あんスタ undead。 【あんスタ】過激で背徳的なユニットUNDEADの可愛いシーンランキングTOP10【あんさんぶるスターズ(あんスタ)】

【あんスタ攻略】UNDEADコース【大神晃牙】

あんスタ undead

返礼祭とは ホワイトデーの季節に開催される大型ドリフェスを指します。 昼の部(前半戦)と夜の部(後半戦)に分かれており、夜の部は昼のライブでの成績がよかったユニットだけが参加できる構成になっています。 ショコラフェスと大きく違うのは、卒業を控えた3年生ではなく、1、2年生が主体となって盛り上げるというルールがあることで、 ファンへの返礼のほか、下級生から上級生への返礼の意味合いが含まれています。 内容がショコラフェスと同じなのも、企画や準備に慣れていない1、2年生がやりやすいようにという意図があります! 天祥院英智が水面下で、人気のユニットはそのままアンサンブルスクエアで活動を続けるという構想を練っていますが、この計画については一部の生徒しか知らないため、大多数の生徒が卒業や引退、解散などの別れを強く意識しています。 今後各ユニットがどうするのか、3年生は卒業後にどんな進路を選ぶのか、という不安と期待が入り混じったシナリオが魅力的です。 とくに 3年生の進路は新章にも関わってくるので、ここでチェックをしてみてください。 衝突!想い還しの返礼祭 記念すべき、最初の返礼祭は UNDEADと 2winkが中心のイベントです。 といっても、1年生だけのユニットである2winkは自分たちの問題を乗り越え、この時期とても安定しており、ワタワタするUNDEADのアドバイザー的な立ち位置に。 また物語のメインではありませんが、 紅月についても触れられているので、そこもご注目を。 当初はユニット活動をサボリがちだった羽風薫も積極的に顔を出し始め、とてもいい状態になったUNDEAD。 しかし、返礼祭の準備期間中に朔間零から解散宣言が。 その言葉に納得ができずに怒り出す大神晃牙ですが、具体的にどう抗えばいいのかわからず、足踏み状態になってしまいます。 晃牙にとってはこれまで「ワンコ」と呼んでいた零が急に「晃牙」と呼んできたことも怒りのポイントらしく、零と晃牙の間ではこの呼び名が重要なポイントにもなっています。 同じころ、紅月のほうでも問題が発生! 唯一の下級生である神崎颯馬が学校に来なくなってしまいます。 紅月は3年生ふたりに2年生がひとりという構成で、蓮巳敬人は副会長として企画制作に慣れており、鬼龍紅郎は服飾の達人ということで、これまでライブ準備はほとんど3年生が主体。 颯馬にひとりで行う心構えをさせてこなかった自覚のあるふたりは、「颯馬なら大丈夫」と思いつつも、心配な表情を見せます。 また敬人は颯馬だけでなく、昔馴染みであった零や晃牙のことも心配していました。 UNDEADや自分の将来のことをどこか他人事にように話す零を見かねた敬人は一計を案じ、物語はついに返礼祭の当日を迎えます。 噂の元凶が敬人だと勘づいた晃牙が急いで彼のもとへ行くと、そこにはデッドマンズとしてステージに立つ零の姿が。 デッドマンズの正体は、零、薫、敬人、紅郎という3年生による実力派のアイドルたちでした。 同じ部活仲間としていつも見守ってくれていた零にお礼を言いつつ、今後も夢ノ咲学院でアイドルとしてがんばっていくことを決意。 その甲斐あって、ひとりだけのパフォーマンスでも紅月として夜の部へ参加を決め、最後は3人で紅月として返礼祭に参加した。 敬人と紅郎が紅月のほうで出演したため、実質4人でのUNDEADライブが行われる。 卒業後も零と薫が組んでアイドル活動を続け、晃牙とアドニスがそれを追いかける予定になっている。 バトンタッチ!涙と絆の返礼祭 『バトンタッチ!涙と絆の返礼祭』は 流星隊が主役のイベントです。 返礼祭を巡って、1年生たちが大げんかをするシーンは、高校生らしい不安や嫉妬、期待が入り混じり、グサっと心に刺さるセリフが盛りだくさん! またこのイベントから部活での追い出しパーティーなどが描かれるようになり、アイドル活動以外で卒業を感じる場面も増えました。 ほかのユニットが続々と返礼祭への参加を決めるなか、なかなか書類を提出してこない流星隊。 盛り上げユニットとして人気な流星隊が出演しないのは困ると、英智から守沢千秋と深海奏汰に声がかかります。 しかし、後輩たちが主体となるライブのため、自分たちは堪えなくてはいけないとふたりは静観を決めるのでした。 一方そのころ、1年生のほうでは転校生から返礼祭をどうするのか尋ねられます。 南雲鉄虎と仙石忍は先輩たちにお礼をしたい気持ちはあれど、先輩ふたりの不在とアイドル活動に消極的な高峯翠がいることから、「やりたいけど無理だと思う」と冷静にコメント。 流星隊は精神的に千秋の存在が大きいユニットだとは思いますが、1年生だけで活動することも多いユニットなので、この冷静さに驚きを感じます。 このやり取りをきっかけに、千秋の不在中はリーダー役を任されている鉄虎は、再度翠のもとへ行き、返礼祭へ参加を尋ねることに。 しかし、翠は八百屋である実家の手伝いを理由に拒否。 またお決まりの「無理」、「面倒くさい」などのワードを言ったため、鉄虎の怒りが爆発! 涙涙の大げんかが始まってしまします! 千秋のようにみんなを引っ張っていくことはできないと主張する鉄虎、もともとみんなと同じようにアイドルに対してひたむきになれないと話す翠、そしてそんなふたりのケンカを自分だけでは止められない忍。 先輩ふたりが見守るなか、1年生は意見をぶつけるだけで返礼祭への答えは見つかりませんでした。 そして、返礼祭当日。 途中からでも翠がやってくることを祈りながら、ふたりだけで返礼祭に参加する鉄虎と忍。 一方、出遅れた翠は、翠の代わりにお手伝いをすると申し出てきた千秋と奏汰に見送られながら、仲間が待つ学校へと急ぐのでした。 転校生の計らいで千秋と奏汰も返礼祭に衣装に着替え、5人で夜の部を盛り上げた。 卒業後、千秋はアイドル活動のほか、特撮や教育番組など子どもに夢を与える仕事も行うマルチタレントの道へ。 奏汰はアイドルはやめないものの、深海家の問題解決の処理を優先させる模様。 1年間を通して徐々にほどかれていった彼らのわだかまりが、この返礼祭でしっかりと清算されました。 もともと自立を促されていた3人ですから、なずな卒業のさみしさはあれど、安定した雰囲気があります。 一方Valkyrieもアニメ会社やおもちゃ会社とのタイアップ企画が成功し、幼稚園児から中学生くらいまでの新たなファンを獲得。 しかしみかは、宗を始めとする人々からその仕事を引き継ぎ、自由に活動するよう勧められますが、頑なにValkyrieの解散を望みます。 しばらくは不安定なみかを気遣って返礼祭への参加も見送った宗ですが、卒業前の最後の舞台が終わった日、いまだに変わろうとしないみかに「命令に従うだけの人形はいらない」と宗は永遠の別れを言い渡すのでした。 返礼祭当日。 宗にひどいことを言われ、みかが行方不明になっていると聞いたなずなは、昼の部を1年生に任せ、みかのもとへ急ぎます。 すると、そこにはけろっとした顔をしたみかの姿が。 彼はひとりで「宗の期待に応えたい」という自分の答えにたどり着いていました。 1年間大事に育ててきた後輩たちといっしょにパフォーマンスを行うなずな。 しかし順位で言うと、Valkyrieに一歩及ばず、友也たちはみかに今後の活躍で見返すと挑戦的な宣言をした。 なずなは卒業後、教師やマスコミ関係の道も視野に入れて、国立大学に進学。 しばらくは学業優先に。 みか主体の衣装やパフォーマンスが好評。 卒業後、宗は見分を広めに海外の大学へ。 Valkyrieの名前はみか引継ぎ、宗も大きな仕事がある場合は帰国することを約束している。 レクイエム*誓いの剣と返礼祭 4つ目は Knightsの返礼祭。 返礼祭シリーズは、どれもが濃い内容とボリュームがあるのですが、そのなかでも超大作だったイベントストーリーが特徴です。 リニューアル前の最後の返礼祭でもあるので、新章に関わる内容が小出しで出ているのもポイント。 後から読み返すと、「ここはこういう伏線だったのか」と気づくこともあるかもしれません。 月永レオや瀬名泉が卒業したあとも、5人での活動頻度は減るものの、そのままユニットとして続けていくと漠然と考えていたKnightsは、レオの指名で朱桜司にリーダーの座が譲られることに。 事前に話を聞かされていた鳴上嵐と朔間凛月も受け入れ、問題なく授与されると思われていましたが、ちょうど朱桜家の当主なること選ぶかアイドルとしての未来を選ぶかで悩んでいた司は王冠を拒否してしまいます。 英智たちからの情報で司の父親が一時的に危篤状態だったことを知ったKnightsは、司の悩みを理解。 司がいない状態で返礼祭への準備を進めますが、リーダーの交代をうやむやにしたままの準備はどこか嵐や凛月の心を不安定にさせていきます。 そして、司がユニットに復帰した日、今もなおリーダーの座にいるレオはその権限でKnightsの解散を宣言。 レオが復帰する際に行ったジャッジメントを再現するようにメンバーを傷つける姿に覚悟を感じとった司は、レオに決闘を申し込みます。 司、凛月、嵐は、これからのKnightsをどんなふうに導いていくかファンと先輩たちの前で示すことになり、その結果は夜の部で発表されます。 昼の部を1位で通過したKnightsは夜の部でトリを務め、ファンが見守るなか、新生Knightsが誕生するのでした。 またレクイエムの結果、嵐がリーダーに選ばれたが、その権利を司に譲渡。 リーダーは司に変更された。 卒業後、レオと泉はともにヨーロッパへ。 レオは世界を飛び回りながらアイドルと作曲家活動をしており、泉はモデルとして勉強中。 返礼祭後に海外でKnightsによる戴冠式ライブも行われた。 以上の4つが返礼祭シリーズでした。 また語られていない一部のユニットですが、2年生だけのユニットである Trickstarは返礼祭では裏方を担当しており、出演はなし。 MaMについてはまだ謎の部分が多いので、今後の内容をぜひ見守ってください。

次の

【あんスタ】過激で背徳的なユニットUNDEADの可愛いシーンランキングTOP10【あんさんぶるスターズ(あんスタ)】

あんスタ undead

スポンサードリンク 【注意!】型紙のドロップは事業部のレベルを上げてから 最初は型紙がドロップしても手に入らないのは仕様です。 序盤の落とし穴なのですが、まずはオフィスランクと事業部のレベルを上げる必要があります。 型紙がドロップするようになるには、オフィスランクを4まで上げて、事業部の中の 衣装部をレベル2にしなければなりません。 他にも、 衣装素材が稀に2倍になる、 チケットの時間回復が早くなるなど様々な恩恵があるので、事業部をきちんと確認しておきましょう。 参加条件 主に期間限定や日替わりユニットのお仕事には 参加制限がついていることが多いです。 ユニット 指定されたユニット専用のお仕事。 衣装 イベント衣装などの着用が必須のお仕事。 アイドル 指名されたアイドル専用のお仕事。 その分、他では見られない発言が見られたり、 限定衣装の型紙などが手に入るので要チェック! 攻略のカギ ある程度お仕事に慣れてきたら、日替わりのユニット衣装やESのお仕事2などが気になってくると思います。 ここからはいろんな育成要素に着目しています。 また、ほんの少し足りない場合でも、GREAT判定によって稀に達成できることがあります。 基本的には数をこなしてアイドル1人1人を地道に育て上げていくことです。 ただ素材入手が難しく作れるのはかなり先… 【中級】クエストのドロップだったと思うのですが うろ覚え 、手に入れても仕方ないので【初級】をたくさんこなして簡単なスーツ・モッズから製作していくべきですね。 どちらもBP3つ消費。 これは正直、好みです。 どちらも大事なので1人1人のプレイスタイルや育成状況に合わせて使用していくことになります。 音ゲーを重視しているならライブでガンガンカードを育ててOK!今のところ スコアに影響を与える要素は皆無です。 チケットが無いと開始できないので、お仕事は有限!衣装も捨てがたい人はお仕事優先でもOKです。 ゆっくりリズムゲームに取り組める時はライブで1つずつ、時間がない時にはお仕事でまとめて3つずつ使うなど、使い方の自由度が高いです。 どのステータスを上げるべき? 各アイドルは、 6種のステータスを合計500まで上げることができます。 単純計算で6つを均等に上げてもどれも80以上になるので、偏りを気にしなくても大丈夫です。 推しを高ステにしたい方や、より多くの衣装で着せ替えを楽しみたい方は、まず 1つのユニットにしぼって育成していくことをオススメします。 スポンサードリンク お仕事の種類ごとのメモ まだ情報収集と同時進行での更新となりますが、いずれお仕事の情報が増えて型紙のドロップも充実してきたら改めてまとめます。 日替わり 日替わりページでは、毎日異なるお仕事に挑戦し、いろんなステータスを育てることができます。 必要ステータスが異なるちょっとしたお仕事と、ユニット専用衣装の型紙が狙えるユニット専用お仕事があります。 オフィスのランクアップクエスト等でパーフェクトクリアを要求されることがあります。 「ESのお仕事1」攻略 お仕事1の参加人数は3人です。 簡単な共通衣装やイベント衣装ですぐクリアできます。 必要なステータス値• Ac…360• Pa…360• Ch…360 「プライベートモッズ」シリーズは、日替わり【初級】のGREAT報酬の型紙です。 Smが大きく上がる「プライベートスーツ」とは違い、 必ずAcが大きく上昇するので、お仕事2の攻略に大きく貢献してくれます。 期間限定 期間限定のお仕事は、 イベント限定衣装の型紙などの貴重な報酬が狙えるお仕事です。 名前の通り挑戦できる期間が決まっているので、終了日時に注意。 イベント名 開催期間 ローソン宣伝大使就任!! 記念キャンペーン リリース日〜4月14日 火 23:59まで ココで奏でるあんさんぶる!! 最初は 衣装を無料配布されたコラボユニットのみ参加できます。 おまかせ編成で自動で組み込まれます 他のアイドルを参加させるには、型紙がドロップするまで根気よく周回する必要があります。 まとめ 結論としては、ライブのスコアに関係しないので、推しアイドルがいる人向けの ミニゲームといった認識です。 推しキャラやユニットを愛でたり箱庭作りをしたりなど、Basicのような アイドル育成要素をライブ 音ゲー要素 と完全に分けた神コンテンツじゃなかろうかと思います。 カード育成はライブの報酬だけで済みますし、推しがいればお仕事を頑張ってBPが枯渇しても3Dライブを一生プレイすることも可能ですからね。 自由なプロデューサー生活を送りましょう!.

次の

あんスタの人気キャラと人気ユニットの順位を教えてください!

あんスタ undead

みなさんこんにちは、スターメダル集めに夢中のライターの氷室です! プロデュース中に登場する動物たちがかわいくて、実際にこんなことがあったらレッスンにならなさそうですよね。 零の知人から依頼を受け、UNDEADとSwitchがホテルでライブを行うことに。 修学旅行と日程と重なっていたにも関わらず、2年生の晃牙、アドニス、夏目はライブ出演を選びました。 乗り気なUNDEADのメンバーですが、日程が2年生の修学旅行と重なってしまい、零は晃牙とアドニスに修学旅行を選んでもいいと話します。 しかし2人ともライブに出演することを選択。 そこに居合わせた夏目もライブを選びました。 零はライブ会場となるホテルの雰囲気と宗の作り出す世界観が合うこともあり、衣装の制作と演出を彼に依頼します。 しかし零は修学旅行に行かない選択をした晃牙とアドニスのことが気がかりな様子。 偶然出会った宙も夏目が本当は修学旅行に行きたいのではないかと悩んでいることを知ります。 晃牙らしいもてなしを盛り込みつつ、いつも以上に魅力的なパフォーマンスで客席を楽しませました。 合同ライブのタイトルが「ブラッドバンケット」に決まり、アドニスはタイトルが「血」と「晩餐会」なので、UNDEADのライブで客をもてなす主旨なのではないかと推測。 晃牙はいつも通り自分たちのライブを見せればいいと笑います。 宙はどうやってハッピーな魔法をかけるかをつむぎに相談。 つむぎは宙がガイドになってホテルのなかを案内するのはどうかと提案します。 乗り気になった宙はホテルのことを勉強することに。 ライブの観客だけでなく晃牙にもその魔法がかけられ、みんなが幸せの色に染まりました! 宙によるホテルツアーですが、前日は薔薇が咲いていなかったことで宙が落ち込んでしまいました。 ライブが終わった後は、報告も兼ねて京都に修学旅行中の転校生に電話をかけました。 みんなで代わる代わるテレビ電話越しに転校生と話し、特別な夜のことを語り明かしました。 不思議ちゃんなところがある宙が零や晃牙の懐に飛び込んで話をするところがすごく良かったですね。 安定のツンツンな夏目。 つむぎとしてはもっと優しくしてほしいようですが、ツンツンな夏目が見られなくなるのは淋しいので……もうちょっと耐えていただきたく……。 アイドルロードでは紅茶衣装が手に入るのですが、この紅茶衣装がとても素敵なんです! 紅茶といえばインドをイメージする人も多いかと思いますが、この紅茶衣装はインドの王族風! 独特の柄と色彩が新鮮です。 それはお茶会のお菓子のリサーチに来たという英智。 いつもお茶会には凛月の手作りのお菓子が並ぶのですが、今日は凛月がそこまで手が回らないということで、英智が代わりのお菓子を用意することになったよう。 高級なお菓子には遠慮した創が手をつけないので、英智は色々と考えているようです。 創が英智に良くしてもらっているのを知り、桃李はテニス部ではなく紅茶部に入れば良かったかもと苦笑い。 紅茶部のはじまりが垣間見えるストーリーなのですが、意味深なタイトルです。

次の