コロナ うそ。 新型コロナウイルスをはじめて通報した医師 当初「嘘のうわさ」と批判される

あおさは新型コロナに効果なし!メディアの嘘とは?

コロナ うそ

驚いたことに、普段は政府関係者へのいかなる批判も直ちに削除する中国の検閲当局は、中国版ツイッター()「微博(ウェイボー、)」に投稿されたこの動画をそのままにしている。 だが、中央政府は動画に乗じて、自分たちは国民の要求に耳を傾けており、この失態は地元当局に責任があるとの「筋書き」をつくり上げているように見える。 国営新華社()通信は5日、武漢市民が提起した問題に対処するために孫氏が「徹底した捜査」を要求したと報道。 しかし動画については言及しなかった。 共産党機関紙の人民日報()は、ツイッターに編集済みの動画を共有した。 英語アカウントでの投稿は削除されたが、中国語版の動画はオンライン上に残されている。 人口1100万人の武漢で1月23日に始まった封鎖措置は、いつまで続くか見当がつかない。 多くの住民が食料確保をインターネットでの集団購入に頼っている。 スーパーマーケットや地域の委員会は、需要急増に伴った注文に応じるために奔走しているが、一部の住民はAFPに対し、大量購入した食料品の価格や品質に誰もが満足しているわけではないと漏らした。 当局は武漢市全体に物資が届けられていると保証しているが、市民たちは自分に頼らなければならない状況に置かれている。

次の

新型コロナウイルス“しゅうそく”は、収束? 終息?〈デキる社会人の言葉づかい〉

コロナ うそ

驚いたことに、普段は政府関係者へのいかなる批判も直ちに削除する中国の検閲当局は、中国版ツイッター()「微博(ウェイボー、)」に投稿されたこの動画をそのままにしている。 だが、中央政府は動画に乗じて、自分たちは国民の要求に耳を傾けており、この失態は地元当局に責任があるとの「筋書き」をつくり上げているように見える。 国営新華社()通信は5日、武漢市民が提起した問題に対処するために孫氏が「徹底した捜査」を要求したと報道。 しかし動画については言及しなかった。 共産党機関紙の人民日報()は、ツイッターに編集済みの動画を共有した。 英語アカウントでの投稿は削除されたが、中国語版の動画はオンライン上に残されている。 人口1100万人の武漢で1月23日に始まった封鎖措置は、いつまで続くか見当がつかない。 多くの住民が食料確保をインターネットでの集団購入に頼っている。 スーパーマーケットや地域の委員会は、需要急増に伴った注文に応じるために奔走しているが、一部の住民はAFPに対し、大量購入した食料品の価格や品質に誰もが満足しているわけではないと漏らした。 当局は武漢市全体に物資が届けられていると保証しているが、市民たちは自分に頼らなければならない状況に置かれている。

次の

ポンペオ米国務長官は「コロナ発生源うそ捏造」「人類共通の敵」…中国、官製メディア動員し批判 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

コロナ うそ

売り切れ続出のあおさ。 メディアの嘘とは? 惑わされないようにちゃんと記事を解説します。 朝のテレビで、あおさがコロナウイルスに効果ある的な事言ってたが、 今スーパー2件回ったら全て売り切れてた。 しっかりと解説してきます。 あおさが新型コロナの特効薬はデマ!メディアの嘘とは? 注目されている中部大学のアオサの記事ですが、大学ジャーナルで記載されていた記事によると ウイルスは遺伝子としてDNA(デオキシリボ核酸)かRNA(リボ核酸)のいずれかを持ち、生きた細胞に寄生して増殖する。 表面をエンベロープと呼ばれるたん白質や脂肪の膜で覆ったタイプと覆わないタイプに分けられるが、ヒトコロナウイルスや新型コロナウイルス、A型インフルエンザウイルスなどはエンベロープとRNAを持つことで共通する。 ヒトコロナウイルスの感染実験に使用できる動物がいないことから、研究グループはエンベロープとRNAを持つ A型インフルエンザウイルスをマウスに感染させ、アオサに含まれるラムナン硫酸の効果を調べた。 その結果、3日後にウイルス量が半減し、抗体量が何も与えないマウスに比べて7日で約1. 5倍、14日で約2. 3倍になったことが分かった。 より引用 気をつけて欲しい部分を色付けています。 インフルエンザに感染させたマウスで実験しただけです。 ヒトコロナウイルス・ 新型コロナウイルス・ A型インフルエンザは共通して エンベロープ(タンパク質・脂肪)と RNA(リボ核酸)を持っている。 インフルエンザに効果があったんだから、 共通するエンベローブとRNAを持つ コロナウイルスにも効果があるんじゃないか? というあくまで 効果に期待としか書かれていません。 なのにメディアがこぞって コロナウイルスに効果がある!と持ち上げまくった結果まさかの本家の研究発表が削除されています。 PR 中部大学の発表に問題はないのか? 残念ながら本家の記事が削除されてしまっているのではっきりと全文確認ができませんでしたが 発表された記事のタイトルが とインフルエンザウイルスの抑制をまるで「コロナウイルス」に効果があったかのように書いているため、このタイミングで発表すればどうなるのかを考えてはいなかったのでしょうか? 問題はメディアだけではないようにも思えます。 驚きの値段で口コミが一切ない謎のサプリメントを開発販売する企業の売名行為なら辻褄があいますね。 まとめ:あおさは新型コロナに効果なし!メディアの嘘とは? 朝メディアがアオサがコロナウイルスに効果があると報道されたことで全国であおさが売切れ、しかも高額転売される始末。 だが、有識者がたんたんと「よく見ろ、おかしいぞ」と指摘し続けていますがそれでも「あおさが売切れ」さらには「あおさはコロナウイルスに効果があるんだ!」と持ち上げ続けるメディア。 改めて文章を読めばわかるのにメディアに踊らされている方々。 本家の中部大学の記事は削除。 転売目的の人たちが少しでも痛い目にあうといいのですが。 合わせて読みたい•

次の