モンハンアイスボーン 容量。 MHW:アイスボーンが外付けSSDで2倍以上快適に、ロード時間を大幅に短縮

【MHWアイスボーン】PC(Steam)版の発売日と値段丨スペックまとめ【モンハンワールド】|ゲームエイト

モンハンアイスボーン 容量

モンスターハンターワールド:アイスボーンとは• グラフィック関連• フレームレート• 高解像度テクスチャパック• その他• おすすめPC• モンスターハンターワールド:アイスボーンとは 超大型拡張コンテンツ 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』は、2018年1月26日に発売された「モンスターハンター:ワールド」の超大型拡張コンテンツで、家庭用版では既に2019年9月6日に発売されています。 Steam版 PC では無印版の時から発売日をずらしており、 2020年1月10日にやっと 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』が発売開始となりました。 モンスターハンターワールドは、全世界で250万本出荷を記録した大ヒットタイトル。 国内では人気の高いタイトルですが、今作のワールドでは家庭用版、PC版ともに、全世界で高い注目を集め、大成功を遂げたモンスタータイトルとなりました。 拡張コンテンツである『モンスターハンターワールド:アイスボーン』では、新たな舞台である「渡りの凍て地」をはじめとした、追加ストーリーから新たな大型モンスター、様々なアクションなど、語り切れないほどの、追加コンテンツに加え、さらなるアップデートが今後も待っています。 既にSteam版 PC での、「ラージャン」追加時期などのタイトルアップデートの進行スケジュールは決まっているので、詳細は公式サイトのからご確認ください。 参考リンク 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』 Steam版 PC アナウンストレーラー PC版 『MHW:アイスボーン』をプレイするには PC版 『MHW:アイスボーン』をプレイするには、無印版の「モンスターハンターワールド」が必要となります。 これから「モンスターハンターワールド」を始める方にはゲーム本編とアイスボーンがセットになった「モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション」がおすすめです。 「モンスターハンターワールド」を既に持っている方は、DLCであるアイスボーン単体を購入することでプレイが可能です。 また、家庭用版と違い、高度なグラフィック設定や、無料DLC高解像度テクスチャパック、21:9のウルトラワイドディスプレイに対応など、Steam版 PC ならではの追加要素がたくさんあります。 特にPCでプレイする多くのハンターは、MODが使えるという利点もありますが、高画質、高解像度、60fps以上でプレイできるというのがかなり大きいでしょう。 PC版 MHW:アイスボーンを最高設定でプレイするためのおすすめのグラフィックカードは、最後のをご覧ください。 本作では最低・推奨動作環境に加えて、高スペック・最高スペックでの動作環境も記載されています。 ただ、いずれも30fpsでの動作を想定されているので、あくまで目安となります。 60fps以上で動作させるには下記以上のグラフィックカードが必要になると思います。 OS WINDOWS 7, 8, 8. プリセットは低、中、高、最高の4つで設定でき、DirectX 12とHDRに対応しています。 特にTuringを採用した、最新のNVIDIA GeForce GPU、GTX 16シリーズやRTXシリーズでは、DirectX 12を有効にすることによって、パフォーマンスの安定と向上が期待できます。 フレームレートは無制限ですが、マルチプレイが多い場合は30 fpsまたは60 fpsで制限をかけることで、描画が安定するのでおすすめです。 垂直同期はオフにすると表示遅延が抑えられ、操作レスポンスも良くなりますが、画面上にティアリングといった、同期ズレの線が表示されることがあります。 無料DLCである高解像度テクスチャは後述しますが、ここで設定することができます。 モーションブラーと被写界深度はオフにすることで、画面が見やすくなります。 これもPC版の強みです。 PC版 「モンスターハンターワールド:アイスボーン」のグラフィック設定画面 さらにオプションのインターフェイス設定から、「ゲームパッド用ボタンアイコン選択」のタイプを切り替えることによって、PlayStationコントローラーのボタン表記に対応するようになりました。 ワールドの頃はMODで対応していたので、嬉しい限りです。 これで慣れているPS4コントローラーでプレイが可能です。 PC版「モンスターハンターワールド:アイスボーン」のボタンタイプ設定 フレームレート フレームレート計測について MHW:アイスボーンにはベンチマークソフトが無いので、様々な環境が共存する「導きの地」を決まったルートで探索し、平均フレームレートを計測しました。 これがモンスターをソロ討伐したときとだいたい同じくらいのフレームレートになります。 グラフィックスAPIは全てDirectX 12環境で測定しています。 テストしたグラフィック設定はプリセットの低、中、最高設定の3つです。 計測構成 Core i7-8700K、16GBメモリ、 各人気のグラフィックス、500GB SATA SSD フレームレートの測定方法 導きの地を探索して平均フレームレートを計測 グラフィックス毎のフレームレート PC版「モンスターハンターワールド:アイスボーン」のフレームレートは、戦闘中の属性や会心エフェクト、モンスターの行動によって、大きく変動します。 マルチプレイになると、人数分のエフェクトが増えるため、さらにフレームレートが下がります。 以下の結果はソロプレイでのフレームレートになるため、4人でのマルチプレイを想定すると、余裕を持ったグラフィックカード選びをおすすめします。 以下の通り、「モンスターハンターワールド:アイスボーン」の負荷は大きいです。 これらを有効にしたフレームレートの計測結果は次項ご御覧ください。 「NVIDIA DLSS」との併用はできません。 最高設定のみの比較となります。 3倍に対し、 「NVIDIA DLSS」はおよそ1. 4倍フレームレートが向上します。 ほんのわずかな差ですが、RTXシリーズを使用している場合は「NVIDIA DLSS」を有効にすることをおすすめします。 4Kの場合、RTX 2080Tiならなんとか60 fpsに届きます。 画像の通り、防具の細かいディテールを見る限りではほとんど差はわかりません。 むしろ、OFFの時より画質がくっきり表示されています。 Steamストアからダウンロードすることで利用することができます。 この「High Resolution Texture Pack」を使用するには、 8GB以上のグラフィックメモリを搭載したグラフィックカードが必要となります。 なのでNVIDIA GeForceでは、RTX 2060 SUPER以上のグラフィックカードが必要となります。 また、追加で45GBのストレージ容量が必要になります。 「High Resolution Texture Pack」でのフレームレート 各解像度での、最高設定+「High Resolution Texture Pack」のフレームレートです。 プリセットを低設定にして、テクスチャのみハイレゾにすることも可能ですが、あまり意味がないので最高設定で計測しています。 フレームレートはほんの少し落ちるだけで、通常の最高設定とほとんど変わりません。 0GB以上ものグラフィックメモリが必要になります。 アイテムBOXのテクスチャはくっきりと、オトモアイルーの装備も高解像度でくっきりと表示されているのがわかると思います。 一度この美麗で精細なグラフィックでモンスターハンターワールドをプレイすると、もう家庭用版には戻れません。 特に4Kだともはや別世界です。 PC版をプレイする方は是非、「High Resolution Texture Pack」を有効にすることをおすすめします。 「High Resolution Texture Pack」の画質比較 クリックで拡大 クリックで拡大 その他 クエスト中のCPU使用率 Steamストアのレビュー欄を見ていると、「起動しない」「動作が不安定」「クラッシュする」「CPU使用率が高い」などの声が見受けられます。 筆者の環境では特に問題はなく、2台のPCでプレイしましたが、動作が不安定だったり、クラッシュしたりことはありませんでした。 どうやら環境によってはCPU使用率が異常に高かかったり、クラッシュしたりするようです。 「CPU使用率が高い」に関しては、実際にクエスト中の平均CPU使用率を計測してみました。 高過ぎるということもなく、至って普通の数値だと思います。 マップの狭い闘技場では4人マルチプレイでも、負荷が低いです。 改善効果はPC環境に依存します。 おすすめPCとグラフィックカード PC版「モンスターハンターワールド:アイスボーン」をプレイするためのおすすめPCとグラフィックカードの紹介です。 4人マルチプレイだとエフェクト過多でさらにフレームレートが下がるので、余裕を持って選んでおくと無難です。 以下で紹介しているPCは、上記のグラフィックカードを搭載できる、当サイトおすすめのゲーミングPCです。 レビューもしているのでご参考にどうぞ。 当サイトおすすめのデスクトップパソコン.

次の

【MHW:iceborne】推奨スペック/必要動作環境【モンスターハンターワールド:アイスボーン】

モンハンアイスボーン 容量

「ブラウンビンテージ」と「ナチュラルビンテージ」の2種類があり、価格は各44,000円(税別)。 にて12月20日より予約受け付けが開始された。 商品は2020年2月中旬より順次届けられる予定。 「モンスターハンター:ワールド」シリーズのゲーム内でハンター達が乾杯するあのジョッキが実際のサイズで登場。 国産の木を木組みし、飲料をそのまま入れ繰り返し使える加工が施されている。 容量は2. 8リットル。 超軽量の420グラムで、木ならではの保冷性を備えている。 【主な特徴】 ・本物の木ならではの抜群の保冷性&超軽量420グラム ・木樽ジョッキ全体に「エイジング加工」を施しゲーム中の雰囲気を再現 ・飲み干した底には【QUEST CLEARED】彫刻が現われる。 ・木樽ジョッキ外側の底には「モンスターハンター:ワールド」・「モンスターハンターワールド:アイスボーン」のゲームタイトルゴを精細に彫刻! ・取手の両サイドには「ギルド紋章」を彫刻!ジョッキを持った際に手触りが楽しめる。 ・取手と木樽ジョッキ接合には、強度アップの為「ほぞ木組み」や様々な職人技を取り入れて製作.

次の

容量2.8リットル!「モンハンワールド」シリーズゲーム内に登場する木樽ジョッキが発売決定!限定受注開始

モンハンアイスボーン 容量

0 どうも、こんにちは。 アイスボーン生活満喫中のぐっさん と申します。 こちらの記事では モンハンのSSDをテーマに、モンハンワールドアイスボーンのロード時間が爆速になるおすすめの外付けのSSDを紹介していきます。 モンハンのロード時間ってぶっちゃけ長いですよね。 場合によってはロードが完了するまで1分以上待機することもあります。 僕自身、モンハンのロード時間の長さにはイライラしていたんですが、 外付けSSDを実装したところ面白いほど爆速になりました。 こちらの記事では僕自身が使っているおすすめの外付けSSDを紹介していきますので、モンハンのロード時間に悩まされているあなたはぜひこの記事を参考にしてみてください。 おすすめの外付けSSDは『Samsung T5シリーズ』 僕からおすすめする外付けSSDは 『 』です。 容量は500GBですね。 見た目がスタイリッシュでカッコよく、サイズも横5. 8センチ、縦7. 4センチ、厚さ1センチと非常にコンパクトです。 USBケーブルをPS4に繋ぎ各種設定を済ませるだけで使えるようになりますから、僕のような機械音痴でも扱い方はとても簡単だと感じました。 そして気になるロード時間は、SSD無しの場合に比べて 約2倍は短縮できるという爆速っぷり! お値段はアマゾンでの購入だと10,700円となりますが、得られる恩恵を考えると僕はかなりコスパが良いと思っています。 モンハンだけに限らず、別のゲームもこのSSDに移し替えちゃえば爆速で遊べるようになるというわけですからね。 ちなみにSamsung T5シリーズを取り付けるとこのような感じになります👇 非常にシンプルですね。 とにかくコンパクトなので、場所を取りません。 なお、も有名な外付けSSDですが、こっちは在庫が少なくこの記事の執筆時点で発送時期が2か月後とかになってます。 SSD無し SSD有り 経過時間 約30秒 約11秒 クエスト終了から拠点にもどるまでの時間を計測してみました。 SSD無しだと30秒かかりますが、SSD有りだと3分の1の約11秒です。 このロードが短いほどクエストの周回速度が早まるわけですから、効率良くランク上げや素材集め・装飾品集めをしたいのであればSSDは必須級ですね。 たった20秒の差とは言え、1日積み重なると1時間~2時間くらいは差が出てくる可能性もあります。 この章のまとめ 今回比較した項目だと、SSD無しは合計約3分37秒、SSD有りだと合計約1分26秒となり、 SSD有りのほうが約2倍は時間を短縮できることがわかりました。 数字で見ると差は歴然ですね。 僕自身、外付けSSDを実装してからと言うものの劇的に周回速度が速くなったなと感じており、細かなイライラが無くなりました。 快適なゲーム環境を整えたい!そう思うのであれば、SSDはぜひ実装しておいて損はないアイテムだと思いますよ。 外付けSSDの設定方法について【超簡単】 外付けSSDをUSBにて接続した後、まずはメニューから【設定】へと進み、周辺機器を選択してください。 次にUSBストレージ機器を選択しましょう。 画面が切り替わり【Portable SSD T5】と言う項目が表示されます。 MEMOここに表示されるのは接続したSSD機器の名前なので、今回紹介しているSamsung T5シリーズ以外の機器を使う場合は別の名前が表示されます。 このPortable SSD T5を選択し、【拡張ストレージとしてフォーマットする】を選択します。 その後はアナウンスに従い進めていけばOKです。 最後は【フォーマットする】と言う項目が表示されますので、こちらをクリックしましょう。 これで外付けSSDが使用できるようになります。 ここまで出来たら続いて、SSDの中にモンハンのデータを移動させていきましょう。 設定から【ストレージ】を選択します。 画面が切り替わるので、次に【本体ストレージ】を選択します。 続いて【アプリケーション】を選択。 画面が切り替わるので、移動させたいゲームを選びオプションボタンをクリックしましょう。 すると、上記のように【拡張ストレージへ移動する】と言う項目がありますので、こちらを選択すればいよいよセーブデータがSSDへと移動されていきます。 なお、移動には10分くらいかかりますのでしばらく待機しましょう。 移動完了後は通常通りモンハンを起動すればOKです。 これでストレスフリーでモンハンを遊べるようになりますよ! まとめ:モンハンのクエストを高速周回するならSSDは必須 今回はモンハンのSSDをテーマに、モンハンワールドアイスボーンのロード時間が爆速になるおすすめの外付けのSSDを紹介しました。 モンハンのMR上げや装飾品の入手には何度もクエストを回すことになりますので、個人的にはモンハンをやるのならSSDは必須アイテムかなと思っています。 SSDが有るのと無いのとではロード時間がかなり変わってきますので、快適にモンハンを遊びたいのであればぜひSSDの導入を検討してみてください。 それではここまで記事を読んでいただきありがとうございました。 また次回の記事でお会いしましょう。 ぐっさんでした!.

次の