アトピー 色素沈着 消す。 アトピーの色素沈着を治すクリーム|黒ずみを3ヶ月で消す!

アトピーの黒ずみ 治療費はいくら位ですか?

アトピー 色素沈着 消す

この黒ずみは治らないのでしょうか。 小さな頃から、 10年以上、アトピーで悩んできました。 幼少期に特にアトピーが酷かったのは肘の内側で、痒くていつも出血していました。 大人になるにつれて、すこしづつアトピーは改善され今は幼少期の頃ほどではないものの体全体的に黒ずみが増えて、とくに肩、肘の内側が黒ずみがひどいです。 実は色白であるということもあって、肌が茶色い箇所や黒ずみの箇所があちこちに広がっていて色素沈着が進んでいます。 夏になって毎日暑くても、お洒落な袖なしの洋服は着ることが出来ないので、暑いのを我慢して 一年中袖のある洋服を着ています。 直接外からは見えないのでパッと見た感じはわかりませんが、実は洋服で隠れた体の部分がもっと酷く、 肌が黒ずんで固くなってしまっているため、乾燥しカサカサになってしまっています。 理想を言えば、産まれた時のような白い肌に戻りたいのですが、そんな贅沢も言えません。 せめて、ほんの少しでもアトピーによる黒ずみが治まるような治療薬があったらご紹介いただけますでしょうか。 以前(子供の頃)ステロイド薬を使った治療をしていませんでしたか? 私も15年以上、同じようにアトピーで悩んできましたが、今までステロイド薬を使った治療をしたことがありません。 ステロイド薬を使用しないでアトピーを治療した場合、痒くて掻いてしまった摩擦刺激による変色や、アトピーによる炎症痕による皮膚の黒ずみは、 時間をかければ段々消えてなくなってきます。 したがって、湿疹やかゆみなどのアトピー症状と皮膚の変色が治っていくのは一緒でした。 私の肌は4年経ち、今ではアトピーの黒ずみも消えていき白い元の肌に戻っています。 しかし、 ステロイド薬を使ってアトピー治療をした場合、このように元の肌には戻らないようです。 かなり長期間、色素沈着による黒ずみが残ってしまいます。 このような、ステロイド薬による後遺症については、どんな本を探しても全く書かれていません。 実際に、私の様にずっとステロイド薬を使用することなくアトピーを治そうという人間は本当に少なく、データがないのではないでしょうか。 (医師の立場からすると、私のような治療をする人は全く居ないと認識されているのでしょう) いかなる薬も化学物質です。 もちろんステロイド薬も同様です。 あれだけの炎症を抑える効果があるのですから、肌に刺激やダメージを与えていない訳がありません。 したがって、これからは、 肌にダメージや刺激を与えるようなことは決してしないようにしましょう。 とりあえず、 ステロイド薬は使用するのを辞めることから始めてみませんか。 勇気をだして1歩ふみださないと、前には進めません。 皮膚に炎症が起これば、酷ければ酷いほど、ステロイド薬を処方されます。 しかし、 自分の治癒力を信じて、細胞の回復力を信じて自分が食事などから摂った 栄養、環境を信じて回復を待ちましょう。 まず、食事は新鮮で栄養のあるものを毎日こつこつと摂取すること。 アトピーなどのアレルギー発症源となるものは口にしない。 環境に関しては、こまめな清掃、整理整頓により、綺麗な空気、環境を整えること。 このような、人間として当たり前の行動を試みてステロイドなどの化学物質にたよらずアトピーのよる黒ずみを地道に治すのもよいのではないでしょうか。 いつも、かゆみと皮膚が乾燥していてついつい搔いてしまい、ダメージを繰り返してきたからなのか、 肌に黒ずみが増えてき たので悩んでいます。 大きくなってきて、夏は半袖やノースリーブ、背中の開いたかわいい洋服など着てみたいのですが、このアトピーによる色素沈着で黒ずんだ肌を見せるわけにはいかないのです。 特に、顔は体のように隠すことが出来ないので、どうしようもありません。 顔は化粧をすることでしか黒ずみを隠すことが出来ないので、 お化粧をしても私に合う化粧品が見つからないので、肌荒れを起こしてしまいます。 毎日お風呂で念入りにすみずみまで洗っているのに、 色素沈着による黒ずみで、どうしても汚らしく見えてしまいます。 このまま自然に任せても、黒ずみが治るのかも判らないし、アトピーによる痒みの炎症を抑えるためにステロイドは欠かせないし・・・。 どうにかして、お薬を使わないでアトピーを緩和できないでしょうか? 実は、かなり高額なエステでアトピーを改善しようとチャレンジしてみましたが、確かにお金がかかっているだけにそれなりの成果はありました。 アトピーで劣化した肌はすべすべになって、見違えるような肌になりました。 でも、出費が多すぎて、一般OLの私には続きません。 わらにもすがる思いで、高級化粧品もトライしてみました。 こちらは、私のアトピー肌には全く合わず・・・肌荒れとアトピーの悪化とのダブルパンチでした。 折角奮発して買った化粧品も使うことが出来ず、処理することになりました。 もう、一生この黒ずみと付き合っていかないといけないのかな?と何度もあきらめそうになるのですが、どうしてもこのアトピーの色素沈着を治して女の子らしい白い肌を取り戻し、 お洒落して外出したい!お友達と水着を着て海やプールに行きたいのです。 アトピーになると、どうしても色素沈着になってしまいます。 なぜなら、アトピーになることで皮膚の保護機能や回復能力が著しく落ち、かなり酷いかゆみがあるため、我慢しきれなくなり、かきむしることで色素沈着となります。 痒いからといって搔いてはいけないのはわかってはいてもなかなか 我慢のできるものではありません。 とうとう我慢も限界となり、アトピーのストレスから回避するため、病院から処方されたステロイド薬を使用することになります。 しかし、ステロイド薬は根本的な治療ではなく、現在では、逆にステロイドに依存してしまう体になってしまい、どんどん症状がエスカレートしていってしまうと言われています。 そして実は、痒くて痒くて我慢できないため、ついつい搔いてしまい、その 摩擦により黒ずみとなってしまっているのです。 したがって、黒ずみにならないためには、アトピーで痒くても搔かないのが一番なのですが、人間我慢にも限界があります。 となると、 痒みを緩和させる処置をすることになり、 皮膚科へ通うことになります。 最近では、ストレスなどの環境により、今まで何とも症状が無かった大人が突然発症したり、一時アトピー症状が出ていなかった方が突然再発したりすることもあります。 もし、我慢できないほどの痒みのある乾燥肌の方は、アトピーかもしれません。 子供の頃、アトピーやアレルギー症状が見られた方、目や顔の周り、お腹などの体の皮膚が柔らかくて薄い部分が我慢できないくらい痒い場合、ストレスなどでもアトピー症状が出ますので一度皮膚科の受診をオススメします。 まず第一に 痒みを沈めることが色素沈着の悪化を止める第一歩です。 とはいえ激しい痒みは到底我慢できるものではなく、我慢し続けることはなかなか難しいと思います。 そのため痒みが出ているときは刺激を与えないよう、 保湿をしっかりと行うといった、痒みを少しでも抑える努力をすることが非常に重要です。 アトピー肌のケア商品の中で評価が高く効果が高いものをランキングで紹介しています。 アトピー肌のケア商品ランキング【最新版】 <調査概要> ・調査目的:アトピーの黒ずみと解決方法の実態について ・調査方法:WEB上のアンケート ・調査対象者:20代~50代のアトピー肌・乾燥肌・肌荒れ体質の方 ・有効回答数:男性213名/女性284名 アトピーに悩む娘のために開発された保湿ケア商品 15年間【重度のアトピー性皮膚炎】に悩んできた娘のために開発されたため、赤ちゃんも使えるほどの優しい原材料を使っており、アトピー性皮膚炎で 深刻なお悩みの方にオススメの商品です。 売上実績「日本一」、【2分に1個売れている】の圧倒的な人気 「カイテキオリゴ」で有名な北の快適工房で [実感出来ない商品は販売しない]という理想を貫き、効果が口コミで広まり、現在では 2分に1個売れてる商品です。 気軽に安心して使える お試し用サイズ(1200円)があり、 全額返金保証が付いているため、気軽に安心して使うことができます。 アトピー克服者が作った保湿美容液 ナチュラルピーリングから生まれた アトピー肌、肌荒れ専用の美容液です。 独自のバイオ技術を使用し、化学薬品を一切使用しておらず、そのため肌に優しく、安全です。 肌の再生力を最大限引き出す 独自のバイオ技術で生み出された生体高分子の作用によって、 古い角質・そして皮膚に付着した汚れや要らない成分などを分解してくれ、さらに人間本来持っている肌細胞の力を引き出してくれます。 世界基準で認められた成分 世界中の研究者が集まる国際学会で 「最優秀賞」受賞やイギリスの科学専門誌に「 原著論文掲載」などで認められた成分で作られています。 化学成分一切不使用 有機JAS認定を取得している自社農園 長野県北安曇郡池田町 では土作りにこだわり、農薬を使用せず、カモミールを使用しています。 また、 1982年の創業から合成香料や合成保存料、鉱物油などお肌に必要のないものは一切入れず、カミツレの力だけを閉じ込め、変わらぬ製法で作られています。 今ならお試し価格で提供されている 基本的に、華密恋はアトピー肌や敏感肌の方に人気なのでキャンペーンなどを行わないのですが、 期間限定でお試し価格で提供されています。 まずは試してみる価値ありです。 アトピー、色素沈着などあらゆる検索ワードを使ってインターネット検索したり、図書館などで調べに調べました。 まず、 自分のアトピーについて、良く知ることが重要ではないかと思ったのです。 調べれば調べるほど、私と同じ悩みを持つ方は本当にたくさん居ることがわかったのです。 特にインターネットには、『こんなものを試してみました』や『こんなものを使ってだめでした』などの口コミがたくさん書かれていました。 角から角まで読んでみました。 すると、アトピーに対して評判の良い商品が見つかったのです。 それは、 肌潤糖です。 今まで使った化粧水が全く効き目がなかったので疑問だらけだったのですが、本当に評判が良いので騙されたと思って使ってみることにしました。 初めのうちは効果えお感じることができませんでしたが、使い続けて1週間ほどすると、 カサカサしていた肌がスベスベになってきたのがわかりました。 使い続けること3週間、長年悩み続けてきたアトピーの黒ずみは改善されてきたのです。 少しづつではありますが、確実に白い肌が蘇ってきていました。 奇跡が起こった!と本当に感動しました。 20年以上悩み続けてきたこのアトピーの黒ずみから開放されたのです。 ここに至るまで長かったですが、使い続けて本当に良かったと感じています。 浸透の早い化粧水なので、朝晩使い続けることができた事も、肌が改善することができた要因だと思います。 皮膚の再生周期は1ヶ月と言われているので、 根気良く使い続けるとアトピー肌が白い肌になる日はそんなに遠くないはずです。 現在は薬剤師として日々奮闘中。 幼いころからアトピー体質で、黒ずみや色素沈着に悩まされていたが、現在ではほとんど気にならなくなっている。 投稿ナビゲーション.

次の

アトピーの黒ずみ・色素沈着を消す最新の改善策|ハダノコト

アトピー 色素沈着 消す

私はアトピーになってから湿疹やかゆみなどの症状にももちろん悩んだのですが、一番の悩みは湿疹やかゆみなんかではありませんでした。 私が一番この世の終わりだと落胆し、メンタルが崩壊しそうになったのが、アトピーによる色素沈着です。 皮膚が赤く黒くシミのようなものが残り、身体だけならまだしも、隠せないような首元や顔にまでも・・・。 本当にもう外に出たくない、首も顔もスカーフで巻いて外出しようかとも思ったほど嫌でした。 この 色素沈着は再発を繰り返すアトピーが続く限り増えていき、最後には全身色素沈着まみれの醜い女になってしまうのだと苦しい気持ちでいっぱいの日々でした。 子のまま色素沈着が増え続け彼氏が出来る事もなければ友人も離れていき、街中では指を指されるのだろうという被害妄想とも言える考えが止まらず、私は毎日アトピーを恨みました。 Contents• アトピーを恨んでも色素沈着は消えない!どうしてできるの? いくらアトピーを恨んでも、できてしまった色素沈着はいくらお風呂で擦ろうとも、暇さえあれば撫でようとも消えることなどありません。 これからできてくる色素沈着にも怯えていましたが、怯えていても食い止めることはできません。 このまま黙って我慢なんて出来ないと思った私は、まずどうして色素沈着が出来てしまうのかを知ることから始めました。 色素沈着はなぜ起こる? 人間の肌は3層構造になっています。 一番表面の部分は表皮と言いその下には真皮・そして一番下に皮下組織というものがあるのです。 色素沈着を起こすのはメラニンという色素であり、このメラニンは表皮と真皮の丁度間にあるメラソームという細胞から生成されていきます。 皮膚はアトピーのように炎症が起きたり、紫外線による刺激を受けると、このメラソームが活発には働き、メラニンを大量に生成し始めます。 皮膚は表皮の底の方から新しい皮膚をどんどん作り、やがて一番表面の部分の皮膚が剥がれ新しい皮膚へと生まれ変わるという工程が繰り返し行われています。 その為メラニンにより赤く黒く色素沈着した皮膚が肌の表面に近づいてくると、色素沈着が目立ってくるのです。 しかし 皮膚は作り続けられ、新しい皮膚へと生まれ変わっていくのなら本来色素沈着した皮膚も剥がれ落ち、新しい皮膚へと生まれ変わるため、綺麗に消えてくれるはずなのです。 消えない色素沈着・・・なぜ? 実はメラソームで生成されたメラニンは通常表皮側の細胞に取り込まれます。 しかし、アトピーの症状が重度だったり、肌への刺激が強いと、表皮と真皮の間にある基底膜というものが破壊されてしまい、メラニンは真皮の方へも侵入してしまうのです。 新しい皮膚が作られ、押し上げられ、新しい皮膚へと生まれ変わっていくサイクルが早いスピードで行われるのは表皮だけであり、真皮は生まれるまでかなりの時間を要します。 つまり、 真皮に取り込まれたメラニンは新しい皮膚となり表面から剥がれ落ちていくまでにかなりの期間が必要となるため、いつまでも消えない色素沈着となるのです。 色素沈着はいつ消えるの? 色素沈着には2つの種類がありました。 肌が生まれ変わるターンオーバーという現象により消える色素沈着といつまでも消えない色素沈着です。 この2つの色素沈着は、いつ生まれ変わりいつ消えてくれるのでしょう。 いつかは消えるなんて情報では待つことが出来ないほど、いつ治るのか、確実に治るのかを知りたい私でした。 表皮のターンオーバー 表皮の場合、肌のターンオーバー 生まれ変わり は、真皮に比べて早いのです。 健康的な肌の場合は10代の場合は約20日間で行われ、 20代の場合は約28間、30代で約40日、50代で約55日と若ければ若いほどターンオーバーの周期も短く、新しい皮膚へとどんどん生まれ変わります。 真皮のターンオーバー 一方、 真皮のターンオーバーには約5年から6年の月日が必要となるのです。 健康な肌でも約5年から6年は色素沈着が消えないという事です。 表皮のターンオーバーの周期も真皮の周期も、あくまでも健康的な肌の場合であり、私のように健康的だとは言い難い肌の場合はターンオーバーにより時間が必要となり、新しい皮膚に生まれ変わるまでに多くの時間がかかってしまいます。 肌のターンオーバーを早め、色素沈着を早く消したい! 色素沈着は皮膚が生まれ変われば消えるという事が分りました。 しかし、肌が生まれ変わるまでには相当な時間がかかってしまいます。 そこで、 肌のターンオーバーを早める方法、健康な肌を作り少しでもターンオーバーが早くなる方法を知りたくなりました。 十分な睡眠と規則正しい生活 肌と生活リズムには大きな関わりがあり、生活リズムが崩れるとホルモンのバランスも崩れ、肌の調子は悪くなってしまいます。 また、夜22時から深夜2時の間には成長ホルモンが分泌され、その間に肌のターンオーバーが促されるのにも関わらず、 夜更かしを続けてしまえばいつまでも肌のターンオーバーには時間がかかってしまいます。 肌を健康的に保ち、ターンオーバーを早めるためには夜22時には寝ること、規則正しい生活を送ることが大切です。 ビタミンCとハイドロキノンを 色素沈着がこれ以上増えないようにメラニンの生成を抑えてくれて、尚且つ肌のターンオーバーを促進してくれる成分を肌に取り込むことが大切です。 ビタミンcとハイドロキノンはメラニンの生成を抑制し、ターンオーバーを促進させ、美白効果もあるので積極的に肌に取り込みましょう。 3-3保湿ケアをしよう 肌のバリア機能というものが正常に稼働していなければ、皮膚は刺激を受け続け、いつまでも健康的な肌を保つことはできず、ターンオーバーも正常に行われません。 肌のターンオーバーが正常に行われるように仕向けるためには、十分な保湿ケアが必要なのです。 更に保湿をすることで、肌が受ける刺激も少なくなり、真皮までメラニンが到達してしまうほどの危害が及ばなくなります。 刺激を受けにくくなるという事はメラニンの生成も治まり、色素沈着自体が起きない肌を手に入れられます。 しかし、保湿剤に刺激となる成分が含まれていれば、色素沈着は更に増えてしまいます。 また、肌の深層まで保湿されなければ、ターンオーバーが正常に行われるようにもなりません。 色素沈着を消すことが出来る保湿剤とは? 私はアトピスマイルクリームという保湿剤を友人に勧められ購入してみることにしました。 友人は赤ちゃんの保湿も自分の保湿もアトピスマイルクリームだけで、どんな高い保湿剤よりも十分保湿できると豪語していました。 更に赤ちゃんの乳児湿疹ができたときも、アトピスマイルクリームが肌質を改善してくれたおかげで酷くなることなくすぐ治ったというのです。 一番にショックだった色素沈着を消したいという気持ちもありましたが、これ以上アトピーが何度も再発し、新たな色素沈着が増えるのもイヤだった私は、色素沈着も消し、アトピーも治るかもと思い、 に願いを託したのです。 アトピスマイルクリームは肌の表皮の一番底で真皮との境目になる基底層という部分にまで肌に潤いを与えてくれる保湿クリームで、 どんどん作られている新しい皮膚は保湿されることで健康的な肌になってくれるだろうと思いました。 アトピスマイルクリームを塗った結果は? アトピスマイルクリームを塗りはじめ、肌の調子が変わってきたのは、約2週間近く塗り続けたころです。 色素沈着の原因となっていたアトピーの症状はどんどん炎症がおさまってきていました。 その後も1ヵ月2ヵ月と毎日アトピスマイルクリームでの保湿ケアを怠らずに続けると、アトピーの症状は完全に治り、新たに再発する気配も感じられませんでした。 更に色素沈着は塗り始める前よりも薄くなり始めていたのです。 その後のアトピーと色素沈着は? アトピスマイルクリームを塗り始めたから、アトピーの症状が出ることは無くなり、色素沈着が新たに出来るという事も無くなりました。 また、悩んでいた色素沈着は明らかに薄くなり、人に見られてもさほど気にならないくらいにまで改善しました。 しかし、 炎症が酷かった腕の関節部分などはまだ少々色素沈着が残っていますが、この色素沈着は真皮の方までメラニンが侵入してしまったものだと思います。 健康的な肌を保湿により保ち続けていれば、6年くらいたてば消えると信じ、塗り続けています。 まとめ 私が人生の終わりかと思うほどショックで落ち込んでいた時に、 に出会えたことはとても感謝しています。 ここまで肌を改善することができ、外出も気にする事無くできますし、毎日肌を見て涙をこぼすこともなくなりました。 正常な肌であるだけで、こんなにも幸せなのかと日々気持ちが晴れやかなのです。 しかし一方でもっと早くアトピスマイルクリームに出会っていたらと、惜しむ気持ちもあります。 もっと早く、アトピーの再発を繰り返す前に、炎症が酷くなる前に、アトピスマイルクリームに出会えていたら、色素沈着自体防ぐことができたでしょうし、真皮まで到達してしまうほどの酷い色素沈着は絶対にできていなかったでしょう。 たった1年ほどで、表皮の色素沈着をこんなにも綺麗に治してくれたアトピスマイルクリームは、真皮まで到達している色素沈着も必ず消してくれるはずなので、私は塗り続けます。 そして二度とアトピーという地獄のようなものに悩まされたくない私は、アトピースマイルクリームで健康的な肌を守っていきたいと思っています。

次の

アトピーの色素沈着を解決した体験談!!汚い肌とサヨナラした方法

アトピー 色素沈着 消す

アトピーの期間が長いと掻きむしって血だらけ傷だらけになった肌がどんどん黒ずんでこれ治るの?ってレベルになるよね。 結論からいうと治る。 ただアトピーの黒ずみ、色素沈着はある程度アトピーが軽くなってから、アトピーが軽快してきてから考えた方がいいかな。 炎症がひどいと結局いつまでも肌掻きむしって黒ずみどころじゃないので、その場合はまずは生活習慣の改善から取り組んで一旦色素沈着のことは忘れよう。 アトピーの黒ずみを治すにはレーザ治療や薬など方法がいくつかあるけど、 お手軽でなおかつ健康レベルの引き上げにもなるのがプラセンタとビタミンCとLシステインと亜鉛。 これらのサプリで十分アトピーの色素沈着は対策できる。 僕も目の周りこすり過ぎてパンダみたいだったけど治ったし、肘膝の裏の黒ずみも今ではわからない。 ただ、年齢にもよるけど半年〜1年ぐらいはかかるからこれも長期的な取り組みになるってことだけ頭に入れといて。 スポンサーリンク 目次• アトピーの黒ずみ、色素沈着を消す方法 アトピーの色素沈着を治す主な方法は、• トレチノイン・ハイドロキノン療法• レーザー治療• 内服薬• サプリメントの摂取 こんなもんかな。 トレチノイン・ハイドロキノンというのは、どちらも皮膚に塗る薬。 病院で処方してもらえるが、これらが配合された市販薬もある。 主に美白効果やシワやシミなど肌の老化に対処するための薬で、皮膚科や美容皮膚科で使われるポピュラーなもの。 表皮の代謝を促し皮膚を修復するし、シミ、色素沈着の原因であるメラニンを取り除く効果がある。 ただトレチノイン、ハイドキノンは皮膚への刺激が強く、炎症や赤み、かゆみが起こるのでアトピーには向いてない。 アトピーの痒みがほとんどない人なら試してもいいかもだけど、まだ結構痒みがあるし炎症が起こっている人はやらない方が絶対いい。 下手するとアトピーが悪化するから。 トレチノイン・ハイドロキノン治療は確かにシミや色素沈着に効果はあるけど、それは表皮のメラニンにのみ有効、つまり比較的症状が軽い人向け。 phpより引用 皮膚のシミや色素沈着は紫外線などの刺激によってメラニンが生成されてそれが蓄積してしまうこと。 メラニンは黒いのでそれが皮膚の中に残ることで皮膚が黒く見える。 このメラニンが表皮に溜まっているのならそのうち排出されるし、トレチノイン・ハイドロキノン治療も効果が見込める。 ただし、メラニンが表皮より下の真皮に溜まっている場合はかなりの長期間(数年単位)メラニンが残ることになる。 メラニンは紫外線以外にも炎症、皮膚をかき壊す刺激によっても増える。 アトピーの色素沈着っていうのは慢性的な炎症+皮膚をかき壊すことで起こっているので、真皮の下にメラニンが溜まってる場合が多い。 だからそういう意味でもトレチノイン・ハイドロキノン治療はアトピーには向いてないかな。 刺激になるから痒みがおこって炎症ひどくなっちゃあ元も子もないし。 次にレーザー治療。 先に言うとこれもあんまりオススメじゃないかな。 Qスイッチレーザー、YAGレーザーなんかが有名だと思うけど、一応レーザー治療なら真皮の下の深いシミにも有効。 ただこれも数ヶ月間の間小まめに通って照射してもらう必要があるのと、金額が高い、さらに再発や日光に当てないケアなどなかなか大変。 金額がシミの大きさや個数なんかで変わってくるので、アトピーの広い範囲の色素沈着には向かない。 レーザー治療によってアトピーが悪化するかどうかは試したことないからなんとも言えないけど、刺激であることに違いはないからこの辺りもアトピーにとっては微妙かな。 次に内服薬、病院で処方されるトランサミンが代表。 トランサミンはトラネキサム酸が主成分の止血効果がある薬なんだけど、シミや色素沈着に効果があることもわかっていて、さらにアトピーにも効果がある。 痒みの元となるヒスタミンの発生の抑制や、炎症を起こすプラスミン、プロスタグランジンという物質を抑える効果があるのでアトピーに聞くってわけ。 トランサミンは美白効果、炎症による色素沈着にも効果があるから、アトピーで皮膚科に通っているならついでに処方してもらおう。 トランサミンの効果は確かにあるけど、それだけで色素沈着を消すにしても数年はかかるね。 だけどトランサミンの安全性は高いから副作用やアトピーが悪化したりすることはほとんどないので皮膚科でもらうべき。 皮膚科医は何も言わないと基本的にステロイドと保湿剤ぐらいしかくれないからね、どんどん言おう。 最後にサプリメントの摂取。 これが一番おすすめ。 皮膚のマクロファージ(メラニンを捕まえて排出してくれるもの)を増やすことや、皮膚の再生を促す栄養、肌の新陳代謝アップをサプリで狙うわけ。 アトピーが治りきっていなかったり、皮膚が弱い人はハイドロキノンやレーザーなどはオススメしないからトランサミンとサプリによるアプローチが現実的かな。 そもそも皮膚だけにアプローチしてもなかなか皮膚そのものに効果が現れるのってすごく時間がかかるし難しい。 やっぱり肌を修復する材料、つまり栄養が足りてないと皮膚の再生ってうまくいかないからね。 体は肌だけに栄養を使っているわけじゃないしむしろ肌以外への修復に優先的に栄養を回してる。 だから単純に栄養いっぱい摂る物量作戦ってのが有効だと身をもって知ったし、それがサプリメントの摂取ってわけ。 さらにはその栄養を運ぶ血流の改善や、消化吸収を良くするための腸内環境対策や日常生活の改善など地道な作業も必要になってくる。 だからアトピーの色素沈着も体の内側からケアする対策、すなわちサプリメントが一番効果的だよってこと。 市販の美白化粧品などではアトピーの色素沈着には効果はない アトピーの肌の色素沈着、シミ対策をざっと挙げたけど、美白化粧品とかはシミに効くっていわれてるやつはどうかというと、 基本的には効果ないです。 なぜなら化粧品の成分は皮膚の角質層までしか浸透しないように薬事法で決まっている。 角質層よりも浸透するものは医薬品扱いになるから、市販の化粧品じゃ真皮のシミどころか表皮のシミにも効果ないってわけ。 phpより引用 よく肌の奥まで浸透とか商品の説明に書いてあるけど、 あれは角質層までの話。 それ以上に浸透するものは化粧品の枠に収まらないから、 一般的な美容製品は真皮のシミをどうこうできる力はないわけね。 肌のバリア機能を改善したり、乾燥による痒みの軽減なんかには保湿剤や美容液は効果的だけど、基本的に化粧品とかでアトピーをどうこうするのは難しいもの。 それなら体の内側からケアするサプリの方がいいよなってことで僕はサプリをよく使っているわけですよ。 シミ、色素沈着にもやっぱりサプリが力を発揮するよ。 アトピーの色素沈着、黒ずみを消すならプラセンタ、ビタミンC、Lシステイン、亜鉛取ろう アトピーの炎症がまだ結構ある人や皮膚が弱い人は、病院で処方してもらったトランサミンとサプリで色素沈着やシミ対策した方がいい。 じゃあ黒ずみ、シミ対策にオススメのサプリは何かというと、プラセンタ、ビタミンC、Lシステイン、亜鉛をとってれば万全。 まずは皮膚科でステロイドや保湿剤貰うついでにトランサミンも貰おう。 保険適用だから安いし、安全だから貰っといて損はない。 そもそもトランサミンの主成分のトラネキサム酸はアミノ酸の一種。 トラネキサム酸には炎症を引き起こす酵素であるプラスミンを抑制する抗プラスミン作用があるのでシミにも炎症にも効果がある。 トランサミンは重篤な副作用もないから安心して使えるしエビデンスもあるからまずは皮膚科で処方してもらおう。 次にビタミンC。 こいつは必須。 ビタミンCの美容効果は半端ないし美容にも効果があるってのは周知の事実だしもちろんシミにも効果ある。 ビタミンCは抗酸化作用があるし、シミ(メラニンの生成)ってのは酸化反応だから、抗酸化作用があるものを摂取することはシミ対策の基本中の基本。 アトピー対策には抗酸化物質を摂ろう!ってどこでも聞くけど、抗酸化物質ならまずはビタミンC。 僕は分子栄養学の考えを信じているし、西脇先生のこの本の中でも、ビタミンC療法がアトピーや難病にも効果があるっていうことを見て実践しているだけ。 ビタミンCについてはでめっちゃ書いたから気になる人は読んでみて。 ビタミンCとセットで摂取したいのがL-システイン。 シミのもとであるメラニンが作られるときにチロシナーゼという酵素が働くんだけど、L-システインにはこのチロシナーゼを抑制する働きがあるからシミの生成を抑えてくれる。 さらに新陳代謝を促進して、肌のターンオーバーを促す作用もあるのでメラニンを排出する作用があるから、シミを薄くしてくれる。 ハイチオールCなんかがビタミンCとL-システインがセットになっているからまぁ手軽ではあるね。 ビタミンCと一緒に撮りたい栄養として亜鉛がある。 亜鉛とビタミンCを一緒に撮ることで、体内のビタミンC濃度を高いままに保てる相乗効果があるので、是非飲んでほしい。 シミ対策というよりはアトピー改善に亜鉛は必須だから、とにかく亜鉛は必須。 そもそも亜鉛は体内でめちゃくちゃ重要な働きがある。 ではいったい亜鉛がどうしてそんなに重要なのかというと、ホルモンの活性化や細胞の新陳代謝、いわゆる細胞が新しく生まれ変わるときに亜鉛がないと正常に機能しないからです。 人間にとって非常にたいせつな300種類以上の酵素が、本来の働きをしようとするときに亜鉛がなくてはできないのです。 有沢祥子著:「アトピーが消えた、亜鉛で治った」より引用 もちろん皮膚に対して直接の作用もあるし、アトピーのシミや色素沈着に亜鉛が効果的あった例もいっぱいあるから、亜鉛もマジで必須。 亜鉛の選び方はこれを参考にしてください。 アトピーの色素沈着は、炎症が起こるとメラニンが排出されなくなり、いつまでもシミが残るので、内部からの対策、つまりサプリメントが一番有効ってことです。 なかでも僕が一番効果を感じたのがプラセンタサプリです。 アトピーの色素沈着にはプラセンタサプリが一番効果的 ビタミンC+Lシステイン+亜鉛+皮膚科でもらえるトランサミンってのは色素沈着、シミ対策なら基本的なもの。 普通の人ならこれだけ摂っててあとはトレチノイン・ハイドロキノン療法でもしてればよくなってくるだろうけど、 アトピーだとトレチノイン・ハイドロキノンはおすすめできないし、アトピーの色素沈着は炎症を抑える必要や、肌の再生にもっと力がいる。 そこでプラセンタサプリが重要な役割を果たす。 プラセンタってなんだか胡散臭いイメージがあると思うけど、エビデンスもあるし、プラセンタ療法を取り入れている病院はたくさんあります。 美容皮膚科だけでなく、精神科の領域でも使われているので、その効果はめちゃくちゃ幅広い。 プラセンタの効果はありすぎるのでざっくり下にまとめた。 自律神経調整作用• 内分泌調整作用(ホルモンバランスを整える)• 免疫活性化作用・免疫調整作用• 基礎代謝向上作用• 抗炎症作用• 抗酸化作用• 肝機能改善・解毒作用• 抗疲労作用• 血行促進・造血作用 とにかく体感として疲労軽減効果と、睡眠の質が変わるのがやばい! アトピーの人は意味不明なダルさが毎日あると思うけど、飲み続けていくと、そういうのがなくなるし、寝起きからだるいとか眠れないとかも改善されて生活の質がめちゃくちゃ上がります。 きっとこれは自律神経にも影響があるからだね。 プラセンタが精神的な病気に直接的に作用するかは不明です。 では、なぜ精神科の領域でも効果を発揮するのかですが、プラセンタの抗疲労作用、自律神経調整作用、血行促進作用、抗ストレス作用などがかかわっていると考えます。 心と身体は関連していますから、これらの作用が心にも好影響を与えてくれるのでしょう。 プラセンタについてはでも書いたからもっと知りたい人はこっちもどうぞ。 プラセンタは皮膚の機能を維持する重要な 線維芽細胞の増やす働きがあるFGF(繊維芽細胞成長因子)が含まれている。 線維芽細胞はコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった保湿力、肌バリアを担う真皮の成分を生み出す重要な細胞。 プラセンタのFGFの働きによって肌質が改善していくというわけ。 プラセンタのシミに対してのエビデンスもしっかりある。 rdc. nipponham. html 日本ハムのサイトから引用。 成人女性を対象にした実験で、プラセンタエキス100mgを1日2個、紫外線量が増加する時期に3ヶ月摂取してもらった結果、色素沈着(いわゆるシミ・そばかす)が改善された。 他にも体感アンケートでは肌の状態、ストレスや疲労感、肩こりなどが改善されたという報告もサイトには上がっています。 プラセンタの色素沈着のデータをもう一つ紹介する。 対象は、ピーリングやビタミンC内服といった従来の治療法では無効だった女性4人だ。 プラセンタには抗酸化作用、血行促進作用、抗炎症作用、「内分泌調整作用などがある。 これらの作用が有効に働いた結果、メラニン数値が低下したと考えられます。 というか手軽さや金額で考えてもプラセンタはサプリの方が断然オススメ。 プラセンタはアミノ酸や栄養、成長因子がたくさん含まれている物質なので、体のいろんなものを修復して、健康レベルを底上げしまくるっていう感じかな。 プラセンタはまだわかってないことだらけなので、はっきりとしたことはまだ解明されてないけど、肌にも体にもものすごく影響を与えてくれるし、僕も今ではアトピーの黒ずみはわからないレベルになったよ。 僕が今気に入ってずっと飲んでるプラセンタサプリは。 フラコラの製造元の株式会社協和は、1960年(昭和35年)創業の老舗プラセンタメーカーで 日本胎盤臨床医学会に加盟しているガチ中のガチのメーカー。 製造元の信頼性と、コスパの良さ、プラセンタの質と含有量の多さがフラコラを選んだ決め手です。 プラセンタサプリの価格は高いものなら1万円以上する物から数千円まで結構幅広い。 ただ、高いもの使えって事じゃなく、継続できる価格帯で良いものを選ぶってのが重要。 いくらプラセンタがいいものだからって、1ヵ月でアトピーや色素沈着が改善されるわけではないから、3ヶ月~半年は続けることが前提になってくる。 その間に高いからやめよってなると意味ないので、だから無理せず継続できる値段のものじゃないと失敗するんです。 ただあまりにも安いと品質も怪しくなってくるので、そこらへん考えて3000円ぐらいが適切かな。 フラコラは初回980円送料無料。 2回目以降は3060円。 これでプラセンタ原末の含有量380mgと同価格帯のものでもトップの含有量です。 プラセンタの品質で一番重視するところは結局のところこのプラセンタ原末の含有量だからね。 フラコラはかなり多い部類。 本来なら6000円以上の商品が980円だからめちゃくちゃお得です。 プラセンタ飲みだしてから体のパフォーマンスはものすごい変わるし、色素沈着も肌のハリも全然違う。 アトピーってなにかサプリ飲んで劇的に変わることはあんまりないし、習慣の改善が何よりも大事なんだけど、プラセンタだけは別格。 これはマジですごい。 僕も肘、膝の裏はどす黒くなっていたし、顔もまだらにシミや赤みが残っていたけど、今ではアトピーの跡だってわからないぐらいには消えてるよ。 レーザーとか試そうか迷う時期もあったけど、やらなくてよかったわ。 色素沈着に悩む人はこの辺りのサプリをうまく使えば、時間はかかるけど改善する見込みは全然あるから諦めないでね。

次の