アンパンマン ミュージアム。 アンパンマンミュージアム横浜へ移転前に行って来た!

アンパンマンミュージアム横浜へ移転前に行って来た!

アンパンマン ミュージアム

横浜・みなとみらいエリアに「横浜アンパンマンこどもミュージアム」が移転、リニューアルオープンする。 約4mのスタチュー「おおきなアンパンマン」が来場者をお出迎え ACMは、横浜市西区のみなとみらいに「横浜アンパンマンこどもミュージアム」を7月7日にオープンする。 同施設は、2007年から約12年運営した「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」(2019年5月閉館)を移転し、全天候型の屋内型施設としてリニューアルしたもの。 1階が無料で楽しめるショップ&フード・レストラン、2~3階が有料のミュージアム、地下に駐車場を備える。 コンセプトを「いっしょにわらうと、いっぱいたのしい。 」とし、参加型のイベントやショーを開催する。 オープンに先駆けて開かれた内覧会をレポートする。 横浜アンパンマンこどもミュージアムへの電車でのアクセスは、みなとみらい線の新高島駅にて下車。 徒歩約3分ほど。 約4mのシンボル「おおきなアンパンマン」のスタチューが見えてきたら、まもなく到着だ。 最初にミュージアムを訪問。 虹の階段をゆっくりと上りロゴ横を通り、エントランスへと向かう。 スロープの壁面にはアンパンマンの誕生ストーリー、床には45もの仲間たちのタイルが散りばめられ、楽しく進むことができる。 ミュージアムではアクティブに動いたり、ショーを見たり。 アンパンマンとふれ合おう 階段を上ると少し狭い道の先に大きな広場が。 ジャムおじさんの「パンこうじょう」やめいけんチーズの小屋もちょこんと建っているなど、キッズたちにはたまらない空間。 全面人工芝のため、座ったりくつろぐことも可能。 もちろん追いかけっこをはじめ遊ぶには最適。 体をいっぱい動かして思う存分楽しめる。 「パンこうじょう」の中では、パン生地やアンパンマンたちの顔を作るために欠かせない「勇気の花のエキス」などを発見。 周囲の道具やパン生地などにも触れてみよう。 そして奥の窯の中にも注目を。 焼き上がりを待つ新しい顔や周囲にはいろいろなパンが焼かれている。 森には「バイキンアジト」が。 手前の装置で「バイキンクモメカ」から送られてくる情報が聞ける さらに青い海と砂浜をイメージした「わんぱくアイランド」ではふんわりした触り心地の「くじらのクータン」の周りで跳ねたりアクティブに動ける。 ロープを使ってゆるい傾斜を登ったり、滑り台のように滑ったり。 自由な発想で思い思いの時間が過ごせる。 「ボールプール」には、入って遊びながら隠れた仲間たちを見つける楽しみも。 ネット遊具では登って頂上から望遠鏡を覗いたりもできる。 ほかにも屋根付きの屋外ひろばには、ストレッチボールで遊べる「ボールパーク」「バイキンUFO」の内側に入って撮影できるスポットも。 「チーズバケットごう」は横浜初登場とのことだ。 スペシャルメニュー&スイーツでお腹も笑顔になれるフード・レストランエリア 動き回ってお腹が空いたところで1階のショップ&フード・レストランエリアへ。 全14店舗のショップやレストランが立ち並び、フードコートエリアにて食事が味わえる。 スペシャルメニューも多数用意。 「ごはんやさん」では、キュートな海苔がポイントで唐揚げからおむすびまでぎっしり詰まった「わっぱごはん」(980円)。 「ハンバーガーやさん」ではボリューム大のバーガーとポテトがセットの「チーズバーガー」(1100円)。 「うどんやさん」ではどんぶりが持ち帰れる「お子さまうどん」(900円)などを用意。 どれもキッズが食べやすい優しい味付けになっているのも特徴だ。 ファミリーに優しいトイレや授乳エリアにオムツ替え室など、こだわりがいっぱい 同施設は小さな子供が多く訪れる場所であるため、子育て世代に優しい工夫が随所に散りばめられている。 無料エリアの「ファミリーステーション」には、テーブルやチェアを囲むようにトイレ、オムツ替え室、授乳室、離乳食スペースにミルクの調乳器などが集約され、利便性を追求。 各階のオムツ替え室はゴロンと寝転んでオムツ替えができる場所と子供が立った状態でオムツ替えができるなど、成長に合わせて使いやすくなっている。 トイレの扉も表と裏でデザインが異なり、男性女性用ともに子供用トイレを用意。 トイレトレーニング用のキッズトイレも完備する。 個室の壁には「アンパンマンのマーチ」の歌詞が書かれ優しい気持ち&リラックスしながら授乳ができる。 トイレトレーニング中の子供向けにキッズトイレを用意 ゼネラルマネージャー統括 兼 館長 兼 事務局長の清水博靖氏に話を伺ったところ、一番の見どころは3階のミュージアムで行なわれるメインステージとのこと。 「ミュージアムを訪れるご家族と小さなお子様目線での安心と安全に最大限に配慮しており、そのなかでお子さまが楽しめるのは何かを追求したミュージアムづくりを心がけています。 施設座全体に、やなせたかし先生のお考えになるマインドとアンパンマンに託した思いから影響を受けている部分にあふれています。 先生は、『人生はよろこばせごっこ』とおっしゃっていまして、アンパンマンはお腹を空かせた子供たちを助け、笑顔にするヒーローです。 我々も、同じように喜びや楽しい体験、経験で子供たちをはじめ多くのミュージアムを訪れる方々を笑顔にできたらと。 世界一の場所となったと思いますので、ぜひご来館いただければ」とコメントしてくれた。 なお、7月7日は10時から「正面エントランス 大階段前ひろば」でオープニングセレモニーが開催される(10時20分ごろ終了)。 アンパンマン役の戸田恵子さんや、ばいきんまん役の中尾隆聖さんが登場する予定だ。

次の

アンパンマンミュージアム横浜へ移転前に行って来た!

アンパンマン ミュージアム

春休み中のためか関係なしか、横浜アンパンマンミュージアム&モールは、多くの親子連れでにぎわっていました。 午後には雨が降っていましたが、晴れているともっと人も多いのでしょうか? ただし混んでいるといっても、ミュージアム館に関しては、遊べなかったり待順番待ちが長いといったことはあまりなかった印象です。 貸切状態ではないので、子ども同士お互い「順番ね」は必須でしたが。 またミュージアム館の入場に並んでいたのは朝のみだったようなので、特にお目当てのイベントなどがないのであれば、朝一を外してゆっくり入場してもいいかもしれません。 モールに関しては、人気のある一部の店舗や、イートイン・休憩スペースは混雑しているという感じでした。 特にアニメのキャラクターそっくりのパンが購入できるジャムおじさんのパン工場は、午後に行ったときには入場制限がかかり人気商品は軒並み売り切れという状態でした。 お出かけブログで「パンが買いたければミュージアムよりもパン工場に並んだ方がいい!」と書いていらっしゃる方がいましたが、まさにその通りだと思います。 ショーやイベントは中心になってしまいましたが、アンパンマンゲートを入った屋根のあるところで、キャラクターたちの特別パフォーマンスが行われていました。 このようにアンパンマンが大好きな子どもたちが、キャラクターやその世界観に触れながら楽しむことができます。 天気のいい日はついでに他の名所を観光してもいいかもしれませんね。 我が子が最近アンパンマンにハマってる!と言うパパママは、ぜひ一度お子さんと遊びに来てみてはいかがですか?.

次の

全国の大型アンパンマンミュージアム|大きさランキング

アンパンマン ミュージアム

ざっと一人分上がってます。 それほどハイクオリティで充実した施設になっていることを願います。 新店がオープンしてもすぐに行けない方や、アンパンマンミュージアムの中がどのようになっているか知りたい方へ、旧館ではありますが次からまとめていきたいと思います。 アンパンマンミュージアムみなとみらいへGO! 最寄り駅の新高島駅では改札のすぐ近くでアンパンマンがお出迎え! 我が子は長時間の電車移動で寝ていたものの、駅でアンパンマンを見た瞬間にテンションが急上昇。 恐るべしアンパンマンパワー。 さすがカリスマ的存在! ちなみに新高島駅の印象ですが、すごく洗練されていて近未来を思わせる空間です。 新しい駅なのか、天井も高く、幅も広くきれいで、魅力的な駅でした。 7~8分ほど歩くと、アンパンマンミュージアムの前に到着! 入り口は可愛い造りになっているので一目瞭然。 チケット売り場でチケットを購入し、中へ。 チケットは可愛い矢印の形状をしており、子どもに小さいおもちゃをいただきました。 ジャムおじさんのパン工場でパン作りができたり、 子どもは大喜びでした。 着ぐるみアンパンマンのショーが見れたり、3歳以降の子どもが遊べる滑り台もありました。 中庭には、ボールを使って柔らかい地面を走り回れる広場があったりと、 『敷地面積の割に有効活用しているな~』と冷めた大人は思うのでした。 外もアンパンマン一色です。 中とは別にショーも行われます。 ゴミ箱の可愛さにやられました 笑 ショップも本当にたくさんのお店があり、特に手芸屋さんは大人の女性にも人気でした。 (私も時間とお金が許されるのなら、じっくりみてたくさん買いたかったです) ポップコーン売り場ではめいけんチーズの容器が大人気でした。 チーズの後頭部が開く仕様! お土産売り場の近くではたくさんのアンパンマンおもちゃが使えるので、子どもたちは夢中で遊んでいましたよ! 驚いたのはアンパンマン美容室があること! 雰囲気のある美容室で、モニターでアンパンマンを見ながらヘアカットされているお子様がいました。 私個人の目的は ジャムおじさんのパン工場という名のパン屋さん! YouTubeで何度も見ては、パンが欲しくてほしくて仕方がありませんでした。 1つあたりのパンの価格は、大体300円~400円でした! 手が込んでいる分、お高めの設定ですね。 戦利品はこちら! お味も美味しゅういただきました! 移転前のアンパンマンミュージアムまとめ 旧館のレポにはなりますが、こどものみならず良い年した大人まで楽しんでしまいました。 アンパンマンがグッと身近に感じられるようにもなりました。 子どもが生まれる前は、「絶対に家の中はアンパンマンを取り入れない」なんて思っていたのですが、今はそんな考えは微塵もありません。

次の