ゼロックス コロナ。 【東京コロナ】富士ゼロックス 東京都港区勤務の40代女性派遣社員が感染!大阪の例のライブハウスに参加

新型コロナ:米ゼロックス、HP買収を撤回 コロナ危機で実現困難に (写真=AP) :日本経済新聞

ゼロックス コロナ

関係筋によると、米事務機器大手ゼロックスは31日、米パソコン・プリンター大手HPに対する350億ドルの敵対的買収案を取り下げることを決定した。 新型コロナウイルスの感染拡大が影響した。 ゼロックスは今月に入り、新型コロナ対応に注力するため、HP株主との会合を延期する方針を示していた。 両社の株式を大量に保有し、合併を推進していた米著名投資家カール・アイカーン氏にとって打撃となる。 ゼロックスは5月に開催されるHPの年次株主総会で、HP取締役の入れ替えを目指す予定だったが、これを断念。 HP株のTOB(株式公開買い付け)も取り下げる。 ゼロックスは「こうした措置を取ることは残念だが、われわれは何よりも従業員、顧客、パートナー企業といった利害関係者の健康、安全、幸福、およびパンデミック(世界的な大流行)への対応を優先する」とした。 一方で、HPとの連携は長期的に財務・戦略的な利益があると指摘した。 新型コロナ危機が後退すれば両社が連携を選択する可能性があるが、今回の決定は2021年春の次回年次株主総会まで同様の圧力をHPにかける機会がないことを意味する。 ゼロックスはまた、TOBを資金面で支援する各銀行は新型コロナに伴う市場混乱にもかかわらず「決してコミットメントがぶれなかった」と指摘した。 HPは発表文で「株主、パートナー企業、顧客、従業員に対し、今回のプロセスを通じた支援に感謝したい」とした。 ゼロックスとHPはともに新型コロナ危機で事業に打撃を受けており、ゼロックス株はこの5週間で半値以下となったほか、HP株は約25%下落した。 *内容を追加して再送します。 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の

コロナでM&Aが急減、ゼロックスは3.8兆円のHP買収計画を撤回

ゼロックス コロナ

新型肺炎(COVID-19)は中国から世界各地に感染が広がり、日本国内でも感染拡大が心配されています。 そこで、新型コロナウイルス感染症の症状、潜伏期間、感染経路、感染の予防・対策などをまとめました。 <目次>• 新型コロナウイルスとは? 重度の肺炎などを引き起こす新型コロナウイルスは、SARS(サーズ)やMERS(マーズ)と同じコロナウイルスの仲間です。 コロナウイルスはヒトや動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスですが、今回のウイルスは既知のウイルスと一致しない新型のコロナウイルスでした。 ヒトに感染するコロナウイルスは、すでに6種類が知られています。 そのうち4種類は、一般的な風邪の原因となるウイルスで、ヒトに日常的に感染し、風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占めるといわれています。 残りの2種類は、重度の肺炎の原因となるSARS(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS(中東呼吸器症候群コロナウイルス)です。 中国で見つかった新型コロナウイルスは、これら6種類には当てはまらない新しい型です。 世界保健機関(WHO)では一時的に「2019-nCoV」と命名しました。 ちなみにコロナウイルスを顕微鏡でみると、表面に突起がみられます。 これが王冠に似ていることから、ギリシャ語で王冠を表す「コロナ」にちなんで名づけられました。 新型肺炎の症状 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のおもな症状は、以下のようなものが確認されています。 全身倦怠感• 乾いた咳• 呼吸困難(入院患者など重症例)• <そのほか>上記以外にも、のどの痛み、鼻水、嘔吐や下痢など消化器系の症状、筋肉痛などを訴えることもあるようです。 新型コロナウイルスの潜伏期間 現時点では調査中ですが、によると、潜伏期間は1~12. 5日(多くは5~6日)とされ、他のコロナウイルスの情報などから、感染者は14日間の健康状態の観察が推奨されています。 なお、初期症状が軽い人や無症状とみられる患者もいることから、感染しているかどうかの見分けがつきにくいケースもありますが、通常、肺炎などを起こすウイルス感染症の場合、強い症状が表れる時期にほかの人へウイルスを感染させるリスクがもっとも高くなると言われています。 新型コロナウイルスの感染経路 コロナウイルスは、ヒトや動物の間で感染症を引き起こすウイルスですが、「動物からヒト」あるいは「動物から別の種の動物」へ感染することはほとんどありません。 しかし例外もあり、それが過去に大流行したSARSやMERSです。 SARSはコウモリからヒトへ、MERSはヒトコブラクダからヒトへと感染。 さらにそれがヒトからヒトへと感染していきました。 どちらも感染者の中に、一人から十数人に感染を広げる「スーパー・スプレッダー」がいたことが感染を広げました。 新型コロナウイルスの感染源は明らかではありませんが、おもな感染経路は「飛沫感染」「接触感染」と考えられています。 飛沫感染……感染した人が咳やくしゃみをしたときにウイルスが飛び散り、周囲の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み、体内に入ることで感染する。 接触感染……感染した人の咳やくしゃみ、またはそれらが付いた手で触れることで身の回りのものにウイルスが付着し、それを健康な人が触り、その手で目や口、鼻を触ることでウイルスが体内に入って感染する。 咳や発熱がある人はマスクをするのがエチケット。 マスクは取扱説明書のとおりにつけ、鼻からあごまで覆ってすきまがないように着用します。 <屋外でのマスクの効果は?> 一般に屋内、電車・バスなど換気が不十分な場所では、マスクも感染予防策のひとつとなりますが、屋外ではマスク着用の効果はあまり認められていません。 それよりも、感染の可能性が高い場所に行かない、手洗いの徹底、アルコール消毒といった感染予防策を取りましょう。 外から帰ったら流水と石鹸で丁寧に手を洗い、清潔に保つようにします。 さらなる対策として、手洗い後に手指消毒用のアルコールを使うのもよいでしょう。 一般的にエンベロープのあるウイルスには、アルコール消毒が有効であると考えられているので、身の回りを消毒しておくとよいでしょう。 エンベロープウイルスの代表例:新型コロナウイルス、インフルエンザウイルス、風疹ウイルス、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)、エボラウイルス など によると、<アルコール消毒には60%以上の高濃度アルコールが推奨>されています。 自宅やオフィスの消毒には、アルコール濃度60%以上の除菌効果のある除菌スプレーや除菌シートを使って、手でよく触るドアノブやテーブル、リモコン、電気のスイッチなどをこまめに拭いて除菌・消毒をしておくとよいでしょう。 持続効果のあるアルコール除菌スプレーを使えば、除菌効果が長持ちし、感染リスクをおさえることができます。 新型コロナウイルスについては、その特徴や有効な治療方法などわかっていないことも多いです。 最新情報をチェックしながら、できることからはじめることが大切です。 新型肺炎の治療方法 治療方法は現時点ではわかっておらず、有効な治療薬やワクチンもありません。 そのため、感染した場合は対症療法で治療するしかありません。 現時点では致死率は2~3%程度と推測されていますが、今後の患者数の増加によって変わる可能性があります。 新型コロナウイルス感染症の流行状況 新型肺炎の感染者数は増えており、2月13日時点で28の国や地域で感染が確認されており、現時点ではまだ収束の兆しはありません。 世界保健機関(WHO)は、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言し、日本政府は新型肺炎を強制入院や就業制限を可能とする「指定感染症」に指定しました。 新型コロナウイルスの最新の発生状況や相談窓口については、公的機関の情報を参照ください。•

次の

【飲食店コロナ対策】無料ポップ&作成ツール、コンビニポスター印刷手順のまとめ

ゼロックス コロナ

「」より 新型コロナウイルスの感染拡大によって、 富士フイルムホールディングス(HD)がインフルエンザ治療薬として開発した アビガンへの注目が高まっている。 かつて同社は、写真フイルムメーカーとして米イーストマン・コダックとシェアを争った。 その富士フイルムHDが、今、大変身に成功して医療・ヘルスケア企業として成長している。 一方、同社のライバルであったコダックは、写真フイルムの生産という枠から経営の発想を広げることができず経営破たんした。 まさに企業の栄枯盛衰を目の当たりに見る思いがする。 両社の分岐点になったのは、企業が環境の変化に対応するスタンスだ。 富士フイルムHDは、思い切って医薬品を手掛けるようになった。 一方のコダックは写真フイルムに固執した。 そこに両社の違いが鮮明に出た。 経営にとって最も重要なファクターは、いかに環境変化に対応できるかだ。 その中で、経営者の意思決定は重要だ。 2000年代に入り、世界の写真フイルム市場は急速に縮小した。 富士フイルムHDのトップはフイルム事業ではじり貧に陥ると危機感を強めた。 フイルム技術の応用を目指し、磁気テープや記録媒体、複合機など光学技術が応用できる分野に進出した。 なかでも、同社は医療・ヘルスケア分野において長期的に需要が見込めると判断し、経営資源を再配分している。 コロナショックを境に、世界経済はメガチェンジと呼ぶべき大きな変化に直面している。 企業が長期の成長、存続を目指すうえで、同社の変革から学ぶことは多い。 コロナ禍で明らかになる富士フイルムの実力 コロナショックの発生によって、富士フイルムHDの実力が明らかになったといえる。 2020年3月期、純利益は前年度から9%減だった。 オフィス関連事業などを手掛ける競合企業と比較した場合、同社の収益の落ち込み方は相対的に小さい。 それを支えたのが、ヘルスケア関連事業だ。 また、他の事業における構造改革も収益を支えた。 ここから示唆されることは、企業にとってコア・コンピタンス(企業の競争力を支える中核となる要素)を明確に認識し、それを活かして成長期待の高い分野に進出することの重要性だ。 富士フイルムHDのコア・コンピタンスの一つに、色再現技術がある。 例えば、カラー写真の場合、私たちが肉眼で認識した色彩が鮮明に写真上で再現されなければならない。 そのために、同社はフイルムだけでなく、レンズの開発など画像を処理する技術を磨いた。 同時に、環境は変化する。 特定の技術を用いて、特定のモノなどを生産することで企業の長期存続が実現できるわけではない。 富士フイルムHDの場合、デジタル化の脅威への対応が求められた。 デジタルカメラ、スマートフォンが普及し、写真フイルム需要は低下したからだ。

次の