更年期 障害 発熱。 更年期障害の症状と原因、治療法と自分でわかるチェック方法

「男性の更年期障害」のイライラや不眠、肥満などの症状と診断、治療法を解説

更年期 障害 発熱

更年期の発熱やゾクゾク寒気の原因と対策!おススメ漢方薬の選び方 更年期の女性で発熱症状を訴えるご相談は多くあります。 「更年期障害をスッキリ解消!貴女におススメ漢方4処方」にも書きましたが現代女性は、子育て&介護&仕事+更年期障害の四重苦と呼ばれるほど更年期の症状が激しく長く続きやすいのです。 大塚敬節先生の漢方診療医典によると 【引用ここから】 更年期障害や血の道に起こりがちの血管運動神経障害は顔面の紅潮、のぼせ、手足の熱感があり、発汗の後はたちまち冷感を覚え、心悸亢進が起こって動悸や心臓部圧迫感を感じる。 めまいや耳鳴りを訴えたり血圧が高くなったり低くなったり動揺し、また精神神経障害としてはひどく神経過敏となり、興奮しやすく、ヒステリックになったり、憂うつになったり、忘れっぽくなったりする。 【引用ここまで】 これらの症状の中には他の病気にも現れる症状が多くあります。 ご注意頂きたいのは、症状が激しい場合や長く続く場合は、まず医療機関を受診し他に病気が隠れていないかを検査しその上で他に異常がなければ信頼できる専門家に相談して漢方薬をお試し下さい。 漢方では更年期の発熱がどのような体の歪で起こっているのか、それに対して漢方はどのような方法で改善を図ろうとしているのかをお伝えします。 目次 table of contents• 女性特有の体の状態 そもそも更年期の女性に限らず、女性は発熱やゾクゾク寒気の悩みを訴える方が多くいらっしゃいます。 それは女性特有の生理による出血に原因があります。 生理は血液中の熱を体外に取り出す働きと漢方では考えています。 そして発熱の原因は血中の熱が上手く外に取り出せず体内に留まりこもってしまっている状態だと漢方では考えています。 生理前になると女性の体は出血によって体外に熱を取り出す準備に入ります。 そのため血の巡りは子宮付属器官に多く集まり、反面、体表への血流は留守がちになります。 生理前の女性の体は普段にも増して体表からの発散が低下して熱を取り出し難い状態になっているのです。 条文の解説は女性が風邪を患い生理と重なり、しかも生理が止まってしまった時に現れる激しい発熱悪寒の症状を解説したものです。 風邪を引き7日程経過すると熱は体の深くに移る時期であるが生理で熱を取り出すことが出来ればよかったのが生理が滞ると出血すべき熱を帯びた血 血熱と呼ぶ は血中に留まってしまい、そのため発熱したり寒気がしたりを繰り返す症状が現れることを解説しています。 更年期の女性で閉経に差し掛かり生理の量が減ったり、周期が不規則になる状態は、条文の女性の体の状態に似ていると考えられます。 寒気や発熱を風邪と間違えない 更年期女性の発熱の原因の多くは血熱と呼ぶ血液中の熱が取り出せず熱が深くに及び血熱を生じたために起こしている症状です。 熱が深くにこもれば熱を発して、皮膚の表面から汗で熱が抜けるとザワザワ寒気を繰り返す症状を起こしやすいのが特徴です。 これを見誤って熱や寒気が有るからといって発汗させる漢方薬や、熱が滞ったために胃腸機能が低下して便秘しているからといって誤って下剤を使ってしまうと益々病状をこじらせて治り難くしてしまうので十分な注意が必要です。 更年期の発熱、寒気、漢方の治し方 女性更年期に現れる発熱は血熱が原因で熱が深くに及んでいるのが原因だとお伝えしました。 その解決方法で大切なのは発熱や寒気、便秘などの症状にとらわれて治療法を誤らないことです。 汗・吐・下・和 かんとげわ は漢方の治し方の基本です。 発汗、吐法、下す、中和、のことですが血熱が原因の熱や寒気は中和する方法で対処することが重要です。 基本は小柴胡湯 まず第一の基本処方は小柴胡湯 しょうさいことう です。 そして三陽の合病といいますが 体の表面にも、内側にも熱がこもった症状が有り加えて神経症状が現れているような時は柴胡加龍骨牡蛎湯 さいこかりゅうこつぼれいとう をお試し下さい。 血熱が増して熱の滞りが深部に及びイライラや夢にうなされたり神経症状が現れてくる場合に試してみると良い漢方薬です。 上手に更年期の発熱、寒気の漢方薬を選ぶには 女性更年期の発熱やホットフラッシュに使われる漢方薬には、処方を形作っている成分の違い それぞれに配合されている薬物一つ一つを薬味と呼びます で加味逍遥散・加味帰脾湯・当帰芍薬散など、他にもたくさんの種類があります。 これらの中からお悩み症状にピッタリ合った漢方薬を選ぶ際に大切なことがことが二つあります。 一つは、行き当たりばったりで漢方薬を選ぶのではなく、更年期の発熱はどのような成り立ち、体の原因で起きていると漢方では考えて対処しようとしているのかを理解することです。 二つめは、各々の漢方薬の違いを理解することです。 高度な漢方の専門家は漢方薬を構成している薬味一つ一つの性質を熟知して、そこから処方を考える手順を取ります。 もお読みください まとめ 今回ご紹介した漢方薬は河合薬局でもお勧めして評判の良い漢方薬ですが、7日~10日間ほどの短期間お試しになって自分に合う合わないを確かめながらお飲みになることをお勧めします。 さらに、更年期障害と発熱のお悩み女性には自律神経の不調和が多く見られます。 お困りの方は一度ご相談下さい。 更年期の漢方 関連ページ紹介 更年期の悩み解決に役立つページをご紹介します 相談ご希望の方へ.

次の

【更年期障害の症状】蕁麻疹の原因と対処方法

更年期 障害 発熱

Various menopausal symptoms多様な更年期症状 女性は年齢とともに4つのライフステージ 思春期・性成熟期・更年期・ 老年期 を経験します。 年齢を重ねるごとに卵巣の機能が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減少することでホルモンのバランスが崩れ、心身にさまざまな不調があらわれる人もいます。 ただ、更年期の症状はエストロゲンの減少だけでなく、心理的な要因 仕事や家庭環境など も複雑に関与するため、個人差が激しく、全身のあらゆる箇所にあらわれます。 ここでは日本人によく見られる代表的な症状について紹介します。 代表的な更年期の症状 更年期の症状はさまざまで 個人差があります 泌尿器・生殖器系の症状 日本人の更年期女性にみられる不定愁訴として肩こりや疲れやすさが多く報告されています。 下の図は日本女性の更年期症状発現の割合を示したものですが、更年期症状特有ののぼせ、発汗などといった症状も25%以上の女性にみられています。 これをみると、更年期女性はエストロゲンの急激な低下の影響を受け、何らかの形で症状が出ていることがわかります。 この症状が日常生活に支障が出る人は更年期障害ですので、婦人科に受診することをおすすめします。 日本女性の更年期症状発現の割合 更年期障害の発現因子 更年期障害の発現には、加齢やエストロゲンの欠乏といった身体的ストレスに加えて、性格などから由来する心理的因子、仕事や家族関係 家庭環境 などに起因する社会的因子が重なって関与します。 更年期障害は一種のストレス性疾患とも考えられています。 一人ひとりその背景が異なるので、婦人科を受診する際は自分におきているからだの変化や心配事をメモに書いて、診察の時に持参し医師に相談してみましょう。 Menopause cause更年期の原因 更年期症状の原因について、ここではさらに詳しく解説していきます。 症状に個人差があるのは、その人の性格・気質やおかれている環境に左右されるためですが、大きな原因は加齢に伴う身体的な変化であるといわれています。 月経の仕組み 更年期の変化を理解するためには、月経のメカニズムと2つの女性ホルモンの関わりに関する知識が必要です。 卵巣からはエストロゲンとプロゲステロンが分泌されます。 エストロゲンの働きで、子宮内膜が厚くなり受精卵の着床準備をします。 子宮内膜が厚くなると下垂体からFSH(卵胞刺激ホルモン)やLH(黄体形成ホルモン)という性腺刺激ホルモンが急激に放出されます。 排卵直前にはLHが通常の数倍のピークをつくることにより、排卵がおこります。 排卵後の卵胞は黄体となりプロゲステロンが分泌され、受精卵の着床のための環境をつくります。 着床しなかった場合、黄体は萎縮し、子宮内膜は剥がれ落ちます。 これが月経です。 女性ホルモン減少で脳が混乱、自律神経も乱れやすくなります 更年期を迎えると卵巣機能は低下する為、若い時と同様にエストロゲンを分泌できなくなります。 そのことによってホルモンバランスが保てなくなり、起きる体の症状が更年期症状です。 女性ホルモンは、脳の視床下部からの指令により卵巣から分泌されます。 視床下部はさまざまなホルモンの分泌をコントロールするとともに、体温調節や呼吸、消化機能の調節、精神活動などを司る自律神経のコントロールセンター。 ところが、卵巣の機能が衰えると、脳がいくら「ホルモンを出せ」と指令を出しても分泌されません。 すると、脳がパニックを起こして通常の何倍もの指令を出すために、異常な発汗、イライラ、めまいなどの症状があらわれるのです。 女性ホルモン様作用が認められた「エクオール」 更年期を迎えると、女性ホルモンの減少を食い止めることはできませんが、自分に合った対策を上手に行うことで、その症状をやわらげることは可能です。 エクオールは大豆イソフラボンに含まれるダイゼインの代謝物。 これが女性ホルモンに似た働きをするといわれています。 エクオールを1日10㎎摂取することで、更年期症状の改善、骨粗しょう症の予防、女性のメタボ改善など、様々な効果があることが研究発表で報告されています。

次の

更年期の発熱やゾクゾク寒気の原因と対策!おススメ漢方薬の選び方

更年期 障害 発熱

「体がほてる」「のぼせる」「イライラする」というような更年期症状の悩みを抱えていると毎日が憂鬱ですが、そんな「更年期障害」という悩みがなくなれば、ストレスなく楽しい毎日が過ごせますし、いつまでも若々しく、みなさんから憧れられるような存在になれますので、更年期障害の症状・原因をチェックして、更年期を乗り切る方法を実践していきましょう! 【目次】• 更年期とは 更年期とは、女性の場合、卵巣機能が衰えはじめ、女性ホルモンの分泌が減少する「閉経を迎える前後の期間」のことをいいます。 は40代半ば(月経異常・月経不順が続く方が多い)頃といわれています。 もちろん、更年期が始まる時期には個人差がありますが、閉経年齢で最も多いのが、50歳だといわれますので、45歳ぐらいがその目安といえます。 ちなみに、更年期(症状)は、英語では「menopause symptoms」、フランス語で「menopause」、中国語で「更年期綜合症」と呼びます。 更年期障害 更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れが原因の身体的・精神的不調のことであり、自律神経失調症の一つです。 更年期を迎える時期になると、卵巣の機能が衰え、その結果、卵巣から分泌されている女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少します。 エストロゲンの分泌量が減ると、脳は盛んに卵胞刺激ホルモンを分泌し、卵巣からエストロゲンを分泌するように促します。 しかし、更年期を迎えた卵巣は、必要な量のエストロゲンを分泌することが出来ないため、エストロゲンの減少と卵胞刺激ホルモンの増加という「ホルモンバランスの乱れ」が起こります。 そして、ホルモンバランスの乱れによって「体のほてり(ホットフラッシュ)」「大量の汗(スウェッティング)」などの症状が現れます。 これが更年期障害ですが、更年期障害は、ホルモンバランスの乱れだけが原因ではありません。 更年期の時期は、子供の独立・夫の定年・親の介護など急激に生活のリズムが変わる時期でもあり、生活のリズムの変化による精神的ストレスや家庭や職場でのストレスなども加わって、更年期障害が現れます。 また、最近では、30代ぐらいの更年期にはまだ早い年齢であるにもかかわらず、更年期症状があらわれる「」が増えてきています。 更年期症状には、個人差があり、更年期を迎えてもほとんど気にならないほどの症状の人もいれば、日常生活も満足にできない症状の人もいます。 この差は、若いころに行なった無理なダイエットや不規則な生活・食事によってホルモンバランスが乱れていることが原因の一つであると考えられます。 更年期を安心して迎えるためにも、生活習慣を見直しましょう。 更年期症状には、個人差があり、更年期を迎えほとんど気にならないほどの症状しかない人もいれば、日常生活も満足にできない症状の人もいます。 更年期の症状の具体例を挙げていますので、チェックしてみてください。 全身的な症状• が早まる• 多汗()• 肥満(太る)• 精神的症状• イライラ• 神経質• 睡眠障害(・)• 意欲低下• 【関連記事】 ・ 生殖器系の症状• 月経異常()• 【関連記事】 ・ ・ 消化器系の症状• 吐き気• 食欲不振• 【関連記事】 ・ このような更年期障害らしき気になる症状があらわれたら、一度病院で診てもらいましょう。 更年期障害の原因 更年期障害は、主に 卵巣機能の低下による女性ホルモン「エストロゲン」の減少が原因。 また、若いころに行なった無理なダイエットや不規則な生活・食事によってホルモンバランスが乱れていること、環境の変化、加齢、ストレスなどが原因であると考えられる。 女性の場合は、亜鉛が不足すると女性ホルモンの働きが悪くなったり、月経異常を引き起こしてしまう可能性があります。 特に更年期ともなれば、亜鉛不足がホルモンバランスをさらに乱れさせて、症状を悪化させてしまうことにもありえます。 特に女性は、エストロゲンの減少によって、骨粗鬆症になる可能性が高まるため、更年期には摂って頂きたいです。 大豆製品などから摂れます。 ただ、最近の研究によれば、大豆イソフラボンの健康効果の恩恵を受けやすい人とそうでない人がいることが明らかになったそうです。 その違いは、エクオールを作り出すためのエクオール産生菌という腸内細菌を持っているかどうかです。 腸内細菌によって大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分をエクオールに変えることで、ダイゼインのままと比べ、よりエストロゲンに似た働きをすると言われています。 大豆イソフラボンは、更年期障害の原因といわれる「エストロゲン」と構造が似ているため、体内に入ると、エストロゲンと同じような働きをするといわれています。 ただ、最近の研究によれば、大豆イソフラボンの健康効果の恩恵を受けやすい人とそうでない人がいることが明らかになったそうです。 その違いは、エクオールを作り出すためのエクオール産生菌という腸内細菌を持っているかどうかです。 腸内細菌によって大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分をエクオールに変えることで、ダイゼインのままと比べ、よりエストロゲンに似た働きをすると言われています。 エクオール産生菌という腸内細菌を持っている人といない人がいるそうで、エクオール産生菌がいない人は、大豆イソフラボン(ダイゼイン)のまま吸収されるそうです。 日本人の50%がエクオールを作れるそうです。 逆を言えば、日本人の50%がイソフラボンを摂取しても、エクオールによる更年期症状緩和の効果ができないということです。 若い人にエクオールを作れる人が少なくなっているそうですが、食の欧米化が原因ではないかと考えられます。 (欧米人の3分の2がエクオールを作り出せない) によれば、更年期症状の軽い人はエクオールの量が多いそうです。 症状の重い人のグループに、エクオールをつくれる人が少なかったそうです。 エクオールには、更年期のホットフラッシュ(ほてり)や首や肩のこりを改善する効果が確認されているそうです。 エクオールの産出能力をチェックするには、「尿中エクオール検査」や「ソイチェック」といった簡単な尿検査で調べることができるそうです。 大豆イソフラボン1日必要摂取量は50mgで、納豆なら50gで大豆イソフラボン50mgの摂取が可能です。

次の