いかが な も のか。 「いかがいたしましょうか」と「いかがなさいますか」の違いと例文

「ご都合はいかがでしょうか」の使い方|メール文例/返信の仕方

いかが な も のか

A ベストアンサー 「~はいかがでしょうか」 1,相手の意向や意見を尋ねるものです。 A:日曜日はいかがでしょうか? B:日曜日はちょっと…。 ほかに約束があるんです。 2,勧誘の表現。 相手にアドバイスしたり勧める表現です。 例)DVDレコーダーはいかがでしょうか? これは動詞と結びついて「-してはいかがでしょうか」の形でよく使われます。 例)専門家に聞いてみてはいかがでしょうか? これらは「~はどうでしょうか」の改まった言い方です。 「~はいかがなものでしょうか」 1,「~はいかがでしょうか」と似た意味。 状態を尋ねたり勧誘したりする表現。 例)工事の進行状況はいかがなものでしょうか? この場合の「もの」は名詞で、状況や状態を意味します。 2,異常なことを非難する気持ちを表す。 「~は~ものだ」で理想的な状態を表し、話し手の忠告や勧めの気持ちを表します。 例)学生は勉強するものだ。 ここでの「もの」は形式名詞で実質的意味はなく、「~ものだ」で一つの文法的意味を表します。 その否定形は理想的でない、そうすべきでないという話し手の気持ちを表すことになります。 親は子供をなぐるものではない/親は子供をなぐらないものだ。 これを疑問詞を使って反問文にすると、 例)親が子供を殴るのはいかがなものか? 例)人の意見を聞かないで自分の意見ばかりを言うのはいかがなものだろうか? 例)医者が金儲けばかり考えるのはいかがなものでしょうか? となり、そうすべきでないという話し手の気持ちを婉曲に伝える役割をします。 他にも 親が子供を殴るのはどうかと思う/いかがかと思う でも同じ表現ができます。 「~はいかがでしょうか」 1,相手の意向や意見を尋ねるものです。 A:日曜日はいかがでしょうか? B:日曜日はちょっと…。 ほかに約束があるんです。 2,勧誘の表現。 相手にアドバイスしたり勧める表現です。 例)DVDレコーダーはいかがでしょうか? これは動詞と結びついて「-してはいかがでしょうか」の形でよく使われます。 例)専門家に聞いてみてはいかがでしょうか? これらは「~はどうでしょうか」の改まった言い方です。 「~はいかがなものでしょうか」 1,「~はいか... Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

次の

純粋に何か質問する時に「いかがなものでしょうか」と聞くの...

いかが な も のか

「いかがいたしますか」と「いかがなさいますか」の違い 「いかが」の意味 「いかが」は、もともと状態・意見などについてたずねる副詞です。 意味は「どう」と同じですが、「いかが」には相手にあらたまってお伺いを立てる意味があるため、目上の人やお客様に対しては「どう」よりも「いかが」を使う方が適切です。 「いたしましょうか」と「なさいますか」の違い 「いたしましょうか」もしくは「なさいますか」は、「どうしますか」の「しますか」に当たる部分です。 「いたしましょうか」は謙譲語のため、相手ではなく自分の行為に対して使用します。 つまり、「いかがいたしましょうか」は、相手のために自分が何をすればよいか尋ねるときに使います。 一方、「なさいますか」は、「する」の尊敬語「なさる」が変化した表現です。 尊敬語は相手の動作や存在に敬意を表します。 つまり、 「いかがなさいますか」は、相手が何をするか尋ねるときに使います。 また以下では似た意味である「いかがでしょうか?」の意味と使い方について解説しています。 この記事と合わせて、似た意味の言葉も適切に使い分けられるビジネスパーソンを目指しましょう。 以下ではビジネス上で知っておくとよい言葉の正しい使い方を解説しています、ビジネスで失礼のない言葉を使えるように不安な部分はすべて解消しておきましょう。

次の

依頼/催促時の「いかがでしょうか」の使い方と例文

いかが な も のか

おもに「です・ます」「ございます」を語尾に付ける。 相手や内容を問わず使うことができる。 目上の人やより丁寧に接したい相手に対して用いるもの。 相手を敬っている、尊重しているという気持ちをあらわすもの。 この敬語の定義をもとに、「どうしますか? 」を「どう」と「する」に分けて考えてみましょう。 「する」の丁寧語は「します」、謙譲語は「いたす」、尊敬語は「なさる、される」です。 つまり、「どうする」の丁寧表現が「どうしますか」、謙譲表現は「どういたしますか」、尊敬表現は「どうなさいますか」になります。 また、「どう」についてはこのままでも構わないのですが、とくに敬意を示したい相手やお客さまに対しては、より改まった印象を伴う「いかが」に変換し、「いかがいたしましょうか」「いかがなさいますか」を用いた方が良いでしょう。 敬語の定義からすれば、「どうしますか」は相手を選ばずに使える丁寧表現であるため、目上の人に使ってもいいのでは? と考える人もいると思いますが、確かに丁寧な表現ではあるものの、相手を立てるわけでもなく、相手に対する敬意も含まれていません。 ゆえに、ビジネスでは目上の人やお客さまに対して使うべきではないとされています。 とはいえ、それも社風や相手との関係性にもよるでしょう。 親しい上司と2人きりであれば「課長、お昼どうしますか? 」で十分な場合もあります。 そこは、社会人としてケースバイケースな対応が求められるところではないでしょうか。 これに対し、「いかがなさいますか」の「なさる」は尊敬語なので、「する」のは相手側になります。 いかがいたしましょうか ・部長、先方への手土産はいかがいたしましょうか。 ・お客さま、お荷物はいかがいたしましょうか。 ・支店長、お客さまから責任者を呼ぶようにと。 いかがいたしましょうか。 いかがなさいますか ・お支払いは現金とカードがございますが、いかがなさいますか。 ・部長、A社から創立記念パーティーへの招待状が届いておりますが、いかがなさいますか。 ・その日ですと、シングルもダブルもお取りできます。 いかがなさいますか。 相手の要望に添えない場合 ビジネスシーンには、相手の要望に添えないことが多々あります。 例えば、部屋が満室だったり、洋服や靴のサイズがなかったり……。 そんな時、「あいにくシングルもダブルも満室でございます。 申し訳ございません」で終わらせてしまうのではなく、「あいにくどちらも満室でございます。 たとえその提案がお客さまに受け入れられなかったとしても、お客さまに与える印象に大きな違いが生じるはずです。 まずは代替案を模索する、なければ誠意をもってお詫びするなど、常に丁寧な対応を心がけたいものですね。 社会人なら敬語が使えて当然とされている世の中、正しい敬語が使えるからといって評価が上がるわけではないでしょう。 しかしながら、誤った敬語は相手に不快な思いを与えるだけでなく、自身の評価を下げることになりかねません。 自信をもって相手と接することができるよう、正しい敬語を身に付けたいものですね。

次の