市川 市 10 万 円 給付。 【市川市】1人あたり10万円給付の「特別定額給付金(仮)」、市川市は4/27から申請書がダウンロード可能に。コロナ給付金詐欺にはご注意を!

え?10万円の給付金受け付けがもう始まった?千葉県市川市で(MAG2 NEWS)

市川 市 10 万 円 給付

(1)は、申請世帯全体への給付を「正確に」「早く」行うための方針だ。 基本的には郵送とオンラインで申請を受け付け、システムや事業者の力も借りながら手続きを進めていく。 煩雑な手作業を減らすことでミスを防ぎ、職員の「密」も回避しやすい一方、「準備行為などの初動やシステム事業者との調整に時間がかかるため、申請書の郵送や給付の開始日が他の方針より遅くなります」という。 (2)は、臨時窓口の設置など、郵送・オンライン以外による申請も受け付ける。 申請書の印刷や封入といった作業も職員が担当し、給付スピードを早められる利点がある。 最短での給付が可能だが、「人口が極めて少ない自治体でしか採用できない」とする。 四條畷市では、(1)の全体最適型の対応を進めている。 郵送による申請手続きの流れ 四條畷市では、郵送と、マイナンバーカードを用いたオンラインでの申請を受け付ける。 郵送では、はじめに全世帯に送付する申請書のフォーマットを決める。 「一部最速型」では、「総務省の雛形を用いて市町村独自に様式を定めることで、雛形の提示直後から次の手順へと進めます」 一方、全体最適型では、住民基本台帳システムを構築した事業者が「全国の自治体において適用できる統一様式を調整・作成」するため、自治体に申請書が届くのに時間がかかる。 とステップを踏まなければならない。 オンライン申請では不備も目立つといい、東氏はその理由を次のように述べる。 「マイナポータルでは打ち間違いなどに対してエラーは出ず、何を書いても申請できる仕様となっています」 「口座情報などの添付書類についても、どんな画像データでもアップロード可能です」 「同じ人が何度でも申請可能な仕様になっており、もっと言えば、世帯人員に何人でも書くことができます」 そのため、対象者に電話や郵送で再申請をお願い(マイナポータル上では連絡不可)するケースもあり、給付は「郵送より遅くなる可能性があります」という。 実際、香川県高松市は19日、マイナポータルのシステム上の問題や誤入力などにより給付が遅れているとして、24日からオンライン申請を中止し、郵送に一本化すると発表した。 東氏は「何より、こうした仕様であることは自治体には事前にまったく知らされていないため、対応策等を練る時間もなく申請受付を開始した経緯があります」と不満を漏らし、「(マイナンバーカードの暗証番号の)再設定は役所まで来ていただかないとできない仕様になっています(中略)さらに、再設定の際には役所のシステムから国のシステムへとアクセスする必要があるのですが、国のシステムへのアクセスが殺到したことで数時間待ちになり、役所に行列ができる自治体が出てくる事態となっています」と制度設計の不備により実害も出ているとした。 振り込み作業でも一苦労 郵送とオンラインによる申請を紙媒体に一元化したら、ひたすら住民基本台帳と見比べて精査(全体最適型は短縮可)し、不備がなければシステム上で金融機関に振込を依頼する。 紙に記載された口座情報などをシステムに「手入力」していく。 目視での照合作業は非効率的に思えるが、東氏は「マイナポータルのシステムと住民基本台帳システムがすぐには連動できないことに起因しています。 なぜなら、マイナポータルは国主導のシステムである一方、住民基本台帳システムは各自治体ごとに異なる事業者に委託して構築されているからです」「加えて、住民基本台帳を扱う基幹系システムは通常の行政情報を扱うネットワークとは切り離されて構築されており、情報を容易に移動させることができません」と事情を明かす。 精査の段階でも、オンライン申請特有の問題が出てくる。 「郵送による申請では、住民基本台帳に記載された情報を申請書に印字している関係上、世帯構成の記載などに間違いが生じることはありません。 一方で、マイナンバーカードはあくまで『個人』を対象とした制度であるため、世帯構成に関する情報はカード上に保有されておらず、ご自身で入力いただくことになります。 そのため、オンライン申請では、申請情報と住民基本台帳に記載されている情報に齟齬が生じる可能性が出てきます」 国会議員の方々は精神論ではなく... 東氏は最後に、「全体への給付が1日でも早く実現できるように、職員一同、全力で対応にあたっていることは重ねてお伝えしたい」とした上で、「ここまで記事を読んでいただければ、いったいどこに不具合があるのかは明白かと思います」と投げかけ、 「国会議員の方々が、『なぜもっと急がないんだ』という精神論を唱えるのではなく、自治体から上がる無数の声に耳を傾け、それらを分析し、今後に向けた正しい判断をされるであろうと、私は信じています」 と国に要望した。 このnoteを執筆した東氏は1988年生まれ。 京都大学大学院工学研究科出身で、外務省などを経て、2017年に四條畷市長に初当選したという経歴の持ち主だ。 noteは広く拡散し、「想像はしてたけど、やはり大変な作業量だよな... 」「この仕事、絶対やりたくないわ...... 担当者様、本当にお疲れ様です」と職員への労いや、「ひどいわ。 オンライン申請で、する方もされる方も省力化でハッピーと思っていたのに」「オンラインで申請しても印刷して郵送と同じ状態にしてるのか... 」など驚きの声があがっている。

次の

え?10万円の給付金受け付けがもう始まった?千葉県市川市で

市川 市 10 万 円 給付

市川市は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた国の一律10万円給付の申請受け付けを、27日から始めました。 市川市によりますと、市は国の施策を受けて、新たな部署「特別定額給付金課」を設置し、国が全国民に配る現金一律10万円「特別定額給付金」の申請受付を始めました。 市は、生活に困っている人が1日も早く申請できるようにと、国からの補助金が入るのを待たずに市独自で一時的に立て替えることで、早ければ5月15日から振り込みによる支給を始められるとしています。 申請に必要となる書類などは、27日から市のHPでダウンロードでき、記入した書類を身分証明書のコピーとともに市へ郵送すれば手続きできるということです。 なお、急ぎでない人は、6月上旬ごろに郵送で届く申請書を利用するよう呼びかけています。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

【10万円給付金の申請・受給の流れを把握できる】千葉県市川市で特別定額給付金の申請受付開始!|お金節約.com「知っててよかった」暮らしの知恵

市川 市 10 万 円 給付

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、一律給付される10万円をいち早く届けようと、申請を受け付ける手続きが、千葉県市川市では27日から始まった。 しかし、全国民への一律10万円の現金給付を盛り込んだ補正予算案は、27日に審議入りし、成立するのは30日のはず。 一体どういうことなのか? 市では新たに担当部署を作り、27日からウェブサイトで申請に必要な書類をダウンロードできるようにした。 実は市川市、給付金を少しでも早く市民の手元に届けようと、国からの補助金が入る前に市の基金で一時的に立て替えて、早ければ来月15日ごろに振り込みを始めるという。 住民基本台帳に基づいて給付される現金10万円の申請手続き。 政府の指針では受け付けを市区町村が行うことになっているが、これを市川市では、給付金を一時的に建て替えることで、順番を逆にしたのだ。 印刷した申請書に世帯主が名前や金融機関の口座番号などを記入し、口座を確認できるキャッシュカードなどのコピーや本人確認できる書類のコピーとともに、市役所に郵送すると確認の作業が行われるという。 市川市では「生活に困っている人にいち早く届ける必要があると考えた」と話している。 同様の取り組みは福島県相馬市でも行われる予定で、27日開かれた臨時議会で、およそ35億円の費用を盛り込んだ補正予算案が可決された。 市は申請書を受け取り次第手続きを進め、早ければ大型連休明けの来月7日にも給付できるという。 市川市や相馬市の取り組みに称賛の声 「困っている人たちに少しでも早く届けたい」その思いが柔軟な発想へと繋がった。 千葉県市川市と福島県相馬市で早期に始まる10万円の現金給付。 すったもんだの末にようやく審議入りした国のスピードとは大違いだ。 住民をサポートするため、知恵を絞りながら国難に立ち向かう市区町村。 ネットでもこのスピーディーな対応に共感する声が上がっている。 コロナに関しては市の動きが割とよくてうれしい。 市長の独断即決が今回はプラスに働いてるのか、担当責任者がうまく動いていらっしゃるのか。 いずれにせよありがたいですね — ち ゅ う chu24ki April 27, 2020 千葉県市川市は、昨日から100,000円給付の申請受付始まったのか。 自治体有能だな。 相馬市も申請書を送付しています。 つまり、自治体が先に給付して、10万円を負担することになるのです。 TBSスタンバイ — クワトロ・バジーナ Quattro2018 April 27, 2020 千葉県市川市の給付金振り込み目標なかなか速い。 source: NHK image by: 市川市ホームページ MAG2 NEWS.

次の