エバンゲリオン 順番。 エヴァンゲリオン基礎解説〜TV&映画DVD・BDの種類・順番、「新世紀エヴァンゲリオン」あらすじ等〜

エヴァンゲリオンを観る順番は?TVアニメ、劇場版旧・新から最新作までまとめ!

エバンゲリオン 順番

新たな公開日が決まり次第公式サイトにて告知。 Sponsored Link 【エヴァンゲリオンシリーズ 動画無料視聴方法】 「エヴァ」を配信しているサービスは色々とありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス 「U-NEXT」です! なぜ、 「U-NEXT」がおすすめなのか?以下にて説明致します。 しかし、U-NEXTでは「31日間無料トライアル」に登録すると加入特典として600ポイントのプレゼントが受け取れるので、このポイントを利用すると1作品は無料で楽しむ事ができます。 31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。 「初回31日間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。 U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 <2作目 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破> 2009年6月27日公開 【あらすじ】 エヴァンゲリオン2号機のパイロットとしてアスカが登場。 シンジは、アスカと同居することに。 強気な性格なアスカに、シンジはタジタジに。 パイロットとしても優秀なアスカだったが、アスカが実験目的で搭乗した参号機が使徒に乗っ取られて暴走してしまう。 シンジは父親から、初号機で参号機を破壊するように命令されるもアスカが乗っているため拒否。 結局ダミーシステムに制御され初号機は参号機を破壊。 アスカの生存は確認されたが、意識不明の重体となる。 絶望したシンジがパイロットを辞めた直後にNERVを使徒が襲い、綾波レイが危険な状態に。 シンジはレイを救いますが、それがきっかけで、サードインパクトが起こりそうになる。 誰もが最悪の事態を予測したそのとき、6号機に乗ったカヲルが、槍により大災害発生を食い止めた。 <3作目 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q> 2012年11月17日公開 【あらすじ】 サードインパクトがぎりぎりで発生せずにすんでから、14年後の世界で、シンジは目を覚ます。 反NERV組織ヴィレにより、首輪をつけられ、犯罪者として扱われることに違和感を持つが、誰も状況を説明してくれない。 やっとカヲルから、壊滅的な被害をもたらすサードインパクトは起こらなかったが、それでもそれに近いことは起き世界は著しい被害(ニアサードインパクト)を受けたと知らされ、シンジは強いショックを受ける。 13号機にカヲルを共に乗ることで、ニアサードインパクトが起こる前の状態に世界を戻せると知ったシンジは、13号機搭乗を決意する。 しかし、ここにはNERVのフォースインパクトを引き起こそうとする意図が隠されていることを見抜いたカヲルは、それを防ぐために自殺する。 カヲルの死に衝撃を受け呆然とするシンジを迎えにきたのは、アスカ。 二人の後ろをレイがついていく。 youtube. 予告編として動画が出ていましたので、上記動画を参考にしてください。

次の

エヴァンゲリオンの映画を見る順番は?旧劇場版・新劇場版・アニメシリーズ一覧

エバンゲリオン 順番

地軸を揺るがす伝説のメガヒット作 見どころ 庵野秀明監督、GAINAXによるSF作品。 繊細で精緻な心情表現、リアルなメカ描写、謎めいた設定に衝撃的な展開など数多くの見どころで多くのファンを惹き続けている。 U-NEXTより抜粋 新世紀エヴァンゲリオン劇場版シト新生 解説 西暦2015年。 人類を襲う謎の兵器「使徒」に対抗するため、汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオンを完成させた特務機関ネルフは、14歳の少年少女達をパイロットにエヴァを実戦投入する。 しかしその後ろでは同時に「人類補完計画」が進行していた……。 95年10月よりTV放映され、大きな反響を呼んだアニメシリーズの劇場版。 本作は多くの謎を残したまま終了したTV版の総集編と最終話という事だったが、制作が遅れに遅れ、その結末は本当の完結編、「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)/Air/まごころを、君に」で描かれた。 allcinema ONLINEより抜粋 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に TVシリーズ弐拾伍話と最終話をリメイクした、『新世紀エヴァンゲリオン』の完結編 見どころ TV版の第弐拾伍話と最終話のリメイクし、もう一つの結末として描かれた劇場版完結編。 今こそ明かされる 人類補完計画の謎。 すべてが終焉するとき、シンジの選択は…!? また、TV版最終2話をリメイクした形になっており、それぞれ「第25話」「第26話」と数字表記で区別されている。 それぞれの人類補完計画を遂行するために、ゼーレ対ネルフの戦闘が始まった。 そんな中、独り心を閉ざすシンジ。 そのシンジを叱咤するミサト。 アスカは復活して反撃を始めるが…。 その頃、碇ゲンドウは独自の補完計画を急いで、レイを連れてネルフ地下のアダムと目される巨人の前にいた。 allcinema ONLINEより抜粋 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序.

次の

エヴァンゲリオンを見る順番《最新映画まで》

エバンゲリオン 順番

どういうことかなのかと不思議に思う人もいますが、簡単に言えば同じエヴァンゲリオンの世界観でもそれぞれが違う時系列を歩んだシリーズということになります。 今回は少しややこしく思えるエヴァンゲリオン映画を見ていきますね。 エヴァンゲリオン映画の公開日順 まずエヴァンゲリオン映画の公開日循を見ていきましょう。 (おまけでTVアニメシリーズもあると載せておきます) テレビアニメ(旧シリーズ)• 1995年10月4日 ~ 1996年3月27日 放送、全26話 旧劇場版• 『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』 1997年3月15日公開• 『エヴァンゲリヲン新劇場版:序』 2007年9月1日公開• 『エヴァンゲリヲン新劇場版:破』 2009年6月27日公開• 『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 2012年11月17日公開• 『シン・エヴァンゲリオン新劇場版: 』 2020年6月27日公開予定 以上のようになっています。 今年公開の『シン・エヴァンゲリオン新劇場版: 』は新劇場版シリーズの完結編になりますね。 ちなみに新劇場版のサブタイトルである『序、破、Q』は物語的には「序破急」をもじっているのだと思います。 そして今年公開の『シン・エヴァンゲリオン新劇場版: 』のサブタイトルの「 」は論理学における「または(OR)」を意味します。 タイトルから作品の内容を想像するのが好きなのですが、見当もつかないです。 エヴァンゲリオン映画の時系列順 このエヴァンゲリオン映画の時系列順は物語の設定上ではどのような順番になっているのか見ていきましょう。 ただこれは公開順通りの時系列ですね。 公開日が古い順番に見ていけば物語上の時系列はズレることはありません。 注意点は、上の一覧でわかているように 「旧劇場版」と「新劇場版」は同じエヴァンゲリオンでも別のシリーズになります。 物語の展開や登場人物に違いがある作品ですので、同じエヴァンゲリオンでも作品としては別物といえることを覚えていた方が混乱がないと思いますね。 エヴァンゲリオンは20年以上前の作品ですが、いまでも色あせない作品です。 劇場と違い2クール間放映されたので、主人公の変化や仲間との時間がじっくりと楽しむことができますし、最初の作品を見ることでどうしてエヴァンゲリオンがここまで人気が出たのかわかるのではないでしょうか? 気弱な少年が父親に会いに来たらあんなことになるなんて誰も思はないでしょうし、今でも話題に上がる意味不明のラスト2話はエヴァンゲリオンのファンなら見ていて損はないと思います。 古い作品から全部見ていたら長くなってしまうし「旧シリーズ」と「新劇場版」はキャラクターや世界観など多くの点で同じです。 ですので「旧シリーズ」を一気にみて「新劇場版」をみると既視感を覚えて感動が薄れてしまうかもしれません。 今年公開の 『シン・エヴァンゲリオン新劇場版: 』を楽しむためにその過去作を知りたいと言うのだけなら「新劇場版」からみるのがドンピシャでしょう。 スポンサーリンク エヴァンゲリオン映画の順番で見なくてもいい作品はある? 金ロー版『IT』のカットシーンが気になるところですが、ここで、現在の放送コードに引っかかりそうなシーンは全部この画像に置き換えて放送した日テレ放送の新世紀エヴァンゲリオン劇場版TV版を思い出してあげて下さい。 どういうことなのでしょう。 アニメ・旧作・新劇場版全部みるべき! テレビアニメ・旧作・新劇場版はエヴァンゲリオンが好きで見たくなったのなら全部見るべきだと個人的には思います。 話のテンポが違ったり、登場や特定のシーンが増えたり違ったりして、それぞれが完成度が高く楽しめます。 「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生」は見なくてもいいという声も? それでもいくつかの作品は見なくてもいいと言う声も聴きます。 その気持ちはわかります。 エヴァンゲリオンは20年以上続いている長い作品ですが始めて見る人に勧めることを考えた時、確かに見全部は見なくてもエヴァンゲリオン全体を十分楽しめることができるということです。 どういうことかというと 『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』は基本的にはテレビアニメシリーズの総集編です。 エヴァンゲリオンは「旧シリーズ」と「新劇場版」シリーズは同じエヴァンゲリオンでも別々のシリーズの作品であるので、今年公開の最新作を楽しむのであれば「新劇場版」シリーズを見るだけで十分だと思います。

次の