イン スツル メン テーション アンプ。 電子回路の豆知識

afm plus ナノサーマルアナリシス

イン スツル メン テーション アンプ

増幅度の設定を一本の抵抗で行うことができ、入力インピーダンスも高く、また、差動出力も可能です。 良く使われる回路なので、この回路をワンチップ化した製品も出回っています。 前半では上下対称な二つのオペアンプで差動出力の増幅回路を作り、後半では差動増幅回路で引き算を行っています。 まず、各部の電圧と電流を定義しましょう。 R 1を上から下に流れる電流をI 1と決めます。 次に、上のオペアンプの-入力端子の電圧をV 2とし、下のオペアンプの-入力端子の電圧をV 3とします。 上のオペアンプの出力電圧をV 4とし、下のオペアンプの出力電圧をV 5とします。 次にI 1を求めます。 オペアンプの入力端子には電流は流れないので、R 2とR 3にも同じ電流が流れますから、V 4はV 2よりI 1R 2だけ高い電圧になります。 また、V 4はV 3よりI 1R 3だけ低い電圧になります。 バランスがちょっとでも崩れると、正しく引き算をしてくれません。 バランスをとらなければならない抵抗は上下対称になっている部分です。 具体的にいうと、R 2とR 3、R 4とR 5、R 6とR 7です。 全部同じ抵抗にしてしまってもよいのですが、そうすると、増幅の部分をすべて前段の非反転増幅回路に任せてしまうことになります。 オペアンプひとつで何百倍にも増幅するのはちょっときついので、100倍などというゲインが必要ならば後段の差動増幅部にもゲインを持たせるとよいでしょう。 この回路に使うオペアンプはもちろん高精度オペアンプが望ましいです。 また、すべての入力がオペアンプの入力端子に直結しているので、入力インピーダンスが高くできます。 さらに、回路の増幅度設定は一個の抵抗R 1の値を変えることでできるので、簡単です。 でも、この回路はセンサなどからの微小な信号を測定する場合に使われることが多いので、あまり問題にはならないかもしれません。 それよりも、最大のデメリットは回路を作るのが面倒くさいということです。 無断転載を固く禁じます。 C Copyright 1999-2000 Nahitafu.

次の

アナシスインスツルメント社 nanoIRスペクトロスコピー新価格設定のお知らせ

イン スツル メン テーション アンプ

そんなわけで割りとリアル知り合いからの要望が多いのでゴルフ7ネタです。 走りがどーとか、足回りがあーだとか、エンジンが・・・などは素人なのでよくわかりませんw なので得意分野であるデジタル系ってか、そっち系を書いてみます。 純正のディスカバープロの音楽再生 公式ページ とりあえず再生可能(接続可能)なメディアは• CDとDVD• iPhone・iPod・アンドロイドスマホ• SDカード• 内蔵HDD• USB接続された各種機器(外付けHDDとかUSBメモリ、MP3プレーヤーなど) 接続方法は• ブルートゥース• USBケーブル です。 SDカードのMP3・WMA・AACおよびMPEG-4・WMV・AVIファイルを再生できるようです。 専用ケーブルじゃなくて普通のUSBケーブルで繋げるのはいいですね!前のA4のMMIは専用ケーブルが必要でした。 古いiPodを持っているんで、普通にアップルのUSBケーブルで接続。 ディスカバリープロ全体の操作に言えることですが、タッチパネル式でスクロールなどのスピード・操作性はかなり良いです。 インターフェイスもかなりわかりやすくて、マニュアルみなくても問題なく直感で操作可能です。 特にスクロールした時のスムーズさはiPhone的な気持ちよさです。 オレのアンドロイド機の100倍いい感じです。 WEBでいうところの「パンくずリスト」的なものもあり、階層構造も解りやすいです。 曲を再生すると、アルバムのカバーが画像ででるんですね~ちょっと驚き。 アップルでいうアルバムアートワークですね。 あ、英語モードのままでした。 写真右側が予備SDカードのホルダ。 これなにげに気が利いてます!あと、その下にはクレジットカードがいい感じに収まるポケットもついてます。 容量は11ギガバイトのようです。 なにも入れてないけど124メガ使用中。 ファイル数は3000が限度ですかね。 そんな感じで、再生可能ソースには不自由しないでしょう。 いまどきの標準的なカーオディオって感じです。 なお、当然のことながらクルマのインフォテインメントと統合されてるので、音楽再生中のカーナビの音量割合とかは設定できる・・・はずです。 まだそこまでイジってませんが。 音質について。 バランス・フェーダーもグラフィカルなインターフェイス。 ブルートゥースでの再生とか動画再生とかもおいおいやってみたいと思います。

次の

ゴルフ7ネタ『VW純正 インフォテイメントシステム Discover Proのオーディオ編』 UNITORO

イン スツル メン テーション アンプ

増幅度の設定を一本の抵抗で行うことができ、入力インピーダンスも高く、また、差動出力も可能です。 良く使われる回路なので、この回路をワンチップ化した製品も出回っています。 前半では上下対称な二つのオペアンプで差動出力の増幅回路を作り、後半では差動増幅回路で引き算を行っています。 まず、各部の電圧と電流を定義しましょう。 R 1を上から下に流れる電流をI 1と決めます。 次に、上のオペアンプの-入力端子の電圧をV 2とし、下のオペアンプの-入力端子の電圧をV 3とします。 上のオペアンプの出力電圧をV 4とし、下のオペアンプの出力電圧をV 5とします。 次にI 1を求めます。 オペアンプの入力端子には電流は流れないので、R 2とR 3にも同じ電流が流れますから、V 4はV 2よりI 1R 2だけ高い電圧になります。 また、V 4はV 3よりI 1R 3だけ低い電圧になります。 バランスがちょっとでも崩れると、正しく引き算をしてくれません。 バランスをとらなければならない抵抗は上下対称になっている部分です。 具体的にいうと、R 2とR 3、R 4とR 5、R 6とR 7です。 全部同じ抵抗にしてしまってもよいのですが、そうすると、増幅の部分をすべて前段の非反転増幅回路に任せてしまうことになります。 オペアンプひとつで何百倍にも増幅するのはちょっときついので、100倍などというゲインが必要ならば後段の差動増幅部にもゲインを持たせるとよいでしょう。 この回路に使うオペアンプはもちろん高精度オペアンプが望ましいです。 また、すべての入力がオペアンプの入力端子に直結しているので、入力インピーダンスが高くできます。 さらに、回路の増幅度設定は一個の抵抗R 1の値を変えることでできるので、簡単です。 でも、この回路はセンサなどからの微小な信号を測定する場合に使われることが多いので、あまり問題にはならないかもしれません。 それよりも、最大のデメリットは回路を作るのが面倒くさいということです。 無断転載を固く禁じます。 C Copyright 1999-2000 Nahitafu.

次の