場合、文部科学…• 気になる女性とのLINEともなれば、このメッセージは脈があるのかどうなのか、なんて、大いに気になると…• TBSのダウンタウン企画「MONSTER IDOL」(モンスターアイドル)から生まれた女性元4人で今…• 脈あり女性が話す会話ってどいういったものだろう。 会話の中で脈ありか脈なしか見分ける方法ってないんだろ…• 上司である立場を忘れて部下を好きになってしまう!ということ、ありますね?あなたも部下を好きになり、正…• 引用元:葵つかささんのインスタ 嵐・松本潤さんと女優の葵つかさについて、いろいろと報道がありますね。 会社で必ずいる上司。 上司にもいろいろな人がいますが、一番の難点といったら選べないこと。 (上司も部下…• 引用元:TOP COAT 未だに世間を賑わせる東出昌大の不倫騒動。 不倫した側が悪いに決まってる、と…• 妻がわがままでもう疲れた、逃げたい、離婚したい!などと思う夫も多いですね。 男女とも結婚するまでは、….

次の

米、香港人権法が成立 中国「内政干渉だ」報復言及 (写真=AP) :日本経済新聞

香港 人権 法

香港情勢は、警察とデモ隊の衝突で死傷者が出るなど混乱が続いている。 トランプ氏は27日、「中国と香港の指導者や代表者が意見の相違を平和的に解決し、長期の平和と繁栄につながることを望む」との声明を発表した。 人権法は今月20日に米議会を通過していた。 香港の「高度な自治」が機能しているかどうかを毎年検証し、議会に報告するよう政府に求めている。 香港には「一国二制度」の下、外交と防衛を除く幅広い範囲で高度な自治が認められてきたが、中国政府が介入姿勢を強めており、米議会としてはそれをけん制する狙いがある。 「高度な自治」が維持されていないと判断されれば、米国が香港に対して関税やビザ発給などの面で優遇している措置は見直される可能性がある。 香港を窓口とした貿易や投資に打撃となることが予想される。 香港での人権侵害に関与した当局者に対して米国入国を禁じるなどの制裁を科す条項も盛り込まれた。 トランプ氏は20日に法案が議会を通過した後も、署名するかどうか態度を明確にしてこなかった。 米中貿易協議への影響を懸念していたとみられる。 一方、法案は超党派の賛成があり、拒否権を発動しても議会で再可決されて成立する公算が大きかった。 トランプ氏は27日、「法律の一部条項は、憲法で認められた外交に関する大統領権限の行使を妨げる可能性がある。 政権は、法律の各条項について憲法上の権限に矛盾しないよう対処する」との声明も併せて発表した。 法律で定められた事項を全て履行しない可能性を示唆することで、中国との対立が決定的になることを避ける狙いがあるとみられる。

次の