チェキ 風 加工 アプリ。 写真をトイカメラやポラロイド風に加工するフォトショップチュートリアルまとめ

『InSnap』

チェキ 風 加工 アプリ

基本的な使い方はこんな感じ。 多重露光スイッチが最初から搭載されている事もポイントです。 アプリで写真を撮るとリアルなチェキっぽく現像まで時間がかかります。 もちろん現像が出来上がる前にカメラ撮影機能に戻り写真を撮ることも出来ますよ。 それでは実際にこのアプリで撮った写真を何枚か載せていきます。 iPhoneで撮っているのでベースが綺麗すぎるって話もありますが…色味や雰囲気はかなりチェキを再現していると思います。 多重露光のボタンを使うと二枚の写真を重ねる事も出来ます。 ここまではアプリ内のカメラで撮影した写真になっていますが、iPhoneのカメラロールに保存されている写真からチェキ風に加工する事も出来ます。 一眼レフで撮った写真をiPhone経由でチェキっぽい画像にする事も出来るんですよ。 この画像をNOMOに読み込んで加工すると… こうなります。 それでは着せ替え機能も試してみましょう!アプリの左下部にあるカメラアイコンをタップ後カートアイコンをタップすると次のような画面になります。 無料で使えるエフェクト、会員登録で無料になるエフェクト、有料のエフェクト、年間契約で使えるエフェクトがあります。 この中にある「TOY F」というエフェクトが見ての通り「写ルンです」です。 ダウンロードして「USE」をタップで使ってみましょう。 着せ替えでカメラの見た目も写ルンですに変化しました。 こちらは日本語でボタン類の説明も書かれているので分かりやすいかな。 実際にアプリで撮影すると…右下には日付が入り画質は粗くて青みがかった写真が撮れました。 また「TOY F」はデフォルト状態だと何枚かに一枚光り漏れする「LEAL」という設定もオンになっています。 日付設定やライトリークをオフにする事も出来るのでこのあたりはお好みで。 その他にも様々なカメラをイメージしたエフェクトが用意されていますが…会員登録で使えるコダックのエフェクトは課金しないと枚数制限がありますし、その他のエフェクトも少し高めなので個人的には無料のエフェクトだけで使っていこうと思いました。 以上、着せ替え機能でチェキも写ルンですも楽しめるアプリ「NOMO - Point and Shoot」をレビューしてみました。 基本は無料のアプリになりますし…チェキエフェクトがとにかく楽しいので是非ゲットを!それじゃ!また!.

次の

超お手軽!ポラロイド風写真をすぐ手に入るもので作ってみよう!

チェキ 風 加工 アプリ

「」というWEBアプリにできることは一つしかありません。 それは、 デジカメで撮った写真をポラロイド風のキッチュな写真に加工するということです。 「なーんだそれだけか」と思うかもしれませんが、これがなかなかいい仕事してくれるのです。 機能は一つですが、加工するバリエーションはいくつかあります。 写真の枠をポラロイド風に下に余白を持たせるか、それとも普通の紙焼き写真風にするか。 また、ポラロイド風に写真を加工する時も、彩度を弱くする、ソフトフォーカスを強くする、青味掛かった色合いにする、トイカメラ風にするなど、 12種類の中からお好きな仕上がりを選ぶことができます。 仕上がりを選んだら、次に 写真の枠のデコレーションを選びます。 ポラロイド風の枠を選んでいる場合は、 写真下の余白スペースにあなたの好きなテキストを入れることができます(ちなみに日本語を入れると「???」になるので英語だけです)。 サンプルはコーヒーのカップを置いて染みができちゃった風の枠に、手書き風のフォントで入力したテキストです。 なかなか味のある写真になったでしょ? こんな簡単な加工じゃなくて、合成写真みたいなもっと複雑な加工がしたいという人は、をどうぞ。 [via ] Jason Fitzpatrick(/訳:的野裕子).

次の

チェキ風写真の作り方教えます!

チェキ 風 加工 アプリ

チェキチェキ どうも、カメラを向けられると上手く笑えないおにくちゃんです。 チェキというカメラをご存知ですか? チェキとはプリンタ機能を搭載しているインスタントカメラです。 写真を撮影したらその場でプリントができたり、フレーム付の写真が出来上がったりするのが特徴的です。 その手軽さや可愛らしい見た目もあって女性に人気のカメラなんですね。 そんなチェキ風の写真を撮ることができるアプリがあります。 それがこの『 InSnap』というカメラアプリです。 まるでチェキを使って写真を撮るような手軽さとフレームやフィルターを使って加工ができるという特徴があります。 場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。 「P1,P2…」と書かれているボタンを押すとフィルターを変更することができます。 フィルターはボタンを押すごとに映し出される映像に適用されるので画面を見ながらどんな雰囲気になるかを確認できます。 画面サイズは縦長かスクエアサイズを選ぶことができます。 加工機能 撮った写真は加工することもできます。 ボタン類は左から 「ホーム画面に戻る」「加工のリセット」「ペイント加工」「フィルター変更」「文字入れ」「保存」です。 これらの機能を使ってさらに加工していくことができます。 フィルター機能は撮影時と使い方は同じです。 16種類(一部レビューでアンロック)のフィルターを切り替えながら好きな雰囲気のものに設定することができます。 ボタンを押すだけでフィルターを切り替えられるのは簡単ですが、フィルター変更時に画面が黒の透過カラーで重なってしまうのでフィルターの変化が少しわかりづらいですね(フィルター機能を閉じれば黒の透過は無くなります)。 他にも、ペイント加工もできちゃいます。 ペイント加工では 好きな色のペンを使って自由に落書きすることができます。 「戻る」といったボタンはありませんが、消しゴム機能を使って書いた落書きを消すことができます。 画面左側についているバーを動かせばペン(消しゴム)の太さを変更できます。 さらに、文字入れ機能もついています。 文字入れ機能では 6種類(標準フォント含む)のフォントを使って文字入れができます。 フォントを変更するには画面上に表示されている「F」のボタンを押すと切り替えられます。 文字色を変更することもできますよ!ただし、文字サイズを変更したり縁取りといった機能はないようです。 加えた文字を削除することもできます。 文字を削除するには消したい文字をドラッグするとゴミ箱マークが現れるので、その文字をゴミ箱まで運んでドロップすれば消すことができます。 文字入れ機能を使って入れた文字やペイント機能を使って書いた落書きは「リセット」ボタンで全消しすることもできます。 加工が終われば保存して完成です! 写真を保存すると自動的にフレームが付きます。 まるでチェキで撮ったようなフレームがつくので、写真加工アプリを使ったり写真をプリントした状態でフレーム部分に落書きやら撮った時の状況をマジックなどで書き込めば、それこそチェキと同じような使い方ができちゃいますね! 枠加工 このアプリではフレーム加工もできちゃいます。 「枠加工」機能ではチェキ風のフレームのさらに外に枠をつけることができます。 「フィルター」機能はカメラ機能や加工機能と同じようにフィルターを簡単に変更できる機能です。 フレームは2種類選ぶことができます。 いろんな画像を適用したりぼかしを調整してどんなフレームが合うか試してみると良いでしょう! 枠を付けた状態で保存するとこんな感じになります。 チェキ風のフレームの周りにさらにフレーム(背景)が付いた感じですね! カメラ機能を使って写真を撮影した時には加工機能と枠機能を同時に使えるのですが、加工機能や枠機能を使って加工すると画像保存時にフレームがついてしまうので、写真を取り込んだ時にどちらの機能も同時に使えると良かったかなぁと思います。 まとめ 簡単にチェキ風の写真を作ることができるカメラアプリでした。 手軽に加工できる機能やフレーム付の写真が出来上がるなど、まさにチェキで写真を撮っているような感覚で使うことができます。 フレームがつくことで写真をプリントなどすればフレーム部分にさらに落書きやコメントをつけれるのも楽しいですね!撮ってからも楽しいインスタントカメラアプリでした!.

次の