キュー アール コード 読み取り 方。 【妖怪ウォッチぷにぷに】QRコードの登録方法!要注意点はココだ!

スマホでQRコードを読み取る簡単な方法 リーダーアプリ不要【Android/iPhone】

キュー アール コード 読み取り 方

インスタグラムは、友達を追加する方法の一つとしてネームタグというものを用意していたが、新たにQRコードでも追加できるように機能が追加されている。 そのQRコードの出し方、読み取り方法を紹介。 関連 シェアする• QRコードの出し方 QRコードの出し方だが、検索メニューとプロフィールのサブメニューから表示させる方法がある。 検索メニューからQRコード表示 画面下部の 検索アイコン、右上の 読み取りアイコンをタップ。 この画面が表示されたら、画面下部の 自分の表示に戻るをタップ。 するとこのようにQRコードが表示される。 QRコードをタップするとネームタグに切り替わる。 サブメニューからQRコード表示 プロフィール画面の 右上のサブメニューをタップ。 サブメニューが表示されたら QRコードを選択。 するとこのようにQRコードが表示される。 QRコードをタップするとネームタグに切り替わる。 QRコードの読み取り方法 QRコードの読み取り方法だが、近くにいる場合はカメラ機能を使ってQRコードをスキャンし、近くにいない場合でLINEなどで複数の人にスキャンしてもらう方法がある。 カメラでQRコードをスキャン iPhoneの「カメラアプリ」は、QRコードを起動した状態であればQRコードを読み取れるようになっているが、ここではAndroidの場合もあるので、共通の手順を紹介。 まずは、お互いに画面下部の 検索アイコン、右上の 読み取りアイコンをタップ。 下記画面が表示されたら、下記の操作を行う。 片方の人はこの スキャンモードのまま待つ• もう片方の人は画面下部の 自分の表示に戻るを選択 そしたら、スキャンモードの人がスマホのカメラをもう片方の人のQRコードの上にかざして読み取る。 スキャンが成功するとこのように表示されるので、 フォローするをタップで友だち追加できる。 LINEなどで読み取ってもらう 友達が近くにいない、LINEやメールなどで共有、HPの掲載して登録して貰う場合の手順。 プロフィール画面の 右上のサブメニューをタップ。 サブメニューが表示されたら QRコードを選択。 次は右上の 共有アイコンタップ。 そうするとメールやLINEなどのアプリや「画像を保存(Androidの場合にはGoogleフォトに保存)」というメニューがあるので、適宜、共有したい方法でQRコードの画像を共有する。 共有したら、そのQRコードの画像を端末に保存してもらう。 QRコードを保存してもらった相手に、今度はそのQRコードの画像をスキャンしてもらうので、 検索アイコン、右上の 読み取りアイコンをタップ。 そしたら、 右上のアイコンをタップして、保存したQRコードの画像を選択してもらう。 スキャンが成功するとこのように表示されるので、 フォローするをタップで友だち追加できる。 QRコードのカスタマイズ ネームタグ同様にQRコードも背景画像をカスタマイズできる。 画面をタップで色を変更でき、画面上部の文字タップで種類変更できる。 こちらは絵文字の背景。 セルフィーはインカメラで自分などを撮影して背景にできるが、自分を背景にするとか恥ずかしいので、イラストや背景を撮ったほうがいいだろう。 インスタグラム使い方ガイド 初心者向け基本ガイド• ストーリー使い方ガイド• 裏技・便利な活用方法• その他のエラー・退会など•

次の

QRコードをパソコンで読み取る(インストール不要)

キュー アール コード 読み取り 方

対応端末が普及し、知る人も多いそのマークは、2次元コードの一種である「QRコード」だ。 知れば知るほど何かと便利なQRコードについて、その特徴や利用法を解説しよう。 コンビニエンスストアなどで販売されている商品には、バーコード(JANコード)と呼ばれるコードが印刷されており、購入する際にはレジで読み取られているが、バーコードは「情報が横方向に並べられている」1次元コードだ。 2次元コードは、その名の通り、縦と横の2方向に情報を記録できるため、バーコードよりも多くの情報を内包できる。 このほかにも多くの特徴を持っており、その概要を紹介しよう。 ・ QRコードは日本生まれ QRコードは、1994年にデンソーが開発したもの。 その開発部門は現在デンソーウェーブとして独立し、商標登録など「QRコード」関連の権利を保有している。 一企業が開発した技術規格は、一般的にライセンス料を支払うことで他社も利用できるようになるケースが多い。 しかし、デンソーウェーブではQRコードの仕様を公開しており、無料で誰でも利用できるようにしている。 このことは、携帯電話で手軽に利用できるようになった要因の1つだろう。 ・ いろんなバージョンのQRコードがある 一口に「QRコード」と言っても、その大きさによってバージョン1~バージョン40まで種類が分かれている。 ちなみにQRコードにおける「セル」とは、情報を表わすマス目のことだ。 QRコードの大きさは、そこに含む情報量や、扱う文字の種類、そして汚れたり一部が欠損していたりしても読み取れる「誤り訂正レベル」の強度によって異なってくる。 またQRコードを読み取る端末の性能などでも大きさを決めることがある。 大きさに依存するバージョン以外にも、携帯電話向けQRコードはいくつかの種類がある。 決済関連の仕様は共通化されているものの、実は機種によって読取時の対応が異なっている場合がある。 最も異なるのは、アドレス帳のデータを含む場合で、iモード端末でボーダフォン向けQRコードを読み取った場合、情報は参照できてもアドレス帳へ登録できないケースがある。 名刺などにプリントして使う場合は、注意しておきたいポイントだ。 QRコードに初めて対応した「J-SH09」 ・ 汚れや破損に強く、読み取る角度は自由 QRコードの大きさを決める要因の1つは「誤り訂正レベル」だ。 QRコードは、雑誌やポスターに印刷して使われることもあるため、印刷面が汚れていたり、一部が欠損していたりすることがある。 しかし「誤り訂正レベル」という機能によって、読み取りにくい状態でも、QRコードの情報を確認することが可能だ。 「誤り訂正レベル」は、4種類用意されており、QRコードの面積のうち約7%~30%欠損していてもデータを復元できる。 汚れやすい環境で使う場合は誤り訂正レベルを強化することになる。 QRコードは四角形だが、上下が定められているわけではない。 360度、どの角度に傾いた状態でもピントさえ合っていれば手軽に読み取れる。 ・ 複数のQRコードを連結することも可能 携帯電話でQRコードを読み取る場合、一部機種に限られるが、複数のQRコードを連続して読み取れる。 長い文章をいくつかのQRコードに分割しておき、対応する携帯電話で次々に読み取っていけば元の長い文章を復元できる。 このように、幅広く利用できるようになっているQRコードだが、いち早く対応した携帯電話は2002年に登場したシャープ製「J-SH09」だ。 その後、NTTドコモが505iシリーズで共通機能として採用し、さらにauでも対応端末が2004年から登場している。 たとえば、携帯電話向けにさまざまなコンテンツを提供している企業の場合、サイトへ手軽にアクセスできるようにポスターなどに印刷していることがある。 バンダイネットワークスとサミーネットワークスでは昨秋、携帯電話向け着信メロディ配信サイトのキャンペーンとして、QRコード付きのポスターを街中に掲示した。 このケースでは、カメラ付き携帯電話でQRコードを撮影すると、URLが表示され、手軽にキャンペーンサイトへアクセスできるようになっていた。 また日本コカ・コーラでは、対応自販機にQRコードを表示させたiモード端末をかざすと商品を購入できる「Cmode」を展開している。 新発売された飲料「コカ・コーラC2」のキャンペーンでは、専用サイトにアクセスしてQRコードをダウンロードすれば、「コカ・コーラC2」が「Cmode」対応自販機でプレゼントしていた。 URLを通知するという使い方では、話題のブログサービスの対応にも注目したい。 の「JUGEM」がQRコードに対応したというをお伝えしたが、ここで言う「対応」とは、それぞれのブログサービスを利用しているユーザーがあらかじめ設定しておくことで、ブログ内にQRコードを表示できるようになるということ。 QRコード対応の携帯電話であれば、気になるブログを携帯電話から時間をかけてURL入力することなく、スムーズにアクセスして内容をチェックできるようになる。 URLを読み取るという利用スタイルに次いでポピュラーな使い方は、アドレス帳関連かもしれない。 たとえば名刺に名前や電話番号といった情報を含んだQRコードを印刷しておけば、携帯電話での管理が格段にやりやすくなる。 ただし、先述したようにキャリアによって若干仕様が異なる部分があるというのは辛いところだ。 このほかauでは、QRコードで住所などを読み取れば、そのままEZナビウォークの目的地を設定できるようにしている。 対応機種は「A5506T」、そしてこれから発売される端末となるが、文字入力に時間をとられなくても済むようになるのは非常に嬉しいポイントだ。 これらの機能は、いずれも印刷、あるいはパソコンのディスプレイに表示されたQRコードを携帯電話で読み取るという利用法だ。 それらとは少し変わった方法で携帯電話とQRコードを連携させるものとしては、というサービスが存在する。 同サービスは、携帯電話のディスプレイ上にQRコードを表示させて、コンビニエンスストアで携帯電話の利用料などを支払えるというもの。 これは、NTTドコモ、KDDI、ボーダフォン、NTTインターネットの4社間で、QRコードの決済関連の規格が統一されていることが背景にあり、NTTドコモとauでは月額基本料などが払込用紙なしで手軽に支払える。 アルプス社が1月に発売した。 QRコードがプリントされている このほかにも多くの場面でQRコードは活用されている。 ・ 地図 アルプス社が発行しているの中には、QRコードが印刷されているものがある。 読み取ると、閲覧中のエリアにある飲食店やホテルなどの情報を得られる。 ・ 電子チケット 「コンビエン」と同じように携帯電話のディスプレイ上にQRコードを表示させて、イベント会場などの入場時に使うというスタイル。 リクルートでは、ASP方式で提供しているで、「2次元バーコード発行パック」というオプションサービスを提供している。 ・ 野菜の産地を表示 独立行政法人である食品総合研究所運営のWebサイトでは、農産物の生産者や栽培方法を公開している。 データベースに蓄積された情報は、1つ1つ個別の数字が割り当てられている。 スーパーマーケットなどで野菜や果物が販売される際に、パッケージに貼られるラベル上に「SEICA」対応の数字が印刷されていれば、消費者が詳しい生産情報を入手できるという試みだ。 数字に加えて、QRコードの生成機能が販売サイド向けに提供されており、店頭で読み取ればその場で詳しい情報を入手できる。 機種によって使い方は異なっているのだが、「カメラでQRコードを撮影する」というのが基本だ。 端末によっては、「バーコードリーダー」といった専用メニューを選択したり、読取用のアプリを起動する場合もある。 詳細は取扱説明書などをチェックしておくと良いだろう。 いずれもカメラで撮影することになるため、オートフォーカス機能があれば比較的手軽に撮影できるかもしれない。 またマクロ切替スイッチが備わっているのであれば、マクロモードにすることを忘れないようにしよう。 撮影する際には、手ぶれしないように、慎重な撮影を心がけなければならないが、たとえば富士通製の「F505i」や「F900i」といった機種は、カメラがQRコードを捉えて認識した瞬間に情報を表示してくれる。 シャッターを切った瞬間に手ぶれしてしまい、失敗するということも少なくないだけに、「シャッター不要」という機能は嬉しいところだ。 また、企業だけではなく一般ユーザーにとってもQRコードを手軽に作成できる環境が整ってきている。 パソコン上でQRコードを作成できるソフトウェアは、NTTドコモの、KDDIの、ボーダフォンのなどがある。 各キャリアごとに用意されたツールは、アプリとの連携ができたり、誤り訂正レベルを設定できたりするなど、なかなか使い勝手は良い。 さらに、ジャングルの携帯電話向けユーティリティソフト「携帯マスター2005」やSSIトリスターの「携帯万能13」でもQRコード作成機能が用意されている。 また専用ソフトを導入しなくても、Webサイト上でQRコード作成機能を提供している場合もある。 名刺作成時にQRコードを入れて印刷してくれるサービスも存在する。 NTTドコモ向けのアドレス帳データ入りQRコード これはau向け これはボーダフォン向け QRコード対応の市販ソフトウェア メーカー名 製品名 ジャングル SSIトリスター アジェンダ メディア・ナビゲーション アイフォー コーパス ソフトウェーブ インプルーブ QRコードを作成できるWebサイト サイト名 運営 ナスカ QUELプロジェクト 大分合同新聞社 QRコード入り名刺印刷サービス サイト名 該当ページ 名刺・封筒ドッとこむ マイフラッグ プリント部 アート名刺工房-有限会社プリンテック テックコミュニケーションズ ドックス・コミュニケーション 既に指摘したようにアドレス帳関連への対応が各キャリアで異なっていることに注意したいが、QUELプロジェクトが提供しているサイトでは3キャリア対応のアドレス帳データ入りQRコードを作成できる。 仕組みとしては、1つのQRコードにNTTドコモ向け、ボーダフォン向けと2種類のアドレス帳データを格納することで3キャリア対応を実現している。 このほか、一部機種では、端末上でQRコードを作成できる機能がある。 たとえばV601SH、J-SH010ではメモリダイヤルなどの内容をQRコードに変換できる。 これを利用すれば、赤外線通信を使わなくても画面上にQRコードを表示させて友人に読み取ってもらえれば手軽に連絡先を教えられるだろう。 QRコードを読み取るには、カメラを搭載しており、そしてマクロ撮影やオートフォーカス機能が用意されているなど一部機種に限定されている状況だ。 しかし、「myna. jp」というサイトでは、QRコードを画像添付してメールで送ると、その内容を返信メールで教えてくれるというサービスを提供している。 これを利用すればQRコードを読み取れない携帯電話でも手軽に情報を参照できる。 普及しつつあるQRコードは、通話やメール、Webブラウジング、そしてメガピクセルカメラとハードウェア面での進化が著しい携帯電話において、やや見落とされがちな存在かもしれない。 「この四角いヤツは何?」と疑問に思う人もいれば、「関係がない」と興味を示さない人もいるかもしれない。 しかし、利便性は高く、利用シーンはかなり広い。 街で見かけたらすかさず撮影してみるなど、もっと「QRコード」を楽しんでいくというのはいかがだろうか。

次の

QRコードをスマホで読み込む方法

キュー アール コード 読み取り 方

標準のカメラアプリだけで読み取れる 四角の中に白黒のドットが描かれた「 QRコード」を、さまざまな場所で見かけるようになりました。 最近ではキャッシュレス決済にも使われるようになり、すっかり日常に浸透した感があります。 QRコードには多様な用途がありますが、中でもポピュラーなのが「 チラシやポスター、新聞・書籍などからWebページにアクセスする」仕掛けです。 しかし、iPhoneやAndroidスマートフォンのマニュアルはとても簡素で、QRコードを読み取る方法も載っていません。 「いったいどうやって読み取るの?」という人のために、ここでは標準アプリだけでできる、もっとも手軽な方法を紹介します。 iPhoneでQRコードを読み取る 1カメラを起動する iPhone 11(iOS 13)を例に解説します。 ホーム画面から[カメラ]アプリを起動しましょう。 2QRコードを読み取る iPhoneの背面にあるカメラをQRコードに近づけます。 QRコードを認識すると枠が表示されますが、さらに近づく必要がある場合、画面上に[近づいてください。 ]と表示されます。 3読み取ったURLにアクセスする 十分に近づくと、QRコードの読み取りが完了します。 「"dekiru. net"をSafariで開く」といった通知が表示されるので、タップしましょう。 4Webページが表示された Safari(Webブラウザー)に切り替わり、Webページが表示されました。 iPhoneのコントロールセンターには、「 QRコードリーダー」という機能も用意されています。 その名の通り、QRコードを読み取るための専用機能で、前述の方法よりもすばやくWebページにアクセスできます。 複数のQRコードを連続して読み取りたいときに便利です。 また、この機能での読み取り時には、iPhoneのフラッシュライトを点灯させるボタンが表示されます。 暗いところでQRコードを読み取るときにも役立つでしょう。 ホーム画面の右上端から下にスワイプして、コントロールセンターを表示します(iPhone 8以前の機種では下端から上にスワイプ)。 続いて、標準では左下にあるQRコードのアイコンをタップします。 QRコードリーダーが起動しました。 一見、通常のカメラと変わりませんが、中央に大きな枠が表示されるところが異なっています。 QRコードを読み取ると、すぐにSafariでWebページを表示します。 暗くて認識しにくい場合は、フラッシュライトを点灯しましょう。 AndroidでQRコードを読み取る 1カメラを起動する Google Pixel 3a(Android 10)を例に解説します。 ホーム画面から[カメラ]アプリを起動しましょう。 2[その他]を表示する [その他]をタップします。 [その他]がない場合は、[カメラ]のあたりを左にスワイプしてスクロールしてください。 3Googleレンズに切り替える [レンズ]をタップします。 このあと、Googleレンズの説明が表示された場合は[OK]をタップします。 4QRコードを読み取る スマートフォンの背面にあるカメラをQRコードに近づけます。 QRコードを認識すると、読み取ったURLが表示されます。 ここで撮影(検索)ボタンをタップしましょう。 5読み取ったURLにアクセスする QRコードから取得したURLが表示されるので、[ウェブサイト]をタップします。 なお、QRコードの上に表示されたURLを直接タップしてもOKです。 6Webページが表示された Chrome(Webブラウザー)に切り替わり、Webページが表示されました。

次の