さよならエレジー歌詞。 歌詞 「さよならエレジー」菅田 将暉 (無料)

菅田将暉

さよならエレジー歌詞

さよならエレジーとは? 2018年にリリースされた楽曲。 ドラマ「トドメの接吻」(山崎賢人さん主演)の 主題歌として作られました。 作詞作曲は石崎ひゅーいさん。 石崎ひゅーいさんと菅田将暉さんは 以前から交友があったそうです。 歌詞は、「まっすぐ伝える言葉」というよりは、ひゅーい君らしい、「どこか切ない言葉」になっています。 そして空までも無口に感じるほど、 主人公の心は冷たく冷え切っています。 「どうせ掴めないのに」という諦めと気だるげな言葉が 現代的な若者を描いているようです。 「孤独という名の雲が雨を降らせて虹が出る」。 印象的でおもしろい表現ですね。 恋人との愛はやさしく包み込まれるようなものではなく 噛みついて離さないと言う、 刺激的で少し痛みのある関係なのでしょう。 愛というものがあってうれしいはずだけど なぜだか寂しさは変わらない。 ここでの寂しさには孤独、 という意味も入っているでしょう。 愛があっても昔と変わらず孤独を感じてしまう。 個人的にすごく共感した部分です。 恋人は主人公とは対照的に、華やかな人のようです。 「うんざりするほど」から 主人公はそれをあまり良くは思っていない。 嫉妬心や劣等感、依存心が邪魔をしてしまいます。 この少し投げやりな言葉がこの曲の雰囲気によく合っていて、 若者の恋愛、というかんじがします。 主人公と恋人の間のやさしさは、 心地よいものではなく濁ってしまっているようです。 そんな日々の憂鬱は満員電車みたいに 逃げ場もなくただ揺られ続けているようだ、 そんなイメージでしょうか。 「むやみに放り投げた」 このどんよりと曇った歌詞の中で 少しスカッとする部分ですね! 「むやみに」というまた投げやりな言葉が出てきます。 主人公はついに放り投げるという行動にでます。 僕が愛を信じてもあなたはいなくなってしまう。 哀しすぎるから、それなら最初からいらない。 シンプルに真っ直ぐ、そのままの意味ですね。 しかし、恋人に対して独占欲や嫉妬心が 見え隠れする主人公ですから、 恋人に対して全く未練がない、という わけではなさそうです。 本当の愛を求めて理性的に決意した別れ、 というところでしょう。 しかし手をふるかわりに抱きしめる、なんて とても優しいですね。 ロマンチックで憧れてしまいます。 永遠ではない儚いものですが、 ここでようやく希望の言葉が出てきます。 ようやく自分の道を歩き始めたんですね。 恋人のことが本当に大好きだったことが伝わります。 主人公にとって恋人は憧れの存在でもあったんですね。 もうそんなことはしない、 主人公は次のステップにいきました。 そしてこの「光れ君の歌」は 元恋人として、素直に応援しよう。 そんな前向きな気持ちです! まとめ いかがだったでしょうか。 キラキラと輝いている恋人と、それと対照的な主人公との 恋愛の最後の部分の曲でした。 若者の恋愛らしい、傷つけ傷つき合う切ない歌詞ですね。 私は歌詞に共感する部分がとても多く、 大好きな1曲です。

次の

歌詞 「さよならエレジー」菅田 将暉 (無料)

さよならエレジー歌詞

アコースティックギターのキレッキレのストロークから始まるこの楽曲、印象に残っている人も多いのではないでしょうか? CMや有線放送でもよくかかっていましたよね! ちなみに2018年3月にリリースされた 菅田将暉の デビューアルバム『 PLAY』にも、一曲目に収録されています! 秋田ひろむ(amazarashi)、柴田隆浩(忘れらんねえよ)、渡辺大知(黒猫チェルシー)、石崎ひゅーいら参加。 菅田将暉とは付き合いが長いみたいですね! お互いにお互いを称え合う仲のようです。 「さよならエレジー」は ドラマ『トドメの接吻』の 主題歌にも起用されました。 ntv. 2018年1月7日から3月11日に日本テレビ系「日曜ドラマ」枠にて放送されていたドラマですね。 主演は 山崎賢人。 「さよならエレジー」のMVにも出演しています。 山崎賢人が演じる主人公:堂島旺太郎は歌舞伎町のとあるホストクラブの No. 1ホスト。 偽りの愛で女を口説き落とし、金を搾り取る。 しかし、きらびやかな生活をしているように見える一方、本当はある事情で大金を稼がなければならず貧しい生活に暮れている。 ある日、いつもと同じように金持ちの令嬢を引っかけようとするも、突然男子トイレに現れた ルージュの女 門脇麦 にキスを奪われ、命を落としてしまう……?! 意識が戻った旺太郎、しかしその目に映るのは 一週間前の景色。 女にキスを奪われるたびに時を繰り返す旺太郎の運命とは…?! 斉藤和義『やさしくなりたい』に激似との噂も? 一部の噂によると、 「さよならエレジー」と激似の曲がある?! その楽曲とは……、 斉藤和義の「 やさしくなりたい」。 2013年にリリースされたこの楽曲は、当時のヒットドラマ『家政婦のミタ』の主題歌としても印象を残しましたよね。 「 さよならエレジー」と「 やさしくなりたい」。 似てるんじゃないか?!と言っている人も少なくないようです。 どちらも違ったインパクトがあるのではないでしょうか? コード進行については仕方がないものなのかもしれませんし、個人的には気にしすぎる必要もないかと思います! 菅田将暉「さよならエレジー」歌詞の意味は? 今夜は2017年最後の菅田将暉ANNです。 番組内で新曲「さよならエレジー」のオンエア解禁します。 よろしくお願いします。 その雲が降らせる雨はきっと 涙のことですよね。 「どうせ掴めないのに」というフレーズは、やはり 孤独に戻る、というような不穏なイメージを残していますよね。 「寂しさの形は変わらない」というフレーズが、 孤独から逃れられない様子を描いていますね。 主人公が歌う「君の歌」。 夜のずっとずっと先まで舞い上がればいいと歌っています。 この歌こそが、 エレジー 悲歌・哀歌 ですね。 偽りの優しさにまみれた日常のことでしょうか? 主人公が人間不信がちな性格で描かれているところもあるようですね。 そして、そんな毎日を過ごしながら感じる憂鬱は、まるで満員電車の中で押し潰されているような気分。 ちょっとわかるかもしれない…。 温かいはずだったのに 冷めてしまった優しさ。 主人公はそれを手にせずに 放り投げます。 その時傷つくのが怖くて、悲しくて、手にすることを拒みます。 「さようなら」と言って手を振ればいいものを、抱き締める。 その流れ星に乗せて、「君」のことを願ったのでしょうか。 そのことを主人公は今になって噛みしめます。 「もう傷つかない もう傷つけない」という歌詞が切ないですね~。 でもきっと、失ったことに気づいてまた傷ついてしまうんでしょうね…。 そして この歌が「 君の歌」となって君の心の中で光り輝く。 女からしたらホントにずるいし苦しい!! 笑.

次の

さよならエレジー 歌詞「菅田将暉」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

さよならエレジー歌詞

アコースティックギターのキレッキレのストロークから始まるこの楽曲、印象に残っている人も多いのではないでしょうか? CMや有線放送でもよくかかっていましたよね! ちなみに2018年3月にリリースされた 菅田将暉の デビューアルバム『 PLAY』にも、一曲目に収録されています! 秋田ひろむ(amazarashi)、柴田隆浩(忘れらんねえよ)、渡辺大知(黒猫チェルシー)、石崎ひゅーいら参加。 菅田将暉とは付き合いが長いみたいですね! お互いにお互いを称え合う仲のようです。 「さよならエレジー」は ドラマ『トドメの接吻』の 主題歌にも起用されました。 ntv. 2018年1月7日から3月11日に日本テレビ系「日曜ドラマ」枠にて放送されていたドラマですね。 主演は 山崎賢人。 「さよならエレジー」のMVにも出演しています。 山崎賢人が演じる主人公:堂島旺太郎は歌舞伎町のとあるホストクラブの No. 1ホスト。 偽りの愛で女を口説き落とし、金を搾り取る。 しかし、きらびやかな生活をしているように見える一方、本当はある事情で大金を稼がなければならず貧しい生活に暮れている。 ある日、いつもと同じように金持ちの令嬢を引っかけようとするも、突然男子トイレに現れた ルージュの女 門脇麦 にキスを奪われ、命を落としてしまう……?! 意識が戻った旺太郎、しかしその目に映るのは 一週間前の景色。 女にキスを奪われるたびに時を繰り返す旺太郎の運命とは…?! 斉藤和義『やさしくなりたい』に激似との噂も? 一部の噂によると、 「さよならエレジー」と激似の曲がある?! その楽曲とは……、 斉藤和義の「 やさしくなりたい」。 2013年にリリースされたこの楽曲は、当時のヒットドラマ『家政婦のミタ』の主題歌としても印象を残しましたよね。 「 さよならエレジー」と「 やさしくなりたい」。 似てるんじゃないか?!と言っている人も少なくないようです。 どちらも違ったインパクトがあるのではないでしょうか? コード進行については仕方がないものなのかもしれませんし、個人的には気にしすぎる必要もないかと思います! 菅田将暉「さよならエレジー」歌詞の意味は? 今夜は2017年最後の菅田将暉ANNです。 番組内で新曲「さよならエレジー」のオンエア解禁します。 よろしくお願いします。 その雲が降らせる雨はきっと 涙のことですよね。 「どうせ掴めないのに」というフレーズは、やはり 孤独に戻る、というような不穏なイメージを残していますよね。 「寂しさの形は変わらない」というフレーズが、 孤独から逃れられない様子を描いていますね。 主人公が歌う「君の歌」。 夜のずっとずっと先まで舞い上がればいいと歌っています。 この歌こそが、 エレジー 悲歌・哀歌 ですね。 偽りの優しさにまみれた日常のことでしょうか? 主人公が人間不信がちな性格で描かれているところもあるようですね。 そして、そんな毎日を過ごしながら感じる憂鬱は、まるで満員電車の中で押し潰されているような気分。 ちょっとわかるかもしれない…。 温かいはずだったのに 冷めてしまった優しさ。 主人公はそれを手にせずに 放り投げます。 その時傷つくのが怖くて、悲しくて、手にすることを拒みます。 「さようなら」と言って手を振ればいいものを、抱き締める。 その流れ星に乗せて、「君」のことを願ったのでしょうか。 そのことを主人公は今になって噛みしめます。 「もう傷つかない もう傷つけない」という歌詞が切ないですね~。 でもきっと、失ったことに気づいてまた傷ついてしまうんでしょうね…。 そして この歌が「 君の歌」となって君の心の中で光り輝く。 女からしたらホントにずるいし苦しい!! 笑.

次の