私は善だと思わぬが。 大好きな彼に「もっとこの子と話したい!」と思わせるひと言って…? — 文・東城ゆず

男性に選ばれないのはコンプレックス…。でも結婚は、私の人生に必要でも、不必要だとも思わない

私は善だと思わぬが

映画には、その映画を観たことによって、大袈裟ではありますが善かれ悪しかれその後の人生に大きな影響を与える場合があります。 以前にも何度か書いたような気もしますが、私の場合もそれまでと映画の見方が変わったと思わせる映画がいくつかあります。 ・ニやジャン・リュック・などのような著名なの作品やカン・ニューシネマなど、それまでの小中学校時代にのような娯楽一辺倒の作品とは違った作品を観ることによって、新しい映画観というものが出来上がったような気がしています。 もちろん娯楽映画も大好きです。 それとは別に、その映画を観ることによって、映画そのものではなく、その映画を通して社会を見る目に変化があったという映画もあります。 その一つが監督の 『裸の十九歳』という映画です。 監督: 主演:、、草野大吾、 制作:日本 1970年公開 この映画は連続射殺魔であるをモデルにした映画です。 当時高校生だった私が、1968年に起きた連続射殺事件の犯人を描いた映画であるということを知って映画を見に行ったのか、あるいは映画を観てからその事実を知ったのか、どちらだったのかは憶えていませんが、かなりの衝撃を受けたのを憶えています。 北海道の網走で生まれた永山は8人兄弟の7番目の子供(四男)で、父親はリンゴの剪定職人で浮気男。 母親はそんなダメ男との間に8人もの子供を作り、育てきれず永山を含む4人を置いて、実家の青森に引っ越してしまいます。 残された4人はゴミ箱を漁ったりして何とか生き延びます。 その間、永山は兄弟から虐待されていました。 ようやく警察に保護され、青森の母親の元に送られます。 中学卒業と共にで東京へ上京します。 渋谷のフルーツパーラーに就職しますが長続きしません。 その後も職を転々として、海外への密航を図って警察に捕まったりします。 ある時、横須賀のカ軍人の住宅に侵入し、そこで拳銃を手に入れます。 1968年10月、の東京のベンチで寝ているところをガードマンに職質され、射殺してしまいます。 それから同じく10月、京都に行き八坂神社でやはり守衛を射殺します。 今度は函館に行き、タクシーに乗って運転手を射殺。 金銭を強奪します。 次に名古屋に行って、同じくタクシー運転手を射殺します。 その後は東京に戻り、新宿でキャバレーやジャズ喫茶で働きます。 ところが1969年、一橋スクール・オブ・ビジネスに強盗に入りますがガードマンに発見され、発砲。 その間に逃げますが、その後手配中の警察に逮捕されます。 映画はそんな永山の生い立ちと、母親の悲惨な人生を重ね合わせながら進行します。 私がこの映画で影響を受けたというのは、この映画によってという人物を知ったということです。 もっと言うと興味を持ったと言った方がいいかもしれません。 この後も、は何度も私の前に顔を出すことになるのです。 1979年の第1審で死刑判決。 1981年のでは。 そして1987年のの判決は再び死刑判決。 1990年上告棄却で死刑確定。 そして1997年8月1日死刑執行。 48歳でした。 この時の判決がいわゆる「」と呼ばれ、犯行の動機、犯人の年齢や被害者の数など9項目が死刑判決の判断基準とされるようになりました。 こうした出来事がニュースになるたびにのことが頭をよぎります。 逮捕当時は文字の読み書きも満足に出来なかった永山は獄中での猛勉強での『』を読破するまでになり、社会批判を展開し、『』『人民をわすれたカナリヤたち』や小説『』などを執筆しました。 『』は賞も受賞しました。 書籍の売上金は被害者への見舞金として当てられました。 その間、ミミこと新垣和美さんと獄中結婚もしています。 その後離婚しました。 私は彼の生い立ちやその後の獄中での活動にいたく興味を持ち、の『死刑囚 』をはじめ多くの書籍を読むほどになってしまいました。 もちろん本人の著作も読みました。 なんとも興味深い人物です。 貧困・貧乏による無学・無知がイコール犯罪者になるなどとは毛頭思ってはいませんが、に関して言えば本人も認めているように無知であったことが一つの要因であったことは確かでしょう。 しかし他の兄弟は犯罪者にはなっていません。 従って彼は特異な人間だったのです。 たった1本の映画がその後の人生に一つの問題提起をするということがあるのだということをこの映画が教えてくれました。 この映画がきっかけとなって、これ以後、様々な凶悪事件の真相や数々の冤罪事件の存在、さらには死刑制度そのものに興味を持つようになり、自分なりに勉強することができました。 その結果、昭和史の闇というものの存在も知ることができました。 そういう意味では私の中では重要な1本でした。 『裸の十九歳』のなかでが函館に向かう汽車の中で、参考書の空欄に詩を書いています。 この詩が印象に残って、今でも忘れることが出来ません。 「私の故郷(北海道)で消える覚悟で帰ったが死ねずして函館行きのどん行に乗る。 この One Week どうして、さまよったかわからない。 私は生きる。 せめて二十歳のその日まで。 最悪の罪を犯しても、残された日々を、せめて、みたされなかった金で生きるときめた。 母よ、私の兄姉妹よ。 許しは乞わぬが私は生きる。 寒い北国の最後のと思われる短い秋で、私はそう決めた」 の生い立ちには貧困や虐待、ネグレクトといった、今の時代にも共通する多くの課題を含んでいます。 なんか支離滅裂になってしまいました。 それでは今日はこの辺で。 lynyrdburitto.

次の

映画『裸の十九歳』から学んだこと

私は善だと思わぬが

苔善などのネットワークビジネスに誘われることは一度は経験される方が多いと思います。 苔善などのネットワークビジネスついて良く知らないのに活動を行うことは危ないです。 あなたは今、苔善で活動を続けていますでしょうか? 苔善について、しっかりと理解しているのであればいいのですが・・・ もしきちんと理解せずに、 簡単に権利収入が得られるビジネスと判断し安易に苔善を始めてしまえば大変な目にあう可能性が高いです。 大変な目に遭わないようにするためにも・・・苔善を含むネットワークビジネスの実態をお話したいと思います! 苔善ビジネスを始めるのか・続けるのかは、苔善のことをしっかりと理解した上で、判断するようにしましょう。 印象が良くない理由としては… ・強引な勧誘活動を行っている人がいる ・宗教だと勘違いされる ・ネズミ講と間違えられる ・怪しいビジネスであると勘違いされる などが挙げられます。 日本国内では苔善などのネットワークビジネスに興味が無い人が多いこと、良く思ってない人が多いことは仕方がないことです。 ビジネス活動を行っていくに当たって、勘違いされ悪評が広まらないように勧誘する相手がネットワークビジネスについてどのような印象を持っているのか、ビジネスに興味があるのかを事前に確認しておく必要があります。 しかし、苔善自体は決して怪しいものでなく正当なビジネスですので誤解のないようにお願いします。 しかし誰でも参入出来てしまうことで、 楽にお金を稼ぐことが出来ると思っている人や、 ルール・モラルを無視した強引な勧誘活動をする人がいる為に特定商取引法に引っ掛かってしまう人もいます。 企業に雇われている会社員の場合、ルール・モラルを無視した勧誘活動は企業が困ってしまう為に、企業はエントリーシートや面接で問題の無い人を選別し、採用後には研修活動を行い教育します。 苔善などのネットワークビジネスの場合はビジネス初心者でも、研修やセミナーなどの勉強会がありますが、 最終的には自分自身でマナーや法律について勉強し自己責任で活動を行っていく必要があります。 マナーや法律をしっかり勉強して相手が不快に思わない勧誘を行っていきたいですね。 その為、 直接勧誘活動を行う前に勧誘する相手 見込み客 の考えや近況を把握したり、 より親しい関係を築く必要があります。 諦めずに頑張ったとしても成功できる保証はありません。 苔善などのネットワークビジネスの成功の定義を年収1000万円とします。 そうなると詳細な計算方法はここでは省略しますが、全会員の内 1%以下になります。 苔善・ネットワークビジネスで成功できる方はほんの一握りです。 そのことを踏まえてビジネス参入する必要があります。 しかし、ほんの1%の成功例を一般化し、残りの99%を無視してしまい、自分にでも出来るのではないかと思ってしまうことは客観性に欠けてしまいます。 ビジネス活動に限らず、やる前から諦めてしまえば成功出来ません。 しかし、ビジネス参入する・勧誘活動を行っていくに当たって、1%の成功例だけを見ないで残りの99%の可能性も踏まえて検討した方が賢明かと思われます。 しかし、しっかり自分の可能性を検討し、諦めずにモラルのある正しいビジネス活動を続ければ1%に入ることが出来るかもしれません。 勧誘時、セミナー参加時、勧誘活動に失敗した時に 「諦めなければ誰でも成功できる」といった聞こえの良い言葉を繰り返し聞かされ、成功すると信じてしまうのは危険です。 いつまでも成功出来なければ、お金と時間の無駄になってしまいます。 あなたの目標金額と時期を照らし合わせて達成可能なのか日々検討していく必要があります。 まとめ 苔善・ネットワークビジネスは日本国内の印象は悪く、勧誘活動を工夫したり、しっかりとした下準備をしないと人間関係が崩壊してしまう危険があります。 また、苔善・ネットワークビジネスは全員が成功出来るものではありません。 成功者と呼ばれる人は全体の1%以下です。 全体の1%以下にも関わらず、企業・活動グループは成功者を一般化し諦めなければ誰でも成功できると思わせる場合があります。 1%の成功者だけをみないで残りの99%のことを踏まえて、ビジネス参入・活動を行っていく必要があります。 苔善自体は決して悪いものではなく、大手の企業であり正当なビジネスモデルを持っています。 苔善ビジネスを行うことは、あなたの生活・人生を変えるきっかけ・チャンスになる可能性は十分にあります。 常に客観的に見て、あなた自身の目標の為に苔善をどのように活用してくのか検討していく必要がああり、モラルのある正当なビジネス活動を行って下さい。 口コミ勧誘しなくてもよい在宅で出来るネットワークビジネスとは? 口コミ勧誘のネットワークビジネスでは、 ダウン獲得成功率って実は平均2割程度しかないんです…また、断られた8割からは嫌われたり、縁を切られる可能性もあります。 でも、アップラインは「断ってきた人たちは何も分かってないだけ、見返す為にも頑張っていこう!!」と励ましてきます。 でも実は…アップラインは人から嫌われるリスク無しに収入を増やそうとしている方が多いです。 友達から嫌われたり、縁を切られた時にアップラインは関係性の修復を手伝ったり、アドバイスしてくれたことはありましたか…? あなたが友人・知人に嫌われたり、縁を切られるリスクを冒して頑張るほど、アップラインは収入が増えていきます。 アップラインの「諦めなければ成功するから頑張ろう」の甘い言葉を鵜呑みにしてはいけません。 ネットワークビジネスの口コミ活動に疲れてませんか?もし… ・あなたを紹介したアップラインがダウンにもなる!? ・完全在宅で活動が可能であり、自由な時間に出来る!? ・身バレ、顔バレの心配なく活動が出来る!? ・友人・知人を勧誘しなくても大丈夫!? ・定期購入がなく、商品は買いたい時に買うだけ!? 初回の購入だけでも可 ・ダウンが出来なくても収入が見込める!? そんなネットワークビジネスがあれば興味はありませんか?.

次の

現在新築建築中で、思わぬミスに気付いてしまったど素人の私にどうか提

私は善だと思わぬが

みなさん、今日もブログをご覧頂きありがとうございます! 今日のタイトルは、 物事は結論から報告するとよく言うけれども、決してそれが正しいとは思わない私の持論 について書かせていただきます。 私自身、人前で話すことが大好きな人間です。 幼い頃から人前で話す機会を多く頂き、代表スピーチなども経験させて頂きました。 大人になってからも、卒業大学の学科記念式典の代表挨拶なんかも経験させて頂いたりと、きっとそれなりに「まともな」スピーチをするんだと私なりに自負しております。 ええ、わかっております。 私のようなタイプの人が絶対に珍しい部類に入ることも自負しております。 「まともな」スピーチをするんだと私なりに自負しております。 多くの方が。 まだ、部活動のキャプテンなどのリーダーシップを取られていた経験がある方、人前でコミュニケーションをとる機会を多く与えてもらっていた方などは、ある程度の『コツ』を掴んでいるかと思います。 そして、ここで本題です そうでない方、ましてや苦手な方に対して、 『物事は結論から言いなさい』 と指導したらどうなると思いますか? 私の持論ですが、きっと パニックになってしまうと思うんですよね。 これ、意外と周りの方々でもわかっていない方がたくさんいるんですけど、 物事を結論から言うってスキルは、正直めちゃめちゃ難しいと思うんです。 物事を結論から言う目的を整理すると、• 物事を簡潔にわかりやすく伝えるため• 相手への配慮(ムダな時間を省くため) みたいな感じだと思います。 これは仰る通りだと思います。 ただ、これを実現するためには、 「必要な情報を整理すること」と 「大事な情報をピックアップして取捨選択すること」 が求められます。 この上記2項目についてめちゃめちゃ鍛錬を積んだ結果、結果的にスマートな報告ができるようになります。 私もまだまだ勉強中です。 そういった過程を省いて「結論から報告をさせる」ことを指導してしまうと、 考えることを放棄させてしまったり、 そもそもの「話すことの面白さ」がどんどん失われてしまう ことが懸念されます。 本件とは別問題で、あくまでビジネスを除外した場合の例えですが、 お笑い芸人さんが、漫才やコントで大笑いを勝ち取るために数分間活用する理由も、 最初にオチを言ったら面白くないからだと思うんです。 (当たり前ですが。 笑) 私の場合、この最初にオチを言わないという、会話としての面白さを優先して場を和ませ、キュっと場の空気を引き締めたり、大事なポイントに差し掛かってきた時には、結論からズバっと言ったりと、状況に応じて使い分けることをしますが、これも結局、どう伝えたら相手にわかりやすく伝わるかと、話を聞く相手への思いやりとが掛け算した結果、上記のような話し方になる、という基本はしっかりと守るように意識しております。 そして、話を聞く場合にも、「相手が何を伝えたいかを寄り添って聞くこと」「心の余裕を持つこと」を最近は徹底しております。 そういった 「愛」と「思いやり」をお互いに持ちながらキャッチボールができると、 ドッチボールになってしまったり、 デッドボールになってしまったりという会話のトラブルが少なくなっていくのではないか と感じました。

次の