やはり 俺 の 青春 ラブコメ は まちがっ て いる 14 ネタバレ。 渡 航 著 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』 最終巻 14巻 フラッシュレビュー

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。14』感想。素晴らしい結末!あの子があんなに可愛くなるなんて…!!

やはり 俺 の 青春 ラブコメ は まちがっ て いる 14 ネタバレ

祝完結! わたりんと言えば、人気作家ブロガーだったのに、押しも押されぬ大先生になるとは到底思わなかったぜ……。 まちがい続ける青春模様、シリーズ完結。 季節はまた春を迎えようとしていた。 同じ日々を繰り返しても、常に今日は新しい。 言葉にしなければ伝わらないのに、言葉では足りなくて。 いつだって出した答えはまちがっていて、取り返しがつかないほど歪んでしまった関係は、どうしようもない偽物で。 過ぎ去った季節と、これから来る新しい季節。 まちがい続ける物語が終わり……そしてきっとまだ青春は続いていく。 シリーズ完結巻。 思えば、1巻を買った時は高校生だったんだなぁと思うと歳を取るのはおっそろしく早いなと思う訳です。 いや、これは絶対に売れるとは思ったけど、まさか、ここまで人気が出るとは思わなかった。 やっぱりアニメの力って偉大だと思います。 話の展開としては概ねの予想通り、 雪ノ下ルートさんへ。 (ネタバレ防止のため反転しました? あんまり効果ない? これは気分でつけているのだ。 実際に効果を発揮しているかは知らん)だから詰まらないというわけではなく、如何にしてその結論に辿りつくか、がむしろ重要であって、極端な話、もう一人の方へ行ってもなんら構わないわけです。 俺としては、あと一人の方でも全然良かったんだけど、まあ、それはないとして。 いや、いいと思うんです。 実際問題。 いい子だしね。 さて、俺ガイルがまだまだ「はまち」という略称を名乗っていた時代は、かなりの割合としてがブログをやっていた時代なのであるけれど、正直、かなり面白かった。 まだまだ売れてはいたけど、爆発的な盛り上がりを見せていなかった時代、ガガガ大賞授賞式でを知っている人が大抵「ブログ見てます!」と挨拶していた時代である。 今はもう、ブログ自体は削除されていて、魚拓やら何やらで残されているものを見るしかないけれど「俺ガイル」しか知らない人はぜひとも探してみて欲しい。 めっちゃ面白いから。 ブログ面白い作家は、、がいるからあと一人、二人見つけてめっちゃ格好いい漢字を並べてほしい。 ちなみにも全然更新してない。 けど、からあの黎明期を支えた「生徒会探偵キリカ」の新作が出るのでそこはめっちゃ期待してくれ。 さて、賢明な読者ならおわかりだと思うが、この巻の内容には全く触れていない。 俺も人のことを言えないのだが、典型的なオタクに成り下がっている。 特に想い出話に浸っている時点で。 ドラマCDのオーディオドラマとかそういえば前のPCからサルベージしてないなとかね。 そもそも二人の関係性とか三人の関係性とか、そういうのは意識高い系の人に任せればいいのだ。 そういう人は腐るほどいるだろう。 妥当性はかけらもないが。 一個人としての意見としては、物語の終わりなんてものは往々にして、盛り下がる。 まして、これほどの長編になってしまうと、最大の盛り上がりどころは、当の昔に過ぎ去っているわけだ。 俺だって、この作品の一番面白かった巻を挙げるなら、この巻ではないことは明らかだ。 多分、6巻か9巻を挙げると思う。 酷い言い方をしてしまえば、俺にとってこの作品はそこで終わってしまったのだ。 それ以降も読んではいるけれど、記憶が朧気で、そういうところが何というか少し残念だなあと思ってしまうわけだ。 勢いよく激しく燃えた熱量は、きっと俺の中の燃料を燃やし尽くしてしまったかのようだ。 だから、こうして最終巻を読み終えた後、その期間は何もしていなかったのではなく、ひたすらに余韻を楽しんでいたのかもしれない。 映画を見た後のエンドロール、あるいは、すっかり弱まった焚火を見ているかのように。 俺は、一巻からずっとこの本を追い続けた人の一人で、きっと大勢とゴールテープを一緒に切ったと思う。 けれど、この世界には、アニメの三期をきっかけに読み始めて、遥かに速いペースでゴールテープを切る人がいるだろう。 その中には、きっと俺が感じた熱量をそのままに走りきる人もきっといるはずだ。 別段、俺の熱量が凄まじかった、という話ではない。 ただ、自分が感じた熱量を、自分より遥かに圧縮した期間で楽しむというのは、どういう気持ちなのだろう、と思った次第だ。 それだけはもう、俺が味わうことのできない楽しみ方だから。 ノシ mayakun.

次の

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル)』14巻(最終巻) 感想・考察:本物を求め続けた先にある青春ラブコメの答え

やはり 俺 の 青春 ラブコメ は まちがっ て いる 14 ネタバレ

プロム 卒業を祝うダンスパーティ も成功し、3年生の卒業式も終わりました。 平塚先生も離任すると決まり、比企谷くんが本当のプロムをしようとします。 奉仕部は解散するわけですから、 雪ノ下さんやガハマさんと疎遠になってしまうわけです。 そのあたりからの展開がすごいですね。 ここらへんは最終巻を手にとってみてください。 比企谷 八幡「お前は望んでないかもしれないけど……、俺は関わり続けたいと、思ってる。 義務じゃなくて、意志の問題だ。 ……だから、お前の人生歪める権利を俺にくれ」 雪ノ下 雪乃「……歪めるって何? どういう意味で言っているの」 比企谷 八幡「俺もそう思う。 出会って、話して、知って、離れて……その度に、歪んだ気がする」 雪ノ下 雪乃「あなたが歪んでいるのは、元からでしょ。 ……私もだけれど」 比企谷 八幡「これからはもっと歪む。 けど、人の人生歪める以上、対価はちゃんと払うつもりだ」 雪ノ下 雪乃「……まぁ、財産はほぼゼロだから、渡せるものは時間とか感情とか将来とか人生とか、そういう曖昧なものしかないんだけど」 比企谷 八幡「諸々全部やるから、 お前の人生に関わらせてくれ」 雪ノ下 雪乃「そんなの釣り合い取れてない。 私の将来や進路にそこまでの価値、ない……。 あなたには、もっと……」 そして、雪ノ下さんは言うわけですね。 「みんなで見守ろう」らしいですよ^ー^ 戸部 「あ、っつーかさ、ヒキタニくん。 もしかしてあれ? 雪ノ下さんと付き合ってたりすんの?」 葉山「言うなよ……」 戸塚「そうだよ。 聞いたら絶対否定するからみんなで見守ろうって言ってたじゃん」 サウナを出てからも……。 そこへ、俺は無言で手を差し出す。 雪ノ下はその手の意味を図りかねてか、かすかに首を傾かしげ、そしてすぐに微苦笑を漏らす。 雪ノ下 雪乃「一人で立てるのに……」 比企谷 八幡「知ってる」 彼女が一人で立てることも、彼女がそう言うだろうということも、知っている。 だが、それでも俺は手を差し出すのだ。 たぶん、これからも。 真のプロムが終わってからも……。 「いえ、最後にひとつだけ言っておかないと」 「あなたが好きよ。 比企谷くん」 完全な不意打ちに固まっていると、雪ノ下は恥ずかしそうにはにかんだ照れ笑いを浮かべた。 桜色に染まった頬を書類束でさっと隠し、ちらりと一瞬だけ、こちらの反応を探るように上目遣いで窺って、けれど、沈黙に耐えかねたようにじりっと後ずさりする。 そして、こちらの言葉なんてまるで待たずに、逃げるように足早に駆けて行った。 おい、マジかよ。 ほんとにめんどくせぇなこいつ。 言い逃げされたらこっちはなんもできねぇだろ。 なにこれ、別の機会にまた改めて俺もなんか言わなきゃいけなくなるんじゃないの? そういうのほんと辛いですけど。 マジでめんどくさい。 新しい春が来て3年生になっても、比企谷くんとゆきのんはプロムの後片付けで奉仕部の部室をいまだに使っています。 ガハマさんはもういません。 平塚先生は学校を去りましたし、奉仕部は解散しました。 ですが、小町さんが奉仕部をつくることになるんです。 もちろん、新しい奉仕部の部長は、小町さんです。 部活の申請書には、雪ノ下さんとヒッキーの名前がもう書かれていたんですね。 そして、由比ヶ浜さんが相談にくるんですよ。 由比ヶ浜 結衣「あたしの好きな人にね、彼女みたいな感じの人がいるんだけど、それがあたしの一番大事な友達で……。 ……でも、これからもずっと仲良くしたいの。 どうしたらいいかな?」 モイ泣きですね。 すごい泣きました。 ゆきのん「……お話を、伺いましょうか」 ゆきのん「どうぞ掛けて。 長くなりそうだから」 ガハマ「……うん、長くなるかも。 今日だけじゃ終わんなくて、明日も明後日も……ずっと続くと思うから」 ゆきのん「そうね。 ……きっと、ずっと続くわ」 比企谷くんは、高校生活を振り返ってというテーマの作文を1巻で書いてましたよね。 その内容があまりにひどかったので、矯正の意味を兼ねて奉仕活動をやることになったんです。 そして、作品のラストがこれです。 比企谷くんが書いた作文と比べてみると面白いですよ。 そして、空のままだったマグカップに琥珀色の紅茶が注がれた。 温かな湯気と、紅茶の香りが部屋に満ち、傾き始めた夕陽が窓辺に差し込む。 穏やかな春の陽だまりがそこに生まれていた。 その暖かさに、俺は背筋を寒くし、顔を青くする。 なるほど、これが青い春かと、俺はまた新たな季節が訪れたことをひしひしと実感していた。 ああ、やはりだ。 やはりと言わざるを得ない。 サミュエル・ウルマンが書いた青春という詩があるのですが、 一般人には、これが、「青春」の解答とされてきました。 そして、オタクの青春というのは、もはや、俺ガイル はまち でしょう。 ゲームやラノベ、アニメで100回以上青春を追体験しているキモオタの皆さんには釈迦に説法ですが^ー^ 俺っちはオタクではないですが、オタクはいつまでも青くないといけませんからね^ー^ そうそう、平塚先生の別れの言葉がカッコイイですよ。 「本物」に対する答えですし。 「本物」とは、「別れたり、離れたりできなくて、距離が開いても時間が経っても惹かれ合うパートナー」ですから。 そして、ヒッキーは、「ずっと、疑い続ける」といってます。 本物とは「青春」の言いかえであるからして、1巻の作文では「青春とは嘘であり、悪である。 」と書いてあります。 見事に繋がりましたね。 ちなみに、作文では文の結びが「リア充爆発しろ。 」となっていますが、 最終巻でも、平塚 先生は去り際に「リア充爆発しろー!」と言ってるんですよ。 それに対し、ヒッキーは、「それ、古いですよ。 十年前のセンスじゃねぇか」って言ってるんです。 おかしいですね。 気づきましたか? 平塚先生は、10年以上前に青春を謳歌したわれわれ読者なんです^ー^ 平塚 先生「聞き方が悪かった。 ……君の本物は見つかったか?」 平塚 先生「 共感と馴れ合いと好奇心と哀れみと尊敬と嫉妬と、 それ以上の感情を一人の女の子に抱けたなら 、それはきっと、 好きってだけじゃ足りない」 平塚 先生「 だから、 別れたり、離れたりできなくて、距離が開いても時間が経っても惹かれ合う ……。 それは、 本物 と呼べるかもしれない」 ヒッキー「だから、ずっと、疑い続けます。 たぶん、俺もあいつも、そう簡単には信じないから」 平塚 先生「正解には程遠いが、100点満点の答えだな。 本当に可愛くない。 ……それでこそ、私の最高の生徒だ」 青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。 優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心,こう言う様相を青春と言うのだ。 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 アンソロジー 1 雪乃side』 後日談が『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 アンソロジー 1 雪乃side』に収録されています。 タイトルは、「斯くして、彼の前に新たな敵は現れる。 」となっています。 雪ノ下の父親からの視点になっており、 雪ノ下家の家族団らんの情景が描写されています。 陽乃さんが留学するということ• 比企谷くんを雪ノ下父に紹介するということ 主な話は以上の2つになります。 ???「陽乃……。 講義、受けていないの?」 ???「単位は落としてないんだからいいでしょ別に」 ???「あら? あれだけ私たちにちょっかいをかけてきたのに、フル単だなんて、……さすがですお姉さま」 ???「し、進級するのには問題ないから!」 ???「陽乃……あなたね、大学の授業が1コマいくらか一度計算してみなさい」 ???「……まぁ、サボりはほどほどにな」 ???「あ、そっかぁー……実家だと、あの子を気軽に呼べないもんね。 お泊りだって難しくなるし。 だからまた一人暮らししたいんだ」 ???「なっ」 ???「ね、お父さん。 雪乃ちゃん、お父さんに会ってもらいたい人がいるんだって」 ???「……へ?」 ???「えっと……。 その、私も、彼もそういうのはあまり得意ではない、というか。 苦手だし好きではないから、たぶん、とても時間がかかるし……、今すぐではないけれど……」 ???「父さんに、いつか、紹介……します」.

次の

渡 航 著 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』 最終巻 14巻 フラッシュレビュー

やはり 俺 の 青春 ラブコメ は まちがっ て いる 14 ネタバレ

半年待った!! 2019年11月19日。 有休を申請しました。 来年はUQに乗り換える予定です。 理由は勿論 月額費用が安いから「俺ガイル」の最終巻を読むためです。 1日たっぷり時間が無いと、読み切れないと考えて、半休ではなく1日休を申請しました。 この予想はバッチリ嵌って、Kindleに表示された推定読了時間は圧巻の8時間超え。 朝9時開店と同時にサ〇マルクカフェに入って、モーニングセット片手に読み始めました。 ランチセットのハンバーガーを食べつつ、更に読みふけります。 日が暮れ始め、午後5時過ぎ。 万感の思いで読み切りました。 8時間も滞在してしまって、サンマルク〇フェさんには大変ご迷惑をお掛けいたしました。 最低な客で申し訳ございません。 ということで、感想です。 書きたいことが山ほどありますよ!! タイトル回収 先ずはあくまでも僕個人の見解だという事を言わせていただきます。 渡先生が本来作品に込めた回答とは異なる場合もありますので、異論反論等々ございましたら、是非twitterの方でお教えくださると幸いです。 正答を知りたいのです。 前置きはここら辺にしまして。 8年半かけて、ようやくタイトルの回収になったのだなと思ったのです。 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」 何をもって「間違っている」としているのか。 答えが出たのかなと。 ホンモノが欲しい。 それが八幡が望んでいた全てでした。 彼にとっては、友情も恋もすべてが偽物。 欺瞞であり、壊れるものであり、嘘っぱちであり、そんなものはいらない、と。 全てをさらけ出して、嘘偽りがなく、決して壊れない関係。 大分キモイあり得ないものを欲しているのです。 そんな八幡が望むホンモノを言い表す言葉は何になるのか。 世界中どこを探してもきっと見つからないものなんですよね。 該当する言葉が存在しない。 まだこの世界に無いものであって、彼はそれを理解している。 故に苦しんでいて。 恋とも違う。 家族とも違う。 友情とも違う。 違うんだけれど、恋する気持ちや家族のような絆があって、友情を持った関係でもある。 既存の概念に嵌らない何か。 「鋳型に嵌らない言葉」。 それをとうとう彼は見つけて、彼女と彼女にそれを求めたのではないでしょうか。 抽象的で上辺だけの言葉を並べてしまいましたけれど、「誰と誰がくっついた」的な「普通」のラブコメでは無かったのですね。 今回、素直に読むと八幡と雪乃が付き合った「雪乃エンド」と見做せます。 彼に恋する結衣は残念ながら涙を呑んで、しかし、雪乃との関係は続けていきたいというところで終わったのだと。 一瞬僕もこのように読んでしまったのですけれど、いやいや、それは違うのかなと今は考えを改めているのです。 そのように考えを変えたポイントは、小町ですね。 この作品には、多くのエスパーが登場します。 相手の言葉の裏のウラまで読みつくしてしまう超人たちです。 ままのんしかり、陽乃しかり、葉山しかり。 平塚先生もこの括りに入りますね。 (てか、平塚先生が最後の最後までいい女過ぎた。 誰かもらったげて) エスパー言っても、本当に超能力者って訳では無いので、それぞれ「心を読める相手」と「読めない相手」がいるわけですけれど。 中でも、お兄ちゃんのことだけは理解できるのが最強のブラコン妹こと小町ですね。 14巻でも開幕間もなく、察しの良さを見せています。 そんな小町が「兄の味方」と言って、奉仕部を作り直して、八幡と雪乃を部員にしつつ、そこへ結衣を連れて行ったわけですよ。 ポイントは、小町は決して八幡の真意を読み違えないという事。 八幡と雪乃がカップルになっていたとします。 そこへ結衣を連れて行ったら、どうなるか。 修羅場ですよ修羅場。 そりゃ雪乃だって八幡を睨みますよ。 「私と付き合っておきながら、結衣をまだ振ってなかったのか」って。 結衣も八幡を諦めてない宣言までしてるのだから、八幡にとっては大迷惑この上ありません。 どう考えても八幡の為になってない。 よって、「八幡と雪乃がカップルになっていた」という前提は間違いであると言えます。 でも前提はあっていて、小町的には雪乃ではなく結衣と兄が付き合って欲しいと考えていたのだとしたら? これはもう兄の為ではなく、結衣の為、ひいては自分の為でしかありませんので、この説もあり得ません。 当然「兄は雪乃ではなく、結衣と付き合いたいと思っている」と小町が考えている説もあり得ない。 小町は直接見ていませんけれど、八幡からの雪乃への言葉は、完全にプロポーズでした。 雪乃の事重いって言ってましたけれど、八幡も同じ程度には重いからね。 というか、全く同じこと言ってたからね。 あれがプロポーズじゃ無ければ、一体何だというのか。 八幡の雪乃への好意は疑いようがありません。 「兄の真意を読み違えない」小町がそれを見抜いていない訳はありません。 よって、やはりどう考えても前提が間違っていて。 八幡と雪乃は付き合っていない。 ただ、「両想い」なのは間違いない。 それを付き合ってるって言うんだろ? 」と突っ込まれると、それは「違うんじゃないの」としか言えないわけです。 両思いだけれど、恋愛ではない。 友情であり、親愛であり、恋慕だけれど、そうじゃない「なにか」。 2人は名前の付いてない新しい関係性で結ばれたのだと。 で、小町は「その中に結衣もいて欲しいと兄は考えている」と考えたからこそ、奉仕部を作り直してまで3人を同じ空間に戻した。 八幡もちゃんと作中で言ってるわけですよ。 「俺は世界でただ一人、この子だけには嫌われたくないから」と。 フッた女に嫌われたくない。 八幡はそんなクズ野郎じゃありません。 いろはす曰く「責任お化け」ですよ。 八幡は。 どこまでも真摯に捉える紳士です。 勘違い(のはず)で結衣に「振られた」と思い込ませちゃったのは、彼のコミュ力不足による至らない点であることは確かでしょうけれど、それ以上でもそれ以下でもない。 八幡は雪乃と同じくらい結衣とも新しい関係性を築いていきたくて。 雪乃もそれを分かった上で「まだ誤解を解いてないのね」と八幡を睨んだのでしょう。 常識とは異なる青春ラブコメ。 故に「俺の」青春ラブコメは「まちがっている。 」という解釈。 ヒロインの誰も泣いて欲しくない。 僕の最大限の願いが1つの形になってくれたという嬉しさでいっぱいのハッピーエンドでした。 …か、川なんとかさんは不憫だけれども。 余談ですけれど、いろはす推しとしては、最後の「interlude」(間奏)が最高過ぎた。 なにこのいろはすと小町と結衣の組み合わせ。 最高の化学反応を起こしてるじゃないですかやだー。 無限に読んでいたくなる。 なんだかんだと八幡のことを理解して、嫌いだ興味ないと言いつつ、隙あらば八幡とごろにゃんしようとするいろはす最高かよ。 小町に痛いとこ突かれて、被せ気味に「うるさいお米ちゃんうるさい」とキレるいろはすが可愛すぎる。 短編では、是非是非いろはすにももっと活躍の場を。 出来れば、もっと小町と絡ませてください(笑 捻くれた者同士による八幡トークを読み続けたい。 終わりに 短編集発売は、期待していただけに非常に嬉しいお知らせでした。 まだまだ彼らの物語を追体験できることが分かって、ハッピーです。 先ずは3期を存分に楽しみつくしたいですね。

次の