コロナ 37 度 続く。 「微熱が続く」に関する1104件の健康相談があります【医療Q&Aなび】

「微熱が続く」に関する1104件の健康相談があります【医療Q&Aなび】

コロナ 37 度 続く

平熱が低い人でも同じだと思います。 >母が心配しています。 お母さんの普段の体温が低い場合、それはお子様がいろいろアドバイスしてあげて普段の 体温を上げておく方が、新型コロナウィルスに感染しにくいと思います。 体温は、「寒い」 みたいな時には、足首と首を温めるとよくサバイバル訓練とか小学生 の時に言っていました。 後はおなかの真中に水道管のような人間の体で1番太い血管 あるので、腹巻とかで電熱線ヒーター内蔵ベスト着たりして温めると体温は自動で上り ます。 体温低めで免疫力低めの人が、夜に飲食と言うか酒飲んでしまいそれで感染するパターン が多いので、飲食店での食事と、飲み歩きは体温下がっていると新型コロナウィルスに 感染しやすくなるだけ損します。 世界的に見て、「日本人は結核菌のワクチンBCGワクチンを打っていて、世界的に見て そのBCGワクチンがずば抜けて性能が良いのではないか」 と言われて検証されています。 でも、日本人でも年間2万人は結核に感染して長期入院して治療していますように、 必ずしも万人に効きまくりとは言い難い。 本来0歳児に2回、9本の針のはんこ型ワクチンというBCGワクチン打つのですが、今大人 なのに、「BCGワクチン打ちたい」 と総合病院に駆けつける人が多いので、赤ちゃん用 不足するとマズイのでメーカーが大人用は出荷停止にしたらしい。 私の場合大学出て社会人デビューした時に入社した会社とかで、若い10代とかのOLさんが 結核に感染して、会社の人には家の都合とかで退職~ と言って辞めて行かれたのですが、 普段仕事で一緒だったからだと思いますが、上司から感染した話とか教えてもらえました。 それで結核に感染するとマズイなあ~、 と咳が続いた時とかにビビったりして、 「風邪をひいたがどうも治りが悪い」 とか言って上司に病院紹介してもらって行ったり して検査とかいろいろやったりするので「体温が普段低いのにずっとこんな微熱で」 と相談しましたが、風邪とかこじらせた場合にはもっと体温は上がるので、問題ないと 言われたことがあります。 ペットボトルの水とかガンガン買って飲みまくり、汗がたらたらと額から流れる感じで真夏に 寒いくらい冷房効いた会議室とかでも汗が滴り落ちます。

次の

コロナの37.5度以上の熱って、 平熱が低目の人でも同じ基準なんですか

コロナ 37 度 続く

可能性はありますが、可能性ということなら普通の風邪やインフルエンザの方が遥かに高いでしょう。 それと、安易に病院に行くのは控えて下さい。 仮に新型コロナであれば8割以上の人は軽症で治ります。 この場合、病院に行っても治療不要なのに無意味に他者に感染させてしまいます。 一方で、新型コロナでなかった場合、病院で他者から感染させられる危険があります。 ・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。 ・高齢者・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方 ・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方 (妊婦の方へ)妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターに御相談ください。 (お子様をお持ちの方へ)小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については、目安どおりの対応をお願いします。 複数の医療機関を受診することはお控えください。 新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター 医療従事者です。 肺炎等の呼吸器感染症を専門としています。 新型コロナウイルスは極めて微弱です。 メディアの偏向報道ですので情報に惑わされないで下さい。 マスコミからしたら美味しいネタですので、危険を煽ってるだけです。 エビデンスに基づき私の考察をまとめます。 死亡者数は把握しやすいため報道の件数に近いですが、感染者数は不顕性含めると報道の数倍の件数となります。 すなわち、母数がかなり多いので致死率は報道より確実に少なくなります。 そもそも、インフルエンザで死亡に至るのは、上気道炎症から下気道へと拡がり、最終的には肺炎での死亡となります。 その際は死亡原因は肺炎でカウントされます。 そのため「超過死亡」という概念があるのに、「インフルの致死率は0. インフルエンザ単体では死亡に至りません。 新型コロナの感染者は数百人であり、あと1000万人ぐらい感染者が増えないと、流行とは言えません。 ウイルスが弱体化する春先までにあと5万倍も感染者が増えることは統計的にありえません(1日に数十人のみの増加推移)。 新型肺炎ではその内、2人程度です。 肺炎は日本人の死亡原因の3位です(集計方法の変更により衰弱が増えてますが、中身は肺炎です)。 現在死亡している虚弱高齢者の場合、特効薬が開発されたとしても完治は困難です。 そもそも高齢者肺炎に対する特効薬などあり得ない話です。 それはすなわち日本経済の崩壊を意味します。 皆さん失業です。 まずは接客業の方から。 皆さん、マスコミの情報を鵜呑みにして過剰反応するのは辞めましょう。 過剰反応による経済的損失や税金投入の代償は、国民全員に返ってきますよ。

次の

「新型コロナは熱がダラダラと続く」分かってきた症状と厚労省が発表した「受診の目安」(ABEMA TIMES)

コロナ 37 度 続く

今回問題にするのは、コロナウィルス罹患の疑いがある場合に労基法26条の休業手当の支払が必要かという点です。 厚生労働省の回答を見ると、37.5度程度の発熱では出社できるという前時代的な価値観に基づいていると思わざるを得ない箇所があります。 前提として労基法26条は「使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の百分の六十以上の手当を支払わなければならない。 」旨を定めています。 つまり、病気などによる欠勤について 「使用者の責めに帰すべき事由」があれば給与60%相当の休業手当の支払が必要。 「使用者の責めに帰すべき事由」がなければ休業手当の支払は不要。 ということになります。 では、37.5度程度の発熱がある場合についてはどう考えるべきでしょうか。 この点、厚生労働省は 「例えば熱が37. 5度以上あることなど一定の症状があることのみをもって一律に労働者に休んでいただく措置をとる場合のように、使用者の自主的な判断で休業させる場合は、一般的には「使用者の責に帰すべき事由による休業」に当てはまり、休業手当を支払う必要があります。 」(「3」、「問4」) としています。 しかし、本稿執筆時点の状況下において「37.5度以上の発熱が4日以上続く」ことが新型コロナウィルスの相談目安とされている中で37.5度の発熱があるというのは感染発症初日である可能性があります。 その状況下においては単に使用者の自主的判断で休むレベルの話なのでしょうか。 仮に、37.5度の発熱が使用者の自主的判断レベルであるとすれば、それは自主的判断が無ければ「出勤せよ」ということを意味します。 この社会情勢でこれは正しい判断と言えるでしょうか。 そもそも、37.5度の発熱というのは使用者の自主的判断がなければ出社せよというレベルの話なのでしょうか? 平熱がそもそも低い人にとっては、37.5度は相当高熱の場合もあり、労務提供がそもそも不能といえる場合の方が多くみられます。 労務提供が不能な場合は「使用者の責」がある場合とは解されません。 そして根本は、労務提供が不能か否かの判断として、ベットの上から起き上がれないレベルの話を言うのか、通常時のパフォーマンスと比べて発熱により明らかに劣る場合も該当するのか、ということです。 37.5度の発熱があっても【気合と根性】があればパフォーマンスが変わらないということを前提に考えているとすれば、あまりにも現代と価値観がかけ離れています。 法解釈の前提となる「社会通念」をアップデートすべきでしょう。 昭和の時代であれば「そのような微熱で何を甘えたことを」となるのでしょう。 しかし、現在の新型コロナウィルス不安が蔓延する社会情勢における社会通念としては、37.5度の発熱は出社をすべきでないというのが大半の認識(=労務提供不能)ではないでしょうか。 また、周囲への感染可能性を考えれば、新型コロナだろうが、インフルエンザだろうが、風邪だろうが、出社することにより周囲の労働者へ感染する可能性は変わりません。 そのような場合は「使用者の責」任がある休業なのでしょうか。 もちろん、法的な休業手当が支給されないケースでも、労働者保護を図ることは必要です。 そのために健保組合による傷病手当金制度や就業規則の福利厚生的支給があるのです。 今回のような特殊なケースでは、特別の手当を考えるべき場面もあるでしょう。 人事として、労働者保護は考えなければなりません。 だからといって、休業手当の法的解釈は別の話です。 「とりあえず労働者に休業手当がでるようにしておけば良い」ではないのです。 以上から、厚生労働所省の上記QAは、休業手当の支給を促進したいが故に、却って「37.5度の熱程度では出社すべし」という昭和時代の価値観を推しているように読めるため、筆者としては大反対です。 一方、法的な議論は別として、実務的に休業手当が必要な線引きをどうするかは企業内の労使で検討すべきですが、基本的には37.5度というのが一つのラインにはなるでしょう。 念のため繰り返しますが、法的に休業手当の支払が要らないからと言って、企業として何もする必要がないという意味ではありません。 まず、4日以上の欠勤となる場合は傷病手当金の支給があり得ますので、そちらの手続案内も行うべきでしょう。 また、労基法上の休業手当が支払われない場合でも、これに準じて本年限りの特別休業手当(6割や健保との差額支給)を検討したり、就業規則上の(法律以上の)休業手当支給の検討、有給休暇の利用、時効に係って失効した有給の特例利用など企業人事が打てる手はあります。 このような非常時は、企業人事の労働者に対する向き合い方が問われる時です。 法律上の義務に拘泥するのではなく、何が必要かを真摯に検討すべきことは当然です。 ですが、厚労省QAにいう、37.5度の記載はその前提となる価値観が危ういので筆を執りました。

次の