ピットブル 事故。 【EU発!Breaking News】大型犬が女児を噛み殺した事故。レスキューセンターが危険なピットブルを譲渡か。(英)

アメリカで泥棒に入った男性が番犬『ピットブル』2匹に襲われ、死亡する衝撃事件が発生!

ピットブル 事故

散歩で雑木林に入った飼い犬の多くは野生の血が騒ぎ、グイグイと前に出ては臭いをくんくんと嗅いで回り、激しい興奮をみせるものである。 そんななかで突然の激高をみせたピットブル2頭。 若い女性の飼い主を食い殺すという悲惨な事故が米バージニア州から伝えられた。 事故がおきたのは、リッチモンドの北西に位置するバージニア州グーチランド郡で今月14日のこと。 22歳のベサニー・スティーヴンスさんが愛犬のピットブル2頭を連れて自宅近くの雑木林を散歩していたところ、犬たちが突然彼女を攻撃。 目撃者や救助も得られないまま体を食われるという非常に悲惨なものであった。 『Inside Edition』などが伝えたところによれば、郡保安官事務所のジェームズ・L・アグニュー氏は記者会見で「警察官になって40年近くになる私でも、これほど悲惨な現場を目にしたことはありません」と述べたそうだ。 ピットブルたちは闘犬用として飼育されていた可能性があり、ベサニーさんは最初に喉と顔を噛みつかれ、地面に倒れ意識を失ってから犬に身体を食い荒らされたのではないかという。 通報者はベサニーさんの父親で、散歩から戻ってこない娘と連絡が取れないことを心配し、雑木林を捜し回るも姿が見つからないため通報していた。 警察はやがてベサニーさんを発見したが、Pac-ManおよびTonkaと名付けられた2頭はそれぞれ体重が57kgと大型で興奮も収まらないため、捕獲には数時間かかったとのこと。 動物保護局にて安楽死となる予定だが、なぜ飼い主を襲ったのかは解明されていない。 犬が動物や飼い主も含めて誰かを激しく攻撃する。 これは相手をエサとしてしとめるため、そして自分のエサを独占したいというシチュエーションばかりではない。 犬種やそもそもの性格、序列意識、縄張り意識、繁殖期、飼育頭数や環境からくるストレスなど原因は多岐にわたり、骨折や関節炎、病気など体のどこかに痛みを抱えていると、近づいてくる者に対して恐怖や不安から激しい攻撃性を示すこともある。 うずくまって痛みに耐えているような犬を見つけ、親切心から手を添えて噛まれてしまうのはそのせいだ。 またそうした理由もなく突発性の攻撃を見せる犬の場合には、「スプリンガー・レイジ・シンドローム(突発性激怒症候群)」という脳神経の病気が背景にあることも。 その後少しの間はボンヤリし、また穏やかな普段の姿に戻る。 原因についてはセロトニンという脳内伝達物質の量の低下、あるいは遺伝ではないかとの説もあるが、詳しいことはいまだ研究の途中だそうだ。 画像は『Inside Edition 2017年12月17日付「22-Year-Old Mauled to Death by Her Pit Bulls While Taking Them for a Walk」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 Joy横手) 外部サイト.

次の

ピットブルは日本で飼育禁止にするべきですよね ︎ピットブルを躾でき...

ピットブル 事故

飼ってはいけないというわけではないけれど、『この犬種を飼う場合は〇〇してください』という条例があるんだよ。 こちらが茨城県の条例です。 ア 人に危害を加えるおそれがあるものとして規則で定める犬種に属する犬(条例第2条5項・施行規則第3条) 秋田犬 土佐犬 ジャーマン・シェパード 紀州犬 ドーベルマン グレート・デーン セント・バーナード アメリカン・ピット・ブル・テリア イ アに規定する犬以外の犬で、その体高及び体長が人に危害を加えるおそれがあるものとして規則で定める基準に該当するもの(施行規則第3条2項) つまり、茨城県では条例によって、ピットブルが人に危害を加える恐れがある犬種とされているということです。 そのため、ピットブルは茨城県では 特定犬となっています。 特定犬は以下の項目を絶対に守って飼わなければいけないんだよ。 だからこそ、本当に気をつけることが大事ね まなか ピットブルで死亡事故!?日本で起きてしまった事件はこちら 世界ではピットブルに噛まれたり襲われて死亡してしまったという事故が、度々起きて報道されています。 日本では死亡事故ではないのですが、2016年に沖縄で小学生の女の子と男の子がピットブルに襲われてしまって大怪我をした事件がありました。 沖縄県宜野湾市の路上で闘犬のアメリカン・ピット・ブルテリア(通称ピットブル)が小学生の男児と女児の2人にかみついた事件で、飼い主の30代男性が狂犬病予防法に基づく飼い犬登録をしていないことが21日、分かった。 闘犬種は沖縄県の「適正飼養管理指導要領」で細かい管理基準を定めているが、未登録では行政の管理指導も行き届かない。 事件を受け、県と宜野湾市は21日、同法と管理指導要領に基づき、男性を指導した。 宜野湾署によると、ピットブルは首輪とワイヤロープ製のリードでつながれていたが、何らかの理由で首輪が抜け、約1メートルの塀を飛び越えて子どもたちを襲ったとみられる。 重過失傷害罪も視野に当時の状況を調べている。 ピットブルにかまれた子どもを保護した近所の女性は「女の子が最初にかまれ、かばおうとした男の子も続けてかまれた。 ほうきで犬をたたいて引き離そうとしたが、かんで離してを繰り返した」と青ざめた表情で語った。 かまれた男の子の母親から連絡があり、「かみどころが数センチずれていたら命に関わった」と話していたという。 「2週間ほど前も首輪を付けず、道路を歩いているのを見かけた。 ちゃんと管理してほしい」と訴えた。 出典: 茨城県のピットブルに関わる条例はこちら 人に危害を加えるおそれがあるものとして規則で定める犬種 ピットブルを含む は以下の項目を遵守する。 ・出入口などの見やすい箇所に「特定犬」と書かれた標識(シール)を掲示すること(条例第9条・施行規則第10条) ・檻の中で飼うこと(条例第2条6号・第5条) 沖縄では適正飼養管理指導要領があり、この中にピットブルや土佐犬が含まれています。 特に許可をもらう必要はありませんが、これを守れる人のみ、ピットブルを飼ってよいということです。 ピットブルの事件が起きるたびに殺処分の話が出てしまいますが、こうした事件でその他のピットブルが大勢殺処分されることがないことを願っています。 世界では、度々ピットブルに襲われたという死亡事故のニュースが報道されています。 日本でも茨城県と沖縄でピットブルを飼う場合には許可が必要で、条例や適正飼養管理指導要領に従う必要があります。

次の

アメリカン・ピット・ブル・テリア

ピットブル 事故

基本的には飼えるみたいだけど、飼うのに条件があって少し面倒な地域もあるよ ピットブルは日本で規制されているのか、という話ですが結論から言うと規制はされていないので飼う事は可能です。 「飼ってはいけない!」とはっきり決まっている訳では無いという事ですね。 ただし 、日本の法律では禁止されていないものの、行政で危険犬種として指定されている可能性もあるので地域によっては飼うのが難しいこともあります。 例えば茨城県では人に危害を加えるおそれのある「特定犬種」として挙げられている犬の中に、アメリカンピットブルテリアの名前も入っています。 飼うためには、 ・檻の中で飼う ・特定犬と書かれた標識を掲示する など厳しい条件が必要なので、本当に飼うとしたら少し手間がかかるかもしれませんね。 ピットブルが規制されてる理由 そもそもなぜ、ピットブルは規制される風潮があるのかな? ここからはアメリカンピットブルテリアが規制されている理由について解説していきます。 制御が難しい ピットブルは他の犬種と比べて制御が難しいと言われています。 雑誌やインターネットで紹介されている、「普通の犬の飼い方」「しつけ方」だけでは絶対に安全に飼えるとは言えません。 ピットブルを飼うにはそれなりの専門知識も必要なため、敷居も高く、規制が必要だと判断されているのだと思われます。 飼育環境が大変 ピットブルを飼うためには飼育環境を徹底する必要があります。 例えばピットブルを飼っている家で赤ちゃんや子供が生活している場合は、ピットブルを飼う時のリスクもそれだけ上がります。 また、散歩の際に住宅街や人通りの多い場所を通る必要がある場合、ピットブルを飼うのに適切な環境とは言えません。 「ピットブルは飼うための条件を整えるのが難しい」というのもピットブルが規制されている理由の一つです。 事故が多い ピットブルは獰猛な闘犬なだけに、それだけ事故が多いのも事実です。 海外だけでなく日本でも何件かピットブルが絡んだ事故が過去に発生しています。 完全に飼い主に責任があるケースもありますが、過去にそういった事故が発生している以上規制をする必要があると判断されたのでしょう。 ピットブルが実際に引き起こした事故は下の記事で詳しく解説しています。 噛み癖が多い上に咬筋力も強く、凶暴な性格をしていることから、ピットブルが規制されるのは正直仕方の無いことだと思います。 ピットブルの凶暴性に関しては下の記事で詳しく解説しているのでご覧になってみてください ピットブルが許可されてるのは日本だけ? 日本の地域でピットブルが規制されていると言えども、条件さえ当てはまる人物であれば、誰でも飼うことができます。 しかし、イギリスなどヨーロッパの数多くの国、 アメリカの多くの州でもピットブルは完全に規制されており、 買うこと自体が不可能な地域も多いです。 では 日本以外にピットブルが許可されている国がどれだけあるのかあるのか?という話ですが、 日本ほどピットブルや土佐犬が有名なのにも関わらず、全く規制されていない国は少ないと言えるでしょう。 ピットブルが規制されていない国は、そもそもピットブルの需要が低く、 「飼いたい!」と思う人がいないケースが多いです。 しかし、日本は「ピットブルを飼いたい!」と思っている人が多いのにも関わらず、規制されていないので不思議に思う人も多いようです。 これは、昔から日本が犬を放し飼いにして飼っていたという歴史があり、地方で狩猟犬の日本犬を飼っていた為、耐性がついているからだと思われます。 昭和の時代であれば、問題にはならなかったかもしれませんが、事故の対策が充実した現代で、ピットブルが規制されないのは少し違和感がありますね。 ピットブルを飼うには ピットブルを飼うには具体的に、どのような手順が必要なのかを解説していきます。 ピットブルは基本的にペットショップで販売されていることは稀なので、ブリーダーから探すのが一番的確でスタンダードな方法だと思います。 ピットブルを扱っているブリーダーと連絡を取り、販売可能な犬がいるか確認してみるのが良いと思います。 他にも保護犬から探すという方法もあります。 ただし、保護犬の場合は元の飼い主がピットブルを扱いきれずに手放した可能性もあるので、しつけが大変な可能性もあります。 犬を救いたいという気持ちを持っている方でしたら保護犬から探すのもありだと思います。 下の記事では0円の犬のメリットとデメリットについて詳しく解説しています。 危険性のある特定犬として指定されている件もありますので、他の犬種と比べて買うのには 敷居が高いですが、 「どうしても飼いたい!」という方はピットブルを扱っているブリーダーから直接買うのが基本的には良いかと思います。 以上、いぬさいとでした。

次の