埼玉 pet検査。 さいたま赤十字病院|PET

【公式】PET/CT・人間ドック・検診・各種検査 さいたまセントラルクリニック 埼玉県さいたま市大宮区

埼玉 pet検査

サルコイドーシスとは サルコイドーシスは、多くの臓器に発症する原因不明の疾患です。 発生頻度が高いのは両側肺門リンパ節、肺、眼、皮膚、唾液腺、心臓、神経、筋肉などで炎症性肉芽腫(結節状の病巣)を作ります。 心臓サルコイドーシスとは 心臓に発生したサルコイドーシス(炎症性肉芽腫)を心臓サルコイドーシスと言いますが、不整脈 ふせいみゃく や心機能障害(重症心不全など)を引き起こす、放置できない病気です。 活動性の炎症を捉えるので、病初期の段階でも診断が出来るのが特徴です。 薬の服用について 検査前日までのお薬に関しては、通常通りの使用で構いませんが、特別な治療のためのお薬で使用が制限される場合があります。 詳細は主治医の指示に従って下さい。 検査当日の糖尿病の薬(内服・インスリン)は使用せず、ご持参ください。 糖尿病以外のお薬は内服いただいて結構です(高血圧の薬、鎮痛剤等、医師から処方されているお薬)。 貼り薬については検査時に外していただきますので、継続して貼られる方は、その分を別途ご用意下さい。 ご不明な場合は、当センターまでご連絡ください。 食事制限について 検査前24時間前からの食事制限(糖質10g以下)がありますので、 検査前日、昼12時以降は、以下の食事制限となります。 詳しくはこちらの資料をダウンロードしてください。 ・果物、イモ類、豆類 ・乳製品、お菓子 ・魚介類加工品、衣のついている揚げ物 ・市販のたれ、麺つゆ、砂糖、みそ、みりん、顆粒だし ・ソース、ケチャップ、ドレッシング また 検査前日の18時以降は絶食となりますのでご注意ください。 糖分の入っていない飲料(水・お茶)のみ摂取できます。 検査後の注意事項 検査後は、通常通りの生活をしていただけますが、検査後24時間は、微量の放射能が体内に残っているため、その間は授乳や乳児・妊産婦との緊密な接触は避けてください。 また、使用するPET薬剤のFDGは、余った分等が主に尿とともに排出されますので、お手洗い後は、手洗いを心がけてください。

次の

心臓サルコイドーシスのPET−CT検査について|AIC画像検査センター

埼玉 pet検査

【核医学検査目的でご紹介いただく先生方へ】ページ下のをご覧ください。 【当科での研修に興味がある医学生・初期研修医の方へ】をご覧ください。 核医学科は、放射性同位元素(ラジオアイソトープ)を含む放射性医薬品を用いて、画像検査(核医学検査)や放射線治療(核医学治療)を行う診療科です。 はじめに放射線医薬品を投与し、体内に分布した放射性物質を特殊なカメラでとらえて画像化していきます。 核医学検査は放射性物質を含む薬剤を利用するため、放射線のひばくがあります。 しかし微量な放射線で診断が可能であり、人体に問題とならない程度のひばく量で管理されています。 また、造影剤をはじめとする他の薬剤と比べて、薬剤としての副作用が問題となることもほとんどありません。 用いる放射線医薬品の種類により、ポジトロン放射断層撮影(PET)と単光子放射断層撮影(SPECT)とよばれる検査があり、埼玉医科大学国際医療センターでは両方に対応しています。 また埼玉医科大学国際医療センターは医用サイクロトロンという大型装置を保有しており、悪性腫瘍の診断に有効なフルオロデオキシグルコース(FDG)の他、さまざまなPET用放射性医薬品を院内で製造し、診療や臨床研究に活用しています。 一般的な放射線治療は体外から放射線を照射しますが、核医学治療では内部から放射線治療を行います。 投与された放射線医薬品が目標とする臓器や細胞に集まって放射線を出すため、正常な部分への負担を減らし、全身的な病気にも対応できます。 比較的古くから行われている治療法ですが、続々と新たな治療用の放射性医薬品が開発されており、めざましい進歩が見られる分野です。 日本では数少ない専門の診療科として、最先端の手法、知識を臨床医療に還元できるように努めています。 がん細胞は糖代謝(糖分を取り込む性質)が盛んになっています。 CTやMRIなど通常の画像検査だけでは診断できない病変の性質を判断し、また従来は発見できなかった遠隔転移の検出にも効果を発揮します。 骨シンチグラフィ(骨SPECT)は、骨の腫瘍やがんの骨転移の診断に用いられます。 全身を一度に評価できるため、病変の有無やひろがりを容易に診断できます。 その他にも、がんの核医学検査には副腎皮質シンチグラフィ(アドステロールシンチグラフィ)、副腎髄質シンチグラフィ(MIBGシンチグラフィ)、甲状腺シンチグラフィ、リンパ管シンチグラフィ、神経内分泌腫瘍に用いられるオクトレオスキャンなど、さまざまな種類があります。 病気の種類や状態に応じて適切な検査を行っています。 運動時に胸痛が発生する狭心症を正確に評価するため、検査中に運動(自転車運動)など心臓への負荷がかかった状態を再現し、負荷がかかっていない安静の状態と比較して心臓の機能を評価することがあります。 その他にも心筋交感神経シンチグラフィ、心筋脂肪酸代謝シンチグラフィなど、さまざまな種類の核医学検査があり、心臓の状態に併せて行われます。 従来の検査では評価できない炎症の活動性をより正確に評価できるものと期待されています。 脳血流シンチグラフィ(脳血流SPECT)、ドパミントランスポータシンチグラフィ(ドパミントランスポータSPECT)などの核医学検査は、こういった認知症、神経変性疾患の診断に効果を発揮し、通常のCTやMRIでは判断できない脳の代謝変化を捉えることで早期の診断が可能と考えられています。 また脳梗塞や脳出血などの脳血管障害、もやもや病など脳の血管が狭くなる病気に対しても、脳血流シンチグラフィ(脳血流SPECT)が行われ、治療方針決定に役立っています。 まずは核医学受付までご連絡ください(患者様個人からの受付はできません)。 核医学治療も一部受け入れ可能です。 まず核医学科医師にご相談ください。 ・電話番号(PET検査受付):042-984-4134 ・電話番号(PET以外の核医学検査受付):042-984-4135 ・受付時間:月〜金 〜、土 〜(祝祭日・年末年始休み) お電話で検査日時の調整を行った後、申込書(診療情報提供書)をFAXしてください(番号間違いにご注意ください)。 検査後は、診療情報提供書、読影レポート、画像データのCD-Rを紹介医宛に後日郵送いたします。 患者様への結果説明は、当科では行いません。 ・腫瘍マーカー高値 ・不明熱 ・体重減少 ・がんを合併しやすい疾患(皮膚筋炎など) ・がん治療後の効果判定・定期検査 保険適用とならない場合は保険外診療(自費)として受け付けることも可能です。 詳細が不明な場合も含め、遠慮なくご相談ください。 以下の説明書をご利用ください。

次の

《予約可》彩の国東大宮メディカルセンターのPET

埼玉 pet検査

がんの診断について PETでは全身のがんなどを一度に調べることが出来る PETとは、positron emission tomography (陽電子放出断層撮影) の略で、放射能を含む薬剤を用いる、核医学検査の一種です。 放射性薬剤を体内に投与し、その分析を特殊なカメラでとらえて画像化します。 CTなどの画像検査では、通常、頭部、胸部、腹部などと部位を絞って検査を行いますが、PET検査では、全身を一度に調べることが出来ます。 核医学検査は、使用するくすりにより、さまざまな目的に利用されていますが、現在PET検査といえば大半がブドウ糖代謝の指標となる18F-FDGというくすりを用いた"FDG-PET検査"です。 CT検査などでは形の異常を診るのに対し、PET検査では、ブドウ糖代謝などの機能から異常をみます。 臓器のかたちだけで判断がつかないときに、機能をみることで診断の精度を上げることができます。 PET検査は、通常がんや炎症の病巣を調べたり、腫瘍の大きさや場所の特定、良性・悪性の区別、転移状況や治療効果の判定、再発の診断などに利用されています。 アルツハイマー病やてんかん、心筋梗塞を調べるのにも使われています。 下のような病気で、この検査が必要とされる条件を満たす場合には、健康保険が適用されます。 てんかん:外科治療のための病巣診断• 虚血性心疾患における心不全:バイパス手術検討のための心筋バイアビリティ診断• 心サルコイドーシスの診断• 早期胃がんを除く、すべての悪性腫瘍、悪性リンパ腫:他の画像診断により病期診断、転移、再発診断ができない時• 大型血管炎 13N-アンモニアPETによる心筋血流診断(2012年)• をご参照ください。 FDG-PET検査はこうして行われる PET検査を受けるときは、ブドウ糖の代謝状態を正しくとらえるために、 検査前5-6時間は絶食していただきます。 水や緑茶などは飲んでかまいませんが、ジュースやスポーツドリンクなど糖分を含む飲み物は禁止です。 検査のためのくすり(18F-FDG)は静脈注射し、全身にくすりが行き渡るまで1時間から2時間は安静にします。 その間、体を動かすと使った筋肉にくすりが集まってしまうので、安静に過ごしてください。 前日に激しい運動をしても、筋肉にくすりが集まってしまうことがあり注意が必要です。 余分なおくすりは尿に排出されるので、撮影の前に排尿をしていただきます。 検査の基本的な流れ• 絶食 検査の5~6時間前は絶食 糖分を含むものは飲食しないでください• 注射 18F-FDGを静脈注射します• 安静 1時間から2時間、安静にしていただきます• 撮影 PET装置のベッドに横になっていただきます 撮影自体はPET装置のベッドに横になっているだけで、基本的には30分から40分間で終了します。 放射性薬剤を用いるため比較的少ないですが、放射線被曝があります。 また、使用する薬剤には、アレルギー反応や副作用はほとんど報告されていません。 喘息や腎臓病があると、CTなどの造影剤検査が受けられないことがありますがPET検査では問題はなく、安全に受けられます。 血糖値が高いと検査の精度が低下する可能性があるので、糖尿病と診断されている方、普段から血糖値の高い方は、あらかじめ相談してください。 2012年11月現在、当院で検査の説明に使っているシートを添付しました。 FDG-PET検査を受けられる患者さまへ: FDG-PETの正常全身画像(図1)。 脳、扁桃腺、乳腺、肝臓、腸管、に正常の集積があります。 腎から膀胱にFDGの排泄が見えます。 これらは、すべて正常の人で見られるもので、がんを疑うような異常はありません。 PET検査でがんはどこまで発見できるか がん細胞は、勝手に仲間を増やして大きくなり、転移などを起こして広がります。 その活動のエネルギーの元はブドウ糖で、がん細胞は正常細胞の何倍もの量のブドウ糖を取り込むため、18F-FDGを注射すると、このくすりもがんの病巣に集まります。 くすりが集まったところからは放射線が多く放出されるので、それを捕らえて画像化することにより、がんの病巣を見つけ出すことができます(図2)。 一般に、がんが1cmほどになればPET検査で発見できるといわれています。 PET検査が得意とし、よく早期に発見されるのは甲状腺がんや大腸がんです。 不得意の代表が胃がん、特に早期胃がんはPETではわかりません。 胃がんは日本人に多いがんですが、PETが役立つのは進行がんの転移や再発の診断など限られた場合になります。 胃がんを見つけるには内視鏡(胃カメラ)による検査が最も優れています。 前立腺がんや腎臓がん、膀胱がんなどもPETが苦手とするがんです。 早期の肺がんを見つけるのもCT検査のほうが精度は高いでしょう。 肺がんでは、がんが見つかった後で、転移がないかどうか全身を調べるのにPET検査がよく使われ、大変有効です。 このように、がんの種類や状態により、PETの役立ち具合が違います(図3、4)。 現在はPETとCTを組み合わせた"PET-CT検査"が一般的です。 くすりが集まる様子を撮影するPETと、臓器の形状を撮影するCTを組み合わせ、一度の検査で両方の画像を重ねて表示することができるようになり、診断精度が向上しています。 PET-CTでは、右肺門と縦隔リンパ節にFDGが集まり、原発巣(赤矢印)とリンパ節転移(ピンク矢印)と診断されました。 生検で低分化肺腺癌と判明し、手術が行われました。 がんの活性で悪性度を診る 早期の肺がんは、ブドウ糖代謝の低いがんで、PETでもほとんどとらえることができません。 一方、肺がんの中には、非常にブドウ糖代謝が高く、18F-FDGが豊富に集まるがんがあります。 このようながんは、進行が早く転移しやすいがんで、悪性度が高いため要注意です。 つまり、がんでブドウ糖がどの程度使われているか、18F-FDGがどの程度集まるかどうかをPETで見ることにより、がんの性質を予想することが出来ます(図6)。 がんの形の変化でなく、活性の変化で抗がん剤の効きを診る。 悪性リンパ腫は、リンパ球という血液細胞のがんで、全身のリンパ節が腫れたり、骨や肝臓など内臓に病巣が発生することがあります。 この病気が疑われたときは、細胞を取って調べることと同時に、どこまで病巣が広がっているかを診断するのが重要になります。 CTでは首や胸、腹など撮影した範囲の多数の断層画像からリンパ節の腫れを診断することが出来ます。 PETでは通常、頭から大腿まで全身の画像を撮影し、輪切りの画像から全身像を作り、一目で病巣の広がりを診断することが出来ます。 悪性リンパ腫にはFDGが良く集まるものが多く、PETで非常にわかりやすく病巣の広がりを診断することができます。 一般的に部分的な病巣だけであれば、手術や放射線治療が、全身に広がっていれば抗がん剤が選択されます。 悪性リンパ腫の抗がん剤による治療は、非常に進歩しています。 細胞を詳しく検査して細胞の型を診断し、それにより抗がん剤の種類や治療法が変わります。 最初に使う薬、それが効かなければ次の薬、と薬を使う順番も標準が決まっています。 薬がよく効いているかどうか、どこまで同じ薬で治療してよいか、いつ次の薬を使うかの判断が治療の成否、いわば生死を分けると言っても過言ではありません。 治療が効いているかどうかの診断は、病巣が全身に広がっている状態では、やはり全身を見ないと判断がむずかしくなります。 PETで全身の病巣の広がりと病巣の活性を見るのは治療効果を判定するのに大変役に立ちます。 さらに、治療が効いているのにいつまでたっても病巣が小さくならないということがまれに起こります。 これは、傷の上に"かさぶた"が出来てふたをするように、がん細胞が抗がん剤で死んだあと、線維がふえて腫れの中を埋めるため、いつまでたってもリンパ節などの病巣が小さくならないという状態が起きてしまうからです。 これをがんが残っていると判断してしまうと、必要の無い強い抗がん剤を使うことになり、副作用で苦しんだりします。 PETでは、形だけのがんの抜け殻が残っているのか、それとも本当に活性のあるがん細胞が残ってブドウ糖が使われているかどうかを、18F-FDGが集まるかで正しく診断することが出来ます。 一方、形の変化を見るCTではこの診断が難しくなります(図8)。 最近、国際的な悪性リンパ腫の評価基準に、PET検査による評価がを利用することが一般的となっています。 最先端の悪性リンパ腫の治療にはPET検査による評価が必須のものになりつつあります。 悪性リンパ腫の患者さんの治療前、後のFDG-PET画像(図9) 治療前(左)、治療後(右) 50歳台女性、悪性リンパ腫(び慢性大細胞B細胞リンパ腫)の治療前の全身画像には、多数のリンパ節、骨の病巣にFDGが集まっています。 抗がん剤の治療後、病巣はすべて消失しました。 全身の病巣分布とその変化がひと目で把握できます。 治療後骨髄に淡くFDGが集まっているのは、白血球を増やす薬に骨髄が反応している所見です。 FDG-PETで見えるのはがんだけではない FDG-PETでは、ブドウ糖がいっぱい使われている場所に18F-FDGが集まり、PETで見えてきます。 実は、ブドウ糖をいっぱい使っているのはがんだけではありません。 脳神経の活動の元になるのはブドウ糖です。 脳はブドウ糖しかエネルギーに使うことができません。 心臓や骨格筋は雑食性で、ブドウ糖は働くための燃料のひとつです。 FDG-PETの画像をみると、脳に18F-FDGがたくさん集まり、筋肉には運動中や運動後に18F-FDGが集まります。 心臓はブドウ糖を使うときだけ18F-FDGが集まります。 脂肪酸を使うときは18F-FDGは集まりません。 18F-FDGは正常臓器のブドウ糖代謝の指標になります。 一方、18F-FDGはブドウ糖そのものではないので、腎臓から膀胱へ、尿の中に排泄されます。 撮影前に排尿していただくのは、膀胱にたまった尿の放射能を減らすためです。 病原菌が体に入ってくると、白血球などの免疫細胞が活動して細菌を殺し、壁を作って毒素が体内に広がるのを防ぎます。 これらの防衛反応が炎症で、免疫細胞の活動のエネルギーはがん細胞と同じブドウ糖です。 ですから、肺炎などの炎症病巣にも18F-FDGは集まります。 関節炎や膵炎など原因が細菌ではない病気でも18F-FDGは集まります。 こういうFDG-PETの特徴を利用して、発熱が続くがいろいろ検査しても原因がわからない"不明熱"の患者さんにFDG-PETを行うと、他の検査ではわからなかった原因病巣が診断できることがあります。 このように、FDG-PETで見えてくるのは、がんだけではありません。 さまざま病気や病気でない体の活動が見えてきます。 FDG-PETの診断には、鍛えた専門家の目とともに、問診などの情報が重要です(図10)。

次の